fc2ブログ

いろいろ有効利用できます💦 【茶処 てんてん】

2023.06.21

 前記事に書いたように谷保天満宮に参ったのは梅林の「茶処 てんてん」さんのインスタ投稿が目に留まったから。

#陶板絵馬差し上げます のハッシュタグが付いている。


20230621 tenten-11


要約すると――

先日(6月2~3日?)の大雨で天満宮神楽殿の倉庫部分が浸水し、大掃除をするといろいろなものに混じって「菅公千七十五年式年大祭」記念の陶板絵馬が大量に出てきて、処分されるところをてんてんさんがいくつか引き取り、#陶板絵馬差し上げます

という経緯。


20230621 tenten-12

20230621 tenten-13


菅公千七十五年とは菅原道真(845~903)1075回忌、すなわち1977年にあたる。
投稿写真の絵馬にも“昭和52年9月25日”という日付が読み取れる。

半世紀近く前のもはや骨董的価値も生まれていそうな品である。
陶板絵馬という昭和(の土産物)的センスも気になるところ。

(てんてんさんはブログもやられていて、関連の記事はこちら


20230621 tenten-14


「茶処 てんてん」は2020年12月、コロナ禍で分散初詣が呼びかけられていたころ“幸先詣(さいさきもうで)”で谷保天満宮をお参りした際に立ち寄った“門前(鳥居前)の茶屋”である。


20230621 tenten-15


こうじの昔ながらの甘酒をはじめ、手づくりソースのかき氷や白玉しるこ、自家製和菓子の抹茶セット、天満宮だけに“合格ゼリー”… と、簡易店舗スタイルからは思いもよらないほどメニュー豊富で、ほぼ手づくりというところにも驚かされる。


20230621 tenten-16

20230621 tenten-17


豆引き珈琲300円を注文。
“少々淹れるまでお時間お待ちください”とある。

「絵馬を鍋敷きにって書いてますけど、罰当たりません?」
なにしろ相手は日本三大怨霊だ。
「というか全部割られそうになっていて、そっちのほうが危ないんじゃないの? という話で(笑)」


20230621 tenten-1820230621 tenten-19


鍋敷き… もとい、陶板絵馬を1枚いただき、梅林でコーヒータイム。


20230621 tenten-21


挽きたて淹れたての香り高いコーヒーに自家製ようかんの、なんともぜいたくなひととき (  ̄ - ̄) ダバダ〜♪


20230621 tenten-22


前記事に書いているように、自分の場合、合格祈願というより商売繁盛のお守りに飾ろうかと思うが(神棚ないけど)、受験等を控えている方には霊験もあらたかそうではないだろうか。
鍋敷きにはでこぼこすぎて不向きとは思うけど。


20230621 tenten-20


[DATA]
茶処 てんてん
東京都国立市谷保5209 谷保天満宮梅園
https://twitter.com/tenten_bairin?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor
https://www.instagram.com/tenten_bairin/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/8mTiw3TQ2BI



wachat230621-22.jpg



20230621 tenten-24
コースターに使ってみた💦


実践! 分散初詣 & Go To …? 【茶処 てんてん】

2020.12.13

 “朝に思い付いて散策”シリーズ。
今回はテーマが決まっている。初詣である。

三が日の混雑を避けるため政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会・尾身茂会長は初詣の分散化の要請を行っているが、ならば年明けにこだわらず前倒しがあってもいいのでは?
と調べてみると、各地の神社や県神社庁などで12~3月といった分散参拝を呼び掛けているところも少なくない。

12月中に先取りして初詣をすることを“幸先詣(さいさきもうで)”というらしい。
混雑のニガテな自分には縁のない、おびただしい参拝客が押し寄せる有名どころでも、いまのうちならすいているに違いない… と考えた。

真っ先に思い浮かんだのが、谷保天満宮。
いつもなら15万人の初詣客があるという多摩地区の人気スポットである。


20201213 tenten-11
20201213 tenten-1220201213 tenten-13
20201213 tenten-14
国立駅から大学通りを谷保駅まで


ということで、国立駅を起点とする散策コースを考えた。
コースもなにも、大学通りをひたすら南下するだけなんだが。


20201213 tenten-15


谷保天満宮は903(延喜3)年、菅原道真の三男・道武が父を祀る廟を建てたことに始まるとされる。
東日本における天満宮としては最も古く、湯島天満宮、亀戸天神社と並び関東三天神と称される。


