FC2ブログ

街中華で山海の恵みを… 【笑顔(にこ)】

2021.04.23

 3回目の緊急事態宣言。
これまで2回の宣言下ではほぼ外食をしていないが、今回はどうだろう。

過去の宣言でも外食(店内飲食)自体、全面禁止されていたわけではないが、ブログやインスタで発信している以上、わずかなりとも宣言の主眼に反する影響を与えかねない行動は慎むべきではないかと、少し厳しい規範を課している。
が、2回目の宣言内容やその解除のタイミング、そのことの是非を問われた昨日の会見での質疑応答のスカスカぶり…。検証に基づく反省の上に立たなければ先には進めない。
コロナは一人一人が当事者で、それぞれ事情が異なり、国や都に言われるままに動いてもしょうがない部分はあるが、こんなことを繰り返していては、スカ総理の言うことなんかいよいよ誰も聞かなくなると思うんだが。


20210423 niko32


こういう状況で店内飲食がしづらいというお店があるが、久米川の中華料理店「笑顔(にこ)」がそうだ。
いつもわいわいガヤガヤしてる。
それって悪いこと…?


20210423 niko23


店内飲食は1年3カ月ぶり。
久々の来店なので、やはり定番の担々麺を頼む。


20210423 niko2120210423 niko22


あとこちらの目玉は日替わりランチセットで、Aランチは看板メニューの昔風ラーメン+ご飯という組み合わせだが、魚介ネタのときがすごい。何しろ店主が(昨日とか)釣ってきた魚である。

今日のAランチ“店長の釣ったサバの味噌煮ライス”
いいねいいね👍


20210423 niko2420210423 niko25


サバの釣り場は金谷港とのこと。
「ほんとはアジ釣りに行ったんだけどね」とご主人。
思い出したけど、去年、テイクアウトで焼きそば等を買ったとき、おすそ分けいただいたアジフライのうまかったこと。


20210423 niko26


このレベルのサバもなかなか食べられるものじゃない。
足がはやい魚だけに、身の張り、皮のツヤがぜんぜん違って。
「竜田揚げにするか、迷ったのよ」
うん、どっちも食べたい (≧ω≦)b


20210423 niko28-2


付け合せのコゴミは佐渡から今朝届いたと。
僕の故郷ではコゴミが採れたのでこの季節はコゴミが食べたくなるが、先日、某デパ地下で買った味も香りもなく… という残念なやつとまったく違って、素晴らしい味わい。
こういうものは流通させてはいけないのだな。


20210423 niko27


お店で食べるのは1年3カ月ぶりだが、担々麺は実に2年半ぶり。


20210423 niko29


3つ前の記事に“決まった店10店ほどをローテーション”していた時期があったと書いているが、その一つが「笑顔」であり、食べるものも担々麺と決まっていた。


20210423 niko31


2年半ぶりでも、ひと口すすれば思い出す、このおいしさ。


20210423 niko33


コロナ禍で久々に来てみれば、若い店員さんがいたりして、新機軸が打ち出されている。
ブレずにいいものを出し続けているところにネガティブ要素の入り込む余地はないのかもしれない。


20210423 niko30


[DATA]
笑顔(にこ)
東京都東村山市栄町2-10-9
https://www.facebook.com/menhannico/





[Today's recommendation]

wachat210423.jpg




https://youtu.be/LHPKOy3dtqQ



20210423 niko34
野口町の直売所で


本場のBBQは、燃やす! ――横田基地日米友好祭2018:その1

2018.09.15

 東京福生市の米軍横田基地で例年開催されている、米軍主催「横田基地日米友好祭(Yokota Air Base Japanese-American Friendship Festival)」に行ってきた。
このイベントの歴史は意外に古く、こちらのサイトによれば1950年代に始まった陸・海・空軍基地を一般に開放する「三軍統合記念日」にその起源はさかのぼる。

2013年に米国防総省の予算削減によって無期限延期(翌年再開)となったのを除き毎年開催されていると思うので、上のサイトのカウントに従えば今回第67回となる。


180915 yokota-103


昨夜からの雨がしとしと降り続き、明日(15・16日開催)にするか迷っているうちに出足が遅くなってしまった。
そのように気軽に予定を組めるくらいに、横田基地は近い。うちの最寄りの駅から片道240円で行けるのである。


180915 yokota-101-2180915 yokota-102


といっても、そっち方面にほぼ用事はないので、現地・拝島駅を利用するのは、おそらく前に友好祭に訪れた5~6年前以来。
駅が立派に改装され北口ができていて、若干基地に行きやすくなっている。


