fc2ブログ

都下の避暑地 【澤乃井園 清流ガーデン】

2022.06.26

 あんまり暑いので避暑することにした。

避暑といえば山だが、山を連想させる近場のアメダス観測点の昨日の最高気温(℃)、桐生39.8、佐野39.7、鳩山町39.2、八王子38.1、勝沼38.1…… と、むしろ暑い =( ̄ロ ̄;)⇒

山がダメなら川があるさ。
ということで、涼やかな川の画像をしばしご覧ください。


20220626 sawanoi-en-32

20220626 sawanoi-en-34

20220626 sawanoi-en-35-2

20220626 sawanoi-en-33


JR青梅線・沢井駅より徒歩5分、多摩川上流の御岳渓谷に臨む「澤乃井園 清流ガーデン」。


20220626 sawanoi-en-37


1702(元禄15)年設立の東京を代表する造り酒屋・小澤酒造の開いた庭園施設で、“澤乃井”ブランドの酒をはじめ、澤乃井の仕込み水を使って作られる豆腐・ゆば、わさび漬け、酒まんじゅうなどのお土産ショッピングや、利き酒、酒蔵見学などが楽しめる。
また、渓流を望むあずま屋や日本庭園風の植栽の中に配置されたテーブル席では、そば・うどん、おにぎり、おでんなどの軽食をいただくこともできるこちらの記事を参照ください)

――豊かな自然が残る御岳渓谷の自然散策や、ハイキングなどの際に皆様のおくつろぎの場として好評です。HPより)


20220626 sawanoi-en-11-2


朝9時前に出て10:04到着。
開園時間が10時なので、ジャストタイミング!


20220626 sawanoi-en-12


まだひと気もまばらで、週末は人出が多く思うように写真が撮れないだけに、シャッターチャンス!(笑)


20220626 sawanoi-en-14
日本庭園風植栽の園内

20220626 sawanoi-en-13
仕込み水と酒蔵見学の入り口

20220626 sawanoi-en-16
軽食処カウンターと売店

20220626 sawanoi-en-15
あずま屋


庭園脇には、寒山寺と「澤乃井 櫛かんざし美術館」のある対岸に渡る楓橋が架かり、そのたもとから御岳渓谷遊歩道に下りられるようになっている。

まず遊歩道を軍畑方面へ歩いてみた。
それが冒頭の写真。


20220626 sawanoi-en-17
楓橋


35年前に初めてここを訪れたとき、軍畑駅で下りて沢井駅まで歩いたコースなので、何か思い出すかと思ったが、さすがに何も覚えていなかった。
最高の癒しスポットには違いないが。


20220626 sawanoi-en-25
楓橋と御岳渓谷遊歩道(左下)


遊歩道から戻って園内の食事処「豆らく」で昼ごはん次記事掲載)
そのあと売店で買い物。


20220626 sawanoi-en-18


ここではいつもお酒と豆腐を買うが、豆腐は「豆らく」でいただいたし酒はいろいろ在庫がだぶついているしで、今回は酒まんじゅうと“食べる大辛口”(唐辛子麹しょうゆ漬け)を買う。


20220626 sawanoi-en-19


売店横の「きき酒処」(2階)の建物の1階には“まんじゅう工房”があり、お土産品のまんじゅうはここで作られているのだった。


20220626 sawanoi-en-20


まんじゅう作りを見学しながら、さっき買ったまんじゅうを1個いただく。
酒というか酒かすの香りが芳しく、もっちりした皮の、おいしいおまんじゅう。


20220626 sawanoi-en-21
20220626 sawanoi-en-2220220626 sawanoi-en-23


利き酒は無理だけど、まんじゅう半個分の酒のニオイなら、運転しても大目に見てもらえるだろうな…。

(つづく)


20220626 sawanoi-en-26


[DATA]
澤乃井園 清流ガーデン
東京都青梅市沢井2-770
http://www.sawanoi-sake.com/





[Today's recommendation]

wachat220626-11.jpg




https://youtu.be/eFjjO_lhf9c



20220626 sawanoi-en-27
次号予告


バランスよいちゃんぽんセット 【大龍軒】

2019.04.12

 UMA ?

