fc2ブログ

黄赤白 ――五色不動めぐり 後編

2024.01.07

 五色不動めぐりは当初1月3日を予定していたが、元日早々いわゆるタンスの角に小指ぶつけ事故を起こし長距離歩くのが無理っぽいので延期した。
最近、物にぶつかったりコップをひっくり返したりすることが増えた気がする。
それにも理由がある気がする。

昨秋、眼科検診を2人分申し込んでおいたというので軽い気持ちで受けてみたところ、見事に引っかかった。2人そろって。
相方は“目白”、僕は“目緑”だ。

“目”のつく不動尊である五色不動(五眼不動)詣でには、眼病平癒祈願という意味もあったわけだ。


20240107 goshikifudoh-2-06
目青不動 教学院(前記事参照)

20240107 goshikifudoh-2-08
目黒不動 瀧泉寺(前記事参照)



◆ ◆ ◆

というわけで前記事の続きで、目黒不動のあと中目黒から三ノ輪へワープ。
Web情報によれば、目黄不動 永久寺は三ノ輪駅から徒歩3分。


20240107 goshikifudoh-2-11
大関横丁交差点


実際には改札から40mほどで1分もかからず、一度通り過ぎそうになった。
こちらの寺院はそれほどまでに目立たない… というか、気配を殺している感すらある。
門扉も勝手口も閉ざされているのだ。

ほかに入り口があるのかもしれないと裏の路地に入りぐるっと一周してみたが、やはり正面の門から入るしかなさそうだ。
途方に暮れとりあえず表の説明プレートと門扉の写真を撮って、さてどうしよう… と考えてもどうしようもない。


20240107 goshikifudoh-2-12


もうこれでお参りしたことにして次の目的地に向かおうと明治通りを渡って昭和通りの信号待ちの間、ふと振り返ると永久寺門前にお参りに来たふうの自転車の男女。
あの人たちなら入り方を知っているかもしれないと道の向かいからしばし観察するも、途方に暮れとりあえず表の説明プレートと門扉の写真を撮って… と、わしらとさほど変わらぬ様子😓


20240107 goshikifudoh-2-14


と、再び諦めかけたところ、駅のほうから年配の団体がやって来て、躊躇なく勝手口を開けぞろぞろ入っていくではないか‼
あの団体さんにくっついて入ったれ! と、急いで横断歩道を引き返し、ドサクサに紛れて潜入したのでありました😅

あとで口コミなどをみると、なかなかクセのあるお寺さんのようで💦

そんなわけで前振りが長くなってしまったが…



目黄不動 永久寺
東京都台東区三ノ輪2-14-5
http://www.tendaitokyo.jp/jiinmei/eikyuji/

20240107 goshikifudoh-2-15

20240107 goshikifudoh-2-16


開山は南北朝時代。

――泰平の世となった寛永年間(1624~43)の中頃、東海道など五街道が整備されますと、街道の道中安全を祈願することが幕府によって命じられました。その時、上野寛永寺の天海大僧正の発願によって江戸府内の由緒ある古刹が五色不動として五街道沿いに定められました。その際、南北朝以来の古刹であり、また日光街道(今の昭和通り)に面した永久寺が目黄不動尊として指定されたのでした。天台宗東京教区HPより)


20240107 goshikifudoh-2-13



◆ ◆ ◆

永久寺のあと、日暮里中央通りを日暮里駅方面へ。
このあたりは2018年の七福神めぐり(下谷七福神)で歩いた記憶がある。

時刻は13時を回り、日暮里駅前でランチをとる次回掲載予定)


20240107 goshikifudoh-2-17
日暮里駅前交差点と日暮里・舎人ライナー


日暮里駅構内で崖線を越え、谷中霊園の北を通って夕やけだんだん(谷中銀座)と、このあたりは「谷中七福神」(2017年)をはじめ何度も通っている。
このように、回数を重ねるうちに、なじみのなかった街が線から面へと広がっていくのが街歩きの醍醐味といえよう。

