fc2ブログ

そっちの住人…? 【九州ラーメン いし】

2022.03.05

 1カ月前にテニス肘について書いているが、そのときの処方は注射か貼り薬の選択だった。
いきなり注射というのも怖いし、湿布で治るのならそれに越したことはない。

「湿布でお願いします」

湿布ではぜんぜん治りませんでした ( ̄▽ ̄;) !!


20220305 ishi-40


再び病院へ。

ちょうど1週間前にワクチン接種で、まさか2週続けて注射打つことになるとは思ってもみなかった。
ここまで“医者要らず”な人生だったので。

テニス肘とは、テニスの動きや加齢等により肘の腱が傷む症状。
傷んでいる部位は腱である。


20220305 ishi-1120220305 ishi-12


注射には半信半疑だが、食べ物なら信じられる。

腱といえばコラーゲン。
コラーゲンといえばとんこつ。
とんこつといえば……


20220305 ishi-1320220305 ishi-14



ということで、左短橈側手根伸筋にコラーゲンを補給するべく「九州ラーメン いし」へ。


20220305 ishi-15


「ん? チャリじゃないのかい?」と大将。
「肘、痛めちゃって、チャリ乗れなくて」
「だったら飲めますよね」と、隣の席のおねえさん。


20220305 ishi-16-17


昼飲みについて否定的な立場をとるものではないが、いちおう現役年代のうちは控えたいかな… というのはある。
でもこの誘いは受けておけばよかった… とあとで思った。土曜日だし。


20220305 ishi-18-19


昼飲みの常連さんに囲まれて、頭越しに罵り合いみたいなのが飛び交うなかで食べる落ち着かなさ。
それもいまでは心地よかったりもする。


20220305 ishi-38


自分もいつの間にかそっち方面に近づいている。
昼飲みの住人になる日も遠くないかも。


20220305 ishi-2020220305 ishi-21


[DATA]
九州ラーメン いし
東京都小平市小川西町3-18-10





[Today's recommendation]

wachat220305.jpg




https://youtu.be/Zx1_6F-nCaw



20220305 ishi-39
庭の沈丁花、開花♪


地元助け合いの新たな方向性…? 【キッチンバー DenjiN】

2020.08.22

 久米川駅南口モザーク通りの「キッチンバー DenjiN (デンジン)」のインスタで、スーパー「ロピア」でデンジンさんのお弁当を売っていることを知ったのが先週アタマ。


20200822 denjin-21


おいしそうだったのですぐ買いに行こうとしたが、発信をよく見ると土日限定のようだ。
土曜日まで待って買いに行ったわけである。


20200822 denjin-22


「ロピア 東村山島忠ホームズ店」の弁当コーナーには、「DenjiN」のほかに秋津のインドネパールレストラン「ナマステ」の商品なども置いてあり、地元飲食店支援の有力なツールとなる可能性を感じる。


20200822 denjin-23


それでも混んでいるので「DenjiN」のシンガポールチキンライス×2を買ってそそくさと店をあとに。


20200822 denjin-24


添えてあったたれをかけて食べる。
ショウガのみじん切りでさっぱりといただける。ナンプラーの風味に加え、どことなく甘みとレモンの酸味があって、エスニック感が増す。
ごはんの量も多く、丼ひとつで満足すること請け合い d ( ̄▽ ̄)


20200822 denjin-28


せっかくなので、最近やはり発信を見て気になっている「DenjiN」のおばんざい(ビールのアテ)を買いに、夕方、久米川へ。


20200822 denjin-29


まずイチオシっぽいヤンニョムチキンは押さえるとして、ほかにおばんざい盛りあわせ1000円というものがとにかく気になるわけである。
しかし4品という盛りあわせは準高齢者2名には多すぎる。