朝、裏の畑に見たことのない足跡が付いていた。一見して謎の足跡だが、見れば見るほど謎が深まる。
まず、足の構造? が不思議だ。犬猫なら足底と指4本の大小5つの凹みが一歩の単位となるが、これは同サイズの4穴で“一歩”のように見える。四足歩行または二足歩行ならジグザグに2列の跡が付くはずだが、これは真っすぐ1本。そして、畑の真ん中で始まって(途絶えて?)いるので、飛行性の生物(物体)とも思われる。ちなみに“一歩”は差し渡し30cmほど。
どなたか正体をご存知の方はいらっしゃいませんか?
あるブログ記事でそっくりのものを見つけたが…)

追記:謎の答えはコメント欄をご覧ください。


190412 ashiato-11190412 ashiato-12


 昼は買い物

立川の若葉町あたりを通っていて、その流れで五日市街道の「大龍軒」で食べることにした。
「大龍軒」はチャンポン屋として多摩地区でも屈指の人気を誇る。個人的には、チェーン系飲食店にあまり行かなくなってから、チャンポンを食べたくなったら真っ先に思い浮かぶのがこちら。


190412 dairyuken-11


前回から1年半近く空いたが、いきなり以前と違っていて「イラッシャイマセー」と外人さんのお出迎え。
こちら、ポルトガル系と勝手に断言させていただくが、サッカーのスーパースター、ルイス・フィーゴにクリソツ。外国人労働者受け入れ拡大の影響がEU加盟国にまで… \( ̄ー ̄;) ナワケナイッテ!!


190412 dairyuken-12


注文はちゃんぽんランチA(唐揚げ2ヶ / 半ライス)880円(税別)。


190412 dairyuken-14


この店ではこれまで長崎ちゃんぽんというメニューしか頼んだことがないが、そうするとおばちゃんが大声で「ちゃんぽん単品!」とオーダーを通す。あえて“単品”と付けられると、セットが標準なのにこの客は標準よりショボい、と言われているようでカチンとくるのだ(そういうの僕だけ? ( ̄. ̄;) ウーム…


190412 dairyuken-15190412 dairyuken-16


「大龍軒」は一時、西多摩のラーメンチェーングループ入りしていた影響か、業務のマニュアル化、システム化への取り組みに積極的。
その業務改善にあたって大型補強が功を奏している、ように見える。
フィーゴ選手は几帳面にマニュアルどおりの声掛けをする。ほかのスタッフが都度都度対応であっても1人の正確な発声が軸になっていると全体のPDCAがきれいに回るものだ。


190412 dairyuken-18


上質の豚骨を12時間以上炊くというちゃんぽんのスープは深いコクのある味。
炒めた野菜の甘みと合わさって、しみじみおいしい。


190412 dairyuken-19


具はキャベツ、モヤシ、ニンジン、サヤエンドウ、キクラゲ、コーン、豚肉、エビ、イカ、赤はんぺん、ちくわ…。麺は本場長崎の唐灰汁麺とはタイプが違うと思うが、もちもちの太麺で、これはこれでおいしい。


190412 dairyuken-20


セットはタンパク補給にサラダも付いて、バランスがよい。
1000円以内に収まるし、これが標準化しそうな予感もあるが、摂取カロリー的にどうだろう… o( ̄ー ̄;)ゞ ウーム…


190412 dairyuken-31


[DATA]
大龍軒
東京都立川市若葉町2-1-4





[Today's recommendation]

wachat0204.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/xsY1lV-dGGw



 団地の外れのコーヒー屋さん
2019.04.12 自家焙煎珈琲豆店 一福/東京都立川市若葉町4-18-4
http://ichifukumameten.com/
https://www.facebook.com/ichifukumameten/
https://www.instagram.com/ichifukumameten/


 西荻窪「どんぐり舎」、学園坂の「アヒルのうたたね」に続き、街のコーヒー屋さん。若葉町団地を横断する若葉大通りの西の終点付近にある「一福」へ。


190412 ichifuku-11


2017年8月5日オープン。ご近所さんらしき女性や年配男性の固定客が出入りして、けっこうにぎやか。


190412 ichifuku-13190412 ichifuku-12
190412 ichifuku-14



中深煎りの「けやきブレンド」を100g購入。
ほかにブレンドは「一福(深煎り)」「若葉(中煎り)」とある。ちなみに“けやき”も近くの団地名。


190412 ichifuku-15


石神井カレー文化の中心に… 【辰巳軒】

2018.10.02

 坂口安吾ライスカレー100人前事件のインパクトのせいか、石神井公園に来るとカレーが食べたくなる。
これまで当地のお店を2店取り上げているが(「ほかり食堂」「たつみ庵」)、見返してみるとどっちでもカレーを食べているのはそういうことか?


