fc2ブログ

予想をはるかに超える 【多古屋】

2021.11.18

 仕事のスケジュールが後ろ倒しになったりキャンセルになったりで、ヒマな期間が2日延びている。
人の用事に便乗して、散歩&昼ごはんに国分寺へ向かった。


20211118 takoya-51


国分寺は電車で行って歩いて帰ってくるケースが多いが、食事のあと用事先へ行く人と別行動になるので、行きを歩き、帰りに電車を使う、いつものと逆パターンに。


20211118 takoya-52


9時すぎに家を出て国分寺駅北口に11時前。


20211118 takoya-11


歩いたコースを測距すると7.8kmと、西武国分寺線の路線距離と同程度であり、かなり優秀なコースどりといえる。
ほぼ直線で最短距離を歩けたかも。


20211118 takoya-12


昼ごはんのお店はあらかじめ決めてある。
国分寺でかなり有名な居酒屋「多古屋」ではランチ営業(昼ごはんの提供)をしている。


20211118 takoya-13


以前入ろうとしたが、その日は日曜日で、営業はしているがごはんの提供はない(昼飲みオンリー)ということだった。
平日に一緒に国分寺にいることはあまりなく、この機会に入ってみようと。


20211118 takoya-1420211118 takoya-15


8km近く歩いて、腹ペコである。
居酒屋なのに11時開店のこちら、重宝します 😺


20211118 takoya-16


空腹のまま、一番乗り♪
そのままずっと貸し切り状態… というのは、想定外に好条件。


20211118 takoya-1720211118 takoya-18


まだまだ開店準備状態で納品の業者さんが幾度となく入ってくる。
そんなことからも少しずつ以前のにぎわいが戻ってきていることが推測される。


20211118 takoya-20


このラインアップで1000円超えがないのがすごい。
刺身五点盛定食とミックスフライ定食をオーダー。


20211118 takoya-2120211118 takoya-22


で、やって来た刺身五点盛定食、お盆全体も、刺し身の皿だけ見ても、800円から思い描いていたものをはるかに上回る盛り盛りな絵柄であった。


20211118 takoya-5520211118 takoya-54


刺し身はマグロ、ブリ、イカ、生タコ、サーモン(イクラ添え)。どれも分厚く鮮度もよい。
キャベツサラダにモヤシナムル、お新香。みそ汁の具は大根・油揚げ・ワカメに… 鶏肉!
思った以上におかずが多く、遊び心でご飯にふりかけをふったのを後悔したという (;^_^A


20211118 takoya-25


ミックスフライのメンツはエビフライ、コロッケ、チキンカツ、ミニ串カツ、鶏もも肉フライ。
さっくさくでおいしい。


20211118 takoya-2320211118 takoya-24


千切りキャベツたっぷり、刺し身のつまもたっぷり。
カロリーだけでなく食物繊維も十分。


20211118 takoya-26


それにしても、食いすぎではないかと思った。
2人分のご飯を合わせた8割がた、僕が食べている。

帰路、やっぱり歩きました (^▽^;)


20211118 takoya-27


一人7.8km…
往復15kmのおかげでいい運動になった。


20211118 takoya-28


[DATA]
多古屋
東京都国分寺市南町3-16-6 太陽ビルB1F
https://www.facebook.com/KokubunjiTakoya/
https://twitter.com/rpoxuehpmldfzso





[Today's recommendation]

wachat211118.jpg




https://youtu.be/Vysgv7qVYTo



20211118 takoya-29


見た目も味もこだわりを感じる居酒屋ランチ 【魚菜酒笑 吉】

2020.01.12

 目的地もコースも決めずに散歩するのはいつものこと。
小平団地近くに自転車を置いて歩き始める。回田本通りから右にそれ回田わかくさ公園横を通って玉川上水を越え、サレジオ学園の東側から北大通りを東へ。新小金井街道を南下し小金井市環境楽習館から滄浪泉園の池を眺め、トンネル横の階段を崖線下へ下る。「小金井大勝軒」横から野川遊歩道を遡上。東京経済大下のはけの道から丸山通り・多喜窪通りを上って国分寺駅へ――

というコースだが、こうやって文字で説明するより何枚か写真を貼っつけたほうがよっぽどわかりやすいっつーの ヾ(・ε・。)

いつもあとでそう思うんだが、歩いているときは気が回らないのだ。いまだブログ慣れしていないという(笑)。そのへんが今年の課題かな。


20200112 yoshi-25


国分寺の街なかで昼ごはんのお店を探したがなかなか決まらず、自然と自転車の置いてある方角にふらふら街外れまで歩いて、この先もうお店はないよ… というぎりぎりのポジションにランチののぼり。
いやー、助かった。


