fc2ブログ

愛は惜しみなく 【忠豊】

2022.01.16

 猫の消耗品を買いに「ジョイフル本田 瑞穂店」へ行き、周辺で昼ごはんのお店を探したが、いまひとつしっくりくるところがなく、村山団地西通りの商店街まで戻って探すことにした。


20220116 chuho-1120220116 chuho-12


商店街なら食べるところの5~6軒はすぐ見つかるだろうという安直な読みは見事に外れ、開いているのはラーメン屋さん2店と中華屋さん1店のみ。
相方はラーメン店にあまり入りたがらないので、簡単に中華店に決まりそうなものだが、これがそう簡単な話ではない。


20220116 chuho-13
アーチ2つが出入り口になっているコの字形路地「すずらん通り」の奥、黄色い看板が「忠豊」


中華店というのは「忠豊」。
名にし負うドカ盛り店である。


20220116 chuho-14


たとえば一般的な量を1として「忠豊」の盛りがどの料理も2だとすると、僕1人で入った場合、2(1品)頼んで2食べればいい。しかし相方と入ると最低4(2品)頼まなければならず、相方は1以上は食べられないので、僕の食べる量が3に増えるという計算になる。
3人前はちょっと…。


20220116 chuho-1520220116 chuho-16


でも楽天家なワタクシ。
まあ、それくらいなんとかなるか… と入店。


20220116 chuho-18


意外なことに、1時前で先客1人とすいている。
あとで聞いた話では、やっとお客さんが戻ってきたと思った矢先の第6波で、年明けでパタッと客足が落ちたと。うーむ…。


20220116 chuho-1920220116 chuho-20


量、多いからなぁ… と、入る前にさんざん脅かしたので、「いちばん軽そうな中華そば」と相方。
もう1品は焼きそばに。


20220116 chuho-2120220116 chuho-22


まず中華そば。
器もそんな大きくなく、パッと見、普通のラーメン。


20220116 chuho-23-24


杞憂だったかな、と安堵した次の瞬間…
配膳台のほうから「おっと、ずいぶん多くなっちゃったね」というおかあさんの声が…


20220116 chuho-25-26


「はい、大盛りサービス!」と、焼きそば来る。
えー!? ∑( ̄[] ̄;)!


20220116 chuho-28-29


えーと、上記数値でいうと、これ一皿で4か5はある。
一瞬にして計算が破綻した。


20220116 chuho-30-31


「どうしてこうなっちゃったんです?」
「つかみ加減でねー(笑)」とおかあさん。
加減って、麺の玉単位のカゲンでもしてるんですかぁー!! ヾ(・ε・。)


20220116 chuho-32-33


中華そばも箸を入れてみるとすごい麺量なのである。
ここからは、ひたすら食べる。


20220116 chuho-27


僕がまず中華そばで、7割がた食べたところでチェンジ。
焼きそばぜんぜん減ってないし ( ̄- ̄;)

焼きそばひと口食べて、無理… と思いました。

中華そばは懐かしくもおいしい昔ながらのラーメンで、食欲を刺激されいくらでも食べられそうな気がした。
そのあっさりさっぱりした味と違って、焼きそばはソース味。
これもナツカシおいしいが、ひと口目の甘さが満腹中枢を直撃。


20220116 chuho-34-35


でも焼きそばが来たとき、「食べきれなかったら持ち帰っていい?」と相方が聞いているので、ある程度気は楽なのであった。
ただ、持ち帰るにしても皿の半分も食べなかったら失礼にあたると思うので頑張って食べているわけだが、この半分が遠い(笑)。

結局、パックをもらって詰めたんだが、大きめのパックがいっぱいになった。
頑張って食べなかったら1パックに入り切らなかったという、なんと恐ろしい盛り。


20220116 chuho-3620220116 chuho-37


「チャーシューがすごくおいしかった」と相方。
「生のお肉使ってるからね」とおかあさん。「値段は冷凍の3倍はするけど、味がぜんぜん違う。いまさら変えられないです。お客さんにはすぐわかっちゃう」

というように、量のことが取り上げられることが多いが、実はすごくおいしいお店なのである。


20220116 chuho-40


昭和45(1970)年からこの地で続けているそうだ。
昔は賑やかで、この奥まった場所にも人がたくさん出入りしていたと。
出前も多く、エレベーターのない団地の3階4階にもおとうさんは届けていたと。

「あれでもけっこう年なんですよ」とおかあさん。「89歳」
えー!? ∑( ̄[] ̄;)!

「あ… 79か」
ズルッ (ノ_ _)ノ


20220116 chuho-38


焼きそばをパック詰めしてもらうのは申し訳ないので、途中で持ち帰りの焼き餃子を頼んでいたが、その注文が通っていなかったので生餃子にしてもらった。

「焼いてないから、量でサービスしておきました」
「えー!?」

餃子は15個。こちらの餃子1人前は10個のようなので、5割増し。
自家製ラー油までいただいた。なんと、ワンカップサイズでひと瓶も。


20220116 chuho-41


持ち帰った焼きそばと餃子のみで、大満足の晩ごはんになった。
絶品激辛ラー油で冷やっこも食べてみた。


20220116 chuho-42


ほぼいちげんさんなのに、こんなによくしてもらって、これを書きながらも涙が出るほどうれしい。


20220116 chuho-43


「まだまだ続けますから、ぜひまた来てください!」
頑張ってください。ぜひまた伺います!