181002 tatsumiken-18


目的地を決めずに自転車で走っていて、どうも進路が石神井公園方面に向いているな… と思ったらカレーが食べたくなった。
「ほかり食堂」とともに100人前のカレーを作って檀一雄邸に出前したといわれるのが、中華・洋食の「辰巳軒」である。


181002 tatsumiken-12


駅南口の駅前通りから左折して石神井公園のほうに下る公園通りに、その2店は50mほどを隔てて並び立つ。


181002 tatsumiken-11


一応、店頭のサンプルケースをチェックし、カレーライスとカツカレーを確認。


181002 tatsumiken-23


…と、足元の置き看板にAランチとBランチの掲示が。やたら文字が多い。
入ってすぐ左のテーブル席に座って、悩む。


181002 tatsumiken-16181002 tatsumiken-17


文字数が多いのは、すなわち品数が多いということ。これはサービス品であり、お店の看板メニューということだろう。
ふと右側の壁に目をやると、“ランチセット”はA・BだけじゃなくCもあり、さらには同パターンの“盛合せ”①~⑤と、悩みのタネは増殖する一方。


181002 tatsumiken-21


ここは、まず表の看板のA・Bに絞り込み、よりカロリーの低そうなBランチに決める。

あらためてBランチ750円のラインアップ:
一口カツ・焼ブタ・ロースハム・目玉焼・ライス・サラダ・スープ
一応、カロリーコントロールを意識して、唐揚3個を含むAとCを回避してみました ( ̄^ ̄;;) ゞ


181002 tatsumiken-13


店内はテーブル席のみ5ブロック28席ほど。年季の入った「ほかり食堂」と違って内装、テーブルセットとも新しめできれいである。
2時近くで先客は4人、すべて60歳超の単独客と、こっちはぜんぜん新しくない。


181002 tatsumiken-14


さて、Bランチ。
「おっ、なかなか豪華!」と見るか、
「家で食え ヾ( ̄  ̄;)」と見るか、
見解の分かれるところ。


181002 tatsumiken-25


まず後者の立場から、スライスハムそのままとか目玉焼きとか、これはわが家の朝ごはんまたは今日のお弁当のおかず、まんまやないかーい \( ̄ー ̄;)

で、前者の立場からコメントすると、まずこちらは中華系食堂でありチャーシューはもちろんしっかり本格派。そこそこ厚めのが2枚のってる。
一口カツというとヒレ肉の丸っこい一口サイズ1~2切れをイメージするが、小ぶりではあるがワラジ形状のロースカツまるまる一枚。
付属のスープは鶏ガラ中華系で、次はラーメン食べてみたい… と思わせるおいしさ。たっぷりのポテトサラダは手作り感いっぱい…。


181002 tatsumiken-15


自分的には、ただ並べただけのハムもこういう場所で食べると、なんか違うものだなぁ… と。
ハムがぜいたく品だった時代のよそ行きの食事シーンが思い出されるというか。

と十分満足できるが、欲をいえばステンレスプレートにご飯をメロン形のライス型で抜いて、ワンプレートで提供していただければカンペキ。
このオーダーで正解だったと思う。


181002 tatsumiken-24


カレーは次の機会に。また、この街にはほかにも気になるカレーのお店がいくつかある。
詳細がまったくわからないが、「パークロード石神井カレーDay2018」(11月2~4日)というアナウンスを見つけた。
文化の日は“石神井カレーの日”らしいぞ。


181002 tatsumiken-19


[DATA]
辰巳軒
東京都練馬区石神井町3-17-20





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=9f06QZCVUHg



wachat181002.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


充実の定食と驚嘆の接客能力 【じろえもん】

2018.07.19

 飲食店に入って悪印象を抱いて店を出ることはほとんどないというオメデタイ性格をしているので、それをそのままブログ記事にしているつもりだが、そうはいってもお店によって受ける印象度にはもちろん差異はある。
点数を付けている記事をよく見かけるが、同じような作業を自分も無意識のうちに行っていて、漠然とお店の位置づけを定めているような気がしないでもない。
“ややいい感じ”“すごくいい感じ”… とか(笑)。