20200112 yoshi-11


ここは「魚菜酒笑 吉」という居酒屋さん。


20200112 yoshi-12


居酒屋ランチのいいところは、仕入れ状況しだいで思わぬ得をすることがあるという期待感を持てるあたりかな。
魚の目利きがやっているところも多いわけだし。


20200112 yoshi-13


こちらのお店がまさにそうで、某グルメサイトによれば、若いが経験豊富な料理人が店主を務める。


20200112 yoshi-14


半地下のお店は奥に細長いつくりで、左手が長いカウンター席になっている。


20200112 yoshi-15


常連っぽい若いお客さんが数組… という日曜の昼の居酒屋とは思えない光景に一瞬たじろぐが、「奥にテーブル席もありますよ」とのことで、一見さんは奥へ。
テーブル席は、4人×2卓、2人×1卓。


20200112 yoshi-18


相方は日替わりランチ1000円。僕の分、天ぷらと刺し身で悩んでいると、「天ぷらカロリー高いから」と、半強制的に旬の刺身定食1000円に決定。


20200112 yoshi-1620200112 yoshi-17


日替わりは鮭カマ塩焼きをメインに、ちくわ磯辺揚げ、里芋のふろふき、ミニサラダ、みそ汁、お新香(野沢菜)とバランスのよい組み立てである。


20200112 yoshi-21


みそ汁や煮物は居酒屋らしくしっかり濃いめの味付けだが、鮭カマは薄塩。脂ののったカマを大根おろしがさっぱりさせてくれる。鬼おろしを使った粗めの大根おろしというところがポイント。


20200112 yoshi-24


刺身定食は、まずご飯やみそ汁のトレーが来て、第2弾で刺し身の大皿がドーンと載せられるという演出に、「おー!」となる。


20200112 yoshi-26


刺し身は、ヒラメ、タコ、マグロ、ブリと、この白身は… もしかしてサワラかな? そうだとしたら、ランチとしてすごく豪華かつオトクだと思うなぁ。しっかり脂がのっているが、ブリより上品でくせがなく、とてもおいしい。
鮮魚の仕入れは独自ルートとのことで、旬の刺身とうたっているだけあってどれも鮮度抜群である。


20200112 yoshi-22


国分寺散歩はこういうパターンになることが多いが、行き当りばったりで入ってもしっかり満足させられるあたり、まちの実力とでも申しましょうか… (-ω- ) ウンウン


20200112 yoshi-20


[DATA]
魚菜酒笑 吉(うおさいしゅしょう よし)
東京都国分寺市本多1-6-6
https://www.facebook.com/%E9%AD%9A%E8%8F%9C%E9%85%92%E7%AC%91-%E5%90%89-867905956668418/
https://twitter.com/uosai_shushou
https://www.instagram.com/uosaisyusyou_yoshi/





[Today's recommendation]

wachat20200112.jpg




https://youtu.be/d_es5fDGRvg


国分寺散歩からの… 昭和歌謡酒場 【居酒屋よっちゃん】

2019.10.20

 国分寺の日立中央研究所の南の駐輪場に自転車を止めて街なかに上っていく途中、“姿見の池”の案内板が目に留まった。名前を聞いたことはあるが行ったことはなく、せっかく近くに来ているのでと、回れ右をして坂を下る。

名前の似ている武蔵国分寺跡近くの名水百選“真姿の池”のようなものかと思っていたが、行ってみて池の大きさに驚かされた。


20191020 kokubunji-11
20191020 kokubunji-1220191020 kokubunji-13
池にはオシドリも飛来していた。残念ながらスマホの撮影ではこれが精いっぱい


一帯は駅でいうと国分寺というより西国分寺の圏内にあたる。というのも、一緒に案内板に載っていた“日影山”は西国分寺駅のホームのすぐ横。
中央線の電車がひっきりなしに行き交う駅近くにこんな場所があるとは…。


20191020 kokubunji-1520191020 kokubunji-16
20191020 kokubunji-1720191020 kokubunji-18
ホトトギス(左)、イタドリの種子(右)


――かつて付近の湧水や恋ヶ窪用水が流れ込み、清水を湛えていました。 現在の府中街道とほぼ同じ道筋にあたる東山道武蔵路や鎌倉上道の宿場町であった恋ヶ窪の遊女達が、朝な夕なに自らの姿を映して見ていた ことから、「姿見の池」と呼ばれるようになったと言い伝えられています。国分寺市HPより)


20191020 kokubunji-14


高度経済成長期、都市化が進む中で湧水が減少し、池はいったん埋め立てられたそうだ。1993年に東京都の“国分寺姿見の池緑地保全地域”に指定され、99年、湿地・用水路・水辺林などを含めた池周辺地域として整備された。


20191020 kokubunji-19
府中街道陸橋より。正面がシティタワー国分寺ザ・ツイン、手前が西国分寺駅ホーム。左手の森が日影山


府中街道の陸橋を越えて中央線の南側を線路沿いに国分寺駅方面へ。
両駅間の最短ルートは距離にして1.5kmほどしかないが、野川の谷を下って上るので、けっこうな運動になる。


