FC2ブログ

そのたべもの最強につき…! 【たかはし】

2019.11.08

 保谷近辺にはなぜか二枚看板のお店が多い。それも、カンバンの組み合わせがひとひねり利いた店ぞろいである。
練馬所沢線沿いのとんかつ&焼き肉レストラン「かつ秀」、そのすぐ裏手にはインドカレー&イタリアンレストラン「ポルポ」、保谷駅南口には定食&和菓子の「いさわ」、そして、したみち通りの中国料理&とんかつの「たかはし」。

入ったことがあるのは「かつ秀」だけだが、ほかのお店も気になる度maxで、それだけに、逆においそれとは踏み込めずにいる。


20191108 takahashi-11


「たかはし」が最近、二枚看板を下ろした。
外装をリフォームしてこぎれいになり、看板も“とんかつ”一本でやや高級路線を志向している感がある。
代替わりか何かで営業スタイルが変わったのかも… と、ちょっと寂しく思っていた。


20191108 takahashi-12


近くを通ったので現状調査というか、まあ、とんかつしかやってなくてもいいか、ハラヘッタし… みたいな感じで、行ってみる。


20191108 takahashi-13


店先に品書きの黒板が出ているので、近寄って確認。
“美味しいとり肉とピーマン炒め定食”
これは明らかに中華系じゃないの…? と、ちょっとうれしくなった。


20191108 takahashi-14


さらに、いちばん下には、“美味しいカツカレーそば”
むむ…… o(゚ー゚*o) ワクワク…!


20191108 takahashi-15


入店して、注文をとりに来たご主人に聞いてみる。
「カツカレーそばって、どういうものです?」
「ラーメンです」と、答えは明快。
やっぱりー! ヽ(^∇^*)/


20191108 takahashi-16


中華系で“そば”といえばラーメンだ。
「ラーメンにとんかつのせて、カレーかけて…」
「それ、お願いします!」


20191108 takahashi-17


カツカレーは言わずと知れた定番で、カレーラーメンは、まあ珍しいものでもないというくらいには存在し、とんかつラーメンというものもまれに見かけるが、三国並び立つカツカレーラーメン… 少なくとも僕は出会った記憶がない。
中華&とんかつの二枚看板ならではのメニューといえる。

で、やって来ましたカツカレーそば。
はたしてそのビジュアルは!


20191108 takahashi-18


…てか、まんまやね(笑)。

あまりにも各要素、なじみ深いだけに、誰もが思い浮かべるとおりの完成図にしかなりようがないか…。
味のほうも同様に意外性は薄く想像の域を出るものではないが、それにしても強力であることは間違いない。


20191108 takahashi-19-2


すっかり煮崩れてはいるが牛肉、ジャガイモ、ニンジン、タマネギの各パーツが認められ、その典型的和式な具材のわりにかなりスパイシーなカレー。背後には鶏ガララーメンスープの存在が感じられ、そこに浸った熱々のとんかつ。細めの縮れ麺はカレースープをよく持ち上げ…。
と、テンション上がりっぱなし。


20191108 takahashi-2020191108 takahashi-21


ただし、三位一体、完璧なバランスかというと…
カレー風味のラーメンスープを吸ってふやふやになったコロモをまとった姿のカツを2切れほど、どうしてもご飯にのせて食べてみたい。
と、小ライスが抗し難い力で割って入る。

最強説もささやかれるこのトリプル折衷メニューは、カロリー的にも危険なにおいがプンプンするのだ。


20191108 takahashi-22


[DATA]
たかはし
東京都練馬区西大泉1-33-4





[Today's recommendation]

wachat191108.jpg ◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/N7741O4LS0c

 にほんブログ村 音楽ブログへ






“カレーの街”の選手層の厚さ 【ラーメンハウスたなか】

2019.02.14

 石神井公園駅周辺はカレーの街だそうだ。
毎年文化の日を挟んで「パークロード石神井カレーDay」が開催される(since 2014 ?)