180719 jiroemon-11


好感度の高いお店は自然とリピートすると思うので、点数を付けなくとも訪問回数は一つのバロメーターになる。
しかしここ数年、いいお店を見つけるという目的意識が、知らないお店に入ること自体への好奇心に取って代わられているフシがある。
“とてもいい感じ”のお店なのでまた来ようと思っても、好奇心に阻まれてなかなか順番が回ってこないという、勝手にもどかしい思いをしているのである。


180719 jiroemon-12


来よう来ようと思いつつ後回しになってしまっていたのが、萩山駅前の定食屋「じろえもん」。
このひと月に2回すべって(ライチタイム終了、ランチ営業なしの土曜)、ようやく入ることができた。


180719 jiroemon-13


2016年7月のオープンからちょうど2周年。
店先の赤提灯と緑の暖簾が飲み屋チックだが、店内は明るく清潔、誰もが使える健全な街角の食堂である。


180719 jiroemon-14


ランチタイム(平日11:30~14:00)と夜(月~土17:30~21:30)の営業で、閉店時間が早いことからもわかるように夜も定食メイン。
一方、ランチビール(250円)のサービスがあって昼飲みもでき、いろいろ使い勝手がよさそう。


180719 jiroemon-55


狭い間口に対して奥のほうが広くなっているので、店先の印象より店内はゆったりしている。4人掛けテーブル×2、2人掛けテーブル×4、カウンター2席。
僕が入った時点でお客さんは4人組と単独客2人というまあまあの入りだったが、そのあともぽつぽつ入ってきて、最後はカウンターも含め満席となってしまった(計11人)。


180719 jiroemon-16


注文は、〈本日の揚げ物〉ミックスフライ(コロッケ、とりから)定食720円(+税)
こちらの定食は、メインも副菜も手づくり感いっぱいで、品数が多いのもうれしい。


180719 jiroemon-56180719 jiroemon-57


揚げ物はアツアツの揚げたて。大きめのコロッケは、ほくほくジャガイモのつぶしが粗かったり、成形がややいびつだったりと家庭料理的。とりからは表面サクサクで中はジューシー。付け合わせはキャベツ千切りではなくレタス、水菜、にんじんなどのミックス野菜と手が込んでいる。
小鉢は2つ、卵入りマカロニサラダと春雨サラダ。お新香は大根、きゅうりのぬか漬け、みそ汁は豆腐と小松菜。


180719 jiroemon-58


意外な混みようで、お店のおねえさんが忙しそうなので、手がすくまでしばらく待って会計に立つ。

「ブログ、書かれてますよね?」とおねえさん。
えっ…!?
「なぜそれを…?」とうろたえるワタクシ。
「いえ、なんとなく前にいらしたときに…」
ブログ記事の内容から、あの人がそうかな? と思い当たったという。
こういうことは初めて。
「勝手なことしてスイマセン…」と一応詫びを入れ、気恥ずかしいが、なんかうれしい。

それにしても、前というのは去年の8月。1年近くも前に1度入ったきりの客の顔を覚えていたということ。
客商売の鑑というか、ものすごい能力と言わざるを得ない。
遠目には相変わらず素人くさくギクシャクした接客のように映るが、一人一人には親密に相対していた気がする。
今日の混みようは偶然ではないのかもしれない。


180719 jiroemon-15-2


前の記事には、ランチビールがやばいだの、夜も来ないわけにはいかないだのと書いておきながら、こんなに空いてしまってる。やばいやばい。
これからはちょくちょく伺いますから、今度行ったときにはとりあえず店名の由来を教えてください(笑)。


180719 jiroemon-21


[DATA]
じろえもん
東京都東村山市萩山町2-1-33





[Today's recommendation]


https://youtu.be/nCBASt507WA



chat180719-22.jpg


入って初めて見える風景 【大平】

2018.02.19

 東大和のけやき通りは人気ラーメン店が並ぶ。
けやき通りと聞いてピンとこなくとも、新青梅街道の「青葉 東大和店」から「狼煙屋」と「とんがら亭」の前を通って「大学ラーメン」に至る道といえば、北多摩在住のラーメン好きなら地図が思い浮かぶであろう。


taihei20.jpg


その包囲網の真ん中らへんで踏みとどまっている中華料理店「大平」。
“踏みとどまっている”には、客が入っているとも思えないがどうやって成り立っているのか…? というニュアンスを含む。
大通り沿いで人目につくお店だが、入りにくいことこのうえない。


taihei19.jpg


店の前でぐずぐずしていると、裏の駐車場のほうからやって来たおじさんがヒョイと入っていく。つられるように入店。1時前で客はその2人のみ。
いや、客がいないことには驚かないが、店内の様子が想像していたのとあまりに違っていて、それには相当驚かされた。


taihei15.jpg


まず、そこそこ広い。4人掛けテーブル席が6卓、ゆったり配置されている。加えてカウンター6席。
それから、そこそこきれい。拭き掃除が行き届き、各席に毎日洗濯していそうなパリッとした敷物が据えてある。
そして、店員が多い。ホール係の女性のほか、厨房内は見えづらいが、どうやら3人いる。家族経営とすれば夫婦二世帯ということか。
つまり、“踏みとどまっている”どころか、“ちゃんとした”お店のようなのである。