180915 yokota-11180915 yokota-12


予想どおり人出がすごい。
毎年15万~20万人が訪れるという。


180915 yokota-13

180915 yokota-15180915 yokota-14
180915 yokota-16180915 yokota-17

180915 yokota-18


ゲートを通過してちょうど1時。
何をおいても、食事。


180915 yokota-19


福生市観光協会のウェブサイトに「アメリカン・グッズの販売、飲食ブースの出店などもお楽しみのひとつです。ハンバーガー・大きなステーキ・ホットドック… 模擬店での買い物は片言の英語でOK! アメリカ気分を楽しんでください」とある。


180915 yokota-51180915 yokota-52
180915 yokota-53180915 yokota-54
180915 yokota-55


そもそも自分は乗り物や軍事にはほとんど関心がない。
友好祭の主目的はたべもの屋台! と断言する動機不純な来場者である。


180915 yokota-61


屋台の選び方:
・ハンバーガー、ホットドッグ、ステーキの3品以外に目移りしないこと
・スタッフがガイジン100%であること
・(ここが大事なところだが)ブースの裏手にもうもうと煙が立ち上っていること


180915 yokota-62


ということで、「Hospital Association」のブースの列に並ぶ。


180915 yokota-63


ブース背後の煙のもとはBBQグリル。


180915 yokota-64


前に友好祭を訪れたとき、彼らの大胆な調理術に驚いた。
焼く・炙る・焚く・炒める・煎る… のほかに、“燃やす”という調理法もあるのだなぁ… と。
そして、“燃やす”のパティのハンバーガーは抜群にうまかったのだ。


180915 yokota-65

180915 yokota-66180915 yokota-67

180915 yokota-68


Cheeseburger ¥500、Hotdog ¥300、Gatorade(Fruit Punch)¥200を購入。


180915 yokota-76


チーズバーガーは期待どおりのおいしさ。ホットドッグはそうでもない。
それはやはり、ホットドッグは燃やしていないから。


180915 yokota-69180915 yokota-71
180915 yokota-72180915 yokota-70
180915 yokota-74180915 yokota-75


この地は主催者サイドにすれば前線基地。フレッシュな食材を潤沢にそろえているわけではないだろう。彼らは遊びに来ているわけじゃない。
冷凍のパティも薪の炎と煙にいぶされることによって、こうもおいしくなるということ。


180915 yokota-73


チーズバーガーもホットドッグも思ったより小さかったので、あとでまた何か食べることにして、このあと場内をゆっくり見て回る。

(つづく)


180915 yokota-20

180915 yokota-21180915 yokota-22

180915 yokota-23

180915 yokota-24180915 yokota-25
180915 yokota-27180915 yokota-28180915 yokota-29

180915 yokota-30


[DATA]
在日米軍横田基地
東京都福生市米軍横田基地
https://www.yokota.af.mil/http://www.airliftmagazine.com/friendship-festival/#new-page-1-1





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=0Yi-LvnM_5M



wachat180915-1.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


“映える”冷やし中華 はじめました? 【なにや】

2018.06.03

 当たり前の話だけど、ブログは遊びというか趣味みたいなものである。
毎日ちゃんと仕事をしつつ、合間にブログの原稿を書いたりしている。当たり前だけど。

ワタクシのブログはたべものの話なので、行動としては、当然のことながら食事をおいしくいただくことが第一義である。
それをブログに載せるのは第二義以下、ついでの所作である。

食事のついでの所作を仕事の合間になす程度の重みづけであることを忘れてはならない。


180603 naniya-23


あくまでも“ついで”ですよ、ということを自分自身に納得させる手助けというか、ポーズに使っているのが撮影機器。
食事が出てきたときに「なんかおいしそうだから、ついでに撮っとくか…」みたいな顔してスマホを手に取る。
これがデジカメだといかにも用意周到のようで言い訳にならない。
だから僕は、iPhone 一枚のほか何も携行しない。


180603 naniya-11


と、すでにお気づきの方もいらっしゃるかと思うが、これは当ブログの写真が雑であることの言い訳である。
本当のこと言うと、デジカメ買って使いこなそうと努力するのがめんどくさい。ただシャッターを切る、以上のスキルが身に付かないのは知っている。


