fc2ブログ

Emptyな悪循環からの… 【とんかつ太郎】

2022.08.11

 いちおう前記事の続きということになるが、夏休みの山間部の昼ごはん事情を甘く見てはいけないという件…?

前記事に書いているように、檜原村に向かう途中、五日市街道睦橋で渋滞に巻き込まれた。秋川流域は川遊びのメッカであり、武蔵五日市駅前はBBQと思われる若者であふれ、夏休みのそのたぐいの人出が多かったものとみられる。それによりモノレール便が遅くなり、小林家住宅総角沢モノレール駅に戻ってきた時点ですでに13時すぎ。悪いことに、来る途中で車のエンプティランプが点灯してしまい、山奥だけに気が気でない。来るとき目星をつけておいた飲食店を通り越し、モノレールの運転手のおっちゃんに教えてもらった最寄りのガソリンスタンドへ直行。この段階で主要道の檜原街道で、その先は再び川遊び等の人出が急増、当然、道々の飲食店も常にない混みよう。

――という悪循環で、ランチ難民化 =( ̄ロ ̄;)⇒

こうなったら何でもいいが、五日市街道を行くより青梅に抜けたほうが見込みがありそうと、武蔵五日市駅前交差点から秋川街道へ。
吉野街道を過ぎ調布橋を渡って青梅街道へと右折する手前にとんかつ店を発見。
時刻はすでに14:30。
いちおう駐車場に車を入れて営業時間を確認すると、ランチタイム ~15:00と。

た、助かった…。


20220811 tonkatsutaro-11


店名は「とんかつ太郎」。
――チェーン店のとんかつ太郎さんとは関係ありません🙇‍♂️お店Twitter


20220811 tonkatsutaro-13


このような店構えのとんかつ店は、経験則から、値が張る可能性がある。
もはやそんなこと言ってる場合じゃないんだが…。


20220811 tonkatsutaro-14


が、品書きに目を通すと、ぜんぜんお高くないのである。
平日でないので頼めないが、ランチメニューは700~800円台。
レギュラーメニューでもロースかつ定食1050円など、いまどきかなりリーズナブルといえよう。


20220811 tonkatsutaro-1520220811 tonkatsutaro-16

20220811 tonkatsutaro-1720220811 tonkatsutaro-18


注文は、ロースかつ定食とフライ盛り合わせ定食。

このような店構えのとんかつ店は、経験則から、ご飯の量がお上品な可能性がある。
なのでフライ盛り合わせ定食のご飯は大盛りに。


20220811 tonkatsutaro-19


が、まずやって来たロースかつ定食のご飯、ぜんぜん少なくないのである。
大盛りごはん、どうなるのか…。


20220811 tonkatsutaro-20


キャベツたっぷりで、かつのサイズも大きい。
そしてなにより、肉がおいしい!
SNSによれば人気No.1なのだそう。知らずに頼んだが正解だったわけだ。


20220811 tonkatsutaro-21 (2)


フライ盛り合わせ定食は、エビフライ、ヒレ串かつ、イカフライ、とりフライ。
どれも素材のよさが感じられる仕上がり。
問題のご飯も、かなり多くはあったが、おかずがおいしいと楽勝で食べられるものだ。


20220811 tonkatsutaro-22


ランチ難民の危機から一転、いいところに行き着いた。
こういうお店は忘れないと思う。


20220811 tonkatsutaro-23


[DATA]
とんかつ太郎
東京都青梅市千ヶ瀬町5-604-1
https://twitter.com/tonkatsuome
https://www.instagram.com/ome_tonkatsu/





[Today's recommendation]

wachat220811-22.jpg




https://youtu.be/hSa_hbutFt0


門前のサッポロ 【狸小路サッポロラーメン】

2022.04.26

 ちょくちょく門前の茶屋というものを取り上げているように、門前町(参道)が好き。
お参りは観光の起源とされ、食事や宿泊から遊興まで手広く参拝客のニーズを満たし発達したのが門前町である。
ハレとケをつなぐ回廊であり、神聖なるものと卑俗なるものをごたまぜにしたカオスな世界。