20180219 taihei-2120180219 taihei-22


しかしながら現時点で店員4人に対して客は2人。どうやって成り立っているのか、という疑問はまったく解消されていない… どころかむしろ深まった。
と思ったら、まもなく立て続けに単独客が3人入ってきた。いずれも常連のよう。
ここの道はよく通るが、これまで客が出入りする場面に出くわしたことが一度もなかっただけに、これはこれで驚きである。
そして、いよいよちゃんとしたお店らしく見えてきたのである。


20180219 taihei-2320180219 taihei-24


セットメニューが充実している。
大平セット(ラーメン・ミニカルビ丼)850円に引かれる。でもこういうのは定期的に訪れる人のためのバリエーションだ、と考えてしまう。一期一会の人が中華屋でカルビ丼は違うんじゃないか、と。


20180219 taihei-26


しつこく店内を見回すうちに、しっくりくるメニューを発見。
「本日のサービス品:ラーメン・餃子・ライスセット790円」


20180219 taihei-25


お店に入りにくい理由として上位に来るのが、外から店内の様子をうかがえないこと。この店は典型的にそういうつくり。
しかし店内からは表の様子がよく見える。
そういうことはよくあって、自分のように思い切りが悪く店先でぐずぐずしているのは露骨にアヤシそうでやばいやばい… と毎回ひやひやさせられる。
向かいの上仲原公園の森が窓外にいい感じだ。


20180219 taihei-2720180219 taihei-28


本日のサービス品は、ぱっと見、充実感がある。
ビジュアル的に貢献度が高いのが餃子。BMI 29… といった豊満さ。
食べても餡がみっちり、肉・野菜のバランスがよくおいしい餃子だ。


20180219 taihei-30


一方、ラーメンはいたって普通かな。


20180219 taihei-29


外見にはわからない、入ってみて初めて見える風景というのがある。
店内がお客さんでいっぱいだった時代が思い浮かぶように感じるのは、いつまたそうなってもいいように備えを怠らないからだと思う。


taihei21.jpg


[DATA]
大平(たいへい)
東京都東大和市清原4-6-11





[Today's recommendation]


https://youtu.be/3eT464L1YRA



chat180219-22.jpg


いまも変わらぬバカデカ餃子 【一圓 三鷹北口店】

2017.09.15

 学生時代、吉祥寺で一人暮らしをしており、基本的には自炊生活だが、当然、外食の機会も少なくなかった。そのころいちばん多く利用したのが、たぶん「一圓」。現在の本店や井の頭店(今年2月閉店)ではなく、当時はサンロードの終点を左に折れてすぐの五日市街道沿い、いまの藤井書店のあたりにあった。

ネットはおろか紙媒体でも網羅的飲食店情報なんかない時代だったから、食べるところは口コミか自力で探すしかない。「一圓」は僕が見つけ、たちまち友だちの間に広まった。激安のバカデカ餃子は男子学生のツボだったのだ。


ichien54.jpg


ほかによく使った店というと、中道通りのそれこそいまの「一圓本店」あたりにあった「ニューバーグ」、伊勢丹地下のとんかつ「一力」、いまと違って500円くらいでうな丼を出す激安店だった「うな鐡」など、思えばいい店ばかり。
鼻が利いたというより必要に迫られて、安い・うまい・多い路線のところを探し当てていた気がする。