20200822 denjin-30


ということで、もう1品は“自家製キューリのQちゃん”。
一連のメニューで実はいちばん気になっていたという(笑)。


20200822 denjin-36


ヤンニョムチキンとは韓国風甘辛たれあえ鶏唐揚げ。骨付き手羽元4本。
けっこう辛いタレに落花生を刻んだものがまぶされていて、食べていていいアクセントに。いうまでもなく、ビールによく合う。


20200822 denjin-31


Qちゃんのほうは、唐辛子とショウガが効いていて手作りのいい味が出ている。
仕事柄このあたりは東海漬物の本拠地という考え方をしてしまうんだが、さすが本拠地…! っていうのはぜんぜん関係ないねヾ(・ε・。) チョーイ

とにかく、お弁当の原材料表示を見れば、伝わるものもあると思うが。


20200822 denjin-32


[DATA]
キッチンバー DenjiN
東京都東村山市栄町2-22-8
https://akr5667199695.owst.jp/
https://www.instagram.com/kitchenbardenjin/





[Today's recommendation]

wachat20200822.jpg




https://youtu.be/MQrlBIMTzIM


牛3種盛り! 驚愕のワンコイン弁当, etc. 【焼肉レストラン 八坂あら川】

2020.06.07

 ずっと23区内でのテレワークでなんとなく脱出できなかったという長女が久々に帰宅。
「いまこっちはこんなことになってるの」と#東村山エール飯のインスタ投稿写真を見せると、やっぱり世代的に“映える”のポイントが違う。ずばり、肉肉してる写真に食い付きがいい。
翌日の昼はそういうお店のテイクアウトということになった。

そういうお店は久米川駅周辺に多い。
そういうお店とは、料理のビジュアル的にバエるポイントを押さえていつつ、それが実力に裏打ちされていそうで、意外なことに飲み屋系に多い、という世の中知らないことがいっぱいあるなぁ… という一群である。

しかしそういうお店は日曜休みが多い。
普段、昼は寝ているというリズムの方がイレギュラーで昼営業しているわけで、日曜ぐらいは寝ていてもらわないと体がもたなそう… ということでそれは次の機会とすることにして…
長女には肉と言ってある。


20200607 yasakaarakawa-12


肉といったらやっぱり肉屋。
精肉店系の焼き肉店「八坂あら川」へ。


20200607 yasakaarakawa-15


まだ誰もこんなことになるとは思っていなかった今年1月、「あら川」店頭に見覚えのないメニュー看板が出ているのを発見した。
ロコモコ丼とテグタン麺。


20200607 yasakaarakawa-3220200607 yasakaarakawa-31


お店のある路地の入り口の八坂商店会にも同じ看板が出され、それまでランチに力を入れているようには見えなかった「あら川」の新機軸が強力に打ち出されているようで、これはすぐにも入らなければと思っていた矢先のコロナ騒動。


20200607 yasakaarakawa-13


「あら川」は人気店というのもあるが、もともと展開していたお弁当や宅配のノウハウがこういうときに強みを発揮する。
緊急事態宣言下も#東村山エール飯のSNSで料理写真を頻繁に目にするようになった。


20200607 yasakaarakawa-14


特に投稿が多いのがユッケ寿司。
上記ランチのラインアップにまもなく加わったメニューで、ぜひ食べてみたいと思わせる、まさにインスタ映えする一品である。


20200607 yasakaarakawa-18


もともとお店で食べようと思っていたロコモコ丼とユッケ寿司、もう1品、やはりSNSで投稿の多い牛肉コロッケ弁当をテイクアウト。


20200607 yasakaarakawa-21


ロコモコ丼はワンプレートランチをそのままパッケージしたようなハンバーグ&エッグ・オンザライスなお弁当。
このハンバーグがすごい。ボリュームもすごいが、ちょっと弁当レベルではないと思わせる肉質は、さすが創業65年の牛肉の目利き。


20200607 yasakaarakawa-22


ユッケ寿司は、生に近い食感を追求した低温調理の牛肉細切りに、キュウリとイクラ。
型で押し寿司にしたあとイクラを散らす感じ。


20200607 yasakaarakawa-23


ビジュアル重視かな… と思えるイクラだが、これがよく合う。
一見派手だが実はネタがシンプルに3種ということで、まとまりがいい。
口の中で存在感を放つのは、やっぱり牛肉である。