20220426 tanukikoji-1120220426 tanukikoji-12
大宮八幡宮 表参道第一鳥居


Wikipediaの項目「門前町」では“門前町”と“鳥居前町”に分けて主な門前町を例示してあり、その中でいちばん近くにあるのが杉並区の大宮八幡宮。
調べたのは1年ほど前だったと思うが、その時点までその存在を知らなかった。
それだけに気になって、大宮八幡宮には早々に出かけている。

東側に600mを超える表参道 / 正参道を構え、境内も賑わう立派な神社だが、参道周辺に門前町としての歴史的風致は感じられない。
これも一種の衰退商店街なのかもしれないと思った。
表参道入り口にラーメン店を2店見つけたのは収穫だったが。


20220426 tanukikoji-1320220426 tanukikoji-14
有名ラーメン店「草むら」右が表参道入り口。左2軒隣に「狸小路」がある


1店は有名店で名前は前々から知っていた。
特筆すべきはもう1店で、絶滅危惧種“サッポロ”である。


20220426 tanukikoji-1520220426 tanukikoji-16


上に“いちばん近い”と書いているが、全国レベルで並んでいるものの中では近くとも、自転車で行くとなるとなかなか遠い。
絶滅危惧種といえども行くのに少し覚悟が要り、見つけてからずいぶん時間がたってしまったが、「狸小路サッポロラーメン」へ。


20220426 tanukikoji-17


外の品書きの横に飾ってある“アイヌの大酋長”的なイラストに、正統的サッポロDNAが感じられる。


20220426 tanukikoji-18


なお“サッポロ”については過去記事蝦夷えぞえぞえぞ菊えぞふじ狩勝コタンニューコタン元祖札幌やどさん子どさん子どさん娘ピリカピリカをご参照いただきたい。


20220426 tanukikoji-1920220426 tanukikoji-20


ゆるく弧を描くカウンターのみ5~6席という小さいお店。
注文はみそらぁめん。


20220426 tanukikoji-28


注文を受けた店主は、麺の投入からモヤシの炒めまで手際よく進め、小休止。ここからけっこう(麺のゆで時間が)長いのは、「えぞ菊」のリズム感を思わせる。
コーンと刻みネギと肉みそ様のものをトッピングして完成。


20220426 tanukikoji-2120220426 tanukikoji-22


ドロッと粘性の高いスープは“サッポロ”としてはかなり濃厚。


20220426 tanukikoji-23


ショウガが効いているのとほかの要素とで、覚えのある味なんだが…? と思いながら食べていると、かみつぶした粒が花椒。
担々麺を思わせるみそラーメンなのであった。


20220426 tanukikoji-24


門前は懐が深い。
サッポロであろうがタヌキであろうが、門前にあるものは何でも茶屋なのである。


20220426 tanukikoji-2520220426 tanukikoji-26


[DATA]
狸小路サッポロラーメン
東京都杉並区大宮1-1-2





[Today's recommendation]

wachat220426.jpg




https://youtu.be/Pmd3UiNfNkA



20220426 tanukikoji-29


Latest Articles
立春の行事食とは 【竹紫堂】 Feb 04, 2023
肉汁ほとばしる! 【天神】 Feb 02, 2023
食習慣改善計画…? 【げんき家】 Feb 01, 2023
待望の移転再開❣ 【すぱいす】 Jan 30, 2023
I hope … 【村山ホープ軒 東大和店】 Jan 29, 2023
懐かし度の断然高い 【阿佐谷ホープ軒】 Jan 28, 2023
週末にしっぽり🍶 【大清かまぼこ店】 Jan 27, 2023
人気ラーメン店シリーズ? 【ラーメンサニー】 Jan 26, 2023
この異常な物価高において 【◯つばき食堂】 Jan 25, 2023
人生最高“峰”レベルな…! 【イタリアンレストラン トスカーナ】 Jan 24, 2023
ノスタルジック街中華への道 【中華 柳屋】 Jan 22, 2023
新酒を一献 【こばやし酒店】 Jan 21, 2023
Ranking
          
          
Category
Category-2