FC2ブログ

みちのく行き当たりバッタリ ヽ(*゚ω。) ――その⑫ 【海鮮処 番屋】

2019.05.01

 鶴ヶ岡城址公園を出たのが10時で、国道7号をひたすら南下。新潟県村上市に入り、勝木という町で国道345号へ。R7とR345は平行して走っており、重複区間を経てここで海側と内陸側がクロスするため、引き続き海岸線を南下するということ。
今日は先が長く、立ち寄りは昼ごはんのみ。そのあと関越道に乗る予定なので、食事の場所はその手前、できれば魚介にしたい。


190501 banya-11-2190501 banya-13


「おさかなセンターみたいのってあるじゃない、どこにでも。そういうのに併設されてる食堂でいいと思うの。村上とか、いかにもありそうじゃない?」
との細目で助手席の相方さんにリサーチしてもらい、ヒットした「岩船港鮮魚センター」というところに向かっている。


190501 banya-14190501 banya-15


到着直前にちょっとしたトラブル発生。


190501 banya-16


カーステレオのUSBポートの接続エラーに気づかず、僕のiPhoneが充電されていない。相方のほうもナビに使い通しでバッテリー消費が著しい。
電池残量3%と4%で食事に臨まざるを得ないという事態に陥ったのである。
大丈夫か? ブログ用料理写真 (-ω- ;) ウーム…


190501 banya-17190501 banya-18


「岩船港鮮魚センター」は、1階にフードコート、2階に和食レストラン「海鮮処 番屋」を併設する。


190501 banya-19


施設全体がたいへん混み合っており、少し並んで「番屋」に入店。


190501 banya-20


僕の注文は海鮮丼1200円。
相方さんは、おすすめメニューの塩さば焼魚定食1000円と、観光っぽくない近所の食堂の日替わり定食みたいなものを頼む (^ ^)


190501 banya-21


塩さば焼魚定食はわりと早く出てきたが、海鮮丼がなかなか来ないと思っていたら、順番を飛ばされている感じで、あ、これは抜けちゃったなとおばちゃんに申告。


190501 banya-22


この間、スマホのバッテリーはどんどんなくなり、海鮮丼を1枚撮したところでダウン。


190501 banya-24-2


相方のほうもまもなくダウンして、あとで撮ろうと思っていた施設外観などが撮れなくなった。


190501 banya-25


海鮮丼は、ネタがわさび味のタレに漬けられているのでそのまま食べる。コスパがよいとはいえないが、そこそこ食べではある。


190501 banya-26


マグロ、イカ、ホタテ、赤エビ、白身はタイ? 青魚はカンパチ?


190501 banya-31


塩さばの定食は、まあ普通に塩さばの定食です。


190501 banya-23


車に乗ってナビに使っている相方のスマホの充電を開始して、復活するまで10分以上アイドリング状態で駐車場で待機。右も左もわからない土地で、駐車場を出て右に行ったものか左に行ったものかもわからないのだ。
風に流されてきた海霧がどんどん濃くなり、なんか、立ち込めてきた感じ… (・・;)


190501 banya-28


[DATA]
海鮮処 番屋
新潟県村上市瀬波温泉3-6-38 岩船港鮮魚センター2F
http://kaisen-banya.com/





[Today's recommendation]

※旅の間ネコ不在のため猫写真はお休みします

◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/XZ2ZgA3S_rc


鉄の世界にどっぷりな街のおそば屋さん 【福幸軒】

2019.01.19

 東久留米駅周辺をぶらぶらして、昼ごはんに旧市役所通りのそば店「福幸軒」へ。
間口のわりに奥行きのある店内。
奥のほうに間仕切り壁があり、使われているかどうかわからないが戸と敷居があって個室に仕切れる造りになっている。


190119 fukukohken-12


その奥のスペースのほうへ進んでいくと、なぜかマッサージチェアが置いてある。
これは一般客でない何らかの特別サービス用のスペースに違いないと判断して、手前のテーブルに着く。


190119 fukukohken-15


すると、お店のおばさまが「どうぞ奥にお入りください」としきりに勧める。
ならば遠慮なく、と奥の間へ移動。
なんと、背後から見てマッサージチェアと思った物品は新幹線の座席シートなのであった。


190119 fukukohken-14


そうです。
このお店は知る人ぞ知る鉄道マニアのおそば屋さん。


190119 fukukohken-16


「こちらは0系新幹線の座席でございます」
とおばさま。

おおっ!
この方こそ鉄ちゃんその人であらせられるかー!!

「…と、それだけは覚えました。ほかは何が何やら(笑)」
ヽ(_ _ヽ)彡 ズルッ!