20200607 yasakaarakawa-24


はっきり言って、どれもおいしくリーズナブルで、人気店だけのことはあると思った。
しかし牛肉コロッケ弁当は、想定のさらに上をいく内容であった。


20200607 yasakaarakawa-19


左が牛そぼろと炒り卵の2色丼風、中央に牛コロッケ、そして写真ではわかりづらいかもしれないが、右にはゴロッと厚みのあるカルビ系の焼き肉が5~6切れ。
コロッケ弁当であり、牛肉3点盛り弁当でもある。
それで500円(税込み)。
左半分だけ、あるいは右半分だけで500円と言われても、僕は納得する。


20200607 yasakaarakawa-20


毎度感じることだが、エール飯って、おいしいものを格安で食べさせてもらって、むしろこっちが元気づけられる活動でもあるのだなぁ。


20200607 yasakaarakawa-11


[DATA]
焼肉レストラン 八坂あら川
東京都東村山市栄町3-11-31





[Today's recommendation]

wachat20200607.jpg




https://www.youtube.com/watch?v=7eHNU4gJu4I



20200607 tsukimisou-11
薔薇と月見草(つづきは インスタ で)


原色あんドーナツ図鑑

2020.05.06

 前々記事に続いてまたまた閉店した「木村屋」ネタだが、ここのパンの特徴はコシの強い生地で、かみ切れないほどしっかりしている揚げたパンが好きだった。
マサさんのブログ「東村山グルメ日記2」の「木村屋」惜別記事にこの生地を使ったアンドーナツについて、「揚げたパンは、なかなか噛み切れないほどの固さというか生地の粘りがあるんだけど、その固さのせいなのか、もともとこのこしあんが滑らかなせいなのか、噛むと凄くパンにこしあんが溶けるようになじむ」と書いてある。
食べたことがなかっただけに、それが心残りとなった。

あんドーナツ、あんドーナツ… と思いを巡らせ、どうしてもあんドーナツが頭から離れない。インスタ見てもあんドーナツを探し、グルメサイトであんドーナツ情報を検索してしまう。

それから1週間、なんと、毎日あんドーナツを食べ続けてしまったのである ( ̄Д ̄;;



20200501 andonut-11
あんどーなつ「井筒屋」 東京都立川市曙町2-28-11
東京でもダントツなあんドーナツ有名店らしい



20200501 andonut-12
あんドーナツ「千葉恵製菓」 岩手県平泉町 https://chibakei.co.jp/index.php
スーパーで売っていたので、去年のいまごろ平泉に行ったことを思い起こし購入



20200501 andonut-13
ブルーベリー入りあんドーナツ「玉川屋」 東京都小平市鈴木町2-175-23 https://www.kodaira-net.jp/kd1134303/
小平はブルーベリー栽培発祥の地。あんこの中にブルーベリーが入っていてほんのりさわやかな風味



20200501 andonut-14
アンドーナツ「パンコキール小平店」 東京都小平市小川東町1-6-20 https://www.kodaira-net.jp/units/36239/kd5000043/
「あけぼのパン」の販売店らしい



20200501 andonut-15
あんドーナツ(こしあん)「サントアン」 東京都東村山市秋津町5-25-25
昔ながらのパン屋さん。いちばんイメージに近いかも



20200501 andonut-16
抹茶あずき「レオーネ・ドーナツ」 東京都国分寺市本町2-7-3 http://leone-doughnuts.com/index.html
これは変化球。生地に小豆が練り込んであり、あんドーナツではないが原材料は一緒だろうと…



20200501 andonut-17
もちもちゴマあんドーナツ「ヴィ・ド・フランス秋津店」 東京都東村山市秋津町5-7-8 https://www.viedefrance.co.jp/
これも変わり種。白玉粉にたっぷりゴマをまぶして揚げてある




