ワンランク上、じっくり味わう辛シビ麺 【麻辣椀】

2019.07.27

 西武新宿線久米川駅南口の中華料理店「麻辣椀」は、2016年5月オープンの新しいお店。
場所はモザーク通りのインドカレー「サンガム」や居酒屋「青空」の裏手にあたり、メインショッピングストリートから1本それる格好だ。駅から徒歩約3分の近さにもかかわらず、この目立ちにくい立地条件ゆえ、地元民にもいまだ知れ渡っているとは言い難い。


190725 mahrahwan-22


自分はオープン当初に偶然発見しており、その穴場感には逆に強く印象づけられていたが、ずっと入りそびれていた。


190725 mahrahwan-12-2


目立たないのは立地のためだけでなく、店舗の外観・外装デザイン、いわゆるファサードにも理由がありそう。
暖簾も幟もない中華屋さんに、初めての客がそう気安く入れるものではない。


190725 mahrahwan-13


この日、通りすがりに目にした“えびワンタンメン”の文字にグッと心をつかまれた。
勝手に抱いていた入りづらい理由――やや高級 and/or ややオシャレ and/or やや閉鎖的… それらの対極をいくような丸っこいフォント。親しみやすそうで、なによりワンタンメンがおいしそう。


190725 mahrahwan-21


間口の印象から極セマ物件を想像していたが、そこそこ奥行きがあり、2人テーブルを基本に縦に12席分の配置。


190725 mahrahwan-15


テーブルのランチメニューは店頭のものより品数が多い。
店名からイメージしていた四川料理専門というわけでもなく、上海、台湾… と、バリエーションが豊富。


190725 mahrahwan-14


台南担仔麺という懐かしい料理がある。1980年代後半に渋谷や六本木に展開していた(新宿などに現存)台湾料理チェーンの店名として僕ら世代に刷り込まれている。


190725 mahrahwan-24 190725 mahrahwan-23


「これはどんなもの?」と思わず聞いてみた。
「塩味の汁そばで、味付けひき肉がのってます」とおばさま。
「辛いですか?」
「いや、辛くはないです」


190725 mahrahwan-25
お店のチラシ


店名からして、ここは辛いものをまず食べておくべきでは…? いや、油ギッシュな上海やきそばにもそそられるものが… と、思考回路混乱中。ワンタンメンはすでにどこかに飛んでいる。入りづらいどころか、迷うほどマッチングのよいお店である。
結論は、やはりここはランチの半分を占める基本メニュー坦々・麻辣系のうち、最上位変換形? の麻辣担々麺に。


190725 mahrahwan-16


ランチはサラダ、シューマイ、ザーサイ付き。
深めのオシャレな器の麻辣担々麺。表面をラー油に覆われたいかにも辛そうなビジュアルだが、ひと口スープをすすると、辛さもシビレ感もほどほどな感じ。


190725 mahrahwan-17


刺激に立ち向かうというより、しっかり受け止め、じっくり味わうといいましょうか… d(* ̄o ̄) …


190725 mahrahwan-19 190725 mahrahwan-18


ゴマペーストたっぷりのクリーミーなスープの上に、麻辣味、酸味、かすかな苦味といった複雑な味覚・嗅覚要素が絡み合う力強く深みのある味わい。
思わず飲み干すおいしさだ。


190725 mahrahwan-20


こちらは新メニューの開発も盛んなようで、いわゆる裏メニューもあるとのウワサ。
たまたま隣の席の常連さんの注文がその裏メニュー、ご当地名物・黒焼きそば。
揚げ唐辛子のトッピングたっぷりの過激なルックスに、つい目がくぎ付けに。
なんだかワクワクさせられるお店なのだった o(^^o) ♪


190725 mahrahwan-11


[DATA]
麻辣椀(マーラーワン)
東京都東村山市栄町2-22-22
https://mandarin-restaurant-1838.business.site/



[Today's recommendation]

wachat190727.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/nPLV7lGbmT4





五目焼きそば、基本形? 【ぼん天】

2019.01.31

 「ぼん天」の記事は毎度同じネタで恐縮だが、クーポンである。ビンボーくさい話で恐縮だが。


190131 bonten-11


ポスティング型フリーペーパー『ぱど』に毎回「ぼん天」のクーポン付きの広告が載っている。
このクーポンは同行者各人100円引きとなるので、たとえば家族4人で行った場合400円引きと、なかなかばかにならない。


190131 bonten-12


「ぼん天」は使い勝手がよく、一家で、あるいはもっと大きい単位で利用するシーンがいきなりやって来ないとも限らないので、この広告はなんとなく残しておく。


190131 bonten-22


昼ごはんにいつものようにあてもなく家を出てすぐ、ふと気づいた。ぼん天のクーポンの期日、1月末日だったような…?
このところ入る店がなかなか決まらないので、「本日はクーポンの期日」というビンボーなモチベーションでも何でも、方向づけが欲しい。
自転車、引き返しました。


190131 bonten-15


個人的に、このお店で頼む基本は焼きそば。
五目あんかけ焼そば880円を注文。


190131 bonten-14


五目焼きそばであれ上海焼きそばであれ焼きビーフンであれ、僕は中華系の炒め麺料理が好き。
おいしいと思っていたお店が立て続けに閉店して困っていたときに出会ったのが、ぼん天の五目あんかけ焼そばである。


190131 bonten-16


五目あんかけ焼そばの具は、ハクサイ、チンゲン菜、ニンジン、タケノコ、キクラゲ、豚肉、エビ、ウズラの卵…。


190131 bonten-19


太めの蒸し麺を炒(ジャオ)して焦げ目をつけた麺は、モッチモチでかみ切れないほど。
ゴマ油の風味と鉄鍋の炒め香が、甘辛のベースのタレを引き立てる。


190131 bonten-20


いまでは五目焼きそばの基本形は、ここ。
この店の上位型メニューともいえる海老あんかけ焼そばともども、僕のいちばん好きな焼きそばである。


190131 bonten-21


[DATA]
ぼん天
東京都東村山市久米川町1-37-30



[Today's recommendation]

wachat190131.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://www.youtube.com/watch?v=HKLnmMacEB4


Latest Articles
ラーメンハウスという業態は… 【白龍】 Oct 22, 2019
いい感じの田舎そば 【喜作】 Oct 21, 2019
マイナーファミレスの魅力とは? 【不二家 秋津店】 Oct 20, 2019
昔なじみにばったり… みたいな? 【らーめん たつ】 Oct 18, 2019
格を高く、敷居を低く 【椿】 Oct 17, 2019
熱々ウマウマ、超オトクな中華定食 【東来聚】 Oct 16, 2019
街の変遷を垣間見るがごとき… 【おかめ】 Oct 14, 2019
甘味処の軽食は…? 【あづま】 Oct 12, 2019
20数年ぶり? の価格改定 【九州ラーメン いし】 Oct 10, 2019
立ち食いそば屋で、あの天ぷら! 【木曽路】 Oct 09, 2019
ここにも歴史の生き証人が… 【とき】 Oct 08, 2019
ボリューム感にビビらされ… 【一翆】 Oct 07, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2