190119 fukukohken-17 190119 fukukohken-18
190119 fukukohken-19 190119 fukukohken-20


このスペースがコレクション展示ルームになっているもよう。
ナンバープレートやサボ、行先板、ホーロー看板のほか、制服・制帽や機器・装置類など、鉄道部品が所狭しと展示してある。
「写真撮ってもいいですか?」と伺うと、「どうぞどうぞ。制服着て写真撮るお客さんもいるんですよ(笑)」と。

僕は鉄道には疎いが、乗り鉄・撮り鉄・食べ鉄、最近は呑み鉄ってのもあるけれど、どれもいい趣味だと思っているので、鉄の方には一目置いている。
こちらの展示品は、見る人が見ればすごいのかもしれない。


190119 fukukohken-21 190119 fukukohken-22
190119 fukukohken-23


「どなたの趣味なんですか?」と聞いてみた。
「まず父が好きで…」とおばさま。「父は写真と乗るのと模型だったのでまだよかったんですが、弟(現 店主?)は機械も集め始めて…。あちこちに置いてあって足をぶつけるものですから、私は痛い思いしかないんです」と苦笑する。
「でもこうやって飾って見てもらえるんですから、いい趣味だったんでしょうね」とも。


190119 fukukohken-24


さて、注文。
このお店は“鉄”以外にもユニークな特徴がある。
袖看板が、そば屋にもかかわらず“中華そば おそば”と、中華が上位に来る。


190119 fukukohken-28


実は以前一度入ったことがあって、それはこの看板に興味を引かれてのこと。“そば屋のラーメン”の訴求度は高いのだ。
といっても、もう20年くらい前のことなので何も覚えていない。
で、注文は迷わず五目ラーメン750円。もう1品は親子丼750円。


190119 fukukohken-25


五目ラーメンは、キャベツ、ニンジン、タケノコ、シイタケなど具が約10種。3種類の練り物が、このたべもののがB級感を高めている。伊達巻きなんか、このパターン以外に食べることはほとんどないし。
意外なことに麺が不ぞろい。“麺科指導員”の免状が飾ってあるので自家製麺かもしれない。


190119 fukukohken-27


親子丼にもカマボコ、ナルトが入る。
豚肉の卵とじがアタマのどんぶりを他人丼というが、こうなると多民族国家丼って感じ…?
同じくB級路線でたいへん好ましく思うのである。


190119 fukukohken-26


支払いのとき「表のタバコ売り場の横に新幹線のハナがあるんです」とおばさま。
「新幹線の花…?? あ… ノーズ!?」
国鉄がJRに変わったときのうんぬんかんぬんという代物らしい。


190119 fukukohken-13


店を出て写真を撮らせてもらっていると、勝手口から弟さん? が出てきて、出前用のスーパーカブをどかして撮りやすくしてくれた。


190119 fukukohken-29 190119 fukukohken-30


「ありがとうございます」
お店の写真を撮って丁重にお礼を言われたのは初めてかも。
深い鉄道愛がひしひしと伝わってきた。


190119 fukukohken-11-2


[DATA]
福幸軒
東京都東久留米市幸町1-1-1



[Today's recommendation]

wachat190119.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://www.youtube.com/watch?v=eIi_GbFa_nw



続 つるしびな巡り

2019.01.19 いせや和菓子店 /東京都東久留米市金山町1-1-4

190119 iseya-14
190119 iseya-12 190119 iseya-13
190119 iseya-11


「つるしびな巡り」のスタンプラリーの続きで東久留米駅周辺を歩いてみたが、土日休みの参加店・施設が多く、11カ所回ってスタンプは4つしか集まらなかった。マップではたどり着けない店があったり、昼ごはんに使えるたべもの屋の参加がなかったりと、このイベントは何かと問題含みである。まあ、手弁当感が漂い、好ましくはあるが。


Latest Articles
ひと味違うこだわりのカレー屋さん 【カマナ】 Aug 02, 2020
丼モノの時代へ! 【八海食堂】 Jul 31, 2020
冷やし中華にも、のせてみました! 【すぱいす】 Jul 27, 2020
所沢周辺ユルポタシリーズ ―その3 Jul 24, 2020
平時でも入るのに勇気が要りますが… 【焼き鳥野島】 Jul 21, 2020
いまや定番! 持ち帰り餃子といえば… 【秋津ナンバーワン】 Jul 19, 2020
新しい日常で魚屋増殖中? 【海鮮鮨 義 東村山店】 Jul 18, 2020
もう一つの応援イベントで、秘密のお店へ 【うなぎ・天ぷら いしい】 Jul 15, 2020
タイ料理のちょっとジャンキーな吸引力 【サワディー 久米川店】 Jul 13, 2020
1CL弁当から白壁土蔵の直売所へ 【さくら茶屋】 Jul 11, 2020
気迫の伝わる肉塊ごろごろ弁当 【炭火焼ホルモン 豚珍館】 Jul 10, 2020
狭山茶の茶園カフェにお立ち寄り 【和田園製茶所】 Jul 06, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2