fc2ブログ

街道沿いの中華屋さん 【宝来】

2022.09.26

「ジョイフル本田瑞穂店」(2007年1月開業)ができたばかりのころ、同時期にできた「ダイヤモンドシティ・ミュー」(古っ…💦)経由で江戸街道を自転車こいで買い物に行っていた。


20220926 horai-24


道幅が狭く交通量の多い、自転車にやさしいとはいえないルートだが、デリケートな国境地帯であまりプラプラしてちゃいけない印象があって、裏道を開拓しようなんて考えもしなかったんだと思う。一目散に通過していたが、ラーメン屋さんが3~4軒あったことは覚えている。
それが「一二三」であり「まるよし」であり、今回の「宝来」だったと思われる。

こんな辺境で商売が成り立つのか? と当時不思議に思ったものだが、どの店もいまもってバリバリの人気店だ。
知らないことはたくさんあるということ。


20220926 horai-12


ということで、青梅市新町「はぐろや」に続く、気になる街の中華屋さんに入ってみた…! シリーズ。

街中華(まちちゅうか)の“街”は、繁華街の街であり商店街の街であり住宅街の街であるが、この場合は“街道沿いの中華屋さん”略して“街中華”となる。


20220926 horai-13


日替わりの550円メニューというのがあって、この日はラーメン大盛り、タンメン、中華丼の3種類。
タンメン好きとしてはナイスタイミング。


20220926 horai-14


広めの厨房を囲む鈎形カウンターのみの店内。
13:10入店で先客2名、後客2名。


20220926 horai-15


タンメンを“ラーメンセット(麺類&半チャーハン)”で注文
50円引き、つまり350円の半チャーハンが300円になるというセットで、550円のタンメンと合わせて850円と超オトク。
ちなみにタンメンの通常価格は680円なので、1030円→850円と約18%もオトク。


20220926 horai-1620220926 horai-17


親子かな、男性2人体制で、若いほうの方が炒め、おとうさんが麺ゆでという分担になっているもよう。
炒め作業がおそろしく手際よく、タンメンと半チャーハン、あっという間に完成。


20220926 horai-18

20220926 horai-19

20220926 horai-25


あっさり塩味のスープは炒め油の熱が加わってチョー熱々。
具材はシャキシャキのモヤシを主体に、ハクサイ、ニンジン、ニラ、キクラゲ、豚肉。
中太の伸びにくいタイプでタンメンに好適な麺。


20220926 horai-22


――シンプルで熱々シャキシャキの“タンメンかくあるべし!”というタンメン。


20220926 horai-26


半チャーハンはチャーシュー、卵、ナルト、ネギ、グリーンピースのベーシックな具材で、パラパラな仕上がり。
懐かしくも完成度の高いチャーハンだと思う。


20220926 horai-23


先客のカレーラーメンがおいしそうだった。
というか、何を食べてもおいしいだろうと思わせるお店である。


20220926 horai-11


[DATA]
宝来
東京都武蔵村山市残堀1-43-3









インスタやってます 𓇌𓍯𓂋𓍯𓐚𓇌𓎡𓅱



[Today's recommendation]

wachat220926.jpg




https://youtu.be/qBruAooXPNU



20220926 horai-32

20220926 horai-33

20220926 horai-31
次はどこかな…?


だんごの奥深い世界 【大ちゃん】

2022.02.21

 おそろしくスローなペースながらちょいちょい進行している〈所沢おだんごmap〉シリーズ。どれくらいスローかというと、第1弾で掲載したお店がとっくに閉店してしまってるというくらいにスロー ( ̄Д ̄;;

詳しくは「村田屋」(閉店)「三上さんちの焼きだんご」「山口屋だんご店」を参照ください。


20220222 daichan-2020220222 daichan-21


なぜ所沢かというと、コロナ禍で街に背を向け所沢方面の田舎道を自転車で走っているうちに、何もないところに忽然とだんご屋さんが出現する案件に出くわす。一度ならず二度三度(上記3店の立地はすべて“何もないところ”)。
田舎道を徹底的に開拓しようとでも思わなければ通ることのないような場所で、自分的にはコロナ時代を象徴する現象であり、記録しておきたかった。


20220222 daichan-1120220222 daichan-12


今回の「大ちゃん」は所沢駅から300mほどと街なかのお店だが、最初“だんご”の文字を見たとき、やはりコロナ的現象に映った。
こちらの“本業”は焼き鳥屋さん。
緊急事態宣言下、あの手この手で苦境をこらえようとする姿かと。


20220222 daichan-1320220222 daichan-14


僕は昼間しかそんなとこ通らないので、焼き鳥屋だけに、開いているところを見たのは1~2回。暖簾が掛かっていても入りづらい雰囲気はあった。
それがこの日は違っていて、暖簾の下にいろいろ品が並んでいる。


20220222 daichan-1520220222 daichan-16


もともとだんごとゆでまんじゅうの張り紙はあったが、ほかに厚焼き玉子とつくだ煮も売られている。
アサリのつくだ煮、すごく安いんだけど、自家製だろうか? いろいろ気になる。


20220222 daichan-19


このあたりの無人野菜販売と同じシステムで、備え付けの貯金箱みたいのに料金を入れる自己申告制。
だんご1本とゆでまんじゅう2個とって、300円投入。


20220222 daichan-17-18


お店の人がいないので勝手に写真撮らせてもらったが、POPや陳列が洗練されている。
女性的というか、非焼き鳥おやじ的センスが感じられ、いまはやりの間借りとかだったら面白いと思った。


20220222 daichan-24


ゆでまんじゅうとだんごの生地は同じだと思う。
まんじゅうはあんこがゆるめでさらっとおいしい。
だんごは平べったい羽二重タイプ。このあたりの焼きだんごでは珍しいかも。
たれがシンプルなしょうゆ(生醤油)というのは、やはりこのあたりの団子の味。


20220222 daichan-25


所沢の焼きだんごは奥が深い。


20220222 daichan-22-23


[DATA]
大ちゃん
埼玉県所沢市くすのき台3-13-1





[Today's recommendation]

wachat20220222.jpg




https://youtu.be/qBruAooXPNU



20220222 daichan-26
八幡湿地 / 所沢市糀谷


Latest Articles
古民家で釜めし&串焼き 【六左衛門】 Oct 03, 2022
武蔵野うどん究極形 【小平うどん 小平本店】 Oct 02, 2022
答えは変わらない! 【村山ホープ軒 東大和店】 Oct 01, 2022
街道沿いの中華屋さん 【宝来】 Sep 29, 2022
手づくり感いっぱいな埼玉銘菓 【高橋売店】 Sep 28, 2022
国史跡の奇観岩山 【吉見百穴】 Sep 27, 2022
昭和の観光地食堂そのままな 【松音屋】 Sep 26, 2022
そうだ 茶屋、行こう。 【厄除けだんご どびんや】 Sep 26, 2022
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2