fc2ブログ

禁断の… 【餃子の王将 秋津店】

2023.11.30

 夕方のニュースで「ChatGPT公開から1年」というのをやっていた。
自分とは関わりのない世界… かというとそうでもなく、先月は仕事でこのものについてやや詳しく学ばせてもらった。
実はけっこう簡単にアクセスできるというところがまず驚き。

1周年という話題性もあり、出来心でちょこっといたずらしてみたのだが…。

OpenAIの公式サイトhttps://chat.openai.comにメールアドレスを登録すれば、基本無料で利用できる。
利用法は、最初の「How can I help you today?」というページの「Massage ChatGPT…」という窓に日本語でコマンドを入力するだけ。

実際にやってみた結果が↓↓で、You(僕の入力した指示)ChatGPTがたちどころに答えを返してきた。


◆ ◆ ◆

You
ブログ記事をつくってください。餃子の王将秋津店でランチ。食べたのは餃子定食。東村山といえば志村けん。


ChatGPT
タイトル: 「餃子の王将秋津店での贅沢ランチ体験」

皆さん、こんにちは!今日は特別な日。なんと、私、ChatGPTが1周年を迎えました!お祝いの気持ちを込めて、特別なランチを食べに行ってきました。場所は東京都東村山市にある「餃子の王将秋津店」です。

このお店は、その名の通り、餃子が自慢のお店。ランチタイムには様々なセットメニューが用意されていますが、私が選んだのは「餃子定食」。これは、餃子がメインで、ご飯やスープ、漬物などが付いてくるお得なセットです。

まず、テーブルに座ると、店内には餃子の香りが漂っています。メニューを開くと、餃子の種類がたくさん!焼き餃子、蒸し餃子、揚げ餃子など、どれも美味しそうで迷ってしまいますが、今回はシンプルに焼き餃子にしました。

待つことしばし、運ばれてきたのが餃子定食。見た目も美しく、一口食べるとジューシーで香ばしい餃子の旨みが広がります。特製のダレをかけていただくと、さらに美味しさが引き立ちます。

ご飯やスープ、漬物も絶妙なバランスで、一つ一つの味が引き立て合っています。ランチタイムだけでなく、夜の宴会などでも楽しめそうな雰囲気のお店でした。

ちなみに、話題は地元東村山に。ここは志村けんさんゆかりの地でもあり、彼の名前を聞くと、地元の方々が誇らしげに語ります。食事を楽しみながら、地元の歴史や文化に触れることもできました。

まとめると、餃子の王将秋津店でのランチは、美味しいだけでなく、地元の雰囲気も味わえる素敵な体験でした。これからも新たな冒険と発見を求めて、ブログを続けていきます。これからもよろしくお願いします!



20231128 ohsho-30


どうです、これ。
僕より全然ちゃんとしてる(笑)。
いやー、まいった😅

あとは写真↓↓を組み込めば一丁上がり! というわけだ。


20231128 ohsho-38

20231128 ohsho-39

20231128 ohsho-3120231128 ohsho-32

20231128 ohsho-33

20231128 ohsho-35

20231128 ohsho-34

20231128 ohsho-37


で、試してみてどう感じたかというと――

使いたいという人(もう使っている人)いっぱいいるかもしれないが、自分は使おうとは思わない。
そもそもブログをやっているのは、ものを書いたり写真を撮ったりして記事をつくることの愉しみからであり、こんなものを使っていては本末転倒もはなはだしい。

それにしても… 楽ちんだ。
限定的に、たとえば自分ではどうでもいいと考えている食レポ的部分の下書き程度なら…。

“出来心”で、すでに禁断の果実を口にしてしまっているのかも…。


20231128 ohsho-36


[DATA]
餃子の王将 秋津店
東京都東村山市久米川町1-37-7
https://www.ohsho.co.jp/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/wDZFf0pm0SE?si=WLwA4zo0ugsZris4



wachat231128.jpg


手づくりサンドに軽食も充実の懐かし喫茶 【BuFuUu】

2018.06.16

 小平市喜平町3丁目の小平団地の北側にある古い商店街を「小平団地北口商店街」という。
北口という表現がおもしろいな、というのでずっと覚えている。


180616 buhuuu-55180616 buhuuu-56


小平団地の入居開始が1965年、商店街は団地造成と同時期につくられたというから50年超の歴史がある。いちばん奥のコンパクトなL字形のアーケード街(団地北口通り)なんか文化遺産もの。