20201213 tenten-1620201213 tenten-17


――正月の縁起物(生芽の矢)・家内安全・学業成就の御札は12月中旬より3月末まで頒布致します。また正月3が日および1月中の土日祝日は混雑が予想されますので、可能ならば時期をずらしてお詣りくださいますようお願い申し上げます。公式HP


20201213 tenten-18


行ってみれば、七五三のお参りがちらほら。
拝殿では僕らの前に3組。


20201213 tenten-19


COVID-19が収束しますように… (-人-;)
混雑や密とは無縁の“初詣”を済ませた。


20201213 tenten-2020201213 tenten-21


谷保天満宮は甲州街道に面した大鳥居より入り石段を下って参拝する“下り宮”という珍しい構造で、石段の左手に梅林がある。天満宮だけに、梅林。
その梅林には、甘茶、お抹茶セットといった幟。


20201213 tenten-30


そう、今回は初詣だけでなく“Go To 茶屋”シリーズを兼ねている(←そんなシリーズありました? (- -;)


20201213 tenten-43


「茶処 てんてん」は一昨年春に天満宮を参ったときに見かけて気になっていた物件である。


20201213 tenten-23


開店準備中の様子で、「大丈夫ですか?」と尋ねると、「ちょうどお湯が湧いたところです」とお店のおねえさん。
お抹茶セットを1つ注文。


20201213 tenten-2420201213 tenten-2520201213 tenten-26


あとで調べてみると、「てんてん」は国立駅近くにあったという粥専門店「かゆや」が出していた茶屋で、本店閉店後もこちらは続けているとのこと。甘酒は「かゆや」の粥ベースだそうだ。
天満宮だけに“合格ゼリー”が名物のもよう。


20201213 tenten-27


抹茶はちゃんと点ててある。そしてセットの自家製和菓子が驚くほどおいしい。


20201213 tenten-28


店主さんはブログをやられていて、それによれば「ものすごい手がかかっています」と。


20201213 tenten-29


たしかに、ういろう風というか羊羹風の菓子の小豆の香りが素晴らしい。
この感じだとたぶん何を食べてもおいしいと思われ、ぜひ梅の季節に訪れたい。


20201213 tenten-3220201213 tenten-31


すっかりいい気分で、次の目的地へ。

(つづく)


20201213 tenten-22


[DATA]
茶処 てんてん
東京都国立市谷保5209 谷保天満宮梅園
https://twitter.com/tenten_bairin?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor
https://www.instagram.com/tenten_bairin/





[Today's recommendation]

wachat20201213-1.jpg




https://youtu.be/LjbAyBKh6hA



20201213 tenten-33-2
次号予告


東京都下で、小旅行 【増本】

2018.04.01

 先日、国立・谷保のお店の記事を書いていて、駅の南側にしばらく行っていないことに思い至った。

駅南には街のシンボルである東日本最古の天満宮「谷保天満宮」がある。
天満宮は多摩川の河岸段丘(立川段丘崖)に位置し、大鳥居が崖線の上、本殿へは階段を下る。
その向こうは氾濫原で、府中用水沿いには「谷保田圃」と呼ばれるのどかな田園地帯が広がる。
いまの時期なら城山のニリンソウ。用水のあたりではそろそろ揚げひばりが見られるかもしれない。
その光景は国木田独歩『忘れえぬ人々』のごとくに心に刻まれているが、風景は覚えているが人々は忘れてしまった。忘れちゃダメだろう(笑)。

以上は10年以上も前の自分情報。
いまどうなっているか、確かめに行くことにした。

府中用水の水源の一つ、矢川を水源から下って谷保田圃、天満宮、国立というルートを設定。
国立駅前の駐輪場に自転車を置いて矢川駅まで電車で移動。矢川の主水源の矢川緑地から歩き始めるという計画だ。


180401-masu-21.jpg180401-masu-22.jpg180401-masu-23.jpg
国立市城山さとのいえ パンフレットより


国立駅に歩け歩け的人々が群がっている。“国立・立川さくらウォーキング”というイベントの受け付けの列らしい。いやな予感がした。
立川駅の乗り換えの20分近い待ち時間に相方がググる。
イベントのコースは“…矢川駅前さくら並木→郷土館→ママ下湧水…”と、この区間、モロかぶり。
人のいない田舎道を歩く、というのが本日のテーマなので、これには参った。
まぁ、行くだけ行ってみよう。