さて、深く考えることなく1週間食べ続けたわけだが、あんドーナツにもいろいろなタイプがあるらしいことはわかる。少し調べてみると、僕がドーナツ的と考えている食べ物はざっと3種類に分けられるらしい。

基礎知識としてパンとドーナツの違いについて、パンは生地をイーストで発酵させる、ドーナツは甘く味付けしたケーキ生地にベーキングパウダーを混ぜて膨らませる… とざっくり分けて、
①この後者を揚げたものが、いわゆる普通のドーナツ“ケーキドーナツ”
②上記パン生地を油で揚げたものが“イーストドーナツ(パンドーナツ)”
③パン生地を焼成したのち油で揚げたものが“揚げパン”

今回食べたものでは上3つの和菓子系がケーキドーナツ、次の2つはパン生地っぽいがイーストを使っているかはわからない。
後ろ2つはこの分類にも入らず、「レオーネ・ドーナツ」は油を使わない“焼きドーナツ”、「ヴィ・ド・フランス」は、たぶん生地が白玉粉の中華菓子“胡麻団子”の製法と思われる。

コシが強く薄い生地の「木村屋」たぶんこうだったんじゃないか劇場な、あんドーナツは見つかっていないが、あんドーナツの世界、意外に深そうだ。


20200501 andonut-18



[Today's recommendation]

wachat20200506.jpg




https://youtu.be/gj0Rz-uP4Mk



20200506_kingin.jpg
キンギン


Stylishかつ、いい感じにユルく 【ひらの】

2019.06.09

 西武池袋線保谷駅前の繁華街は西東京市(旧 保谷市)かと思っていたらここは市区境にあたっていて、北口も南口も東半分は練馬区である。南口の駅前は保谷新道が境界になっていて、わかりやすくいうと「保谷大勝軒」は西東京市東町から練馬区南大泉に移転したことになる。
南大泉3・4丁目の駅に近いエリアは、味のある構えのお店が多く残る穴場スポットである。


190609 hirano-11
通りの右が西東京市東町、左が練馬区南大泉


西東京市の「西友」を出て信号を渡り南大泉の細道を50m入った左手に、「食堂 ひらの」はある。


190609 hirano-12


置き看板の“食堂”の文字に定食屋をイメージしていたが、近寄って品書きを見てみると、うどんがメインのよう。


190609 hirano-13


実際、写真では絡まっちゃってわかりづらいが、青いのぼりの文字は“地粉うどん”、その奥の小窓は麺打ち場である。


190609 hirano-23190609 hirano-24


一方、定食メニューもそれなりにインパクトがあり、ここは定食 & うどんでいってみようか、ということで入店。


190609 hirano-14


いかにも人のよさそうなご主人に迎えられる。
4人掛けテーブル4脚というこじんまりした店内。
お茶を運んできたのは、きっちり“女将さん的装い”のおかみさん。


190609 hirano-15


注文はやや協議に難航の末、冷したぬきうどん780円と、とりの唐揚げ定食850円。
難航の理由は、武蔵野うどん系の地粉うどんであれば肉うどんにするべきではないかという命題が急浮上したためであるが、おかみさんに聞いたところメニューにある肉うどんとは武蔵野系によくある付け汁タイプではなく温かい汁うどんとのこと。


190609 hirano-17190609 hirano-18


蒸し暑い梅雨の時期、運動のあと汁うどんはさすがに食指が働かないと(西武柳沢から3.5km歩いてきた)
店内にはサラダうどんの品書きが張り巡らされていて、そういう推しの強いメニューを頼むべきだったかとあとで思った。


190609 hirano-16


まずやって来た唐揚げ定食に驚いた。
ボリューム、すごくない…?