で、谷中銀座の人出が多すぎて脇道にそれ、歩く距離が延びてしまったという。


20240107 goshikifudoh-2-18
夕やけだんだんと谷中銀座



目赤不動 南谷寺
東京都文京区本駒込1-20-20
http://www.tendaitokyo.jp/jiinmei/eikyuji/

20240107 goshikifudoh-2-19

20240107 goshikifudoh-2-20

20240107 goshikifudoh-2-22

20240107 goshikifudoh-2-2320240107 goshikifudoh-2-24


――元和年間に万行和尚が伊勢国赤目山で、不動明王像を授けられ、後に駒込村の動坂に庵を開き、赤目不動と号しました。そして寛永年間、三代将軍・家光が動坂の庵に立ち寄り、目黒・目白不動に対し目赤不動と呼ぶべしと命じました。江戸の五色不動の1つとして知られています。「南谷寺(目赤不動)」文京区HPより)


20240107 goshikifudoh-2-21



◆ ◆ ◆

続く目白不動まで最後の区間約4.2km、白山通り~不忍通りとほぼほぼ大通りを歩く。
前記事に書いているように大通りもスマホ頼みも嫌いだが、時間の制約上、地図の暗記が間に合わなかったと😅

途中、見覚えのある幟は去年の七福神の清土鬼子母神堂。
道の向かいは日本女子大学で、その裏の目白御殿が翌日あんなことになろうとは、神のみぞ知る。


IMG_0253 (2)
千石三丁目交差点方面



目白不動 金乗院
東京都豊島区高田2-12-39

20240107 goshikifudoh-2-25

20240107 goshikifudoh-2-26

20240107 goshikifudoh-2-27

20240107 goshikifudoh-2-28

20240107 goshikifudoh-2-29


疲れちゃったので縁起等は写真を参照いただきたいが、目黒とともにいまの時代に名を残す目白不動尊。
江戸五色不動尊の随一である。


20240107 goshikifudoh-2-30



◆ ◆ ◆

今回の五色不動めぐり、三軒茶屋~目黒不動5km、目黒不動~中目黒2.3km、三ノ輪~高田馬場9.6kmの都合約17km。
距離的にはそうでもないが、冷え込むなかアスファルトやコンクリートの硬い路面はやはりこたえ、僕は小指の痛みが悪化し、相方はハムストリングがやばいらしい。

今度は足腰の神仏を拝みに行かないと ( ̄- ̄;) ンー

(つづく)


20240107 goshikifudoh-0820240107 goshikifudoh-0920240107 goshikifudoh-10
© OpenStreetMap contributors


[DATA]
目白不動 金乗院
東京都豊島区高田2-12-39





[Today's recommendation]


https://youtu.be/S14IHuVC0uE?si=xwpWGIe-igwfUzim


https://youtu.be/tT9Eh8wNMkw?si=TOj6ca7jeSexAzuo


wachat240107-22.jpg



20240107 goshikifudoh-2-32
次号予告


シンプルを極めた究極の1杯 【麻辣椀】

2020.10.14

 最近、1カ月のスパンで海老そばの記事を4本もアップしたりして、それじゃまるでエビ好きみたいじゃないかって、はい、エビ好きです (--;) >

PC版テンプレートのサイドバーのトップにサムネイル付き最新記事一覧(12本)を配置してあるが(画面右の列ね👉)、現時点で表示されているサムネイル画像12本中、エビが写っているものが5本。そこまでエビ好き…!? と自分でも驚いた。

ところがそれはこの記事を書いている段階、つまり記事アップ前の話であった。こうしてお読みいただいているということはブログは更新され、右のサムネイルも入れ替わっている。エビの写真は6枚になっているはずだ。
なんと、エビ率5割!! ( ̄□ ̄ ;) ガーン

(ムダな前振り終了)