カレーの街を名乗るからには何か根拠があるはず。
たとえば単純にカレー店が多いというだけでも要件を満たすと思うので、とりあえず食べログで調べてみた。カレーといってもさまざまであり、基準をそろえるためインド系・タイ系に絞って沿線の大泉学園、ひばりヶ丘と比較した。結果、3駅とも5店。石神井公園が特に多いわけではない。

なぜカレーの街か?
石神井公園には、カレーという検索ワードには引っかからないカレー人気のお店が多い。つまり、いまや主流のインドカレーやおしゃれなカフェカレー以外の部分が突出しており、それだけでカレーの街といううたい文句に十分な説得力を与える。
たとえば公園通りの大衆食堂「ほかり食堂」「辰巳軒」は、ともに“坂口安吾ライスカレー100人前事件”に関係するといわれ、いまもカレーは人気メニュー。石神井川のほとりのそば・とんかつのお店「たつみ庵」はジャンボかつカレーが有名。石神井公園内の茶屋「豊島屋」は『孤独のグルメ』(原作)登場店で、五郎さんはカレー丼を食べている。


190214 tanaka-13


そんな“味のある”カレーのお店がもう1店。
銀座通りいちばん奥の二股に位置する「ラーメンハウスたなか」。


190214 tanaka-13-2


外観は典型的な街の中華食堂だが、通るたびに目に付いて強く印象付けられているメニューがチキンカツカレー。
“特別サービス品”600円と激安である。


190214 tanaka-22


予想と違ってこぎれい、そして広い店内。
座敷席がメインで、見える範囲で座卓が6卓ある。テーブル席は4×2、2×1。カウンターは9席。
注文は予定どおりチキンカツカレー600円。


190214 tanaka-18


またこれも予想外にアクティブな営業姿勢が感じられ、たとえば店先に出ている“本日のサービス品”(本日はタンメンととんかつ定食)が店内にも張り出してある。これを毎日と考えたら、けっこう手間だと思う。ともかくいろいろ人手をかけていることは確か。

そのスタッフだが、さっきまでもっとたくさんいたようだが、2時を過ぎているためか、気が付けば店主ご夫婦? くらいしか見当たらない。


190214 tanaka-14


チキンかつカレーは値段から想像していたよりずっとボリューミーだ。


190214 tanaka-15


皿の半分にご飯、もう半分には千切りキャベツが敷かれその上にカツ、カツの上からカレーという構成。
カレーはポークカレーで、肉がけっこうごろごろしてる。ほかの具はほぼ煮崩れておりマイルドな味わいだが、甘すぎることはなく好みの真ん中に近い味。
中華食堂だけにスープがラーメンスープというのがうれしい。


190214 tanaka-16-2


支払いのとき、おかみさんの姿も見当たらずご主人が対応。
600円ちょうど差し出そうとすると、「600円と消費税で、615円になります」と、すまなそうにご主人。「3%いただいてまして」
消費税が3%から5%に上がったのは1997年のことなので、20年以上据え置きということ(しかも端数切り捨て)。こっちがすまない気持ちになる。
615円ちょうど払うと、「はい、これ」と何かくれる。見ればキットカットだ。


190214 tanaka-1-2


「ん…? バレンタイン?」
「あ、そうそう(笑)」
今年唯一のチョコを親のようなおやじさんに手渡されることになろうとは、世の中何が起きるかわかったもんじゃない。


190214 tanaka-11


[DATA]
ラーメンハウスたなか
東京都練馬区石神井町6-9-1





[Today's recommendation]

wachat190214.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/OY2A3scN2QQ


Latest Articles
門前の茶屋で大地の恵みを 【観音茶屋】 Nov 24, 2020
農村を巡り、体感するツーリズムとは Nov 23, 2020
ホッとする地元の… 【龍巳うどん】 Nov 21, 2020
関東(ry) ロード ―4 【つかさ】 Nov 19, 2020
意外に多い○○系 【うどんの讃輝】 Nov 17, 2020
丘を越えはるか 【村田屋】 Nov 15, 2020
軽く20kmほど歩いてみた 【村山温泉 かたくりの湯】 Nov 13, 2020
祝🎊 放映決定! 【ながしま 磯とり料理】 Nov 09, 2020
おもてなしの心 【ますや】 Nov 06, 2020
フワッフワのシフォンケーキ 【東村山シフォン】 Nov 05, 2020
紅の○○ ふたたび❗ 【大清かまぼこ店】 Nov 03, 2020
土用の丑の日に 【うなぎ源八】 Oct 31, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2