190609 hirano-19


各テーブルの扇形の品書きといいおかみさんの物腰といい、上品な民芸調和食系統というふうに印象を書き換えていたので、この見た目は驚き。

唐揚げ1個、箸で持ち上げて、二度驚かされた。
これ全部、1cmに満たない薄切りの唐揚げなのである。


190609 hirano-20


僕はこういう鳥の唐揚げに出会ったことがないから驚いたのだが、考えてみれば理にかなっている。唐揚げは塊で揚げるから火の通しが難しいのであって、こういう薄さならば仕上がりの均質化が図れる。
食欲をそそる香りも強く、しっかり味がのってたいへんおいしい。
上品系というか、これは繊細でていねいな仕事である。


190609 hirano-21


うどんはパッと見、太さが不均一でよじれが入るという、武蔵野台地のこのあたりの手打ちうどんの特徴そのもの。
食べてみると、小麦は香るが食感はかなり軽いという、それはそれで個性的なうどんである。
汁は甘味系の甘さはなく、しっかりだしのうま味が効いている。
野菜が多いところは、イチオシのサラダうどんでなくてもヘルシー志向に力点を置いていることの表れかも。


190609 hirano-22-2


配膳のあと、入れ直したお茶をついでくれ、食後ていねいにカットされたフルーツがサービスで出され… と、ヘルシー志向を含め、ホスピタリティの高いお店だと思った。

2度目のお茶のサービス以外は奥に下がったままというのも、客としてはくつろげていい。


190609 hirano-25


お支払いで厨房に声を掛けると、お二人は立ったまま『NHKのど自慢』を鑑賞中。
どうりでホールに出てこないわけだ(笑)。
…というのんびりムードもまたいいわけで。


190609 hirano-27


[DATA]
ひらの
東京都練馬区南大泉3-29-10





[Today's recommendation]

wachat190609.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/FOzaVpgeHJg


麺飯セットを考察してみる 【台湾風味 満福楼 新小平店】

2019.05.06

 連休最終日。一橋学園駅 学園坂商店街の「アヒルのうたたね」でコーヒー豆を買い、その足で昼ごはんにすることに。
自分がグダグダとなって小平の中央図書館と根古坂のあたりを自転車で行ったり来たりするという泥沼パターンにはまり、「もう自宅方面に向かうしかないね…」ということになる。メンタルに問題があるので、駄目なときは全然ダメなのだ ヾ(><;


190506 manpuku-ro-12


新小平を過ぎたところで、逡巡。
察知した相方が「さっきの中華屋さんでいいんじゃない?」と背中をプッシュ。
駅前ロータリーに引き返す。
あーメンドクサ…。


190506 manpuku-ro-13


「台湾風味 満福楼」は青梅街道を東に600mほど行ったところに同名の店があり、姉妹店と思われるが、ならば内容も同一かというと、同じ新小平駅前の「一品菜」の例もあるので、アチラの方々の商習慣はわれわれの常識では捉えきれないところがあると思っている。


190506 manpuku-ro-22


別々にHPがあり(新小平店青梅街道店)、一応ランチメニューは同じ。
しかしHPに掲載されている値段と実際に食べたものとが違っているという、そういう大ざっぱというか大らかなところも民族性の違いなのだろう。


190506 manpuku-ro-14


担々麺+小ライス880円とラーメン+半炒飯800円を注文(HPではどちらも890円となっている)
実は後者は麻婆丼+半ラーメンを頼もうと思って入って、混乱が生じた。ほんと、駄目なときはダメ(苦笑)。


190506 manpuku-ro-15


やがて出された料理を目の当たりにして、なぜ担々麺のほうは炒飯ではなく白いご飯なんだろう…? という疑問が生じた。


190506 manpuku-ro-16


そこで、麺飯の組み合わせを入れ替えて、担々麺+炒飯というセットをイメージしてみる。
考えるだに過剰な感じ。
一方、ラーメン+半ライスはどうかというと、もの足りない感じがする。
これらのセットは理にかなっているようだ。