180401-yagawa-11.jpg


10:29 矢川駅――踏切を挟んで、早くも歩け歩け先頭グループと遭遇。
しかしこの人々は真っすぐ南下しているもようで、僕らの目的地である西の矢川緑地方面へはまったく人けがないので一安心。


180401-yagawa-12.jpg180401-yagawa-13.jpg


そしてその先、緑地には豊かな湧水の湿原、そこから流れ下るきれいな川という、平成時代の東京都とは思えない風景が広がっていた。


180401-yagawa-18.jpg
180401-yagawa-14.jpg180401-yagawa-15.jpg180401-yagawa-16.jpg
180401-yagawa-17.jpg
矢川緑地


180401-yagawa-19.jpg
180401-yagawa-20.jpg180401-yagawa-20-2.jpg
180401-yagawa-21.jpg180401-yagawa-22.jpg
180401-yagawa-23.jpg
180401-yagawa-24.jpg180401-yagawa-25.jpg180401-yagawa-26.jpg
以上、くにたち郷土文化館まで、立川崖線上の矢川流域の風景


180401-yagawa-27.jpg
180401-yagawa-28.jpg180401-yagawa-29.jpg
ママ下湧水付近


180401-yaho-11.jpg180401-yaho-12.jpg
180401-yaho-13.jpg
180401-yaho-14.jpg
城山公園


180401-yaho-15.jpg180401-yaho-16.jpg
谷保田圃から天満宮へ


180401-yaho-17.jpg
180401-yaho-18.jpg
谷保天満宮


180401-yaho-19.jpg
谷保駅


散歩コースというより小旅行気分を味わえる素晴らしいエリアだが、ネックはたべもの屋がないこと。
けっこう歩いてハラペコのところ、最後上りだからキビシイ。おにぎり持参は必須。


180401-masumoto-11.jpg


谷保駅北口のレトロ商店街にある、ずっと気になっていた中華屋さん「増本」に。


180401-masumoto-12.jpg


注文は、五目そば900円、硬やきそば800円、餃子400円。


180401-masumoto-13.jpg


こちらはテレビドラマのロケに使われたとかで、パネルがが飾ってある。
ドラマ見ないから、そのへんの情報はよくわからない。


180401-masumoto-14.jpg


店主はラグビーの大八木淳史似で、一見コワモテだが、口を開けば実に優しそうなおやじさんである。


180401-masumoto-18.jpg


五目そばの具は、チャーシュー、メンマ、ゆで卵、かまぼこ、なると、豚コマ、ニンジン、キャベツ、ホウレンソウ、…。


180401-masumoto-31.jpg


で、五目やきそばも主体のモヤシのほかはだいたい同じ。
五目そばのシンプルな塩味に、実力の高さを感じる。


180401-masumoto-16.jpg


焼きそばは揚げた太麺で、最後までモチモチ。こちらもあっさりな味付けが好き。


180401-masumoto-32.jpg


ニラたっぷりの餃子は、懐かしくも優しい味わい。


180401-masumoto-15.jpg


日本の原風景をめぐる散策のあと、自分の原風景的中華屋さんに行き着く。


180401-masumoto-20.jpg
一橋大学


[DATA]
増本
東京都国立市富士見台1-8-7





[Today's recommendation]


https://youtu.be/LfcOqmsHblE



chat180401-22.jpg



180401-yagawa-33.jpg
4月1日、矢川緑地


Latest Articles
ブレない王道? スタイル 【壱発ラーメン 福生店】 May 18, 2024
歌舞伎町のご長寿食堂 【つるかめ食堂 歌舞伎町店】 May 17, 2024
The 名演! 【NHKホール】 May 15, 2024
いわゆる奥渋にて 【増田屋】 May 14, 2024
結局、いつもいつもの… 【杜の都寿司田 仙台駅ビル店】 May 13, 2024
〽ひろせがわ~ 【仙台城跡】 May 13, 2024
5月4日は植物園の日 【神代植物公園】 May 11, 2024
深大寺といえば… 【一福茶屋】 May 10, 2024
東京を代表する古刹 【深大寺】 May 09, 2024
銀座モダンな 【ビヤホールライオン 新宿店】 May 08, 2024
長く困難な ――馬頭刈尾根 May 07, 2024
予想以上にハードな ――大岳沢分岐 May 06, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2