20220116 chuho-55-56


[DATA]
忠豊(ちゅうほう)
東京都武蔵村山市学園3-62-4





[Today's recommendation]

wachat220116-11.jpg




https://youtu.be/-nmPdUiT5ks



20220116 chuho-39


○○銀座の残照【宮寺 亀屋】

2021.12.13

 瑞穂の「ジョイフル本田」で買い物のあと狭山丘陵を越えて所沢へ向かう途中、入間市宮寺のいつも左折する交差点で信号待ちをしているとき、ふと前方に人を惹きつける“気”のようなものを感じた。
この交差点には(時間指定だと思うが)強制左折の道路標示があるので直進したことはないが、位置的には町の中心にあたる。
緩やかにカーブして小学校前のヒマラヤ杉の陰に隠れる道の先はどうなっているのか。

と、気になりだしたのは10月のこと。


20211213 miyaderakameya-1120211213 miyaderakameya-12
いつもここで左折する


自転車でも頻繁に通る土地だが、自転車では主要道は使わない。
くだんの道路区間は車でも自転車でも通ることのないエアポケットだったのである。


20211213 miyaderakameya-3020211213 miyaderakameya-31
赤が主な自転車ルート、青が車。「亀屋」の区間は白昼の死角だった  © OpenStreetMap contributors


次に自転車で出かけたとき、当然、見に行ってみる。
なんと、立派な店構えの和菓子屋さんがあるではないか。

このエリアに商機能が集積した形跡を認めることはなかったが、ここは知られざる商店街の遺構のようなのだ。


20211213 miyaderakameya-1320211213 miyaderakameya-14


今日、あらためて行ってみると、交差点から見て視覚的に訴えるのは酒屋さんの袖看板とテントの黄色である。
先へ進むとさらに看板が並ぶ。
田中写真店、TOTO、亀屋…。


20211213 miyaderakameya-1520211213 miyaderakameya-16


ということで、気になる和菓子屋さん「宮寺 亀屋」へ。


20211213 miyaderakameya-1720211213 miyaderakameya-18


まず品ぞろえの充実ぶりに驚かされる。


20211213 miyaderakameya-2020211213 miyaderakameya-21
※許可をいただいて撮影


いつも買う酒饅頭と豆大福を申告し、もう一品くらい買いたいが迷ってしまう。

「おすすめとかあります?」と、お店のおかあさんに聞いてみる。
「おすすめというか、いちばん売れるのは草餅なんですよ」とのこと。

草餅追加。


20211213 miyaderakameya-2220211213 miyaderakameya-23


「長くやられてるんですか?」
「そうみたいです」
「みたい…?」

おかあさんがこちらに嫁いでこられたウン十年前、お店はすでにあったと。
おじいさん(先代?)が昭和の初めに創業したという。


20211213 miyaderakameya-2420211213 miyaderakameya-25


「このあたりも昔は賑わってた?」
「それはもう、宮寺の銀座といわれてたんですから」
「それはすごい!」

お店もいっぱいあったらしい。
隣が魚屋でその隣が家具屋、それから八百屋、お菓子屋… 表通りには定食屋も。
やはり昭和のころがいちばん賑やかだったと。


20211213 miyaderakameya-3320211213 miyaderakameya-34


往時の宮寺銀座、この目で見てみたかった。


20211213 miyaderakameya-27


昭和のころ、普通の家で普通に食べられていたお菓子。
いまとなっては懐かしい。


20211213 miyaderakameya-28


[DATA]
宮寺 亀屋
埼玉県入間市宮寺627-1
http://kameya-m.com/





[Today's recommendation]

wachat211213.jpg




https://youtu.be/rlguwRxicf8



20211213 miyaderakameya-32


Latest Articles
あのころ、ジョージタウン 【蒼龍唐玉堂 吉祥寺店】 Aug 20, 2022
また一つ名店の灯が… 【ながしま 磯とり料理】 Aug 18, 2022
厄払いからの… 暑気払い! 【小川藤】 Aug 16, 2022
厄除けあれこれ 【喜多院】 Aug 15, 2022
17万石の風格 【川越城本丸御殿】 Aug 14, 2022
Emptyな悪循環からの… 【とんかつ太郎】 Aug 13, 2022
天空の古民家 【小林家住宅】 Aug 11, 2022
田園地帯の古民家カフェ 【繭久里カフェ】 Aug 09, 2022
関東(ry) ロード ―5 【手打ちうどん・そば 子亀】 Aug 08, 2022
ここにもガラパゴス系!? 【バスラーメン】 Aug 06, 2022
猛暑後半に備える 【焼き鳥野島】 Aug 05, 2022
暑いときほど、アツアツ💦 【さんらいず亭】 Aug 04, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2