190506 manpuku-ro-17


すなわち、担々麺はおかずである。
実際、担々麺が人気の久米川の中華料理店「笑顔(にこ)」では、担々麺と白ご飯の組み合わせを店主自らが推奨しているほど。


190506 manpuku-ro-18


こちらの担々麺は、「笑顔」同様ごまペーストたっぷりで濃厚。
たしかに白ご飯によく合う。


190506 manpuku-ro-19


一方、ラーメンのほうは、昨日と同じようなの食べてるな… と思いつつも、まあ普通においしいからいいか。炒飯は“半”とは思えない量だし…。


190506 manpuku-ro-20 190506 manpuku-ro-21


てか、ここって量すごくないですか?
多くは僕に回ってくるシステムになっているので、最後かなりキツい。
白ご飯、なくてもよかったかぁ…(笑)。


190506 manpuku-ro-11


[DATA]
台湾風味 満福楼 新小平店
東京都小平市小川町2-1971
https://manpukuro-shinkodaira.gorp.jp/



[Today's recommendation]

wachat190506.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/Zx1_6F-nCaw


団地商店街に新たな潮流? 【NAGGY STYLE】

2018.08.04

 東久留米の滝山団地に隣接する商店街「滝山中央名店会」は今年11月で50周年を迎えるという。
商店会ホームページには「滝山団地の完成とともにスタートして50年」とあり、団地も半世紀を経過したということ。

――昭和43年の11月に店がオープンし始めて、今年は50周年を迎えます。町並みは昔のままで古くなりましたが、新しいことも始めています。


180804 NAGGY STYLE-24


この商店街はつい最近まで、このタイプの古い商店街には珍しくにぎわっている印象だったが、いまはめっきり人出が減った。
「クルネ」(2009年11月開業)、「イオンモール東久留米」(2013年4月開業)と、近隣に大型ショッピングモールが立て続けにオープンした影響を免れなかったということか。


180804 NAGGY STYLE-61180804 NAGGY STYLE-62


しかし上記HPあいさつ文にもあるように、ここにもいわゆるリノベーションまちづくりのような新しい流れは感じられる。
この2年ほどの間に飲食店・施設が少なくとも5つは新規オープンした。


180804 NAGGY STYLE-63


「NAGGY STYLE(ナギースタイル)」は2016年8月30日オープン。
“人と犬が共有できる場所”をうたったドッグカフェで、ワンコ連れで入店でき、一緒に食事もできるところがいちばんのウリ。


180804 NAGGY STYLE-11


人間のメニューも充実しており、トースト、各種パスタから、とんかつ定食、ローストビーフ丼と幅広い。


180804 NAGGY STYLE-55180804 NAGGY STYLE-56


店内は白黒基調のおしゃれなつくり。
入り口右手はカフェとは別室の物販コーナーになっており、ドッグウェア・アクセサリーなどワンちゃんグッズやハンドメイド雑貨などが売られている。
テラス部分はワンちゃん専用スペースか?


180804 NAGGY STYLE-57


スタッフは女性のみ2~3名のもよう。
注文は、カレーライス(スープ・サラダ付き)780円、から揚げプレート(スープ付き)900円。


180804 NAGGY STYLE-16


僕らのほかにお客さんは、高齢女性2人組、高齢男女と、この商店街の買い物客層をそのまま反映している感じで、ほかの飲食店との違いは認められない。
もっとも、この猛暑のなか、真っ昼間から犬の散歩をしようという人はいないだろうから、普段の客層とは違っているかもしれない。


180804 NAGGY STYLE-15


カレーはスパイスが効いていてタマネギの甘さもたっぷり感じられる、いまどきのカフェカレーのスタイル。


180804 NAGGY STYLE-58180804 NAGGY STYLE-59


サラダもスープも盛り付けが上品で、女性らしさが感じられる。


180804 NAGGY STYLE-60


から揚げは、外がさくっとして中は肉のうまみが閉じ込められたしっかりした味。


180804 NAGGY STYLE-22


塩味がくっきりして、夏場にちょうどいい感じ。添えられたレモンで爽やかにいただける。


180804 NAGGY STYLE-21


人と犬の共存のために厳しい利用ルール・マナーが掲げられており、人間への配慮も行き届いている感じがする。
たとえ犬が苦手な人でも安心して利用できそうだ。


180804 NAGGY STYLE-13


[DATA]
NAGGY STYLE(ナギースタイル)
東京都東久留米市滝山4-1-40
https://www.facebook.com/naggystyle/