201014 mahrahwan-11


久米川駅南口の路地裏中華「麻辣椀」。


201014 mahrahwan-12


2016年5月オープンの新しいお店だが、シェフは所沢「離宮」料理長を9年務めたという方。…ということをついさっきお店のInstagram投稿で知る。

「離宮」といえばホテルの中華料理店。“所沢の「北京」”といわれているとかいないとか。
どうりで路地裏とは思えないエレガンスが漂っているはずだ。


201014 mahrahwan-14

201014 mahrahwan-23201014 mahrahwan-22


ランチセットから、えびワンタンめん。もう1品は、シェフのまかないランチ(本日はルーロー飯)を注文。
ランチはサラダ・焼売・(スープ)・ザーサイ付き。


201014 mahrahwan-16


限りなく透き通ったスープ、つるつるのストレート細麺、ぷりぷりエビぎっしりのワンタン。
“何も足さない。何も引かない。” 三位一体整ったえびワンタンめん。


201014 mahrahwan-17


塩味のピュアなスープにもエビエッセンスが染み出し、エビそのものの1杯。まさに究極の海老そばといえる。


201014 mahrahwan-18


ルーロー飯は、豚バラ肉の台湾風ポロポロ角煮(魯肉=ルーロー)に高菜のピリ辛炒め、味玉、小松菜ののったどんぶり。


201014 mahrahwan-19


ルーローはスターアニスの甘い香りが鼻をついて広がり、甘めのタレも食欲をそそる。
高菜の酸味・辛味と渾然一体となって、ご飯がススムススム!!


201014 mahrahwan-20


シューマイやザーサイも手づくり感いっぱいで、いいね👍


201014 mahrahwan-21


コロナ禍の早い段階からテイクアウトに対応し、外食自粛のころはお世話になった。
いまもテイクアウト継続中、おうちでも本格中華が楽しめるぞ! ( ̄▽ ̄)V


201014 mahrahwan-25201014 mahrahwan-24
右は4月にいただいたミニまーぼー弁当と上海やきそば(2020.04.04)


[DATA]
麻辣椀(マーラーワン)
東京都東村山市栄町2-22-22
https://mandarin-restaurant-1838.business.site/





[Today's recommendation]

wachat20201014.jpg




https://youtu.be/eYO1-gGWJyo



201014 cosmos
久米川町1丁目


航空発祥の歴史を伝える 【割烹 美好】

2019.01.27

 やってもやっても仕事が減らない。つーか、やればやるほど増えていく。いま抱えているのがNP社の物理160枚ほど、数学100枚ほど。加えて今日(実時間;2019.01.28)の午後、PC社のTAさんから南海トラフ地震ほか立て続けに3本、そして明日午前、LS社のHHさんからSZ第2弾が来る予定。大丈夫か、オレ…? (_△_; サカサガチョーーーン!!
ということで、サクサクいきます。


190126 miyoshi-12


所沢の昔の中心街は元町、寿町、東町、御幸町、有楽町のあたりだと思うが、いまはタワーマンションがバンバン立ってこそいるが商業エリアとしては衰退している。特に東川の北側は再開発が遅れ、メイン通りにはほとんど商業施設が残っておらず、道幅も狭くクランクが連続していたりする。
そんなさびれた街も脇道に入れば往時の栄華をしのばせる物件が。
その代表格が「割烹 美好」。創業明治15(1882)年とのこと。


190126 miyoshi-13


このお店の歴史は“航空発祥の地 所沢”と深く関わるものらしい。

――明治44年、アンリ・ファルマン機で初飛行に西欧した徳川好敏大尉をはじめ、所沢飛行場の開設に関わった、著名人や飛行機関連の将校、報道記者が美好軒の洋食を食べに来店されました。その後、評判を呼び、大使、貴族院、衆議院がこぞって訪れる有名店となります。
航空の先進国だったフランスからフォール大佐を団長に63名の将校が、航空技術について指導しに来日しました。一行が所沢飛行場に滞在中に所沢で唯一の西洋料理店だった美好軒が、フランス将校御用達の料亭として使われました。(フォール大佐が好んで食べたカツレツ等が当時の歴史を残しています)
お店HPより)