180603 naniya-12


なぜこんな言い訳を繰り返すかというと、いわゆる“バエる”が本日のテーマだから。
バエるべきものがバエてなかったら、それはiPhoneのせいであると(笑)。

去年の夏はノスタルジーをテーマに(たぶん…)冷やし中華に取り組んだが、今年はバエる路線に徹しようと考えている。
ビジュアル重視で味は二の次、と。もちろん、うまいに越したことはないが。


180603 naniya-13180603 naniya-17


昼ごろに国分寺のイベントに向かう途中、相方が、現地まで持ちそうにない、と。ハラ減って。
最寄りの飲食店を思い浮かべ、ちょうどよさそうに思えたのが中国麺の「なにや」。
その理由は2つあって、一つは、なにやの麺が相方の好きそうなタイプなので次は一緒に入ろうと考えていたこと、もう一つは、いかにも映えそうな冷やし中華を出していたのを思い出したこと。


180603 naniya-18


なにやの麺は、中国紫禁城で500年にわたり代々の皇帝に食されたという、約700年前の翡翠麺を再現したもの。
いくぶん芝居がかっているが、僕が入るときは必ず中国人留学生風のお客さんがいて、説得力が高いようなそうでもないような、妙な雰囲気なのである。
一方、店内には地場野菜などまじめな食材の販売コーナーもあり、スケールの大きい麺の由来設定と地道な食材へのこだわりのギャップがおもしろかったりする。


180603 naniya-31


さて、冷やし中華。
スイカを器にしたものの写真をネットで見たことがある。
ありました、すいか冷やし。メロン冷やしもある。
要予約、時価。
そりゃそうだろうな(笑)。


180603 naniya-16


ならば、普通の器の冷やし中華は? …1800円。
いかに映えようと、麺1食にその値段は出せない。

なおも壁の品書きを探り、サラダ冷やし麺というものを発見。
950円。それでいいか。
もう1品はベーシックな中国麺850円。


180603 naniya-20


正直言うと、冷やし中華のほぼ半値のサラダ冷やし麺にそれほどの期待感はなかった。
ところが、出てきたものはなかなか立派なのである。
サラダというだけあってダイコン、ニンジン、レタス、トマトと野菜がたっぷり。甘酸っぱいゴマだれが食欲をそそる。
ほかに厚みのあるチャーシュー、ゆで卵、食べる順番として最後にスイカ。
ちなみにこちらのチャーシュー、バカうま。


180603 naniya-22180603 naniya-14


「なにや」の代名詞の翡翠麺は、ホウレンソウを練り込んだ無かん水麺。
個人的感想だが、小麦の風味が強くボソッとした食感は武蔵野うどんを思わせる。
冷水でシメたものは今回初めて食べた。ものすごくコシが強い。
無かん水でこのコシというのは、やはりうどんのように生地をよくこねるのかな?


180603 naniya-21


もう一品の中国麺は、このお店のまじめさが凝縮したようなたべもの。
たとえば具の細切りコンブは、だしをとったあとのコンブを煮つけたものと思われる。
シメて強烈なコシを出してあるより、かみしめられる硬さの温麺のほうが、麺の真価がわかりやすいかもしれない。武蔵野うどんへの向き合い方と共通するものがある。


180603 naniya-33


映えるかどうかビジュアル的に今日食べたものは微妙だが、冷やし中華というたべものでこれだけ味のよいものは、実はなかなかないんじゃないだろうか。

遅ればせながら、冷やし中華(食べ)はじめました。


180603 naniya-32


[DATA]
なにや
東京都小平市学園西町1-26-25





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=Ee_uujKuJMI



chat180603.jpg
◆ 猫写真はこちら


Latest Articles
焦がれてやまない… 【松ちゃん】 Jul 27, 2021
東京唯一の… 【やさいの食卓 八農菜】 Jul 25, 2021
いまも変わらぬ素朴な味 【内田酒まんじゅう】 Jul 24, 2021
夏の土用です 【うなぎ源八】 Jul 23, 2021
夏の休日 【ますも庵】 Jul 22, 2021
朝ラーふたたび 【十七代目哲麺】 Jul 20, 2021
あつがなついぜ! 【彩雅】 Jul 19, 2021
人と人が出会う… 【つむじ】 Jul 17, 2021
ゲリラ豪雨からの… 【鮮魚とゝや】 Jul 15, 2021
出口は見えるか…!? 【九州ラーメン いし】 Jul 13, 2021
4度目の宣言下で… 【鶏心】 Jul 12, 2021
おいしいそばを存分に 【手繰りや 玄治】 Jul 11, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2