FC2ブログ

給食メニューで#エール飯! 【東村山給食センター】

2020.06.26

 散歩で府中街道の古民家リノベ型コミュニティスペース「百才(ももとせ)」から裏手の駄菓子屋「きりん館」の道に入り、熊野神社方面へ向かう途中… という意外な場所で、おなじみの「#東村山エール飯」のポスターを見つけた。
「東村山給食センター」の建物である。


20200626 kyushoku-11


ここはたしか地元小学校給食や公共施設内の食堂運営などを手掛けており、たしか娘の高校時代のバイト先がその関係だったような… というようなあやふやな情報で申し訳ないが、つまり学校・施設などへ食事を提供する特定の給食サービス業を行う企業と認識している。


20200626 kyushoku-12


エール飯のポスターと並んで“テイクアウト受け付け中”の張り紙。
一般向けに弁当販売を行っているようなのだ。
興味をひかれ“ご自由にお取りください”のチラシケースから6月のメニューをもらって帰った。

ということで、給食メニューで#東村山エール飯!!


20200626 kyushoku-13


日替わり弁当と書いてあるが、給食と考えれば日替わり当たり前。それと、“メニュー”と書いてあるのは“献立表”と呼んだほうがしっくりくる (ーω-) ウンウン♪
“給食の献立”だけにバリエーション豊富。


20200626 kyushoku-14


この日のメニュー、もとい、献立は、エビカツ、焼き餃子、中華丼風、白菜おひたし、コーンポテトサラダ。
選んだわけじゃないが、給食なら人気ランキング上位に来るに違いないという組み立てだ。


20200626 kyushoku-15


システムは、まず朝9時15分までに電話注文というのが鉄則。前記事の続きみたいだが、事前の段取りが必要である。
弁当の引き取り時間AM10:00~PM1:30と書いてあるが、予約のときに何時に来られるかと聞かれ、12時と答える。

引き取りのときに「このサービスはずっとやってたの?」と聞いてみると、「いや、そういうわけでは…」と社員さん。
「コロナで学校給食がなくなったりして?」
「あ、そうですね」
まさにエール飯である。


20200626 kyushoku-16


エビカツは、まあ普通だが、餃子は肉主体の餡みっしりタイプでなかなかおいしい。
中華丼風とはつまり野菜のうま煮で、ちっさいナルトや極小のエビが潜んでいたりで、なるほど中華丼! という楽しい一品。


20200626 kyushoku-17


Instagramに投稿するとき「#給食メニュー」「#給食レシピ」を貼ってみた。どちらのハッシュタグも意外なほど投稿数が多い。
自宅で給食。
案外得がたい体験かもしれない。


20200626 kyushoku-18


[DATA]
東村山給食センター
東京都東村山市久米川町4-41-2




インスタやってます (。-_-)ノ ヨロシク♪



[Today's recommendation]

wachat20200626-2.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://www.youtube.com/watch?v=fLexgOxsZu0

 にほんブログ村 音楽ブログへ






閑静な住宅街に、忽然と… 【ラーメンショップ(国立)】

2019.02.25

 ラーメンショップいわゆる“ラーショ”のFC店舗はロードサイドのイメージが強く、住宅街にあるのは珍しいと思うが、それが多摩地区を代表する高級住宅街とされる国立であればなおのこと。
この「ラーメンショップ」は異彩を放っている。


190225 rasho kunitachi-17


数年前のこと、(高級住宅街ゆえに)商業施設等は何もなく、めったに踏み込むことのないこのエリアを自転車で走っているとき、それは忽然と姿を現した。
国立にラーショという意外性もさることながら、そのたたずまいがまた現実離れしている。古い盛り土の行われた地所は、元はお屋敷の一角かもしれない。明治スカットのベンチは何年そこに置かれているのか。


190225 rasho kunitachi-15-2


その白昼夢のような光景をふと思い出し、探してみたが見つからない。
そんなときマップやグルメサイトの情報に頼ったらつまらない。足(自転車)で回り、3回目でようやく探し当てた。盛り土の石垣の光景が焼き付いていたため、もっと崖線寄りを探していたのだ。


190225 rasho kunitachi-12190225 rasho kunitachi-13


ここは国立の住宅街を抜けてくるとわかりづらいが、立川側からは実は北大通りの“道なり”で通る。すなわち北大通りの未拡張の一方通行区間を迂回して“しらみ坂”方面へ抜けるルート上にお店がある。


190225 rasho kunitachi-14


店舗はあとでくっつけたような2つの空間からなり、左が2人用テーブル2脚およびカウンター5席とその向こうに厨房、右のスペースにはテーブル席2×3。
カウンターの右端に座る。


190225 rasho kunitachi-18


注文は、なぜか気が大きくなっていて、ラーメンの「中」と申告。


190225 rasho kunitachi-19-2


スタッフは落ち着いた感じのおばちゃん1人。
ネット情報によれば、このお店は当地で35年近く営業を続けてきたらしい。一風変わった店舗構造ははじめからラーメン屋としてつくられたものとは考えにくく、明治スカットの件もあるので、そのへんの経緯を伺えばよかったと、あとで思った。最近疲れぎみで、そのへんのエネルギーがちょっと…。