190126 miyoshi-14


敷居は高そうだが、表のランチメニューを見ると、おまかせ丼1000円、料亭らーめん1200円、ハヤシライス1200円… と、なんとかなるレベルである。


190126 miyoshi-17


「ご予約の方ですか?」と聞かれ、一瞬ひるんだが、普通にテーブルの間に通される。
ハヤシライスセットとおまかせ丼をオーダー。


190126 miyoshi-57


注文をとった仲居さんがすぐに戻ってきて、今日はおまかせ丼はやっていない、と。
ラーメン(正式名:かたやぶり料亭ラーメンセット)に変更。


190126 miyoshi-51190126 miyoshi-52


ここは中庭に円形にせり出した洋間で、ぜいたく感ある空間である。ほかにお客さんは1名で、リラックスできた。最初のうちは…。
ハヤシライスがあっという間にきた。


190126 miyoshi-20


あっという間なので、味というかコンディションに関してはノーコメント。
やや暗雲漂う…。


190126 miyoshi-53


そしてラーメンがこない。


190126 miyoshi-18


はじめ人けがなかったが、やがて中庭の向こうの個室から渡り廊下に三々五々人が出てきて、その人たちがそのまま隣の予約席と書いてある大テーブルに着き始める。カルチャーか何か?
ほかの予約のグループも廊下の向こうの部屋にやって来たりして、あっという間に賑わいの様相に変わってしまった。


190126 miyoshi-19


そういうよその席にはコースのお膳がどんどん運ばれていくが、僕のラーメン、一向に来る気配なし。さすがにあせりました。これは来ないパターンだなぁ… と(苦笑)。
たまりかね、隣のテーブルにお茶を運んできた若女将のような方に尋ねました。
「まだまだかかります?」
それでようやくオーダーが通ったもよう …( ̄  ̄;) ウーム…

若女将は恐縮しきりだが、接客自体は行き届いたものがあり、改善ポイントは厨房の業務効率化なんだと思う。


190126 miyoshi-22


そのあとは普通のタイミングでラーメンが来る。
「初めてですか?」と若女将。「麺にルイボスティーを練り込んで、白いスープはとんこつではなくゴマで、たいへんヘルシーなラーメンになっています」


190126 miyoshi-54


やや太めの縮れ麺、トッピングの唐揚げも意外にニンニクの効いたスープと相性がよく、普通においしいラーメンだと思いました。


190126 miyoshi-56190126 miyoshi-55


食べている最中、とっくにハヤシを食べ終わっている相方が「トイレ行ってくる」と。
ちょっと待ったぁ!
あなたに立たれると、懐石コースか何かをお召し上がりの隣の席のお上品な方々の視線に、お上品ではないおっさんがラーメンずるずるすすってる姿がもろにさらされることになる。すでにさんざんオヨビでない感漂っているうえ、その仕打ちには耐えられない。


190126 miyoshi-26


いろいろタイミングが悪くドタバタになってしまったらしい。行き当たりばったりが好きなので昼ごはん予約という習慣はないが、ここだけは予約していくべきお店だと痛感した次第。


190126 miyoshi-11


[DATA]
割烹 美好
埼玉県所沢市有楽町13-8
https://kappoumiyoshi.com/





[Today's recommendation]

wachat190127-33.jpg




https://www.youtube.com/watch?v=eYO1-gGWJyo


何でもそろうが、店じまいは早く 【肉専門店 むら田】

2018.08.30

 夜、相方の帰りが遅くなるので、自力で酒のアテを調達。
こういうとき、東村山の本町商店街は重宝する。


180830 murata-18


昔、雑貨屋や商店街のキャッチコピーでよく使われていた「何でも揃う」。
本町商店街は、酒のアテは何でもそろいそうだ。


180830 murata-55180830 murata-56180830 murata-57
180830 murata-58180830 murata-64
左上から、「木村屋」「河野屋」「はなみずき」「サンエイストア」「松屋」


最近、「はなみずき」「サンエイ」とこの商店街の登場頻度が高くなっているが、肉屋の「むら田」も使い勝手のよいお店。
鶏の唐揚げが安いのだ。


180830 murata-12


以前、晩秋に買いに行ったとき、17時前でほとんど商品が残っていない。
「日が短くなると、この時間にはもう誰も出歩かなくなっちゃうんだよ(笑)」とお店のおとうさん。