[Today's recommendation]


https://youtu.be/aNYWl13IWhY



chat180804-22.jpg


“サッポロ”なパワースポット 【ピリカ(西武柳沢)】

2017.10.02

 いわゆる“サッポロラーメン”についてときどき書いている。
詳しくは直近の記事(西所沢 えぞ)を参照していただければ幸いである。


y-pirika2-31.jpg


このサッポロ、時代の変遷とともに縮小し、いずれ消えゆく運命にあるのかもしれない。
今年5月に閉店した花小金井の「えぞふじ」跡地はあっという間にさら地になってしまった。長く休んでいた石神井公園の「どさん娘」の場所には、気がつけば違う建物が建っていた。忍び寄る何かの足音を感じざるを得ない。
なんか暗い導入になってしまったな。いかんいかん(笑)。


y-pirika2-32.jpg


気を取り直して、久々に西武柳沢の「ピリカ」。
サッポロの東の雄は健在で、おやじさんも相変わらず飄々とラーメンを作り続けている。
真向かいにラーメン屋ができたが影響はなさそうで、2時近くで自分を含めて客は3人。
時代とともに… と書いたが、いまやそれは唯一無二の個性となって、競争の激しいラーメン界を超然と生き抜いている。


y-pirika2-14-2.jpg


注文はいつも同じで、みそラーメン400円+餃子250円。
と、あっさり書いているが、いまどきみそラーメン400円は驚くべきコスパ。餃子も小ぶりではあるが8個もあって250円。
なので、この店ではほとんどのお客さんが餃子を頼んでいる。今日の3人のオーダーもすべてみそ+餃子である(うち1人は半ライス追加)。


y-pirika2-13.jpgy-pirika2-16.jpg


みそラーメンはすり鉢で提供。


y-pirika2-34.jpg


具はモヤシ、ひき肉、ネギに、なぜかワカメ。
麺はプルンとした中太縮れ。
スープはニンニクの効いたいかにも“サッポロ”という、何とも懐かしい味わい。


y-pirika2-35.jpg


BGはTBSラジオ。カンニング竹山パーソナリティで“私のパワースポット”とかというお題の投稿企画が流れている。
「私のパワースポットは餃子の王将」という餃子好きさんの投稿が読まれ、なるほどと思った。パワーの源である食べ物関連の場にスピリチュアルな要素を認めるのはごく自然な流れだ。高級中華や人気ラーメン店でないところに説得力がある。


y-pirika2-18-2.jpg


そう考えたら、常連さんにとってこの店はまさにパワースポットなんだと思う。
僕はこうやっていろんな人のパワースポットを巡り歩いているのかもしれない。


y-pirika2-36.jpg


[DATA]
北海道ラーメン ピリカ
東京都西東京市柳沢1-1-3





[Today's recommendation]


https://youtu.be/DART7FA9Krs



chat171002-22.jpg


Latest Articles
古民家で釜めし&串焼き 【六左衛門】 Oct 03, 2022
武蔵野うどん究極形 【小平うどん 小平本店】 Oct 02, 2022
答えは変わらない! 【村山ホープ軒 東大和店】 Oct 01, 2022
街道沿いの中華屋さん 【宝来】 Sep 29, 2022
手づくり感いっぱいな埼玉銘菓 【高橋売店】 Sep 28, 2022
国史跡の奇観岩山 【吉見百穴】 Sep 27, 2022
昭和の観光地食堂そのままな 【松音屋】 Sep 26, 2022
そうだ 茶屋、行こう。 【厄除けだんご どびんや】 Sep 26, 2022
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2