fc2ブログ

焼き鳥屋の恋しい… 【とり幸 本店】

2022.09.02

 雨雲に厚く覆われ日が短くなった感が際立つ9月初旬。
赤提灯が恋しくなる季節である。
これは活動ベクトルが内向きに切り替わったことによって起きるイメージ空間の赤方偏移現象なのだね。

――と、ここまで去年のいまごろの記事のセルフコピペでした ( ̄∇ ̄*)ゞ

どちらかというと閉所はちょっとアレで何でも開放的なのが好きだし、焼き鳥屋なんか煙モクモクで基本オープンなイメージだし。
だが秋口には戸の立つところの趣き深く感じられることよ。


20220902 torikoh-31


台風11号の影響で秋雨前線が活発化し、朝から断続的な雨模様。
夕方、ようやく雨雲が切れ、仕事の気晴らしに自転車でぶらぶら。
八坂商店会でどうにも我慢できず焼き鳥を買う。


20220902 torikoh-32


「とり幸 本店」で買うのはずいぶん久しぶり。
注文を受けていたのは若い男性で、行き届いた接客で非常に感じがよい。


20220902 torikoh-33


とりかわ、ヤゲン軟骨、とりニンニク(塩)、娘肉、とりレバー(たれ)。


20220902 torikoh-35


注文するとき、娘肉というものに何か引っ掛かりを覚えた。


20220902 torikoh-36


帰ってから調べてみると、「とり幸 市役所前店」の記事に何件かコメントをいただいていて、それらをまとめると“娘肉=せせり”であり、なぜそのような字を当てるのか、機会があれば尋ねることになっていたらしい。

いやー、カンペキに忘れてました (〃 ̄ω ̄〃ゞ


20220902 torikoh-39
左が娘肉


ボリュームいっぱい、食べでがある焼き鳥。
こちらはネギの代わりにニンニクを使った焼き鳥が秀逸。串全体によい香りが回っている。


20220902 torikoh-40


ちなみに、せせりは首まわりの肉のこと。
首の骨から肉をほじりとる様子から、せせりは関西方言でほじくるを意味する「せせる」に由来するという説。


20220902 torikoh-41


せせ‐る《五他》 1.つつく。つついて中身をほり出す。「―・り箸(ばし)」 2.いじる。もてあそぶ。(Oxford Languages)

うーむ… ( ̄ω ̄;)


20220902 torikoh-37


[DATA]
とり幸 本店
東京都東村山市栄町3-10-17





[Today's recommendation]

wachat220902.jpg




https://youtu.be/qQBVsPROjc0



20220902 torikoh-42


地元ブルワリーにキッチンカー参戦! ――その2 【カオマンガイ ピントー】

2018.07.15

――その1よりつづく

「Distant Shores Brewing(DSB)」駐車場のキッチンカーは、タイ料理移動販売の「カオマンガイ ピントー」さん。
カオマンガイ(ゆで鶏のっけご飯)をメインに、平日は多摩地区を中心に、休日はイベントへ出店している。


180715 khaomangai-pintoo-01


オーナーは若い男性。
「出店場所を探してるんですけど、都内では全然見つからないんです」とのこと。


180715 khaomangai-pintoo-02


なお、6月より東久留米・旧市役所通りの自然食コミュニティレストラン「YOUR BIG FAMILY」レンタルスペースで、毎週月曜日、「小さなタイ料理屋さん」としてランチ営業を行っている(11:30~15:00、LO 14:30)。


180715 khaomangai-pintoo-03


カオキャックン(タイのえびせん)300円を購入。
DSBの屋外テーブルでえびせんをつまみにビールを飲んでいると、4時半を過ぎたあたりからどんどんお客さんがやって来た。


180715 khaomangai-pintoo-22


隣のテーブルに、小さい子ども連れファミリー客。
タイの屋台料理はえびせんといえどもけっこう辛く、子どもの食べるものはなさそうだが、DSBは持ち込み可で、隣はセブンイレブンだ。けっこう親子連れを目にする。


180715 khaomangai-pintoo-21


そろそろ夕ごはんの時間。
タイ料理好きの娘にカオマンガイ700円をテイクアウトすることに。
国産鶏をはじめ、体に優しい食材にこだわる。お米はインディカ米。
おにいさんの印象どおり、まじめそのものの味わいのタイ料理。


180715 khaomangai-pintoo-55180715 khaomangai-pintoo-56


「YOUR BIG FAMILY」はブロ友mさんオススメのお店でずっと気になっていたが、意外なところでつながってくるからおもしろい。
ピントーの月曜か、YOUR BIG FAMILYの水木金か、近いうちに行ってみよう。


180715 khaomangai-pintoo-06



[DATA]
カオマンガイ ピントー
https://www.instagram.com/khaomangai_pintoo/?hl=ja

Distant Shores Brewing(ディスタント・ショアーズ・ブルーイング)
東京都東村山市秋津町3-14-2
https://distantshoresbrewing.com/
https://ja-jp.facebook.com/dsbrewteam/





