fc2ブログ

むしろ際立つ異次元感 【寳来屋】   

2023.04.24

 久しぶりに美住町の「寳来屋」へ。
どれくらい久しぶりかというと、前回から1年半以上空いているというくらい。
自分でも驚いた。


20230424 horaiya-11


ときどき店の前を通り、窓に張られた短冊の“ラーメン350円”の文字を横目に見てはいた。
1年半前と同価格である。
しかし待てよ。このご時世にそれってどういうこと…? と、ふと思った。


20230424 horaiya-12


先々月入った立ち食いそば店のラーメンが560円。
それよりはるかにちゃんと作っていると思われるラーメンを4割安で出しているのである。
ほかのメニューの価格動向はどうなんだろう?


20230424 horaiya-20


で、行ってみると、入り口ドアに“一部メニューの見直しと価格改定のお知らせ”の張り紙。
なんというか、ある意味ホッとした (;^_^A

もともと激安のうえ、他店が軒並み値上げに踏み切るなか、平衡感覚が狂うほどの世間の値ごろ感との乖離が生じているわけであるから。
というか、この4月からの改定のようで、ここまで値上げなしでしのいできたことに驚く。


20230424 horaiya-14

20230424 horaiya-15


しかし… である。
価格改定といっても、たとえば麺類ではカントンメン、タンメン、モヤシソバなど全体の4割以下の5品目のみ、それもすべて50円アップにとどまっている。

人気のラーメン350円、チャーシューワンタンメン650円、五目ソバ550円などは据え置き。
ご飯類でもチャーハン450円、かつ丼650円、豚肉丼600円、そして餃子300円も、やはり据え置きである。


20230424 horaiya-16


これで本当に原材料費やエネルギーコスト等の上昇に係る適切な価格転嫁がなされているのかと、心配になってしまうほど。
むしろ激安ぶりが際立つようにすら感じられる。


20230424 horaiya-17

20230424 horaiya-18


タンメンと餃子で800円。


20230424 horaiya-19


この店でいまだ1000円以上使ったことのないワタシ。
もうちょっと頑張って客単価を上げないと申し訳なくて… というのも、1年半も空いた理由だったりするのかも。


20230424 horaiya-13


[DATA]
寳来屋
東京都東村山市美住町1-6-31





[Today's recommendation]


https://youtu.be/L2E2DpWO3-Y



wachat230424.jpg


東日本唯一の神仏習合寺院 【竹寺(八王寺)】

2023.04.23

「竹寺」は奥武蔵の人気スポットである。
正式名称「医王山薬寿院 八王寺」、神仏習合の寺として知られる。

前記事に書いているように、今回のルートでは本堂の裏(上)側からの参拝となる。
それだとわかりづらいので、実際に歩いたのとは逆順に、表側から説明しようと思う。


20230423 takedera-35
竹寺駐車場


境内のいちばん低いところに駐車場があり、そちらからのルートがお参りコースだと思うが、それだと少し味気ない。


20230423 takedera-11


駐車場の手前で車道から分岐していると思われる、竹林の中を歩いて上る参道が素晴らしい。
これぞ竹寺!
いままさに竹の成長期で、瑞々しい気に満ちている。


20230423 takedera-13


竹林の尽きるところに石柱門が立つ。


20230423 takedera-14

20230423 takedera-1520230423 takedera-16
竹林にクマガイソウが咲いていた


石柱門の先、右手には「竹寺本坊隣 お食事処」。
左に下ると駐車場になるが、その間に牛頭明王などいろいろ見どころがある。


20230423 takedera-17
「竹寺本坊隣 お食事処」(次号予告)

20230423 takedera-18
牛頭明王

20230423 takedera-19
竹めがね

20230423 takedera-20
竹めがねを通して見たわけではないが、あれはスカイツリーのような気がする


本坊前の広場の先、稲荷神社風の竹の鳥居をくぐって進むと…


20230423 takedera-21


左手に茅の輪が見えてくる。


20230423 takedera-22


先の竹の鳥居やこの茅の輪の掛かる鳥居などは、明治維新の神仏分離を免れた神仏習合の寺としての当山を象徴する。
東日本で唯一、神仏習合の原型をとどめている寺院なのだそうだ。


20230423 takedera-24


茅の輪をくぐると本殿(牛頭天王社)。
本尊は牛頭天王である。


20230423 takedera-25
本殿(牛頭天王社)


――牛頭天王(ごずてんのう)は、インド祇園精舎の守護神ともいわれ、中国に入り、密教、道教、陰陽思想の習合があり、日本に伝わったとされています。さらに陰陽道との関わりを深め、また蘇民将来伝説とも結びつき、スサノオと同体とされています。当山では、疫難消除、除災招福、出世開運の「天王さま」として信仰されています。竹寺HPより)


20230423 takedera-27
牛頭天王社は1999年焼失したが2003年に再建された


本殿には、木造の牛頭天王坐像と八王子(牛頭天王の八人の童子)が祀られており、12年に一度、丑年に開帳される。
次回の開帳は2033年。


20230423 takedera-28


その先、前記事末尾写真の本堂を見下ろすあたりに“⇐鐘楼”の立て札があり、実は最初に鐘楼まで登っている。


20230423 takedera-37


これがけっこうキツい行程で途中後悔したが、登ってみると周囲最高点で、いわゆる360度のパノラマ(樹木が邪魔をするが)


20230423 takedera-31

20230423 takedera-32


最高点というものに到達した経験があまりなかったので… ヒャッホー!! ヾ(*>∀<)ノ ヒャッホー!!

(つづく)


20230423 takedera-33
名栗方面

20230423 takedera-34
都心方面


[DATA]
竹寺(八王寺)
埼玉県飯能市南704
https://takedera.net/
https://www.facebook.com/takedera108
https://twitter.com/takedera108
https://www.instagram.com/takedera/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/_u6bmagKNfc


https://youtu.be/DT-dxG4WWf4



wachat230423-22.jpg



20230423 takedera-36
次号予告


Latest Articles
ブレない王道? スタイル 【壱発ラーメン 福生店】 May 18, 2024
歌舞伎町のご長寿食堂 【つるかめ食堂 歌舞伎町店】 May 17, 2024
The 名演! 【NHKホール】 May 15, 2024
いわゆる奥渋にて 【増田屋】 May 14, 2024
結局、いつもいつもの… 【杜の都寿司田 仙台駅ビル店】 May 13, 2024
〽ひろせがわ~ 【仙台城跡】 May 13, 2024
5月4日は植物園の日 【神代植物公園】 May 11, 2024
深大寺といえば… 【一福茶屋】 May 10, 2024
東京を代表する古刹 【深大寺】 May 09, 2024
銀座モダンな 【ビヤホールライオン 新宿店】 May 08, 2024
長く困難な ――馬頭刈尾根 May 07, 2024
予想以上にハードな ――大岳沢分岐 May 06, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2