180830 murata-11


日脚に左右される商売である、と。
主要購買層は団地のお年寄りっぽいしなぁ… ( ̄  ̄;)ウーム…
ハムカツとか、いまから揚げてもらうのも悪いということで、わずかに残っていた唐揚げだけ買ったのだった。


180830 murata-60180830 murata-61


本日はまだ日が高く(笑)、そこそこ惣菜が陳列してあった。
チキンソテーというものが目に留まり、2枚購入。
鶏カラ揚は5個。
1人でそんなに食べるわけじゃなく、長女と2人分。


180830 murata-62


商店街を巡ってお店ごとに1品ずつ購入しパーティープレートに仕立て上げたらおもしろそうだ。
今度やってみよっと。


180830 murata-17


[DATA]
肉専門店 むら田
東京都東村山市本町4-12-59





[Today's recommendation]

https://youtu.be/eYO1-gGWJyo



chat180830-22.jpg
waka180830-22.jpg


非進化系スーパーでおかずパン 【サンエイストア】

2018.08.27

 イレギュラーの仕事が2本重なって、ちょっと忙しい。
イレギュラーは突然やって来る。打診のメールに仕事そのものが添付されていたりする。
もう25年以上、そんな感じでやってきたので、付き合いの長い人はワタクシに対して正規の手続きを踏むような時間の無駄づかいをしない ( ̄ー ̄;)ゞ ウウム…


180827 sanei-55180827 sanei-56


1本目の仕事のキーワードは、たとえば「HFrEFとHFpEFとHFmrEFとHFrecEF」。2本目のテーマは「即時残余耐震性能判定システム」。どちらも手ごわそう。
というわけでもないが、昼ごはんは惣菜パン。


180827 sanei-19


東村山の本町商店街は不思議な空間である。
久米川団地住人とともに年季を重ねlifestage終盤にあるかに見えて、ひそかにオシャレなお店ができていたりする。
衰退系にもかかわらず、すし屋が3店もある。コンビニはない。


180827 sanei-12


3店といえば素朴な手づくり惣菜パンが買えるお店が3店あって、どれも個性的。
「木村屋」「松屋」と、こちら「サンエイ」。
木村屋は昔ながらの街のパン屋さん、松屋はヤマザキ特約店、で、サンエイは何だろう?
食品スーパー? 大昔のカテゴリーでは、乾物屋かもしれない。僕にとっては、古い話になってしまったがtotoを買う店(笑)。


180827 sanei-15


ふとカップ麺でも買おうかとサンエイに入ってみて、手づくり惣菜を売っていることに気づいたのはつい最近のこと。
惣菜パンのほか、揚げ物や焼き魚まである。
意外におもしろいお店なのだった。


180827 sanei-16


本日は玉子パン70円、焼そばパン70円、クロワッサンタマゴ98円を購入。
やっすいな。


180827 sanei-17


使用食材も少ないな(笑)。
パン・麺・調味料を除けば、このパン3個で卵、キャベツ、青ノリ、パセリ… 以上!
まあ、昔のおかずパンって、そんなもんだったけど…。


180827 sanei-57


考えてみたら、半チャーハンラーメンとか、昼ごはんの栄養バランスに問題があるのはいつものこと。(次回予告… またまた? ヾ(- -;)
冒頭のごとくMedical/Healthcare関係のキーワードが飛び交う環境ながら、わが身のことはままならない。
やっぱり、格好はつけなければ…。


180827 sanei-14


[DATA]
サンエイストア
東京都東村山市本町4-12-54





[Today's recommendation]


https://youtu.be/u2hYn_4yuhc



chat180827-22.jpg


Latest Articles
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
観光地感を醸し出す 【観音茶屋】 Feb 15, 2024
見どころいっぱい 【狭山不動尊】 Feb 14, 2024
昭和ノスタルジックな風情の 【レストラン蘭】 Feb 13, 2024
世界が認めたCraft GIN 【マツザキ 中福本店】 Feb 12, 2024
デジャヴな土曜の午后2時 【ラーメン専門店 和】 Feb 10, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2