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=UnBlst3T7bY



chat180715-2-22.jpg


この店があるしあわせ 【ながしま 磯とり料理】

2018.03.10

 今夜、子どもたちの帰りが遅いというので、珍しく外食することにしたが、近場でとなると候補は絞られる。真っ先に思い浮かぶのが久米川の「ながしま」だが、ここは週末ものすごく混む。
行くだけ行ってみて入れなかったらどうするか考えよう、ということで歩いて向かう。


nagashima180310-11.jpg


ちらっとのぞいてみて、やっぱりいっぱいか…。
と思ったら、「お座敷空いてますよ」とお店のお母さん。ラッキー。


nagashima180310-12.jpg


カウンター7~8席、テーブル3卓のほか、奥の座敷に3卓ある。
スタッフは、大将のほか、おばちゃん3名。
注文をとりに来たおばちゃんは、ランチタイム担当の人だ。
とりあえずビール。アサヒかキリンかと聞かれ、迷わずキリン。


nagashima180310-13.jpg


まずは前回食べそこなった“あし天”(あしたばの天ぷら)を注文しようとすると、「終わっちゃったんですよ」と昼おばちゃん。
終わるの、はやっ!
「あしたばのおひたしはありますか」と相方。
「ございます」とおばちゃん。
あとはとりあえず刺し盛りの竹を注文。


20180310 nagashima180310-5620180310 nagashima180310-5720180310 nagashima180310-58


キリンラガー中瓶とお通しが来る。
ここはお通しがすごい。


20180310 nagashima180310-55


お通しというか先付3品は、カニ入り玉子焼き、エビのオーロラソース、あしたばのごまあえ。
アシタバかぶったなー…(笑)。


20180310 nagashima180310-59


で、あしたばのおひたしが来る。
ゴマよごしもいいけど、かつお節の効いただしにひたしたあしたば、早春のイブキやー!
旬の走りだから、いろんな食べ方できてよかった。


20180310 nagashima180310-6020180310 nagashima180310-61


刺し盛り。
「えーと、これはマグロと…」と言いかける相方を、
「早く私に言わせて! 忘れちゃいそう(笑)」とお母さんが制する。


20180310 nagashima180310-62


「えー、メダイとホウボウとトビウオでございます」
「トビウオ、おっきい!」と相方。
「春トビが入り始めたから」とお母さん。「ほかのネタはおなじみのね」
マグロとタコとシメサバ。
刺し身はどれも一切れがデカく、魚を知り尽くした人のつくり方。


20180310 nagashima180310-6320180310 nagashima180310-64


僕は日本酒を所望。一応、お酒の銘柄を聞いてみる。
「うちは昔からキンシ正宗しか置いてないの、京都の」とお母さん。
去年そう言われたことを思い出した。
熱燗2合を注文。
一緒に、鳥唐揚げともつ煮込みを追加。


20180310 nagashima180310-70


唐揚げは、ニンニクやショウガの香りはなく、穏やかなしょうゆ味。
それで臭みがまったく感じられないので、素材がいいのか、ウデがいいか。
ふんわり軟らかな肉質を保った火の通り具合は、さすがとり料理をうたっているお店だけあるなと思う。
最近、“始めました”の張り紙が出たもつ煮は、甘く素朴な味わい。


20180310 nagashima180310-6620180310 nagashima180310-67


相方はシメに突入。
ごはんは焼とり重、きじ焼重とあって、焼とり重はランチの定番メニューなので、食べたことのないきじ焼重を注文。
僕はキンシ正宗1合を追加。


20180310 nagashima180310-68


ところが発注後、もつ煮好きの相方が残った煮汁でご飯食べたいと半ライスを頼む。
ご飯を持ってきた昼おばちゃん、「私、この食べ方いちばん好き!」と相方と意気投合。
結局、きじ焼重、ほとんど僕が食べた。
炭の香りと辛口のしょうゆだれは、焼とり重に負けないおいしさであった。


20180310 nagashima180310-69


「島ずしはいつから?」と聞いてみる。
「えーと、いま3月よね?」とお母さん。「来月からです」
島ずしシーズン(~6月)のうちに1回は来たいな。


nagashima180310-29.jpg


[DATA]
ながしま 磯とり料理
東京都東村山市栄町1-11-1





[Today's recommendation]


https://youtu.be/UnBlst3T7bY


https://youtu.be/jzIuZ-mrIL0



chat180310-2-22.jpg
◆ 猫写真はこちら


Latest Articles
ちゃちゃっと買える! 【森のキッチン】 Oct 06, 2022
オーソドックス&完成度高い半チャンセット 【ラーメン喜楽】 Oct 05, 2022
古民家で釜めし&串焼き 【六左衛門】 Oct 03, 2022
武蔵野うどん究極形 【小平うどん 小平本店】 Oct 02, 2022
答えは変わらない! 【村山ホープ軒 東大和店】 Oct 01, 2022
街道沿いの中華屋さん 【宝来】 Sep 29, 2022
手づくり感いっぱいな埼玉銘菓 【高橋売店】 Sep 28, 2022
国史跡の奇観岩山 【吉見百穴】 Sep 27, 2022
昭和の観光地食堂そのままな 【松音屋】 Sep 26, 2022
そうだ 茶屋、行こう。 【厄除けだんご どびんや】 Sep 26, 2022
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2