ラーメンでいうと「みんみん」や「ホープ軒」はちょっと通っぽい大人が使う店というイメージで、CheapでRockな「一圓」こそが僕らの店だった。めんどくさそうなおやじ客は来なかったから。
そして不思議なことに、というかその印象どおり、(通っぽくないけど)年をとったいまはそれが逆転し、「みんみん」や「ホープ軒」には普通に通うが、「一圓」にはまったく行かなくなった。


ichien28.jpg


ときどき「一圓」の餃子が食べたくなる。
で、数年前に本店に行ってみたが見事に撃沈。接客が最悪… と、いまではこっちがめんどくさいことを言うおやじなのであった。
ところが同じころに入った三鷹店の印象はそれほど悪くない。
思うに、いつも店先で黙々と餃子を包んでいるおじさん(店長)の風貌に妙に安心感を覚えるようなのだ。どこか懐かしい。この人、昔の吉祥寺一圓にいなかったかなぁ…?


ichien26.jpg


そういうわけで、いま「一圓」に行くとしたら三鷹北口店と決めていて、メニューも調べておいた。というのも、断片的な印象ではラーメンは昔とは別物でちょっと何なので、餃子ライス的なものはないものかと。
で、ありました。餃子横置きごはん。
これは皿盛りのご飯の横に餃子をのせたもの(おすすめ惣菜とお新香付き)で、S(3個)630円とL(5個)800円。
想像するだけで腹が減るような魅力的なメニューである。


ichien22.jpg


本日も家を出るのが遅くなり、うだうだ考えるうちに店が決まらないまま多摩湖自転車道終点に差しかかる。
このタイミングやコースはまさに「一圓」に行く流れではないかと気づき、そのまま井ノ頭通りを直進。


ichien52.jpgichien53.jpg


着いたのが2時近くで、数年前に入った印象から絶対すいているものとゆるい気持ちで入ったらかなり混んでいて、ちょっとひるむ。
いちばん奥、壁に向こう向きに据え付けのカウンター席に座り、目の前に張ってあるメニュー表を見て、混んでいる理由を知る。“本日は餃子の日”。なので、餃子横置きごはんはSが570円、Lが700円となっている。ラッキー。
あとで調べたら餃子の日は毎月1回、15日のみ。これは運命の導きかなぁ(笑)。


ichien29.jpg


量的にちょっと迷ったが、エイヤッ! とL(5個)を注文。
しかし、ふと横を見ると若者がやはり横置きごはんで、間近に見るこの餃子がデカい。いや、昔は普通に食べられたから… という言い分が通らないくらいにそれは大昔の話だ、ということにようやく気づかされる。
注文を変更しようかと一瞬考えたが、まあそれはムリだわな…。なんとかするしかない。
で、出てきたものを見ると、デカいことはデカいが度を越すほどでもない。何だろう。隣の芝生、みたいなもの?
ということで憂いなく食べ始める。


ichien51.jpg


惣菜はマーボー大根、お新香はキムチ。
餃子はデカいだけに崩れやすくはあるが、それは想定内。むしろ直近に食べた本店の場合の皮が薄いことによる不安定さは感じられない。野菜のうま味を生かした「一圓」らしい餃子で、昔はキャベツぐらいしか入ってないと思っていたが、けっこういろいろな風味を感じる。
量的には、楽勝、と言っておく。
ただ、餃子・マーボー・キムチの組み合わせはさすがに食べたあとににおいが自覚されるほどで、勤め人の多いこのあたりでそういうものを出して大丈夫なんだろうか。

出るとき「ごちそうさま」と店長にあいさつすると、気持ちのいい笑顔が返ってきた。
おじさんも安心して入ってよし、という合図のようだった。


ichien27.jpg


[DATA]
一圓 三鷹北口店
東京都武蔵野市西久保1₋6-21
http://www.ichien.biz/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/G4QJ5ggLmuA



chat170915-22.jpg



Latest Articles
厄払いからの… 暑気払い! 【小川藤】 Aug 16, 2022
厄除けあれこれ 【喜多院】 Aug 15, 2022
17万石の風格 【川越城本丸御殿】 Aug 14, 2022
Emptyな悪循環からの… 【とんかつ太郎】 Aug 13, 2022
天空の古民家 【小林家住宅】 Aug 11, 2022
田園地帯の古民家カフェ 【繭久里カフェ】 Aug 09, 2022
関東(ry) ロード ―5 【手打ちうどん・そば 子亀】 Aug 08, 2022
ここにもガラパゴス系!? 【バスラーメン】 Aug 06, 2022
猛暑後半に備える 【焼き鳥野島】 Aug 05, 2022
暑いときほど、アツアツ💦 【さんらいず亭】 Aug 04, 2022
単なるノスタルジアにあらず 【河内屋】 Aug 02, 2022
80’sファンシーな 【迷夢】 Aug 01, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2