20191020 kokubunji-20
野川。水源(日立中央研究所の大池)より約180mの最上流域だが、台風19号の影響でまだ水量が多い


時刻は12時40分。
はらが、へった。。。


20191020 yottyan-11


国分寺駅南口ロータリーから多喜窪通りに抜ける角地のビルに興味深い看板を発見。
“居酒屋よっちゃん、ランチ営業中”


20191020 yottyan-12


居酒屋ランチには妙に惹かれるところがある。魚がうまそうなイメージだ。

それと、このとき僕は大きな勘違いをしていたんだが、「居酒屋よっちゃん」のランチメニューにある“イカのしょうが焼き”と、看板の後ろに見えるビルのプレートの“函館あかちょうちん”を結び付けて考えていた。
「函館のイカ… そいつはイイ!」


20191020 yottyan-1320191020 yottyan-14


「函館あかちょうちん」はまったく別のお店だったということに、この記事を書いているときに気づいたという ( ̄ω ̄;) エートォ…
ま、結果オーライということで。


20191020 yottyan-16


こちら「居酒屋よっちゃん」は、食べログによれば2015年6月オープン。
店内は赤提灯や各種ポスター、日本酒多数… とにぎやか。スタッフは全員若い人で、きびきびした接客が気持ちいい。
注文は、イカのしょうが焼き定食(笑)とモツ煮定食。


20191020 yottyan-17


先客は3組で、2組が飲み、僕らともう1組が食事。
最近の昼飲み客の多さにはまだちょっと違和感あるなぁ…。一方、隣の席の食事のお父さん、中学生くらいの男子を連れてこういう店を選ぶとは、なかなかデキる。


20191020 yottyan-15


イカのしょうが焼きという字ヅラに、焼いたイカが輪切りにしてあって脇におろしショウガが添えてあるような絵柄が浮かんだんだが、よく考えてみるとそれはただのイカ焼き、またはイカポッポだなぁ… と気づいて、しょうが焼きとは…? と考え直した、そのとおりのものが出てきたという ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


20191020 yottyan-18


イカとネギというシンプルな材料で、甘辛く炒めてある。
イカは身が締まっていて一夜干しに近い食感で、よく味が絡んでおいしくいただける。居酒屋だけに味濃いめ。


20191020 yottyan-19-2


モツ煮は大きい豚モツがごろごろ。
ゴボウとコンニャク少々、それと薬味ネギという、こちらもシンプルな構成で、ひたすらモツを食べ続けるような一品だ。


20191020 yottyan-20


ご飯が非常に多く、しかもその1.5倍ほどが僕の担当になるといういつものパターン。
“ご飯大盛り・おかわり無料”と書いてあって、注文のとき一瞬迷ったが、危ない危ない。


20191020 yottyan-21


BGMは80s歌謡曲。
食事中の相方さんが突然、右手をこめかみのところに持っていってピストルのポーズでクイッ、クイッ、クイッとひねる。

♪……はまだ じゅうろくだーからー


20191020 yottyan-22


これは一杯飲んだが最後、戻ってこられなくなるパターンだ。
あぶないあぶない…。


20191020 yottyan-23
「居酒屋よっちゃん」は正面右手、「松屋」のビルの2階


[DATA]
居酒屋よっちゃん
東京都国分寺市南町3-18-17 樋野第一ビル2F
https://yottyann.on.omisenomikata.jp/





[Today's recommendation]

wachat191020.jpg




https://youtu.be/9GKKZIX060k


https://youtu.be/RlCtmVtxB5A

当時、マネージャーのSさんとはフィーリングが合って、この曲を含む3部作について何度かお話を伺ったが、伊代ちゃん同席ということが一度あり、それが河田町のフジテレビの楽屋だったので『夕やけニャンニャン』の本番前とかだったんだと思う。部屋の隅で体育座りをしている小さな女の子の寂しそうな姿が印象に残っている。


Latest Articles
老舗和菓子店の一番人気は? 【井筒屋】 Dec 02, 2021
“地元”ソウルフード 【山口屋だんご店】 Dec 01, 2021
己を知る… 【九州ラーメン いし】 Nov 30, 2021
とっくに若くなく… 【ニューバーグ】 Nov 28, 2021
想定外に○○な老舗うどん店 【まるいうどん 星の宮店】 Nov 27, 2021
居酒屋ランチで考えた 【入船】 Nov 26, 2021
青春を懐かしがる 【ビフテキ家 あづま】 Nov 24, 2021
江戸の老舗からの… 【道味】 Nov 23, 2021
リアル昭和な 【鶴家】 Nov 22, 2021
青梅散策その1 【チョコレート工房 ZEN】 Nov 21, 2021
予想をはるかに超える 【多古屋】 Nov 18, 2021
西新宿カレーのノスタルジア 【カレーハウス11イマサ】 Nov 17, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2