190225 rasho kunitachi-21


ラーメンは3分で提供。
カウンター越しに受け取った器のでかさにちょっとビビる。ただしこれはラーショ独特の浅底どんぶりなので、見た目ほどボリュームがあるわけではない。…とタカをくくって食べ始めたわけである。
いやいや、そんなたやすいものではございませんでした。「中」の麺の量、ものすごい ∑( ̄Д ̄;) オオッ…


190225 rasho kunitachi-22-2


いや、食えるけどさ…。
細めのちぢれ麺はかためのゆで上がりでツルツル入る。余裕とまではいわないが、まあ、おいしくいただける限度内ではある。ではあるけれども、おじさん的には食べすぎ、と客観的視点から申し述べているわけで。


190225 rasho kunitachi-23-2190225 rasho kunitachi-25-2190225 rasho kunitachi-24-2


ラーショのマイルド系とんこつスープは口当たりがいい反面、単調になりがち。その問題も麺が多いとちょっと際立つかな…。
ここで豆板醤およびおろしニンニクを投入して味の変化をつけるのが定石。豆板醤およびおろしニンニク抜きにラーショのラーメンを食うべからず… というくらいに相性がよい。

と、客観的に警鐘を鳴らしつつもラーメン「中」を存分に味わっている行動主体の存在というものが… やばいやばい ( ̄ー ̄ I ) タラー…


190225 rasho kunitachi-16


[DATA]
ラーメンショップ
東京都国立市北1-9-11





[Today's recommendation]

wachat190225.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/OPf0YbXqDm0


正月明け、節約モードに 【寳来屋】

2019.01.09

 気づいたら苦境に陥っていた。
仕事がクソ忙しいのである。

僕の場合、月単位の仕事がメインで、それが月の前半に集中するので正月休みの影響は避けられないが、今年は休みが長かったため例年以上に高集積している。
加えてイレギュラーでまとまった仕事が押し寄せている。めったにないことだが、断らざるを得ないほど。

もう一つ困っているのが、フトコロ具合。
これもカレンダーの影響だが、長い休みの間、遠出はしていないが出かける機会は増える。
それなりに電車賃はかかるし、食事代も通常よりかさむ。


190109 horaiya-12


ということで、当分の間、
①時間がないのでブログの更新が滞る、もしくは記事内容がテキトーになる
②お金がないので昼ごはんの店はコスパ重視の節約モードになる
ことをお断りしておく。

なんだい、いつもと変わらないじゃないかい… というのは、言いっこなしで ×( ̄-  ̄ ) ナシナシ…!


190109 horaiya-11


コスパ重視ということで真っ先に思い浮かぶのが、八坂の中華料理店「寳来屋」。


190109 horaiya-13


ラーメン(350円)、ワンタンメン / タンメン / モヤシソバ / チャーハン / カレーライス / 玉子丼(以上450円)、ねぎメン / みそラーメン / ソース焼きそば(以上500円)と、ワンコインメニューが充実の10品。
上を見ても、最高値がカツカレーライス。1000円払って200円おつりが来る。

と、激安だけれど、店名は新年らしくめでたいと。


190109 horaiya-14


僕がこの店でいちばん多く食べているのが、タンメンじゃないかと思う。
450円と、いまどきタンメンであまり見ない値段である。
具材はキャベツ、モヤシ、ニラ、ニンジン…。豚肉もけっこう入っている。


190109 horaiya-16


想像だが、このタンメンは具材にほかの料理で出た端切れ野菜を使って値段を低く抑えているんじゃないだろうか。

いま、NHK『ニュースウオッチ9』で恵方巻きの廃棄問題のニュースを見ながらこの原稿を書いている。
図らずもフードロス問題の本質について考えさせられる。


190109 horaiya-17-2


[DATA]
寳来屋
東京都東村山市美住町1-6-31





[Today's recommendation]

wachat190109.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://www.youtube.com/watch?v=nPvuNsRccVw


Latest Articles
祝梅雨明け🎊 のギョービー 【餃子工房】 Aug 10, 2020
みんな大好き! いなのり太巻き 【いとう屋 本店】 Aug 08, 2020
インスタまとめ ―その2 Aug 06, 2020
ひと味違うこだわりのカレー屋さん 【カマナ】 Aug 02, 2020
丼モノの時代へ! 【八海食堂】 Jul 31, 2020
冷やし中華にも、のせてみました! 【すぱいす】 Jul 27, 2020
所沢周辺ユルポタシリーズ ―その3 Jul 24, 2020
平時でも入るのに勇気が要りますが… 【焼き鳥野島】 Jul 21, 2020
いまや定番! 持ち帰り餃子といえば… 【秋津ナンバーワン】 Jul 19, 2020
新しい日常で魚屋増殖中? 【海鮮鮨 義 東村山店】 Jul 18, 2020
もう一つの応援イベントで、秘密のお店へ 【うなぎ・天ぷら いしい】 Jul 15, 2020
タイ料理のちょっとジャンキーな吸引力 【サワディー 久米川店】 Jul 13, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2