FC2ブログ

3代続く“野方の台所” 【野方食堂】

2019.06.02

 ずっと探していた棕櫚の箒が野方で手に入るらしいことを知った。
駅の北口、環七の内側の静かで人通りのない住宅街を20分ほど歩くと、いきなり目的の店「そうこう箒本舗」があった。


190602 nogatasyokudo-27


家の掃除はもっぱらダイソンだが、私(相方)は棕櫚の箒に憧れていて、京都三条にいい感じの店があることを知った。ただし、いつもあるとは限らない。職人が作ってくれると店頭に並び、当然ネット通販などしない。京都は遠いな…、いや距離の問題だけでなくその商い方も。
さずが京都と感心するやら諦めの境地やらでいたところ、偶然こちらを知って、さっそく訪れた。――以上、相方記す。


190602 nogatasyokudo-26


野方は高円寺に遊びに行くときやなんか意外に使うことの多い駅で、そんなとき横目で眺め、駅前商店街にはいくつかなんとも惹かれる外観のお店が存在することを記憶にとどめている。


190602 nogatasyokudo-11


その筆頭格が「野方食堂」。
お昼ごはんは迷わずこちらに。


190602 nogatasyokudo-14


過去に現場で横目で見て記憶にとどめてはいるが、お店情報を下調べするようなマメな性格ではないので、入ってみて「あ、そうなのかぁ…」みたいなことがいろいろある。


190602 nogatasyokudo-15


「野方食堂」は昭和11(1936)年創業。あ、そうなのかぁ… みたいな。
てか、えぇー!! 昭和11ねん~!?


190602 nogatasyokudo-16


魚中心の和定食は想像どおりだが、スパゲティ、オムライスといった洋食メニューにもこだわりがあるらしい。それは神田の食堂や上野のレストランで修行を積んだという創業者の経歴に関係するようだ。
いま店を切り盛りするのは孫の3代目だという。


190602 nogatasyokudo-17


注文は、まず“4万食突破”おすすめ度五つ星のA定食(とりから2個&豚肉生姜焼き)。


190602 nogatasyokudo-18


もう1品はせっかくだから洋食方面。オリジナル特製みそが使われているというミートスパゲティー(みそ汁サービス)に。
ご飯大盛り無料とスパゲティ大盛り無料(レギュラー240g→大盛り460g)のサービスがあり、スパゲティのほうだけ大盛りにしてもらう。


190602 nogatasyokudo-20 190602 nogatasyokudo-21


客入りはいいが回転も速く、家族連れや年配客など、地元では幅広い層の根強い支持を獲得している雰囲気が伝わってくる。
4人テーブル6卓、2人テーブル6卓の構成だが、2人客でもまず4人掛けから案内するといったサービス精神の徹底された接客がとても好ましく映る。


190602 nogatasyokudo-19


ミートソース(大盛り)は、まさに懐かしの昭和のミートソース。


190602 nogatasyokudo-24


「アルデンテなどという洒落た言葉はありません。それどころかスパゲティを20分も茹でる」(メニュー帳より)
僕らはそんなレシピのスパゲティを食べて育ったのだ。


190602 nogatasyokudo-25


A定食もボリューム満点。


190602 nogatasyokudo-22


からあげがデカい。生姜焼きも、肉ばっかり。
ご飯大盛りにしなくてよかった…(笑)。


190602 nogatasyokudo-23


3代目の先代・先々代へのリスペクトがひしひしと伝わってきて、それだけでもほっこりとさせられる街の食堂である。


190602 nogatasyokudo-12


[DATA]
野方食堂
東京都中野区野方5-30-1



[Today's recommendation]

wachat190602-2.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/sjCw3-YTffo


41年目の年の瀬に… 【狩勝】

2018.12.06

 食べ歩きの愉しみの一つに新しい味(店)との出会いということが挙げられると思うが、新規開拓にかまけて行きつけの店から足が遠のいてしまいがちになる。
いかんいかん… と反省するのが12月。年末のあいさつ回りじゃないが、長く通っているお店には顔を出しておかないと。


181206 karikachi-11


久米川駅前のサッポロラーメン「狩勝」は7月以来。
前回、品書きから消えていた鳥の唐あげはやっぱり見当たらないので、やめちゃったかな? 少しずつメニューが減っていくなぁ…。
でも今日食べようと思っていた品はちゃんと壁の短冊にある。


181206 karikachi-12


「カツカレー」とお店のおかあさんに申告。
「カツカレーは、えーと、ちょっと待ってよ…」と厨房に引っ込み、冷蔵庫を開けて… 「あ、大丈夫。あるある」とおかあさん。「カツが心配だったのよねー(笑)」
ちょっと危なかったみたいだが、オーケーっすか? _( -"-)_ セ、セーフ…!
品数が減ってきているのは、中華鍋が振れないという体力面だけでなく、材料の仕入れ・在庫管理の問題もあるんだと思う。


181206 karikachi-15


品書きのカレーライスには“ビーフ”、カツカレーには“ヒレ肉使用”と書いてある。
カツカレーは正確にいうと“ヒレカツビーフカレー”ということになるのかな?


181206 karikachi-14


7分後にやって来た皿は、まさにヒレカツビーフカレー。昭和時代ならぜいたく品だ。
カレーには牛肉がけっこうたくさん入っている。ヒレカツもまあまあのサイズ。平成最後の年の瀬に食べても、昭和を知る人間にはぜいたくな味がする。


181206 karikachi-17


「お客さん、ときどきみえてるよね」と、おもむろにおかあさん。「うち、12月いっぱいでやめることにしたの」

手が止まり、言葉を失った。

いろいろ理由はあるようだ。
身体面できつくなったこと、すべての設備が老朽化したこと、近所にチェーン店が立て続けにできたこと、後継者がないこと…。
「お父さんがやりたいっていうからやってきたけど、もうかる商売じゃないのよ。個人店は本当に大変。もう限界(苦笑)」


181206 karikachi-18


今年の春先にもこういうのが続いたことがあったが、やはり“平成最後”というフレーズが及ぼす心理的な影響が大きいんじゃないだろうか。
昭和が遠くなったと思っていたら、平成も終わる。そろそろ潮時かな… と。

「もうこのへんで残るのは『しなの』さんだけになっちゃいますね…」と言うと、「あそこもやめるって言ってるわよ」と、それはそれで重大発言なんですけど…。


181206 karikachi-16
閉店を決めてもサービス品(黄色の付箋)を出し続ける姿勢には頭が下がる


うちでは子どもたちもこの店が好きだ。そのことを話すと、「一緒に来てもらわないとわかんないわね(笑)」と。
12月いっぱいといっても銀行が営業している28日までか、あるいはもっと早く閉めるかもしれないとのこと。
それまでに一度、家族みんなで来てみようと思う。

「おつかれさまでした」と店を出るのはつらいものである。


181206 karikachi-13


[DATA]
狩勝(かりかち)
東京都東村山市栄町2-7-1



[Today's recommendation]

wachat181206.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://www.youtube.com/watch?v=H2RQqDbPRgs


Latest Articles
ふるさとの復興支援イベント! ――出張カキ小屋「牡蠣奉行」 Dec 15, 2019
1CLシリーズ、まとめてみた ――その2 Dec 14, 2019
追憶のチャンポンを求め… 【長崎ちゃんぽん・皿うどん 球磨】 Dec 13, 2019
高田馬場を代表するロシア料理の名店 【チャイカ】 Dec 12, 2019
すっきりとしてかつ味わい深い… 【麺蔵 もみじ】 Dec 11, 2019
意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】 Dec 09, 2019
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2