180616 buhuuu-27


いまや消滅しつつあるアーケード街だが、われわれの子ども時代は繁栄の象徴だった。
しかもここは魚屋、肉屋、ケーキ屋なんかがちゃんと現役で商売してる。


180616 buhuuu-57180616 buhuuu-58180616 buhuuu-59


散歩の流れで団地中央の郵便局あたりから敷地内を“北口”に向かってみた。
1-1号棟(取り壊し)と1-11号棟の間の細い通路を下ると、正面に「肉屋の弁当」の看板。前述の肉屋「肉のマルサン」の裏口(というか、むしろ表口)である。
このようにやって来ると、たしかに“北口”という感じがする。


180616 buhuuu-11


この商店街、裏サイドは北口通り以外に商店は残っていないが、南と西の表通り側には飲食店を中心にお店が並び、この年代の商店街としてはサバイバル係数が高いといえる。


180616 buhuuu-12


とはいえいずれもかろうじて踏んばってる感が否めないなか、1軒だけ異質なコジャレた感じのお店がある。
肉屋の弁当屋の2軒横の喫茶店「BuFuUu(ぶーふーうー)」。


180616 buhuuu-61


そんな感じなので、僕はこの店を、いわゆるリノベスタイルで最近若い人(それも女性)が始めたものと思い込んでいた。
もう一つの先入観として、店頭のショーケースにサンドイッチが並んでいることから、サンドイッチ屋メインで、ランチサービスなど飲食の看板はあるがイートインレベルだろうと思っていた。


180616 buhuuu-62180616 buhuuu-63


入ってみると、意外に広く、落ち着いた雰囲気の立派な飲食店であった。


180616 buhuuu-20


ただ、きれいではあるがはやりのカフェのようなつくりではない。お店の人は、女性ではあるがそれほど若くはない(失礼)。
そういえば店名もいまどきのセンスとはいえないな… と、やっと気づいた。
これは昔の喫茶店の生き残りなのである。


180616 buhuuu-21


小平商工会が運営する地域情報サイト「こだいらネット」のお店紹介には“手作り・無添加のパンと、そのパンを使ったサンドイッチを売っています”とある。
そのサンドイッチを食べてみることに。


180616 buhuuu-60


相方が表に出てショーケースの品から、ハムカツ220円、レーズンパンの卵サンド200円、シナモンドーナツ110円をチョイス。
それとAランチ:ビーフカレー980円をオーダー。


180616 buhuuu-64180616 buhuuu-65180616 buhuuu-66


こちらのおばさま、ノリが軽やか。
カレーが運ばれてきて、「写真、いいですか?」と聞いてみると…

「えっ? ワタシ?」
「あっ…? いいすか?(笑)」
「ウソウソ、冗談。チョー冗談(笑)」


180616 buhuuu-67


ランチはオニオンスープ、サラダ、ラッキョウと、コーヒーor紅茶付き


180616 buhuuu-26


ソースポットで提供のカレーは、そのスタイルにふさわしい欧風タイプの小麦粉でとろみのついたもの。


180616 buhuuu-24


ビーフの塊がごろごろ入ってる。
ミルキーなコクが強く、ヨーグルトっぽい酸味が特徴的。


180616 buhuuu-25-2


カレーの付け合わせもそうだが、サンドイッチは手づくり感いっぱい。
ハムカツサンドの甘酸っぱいソースが郷愁を誘う。全粒粉のレーズンパンに卵ペーストという組み合わせは新鮮な感覚。
デザートにしっとりドーナツとコーヒーで、しみじみ昭和感が漂う。


180616 buhuuu-31


「長くやられてるんですか?」と帰りしなに聞いてみた。
「36年になります」
そこまで長いと思っていなかったので、聞いておきながら驚いた。驚いた表情がおもしろかったのか、追い打ちをかけるおばさま。
「ワタシも昔は若かったの(笑)」
「そ、そりゃそうですよね…」
いまでも十分お若いですよ、とか気の利いたこと言ったほうがいいんだろうな… と、わかっちゃいるけど言葉にできない自分がもどかしい。


180616 buhuuu-13


[DATA]
BuFuUu(ぶーふーうー)
東京都小平市学園東町3-2-43





[Today's recommendation]


https://youtu.be/hNMMN46uFCc



chat180616-22.jpg


Latest Articles
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
観光地感を醸し出す 【観音茶屋】 Feb 15, 2024
見どころいっぱい 【狭山不動尊】 Feb 14, 2024
昭和ノスタルジックな風情の 【レストラン蘭】 Feb 13, 2024
世界が認めたCraft GIN 【マツザキ 中福本店】 Feb 12, 2024
デジャヴな土曜の午后2時 【ラーメン専門店 和】 Feb 10, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2