FC2ブログ

懐かしの味に再会❗ 【くるま屋台GT】

2021.04.16

 ――「九州GTラーメン」は現在、西武多摩川線の多磨駅近くで、屋台風の店舗で再開したそうです。

10年ほど前、外食といえばラーメンばっかり食べていた時期があった。新規開拓するのではなく、決まった店10店ほどをローテーションしていた。
その中の1店が武蔵境の「九州GTラーメン」で、月イチくらいのペースで通っていた。2012年7月21日、閉店。

そのようなことを書いた記事に対して、ひそかにリスペクトするブログの作者さんから寄せられたのが冒頭のコメント。

九州GTが復活?
さっそくGoogle Mapsで検索。
多磨駅東口に「くるま屋台GT」というのがある。上記情報に照らし、これに違いない。一応、食べログ等で裏もとった。


210416 gtramen-21
駅舎も立派になっていた


多磨といえば学生時代、クラスの友人が住んでいてよく泊まりに行っていた(まだ多磨墓地前という駅名だった)。当時の街並みなどまったく覚えていないが、おそらく激変している。
2000年東京外国語大学府中キャンパス開設、2001年東京スタジアム(味スタ)オープンと、駅東口エリアでは旧米軍施設跡地の大規模再開発が行われている。


210416 gtramen-22
朝日町通り。ここを右に入る


その外語大の向かいに「くるま屋台GT」がある。


210416 gtramen-23
奥の左側、青いのぼりのあたり


朝日町通りという大通りを少し入る。キッチンカーとテント小屋。
駅からごく近いが完全に住宅街なので、ちょっと異様な光景にも映る。


210416 gtramen-24


キッチンカーのカウンターで注文。
頼んだのは、九州GTでそればかり食べていた、ラーメン。あ… あとサービス券で味玉のせてもらってたな。


210416 gtramen-26


「武蔵境のGTさんですよね?」と、ネット情報だけでなく直接確認。「さんざん食べました(笑)」
「それはどうもありがとうございます」と店主さん。
ひと目見て思い出した。あー、この人だったのか、店主は。ちなみにGTは“グッドテイスト”の略。


210416 gtramen-27


テント小屋で待つ。
ラーメン来る。
そのまま店主さん、ずーっとしゃべってる(笑)。


210416 gtramen-28


もともと「松屋」から独立して牛丼屋としてスタート。牛丼&ラーメン時代を経てラーメン専門店へ。僕が通っていたのは北口のお店だが、当初は南口で営業していて、「そのころは『大龍』さんとウチしかなかった」
中央線の高架化が完工してまもなく閉店。


210416 gtramen-29


「武蔵境をやめてすぐこっちって感じだったんですか?」
「いや、半年ぐらい休んでました。いまは道楽みたいなものです。年金も出てるし、自宅だから家賃もかからないし」
武蔵境時代、愛想のないおやじと思っていたが、非常に気さく、かつインテリジェンスに富んだ人物なのであった。昔の中央線沿線の飲食店事情など、知りたいことがあったらここに聞きに来ればいい。


210416 gtramen-30


「武蔵境もずいぶん変わりました。いいタイミングでやめたと思ってますよ」
まったく同感です。


210416 gtramen-31


で、ラーメンの味は?
ずっと会話しながら食べてるんだから、よくわかりませーん (;^_^A
いや、スープをひと口すすって、あ、GTのラーメンだ… と、しみじみ懐かしかった。そして、おいしかった。

真剣勝負で味わえ、などという求道的なのとはスタンスが異なる、“たかがラーメン”。
しかし会話の端々に“されどラーメン”の確固たる自信をのぞかせる。


210416 gtramen-25


[DATA]
くるま屋台GT
東京都府中市朝日町2-20-19





[Today's recommendation]

wachat210416-2.jpg




https://youtu.be/FoNSFFhyEi8



210416 musashinokisuge-21
ムサシノキスゲ / 浅間山(府中市)


#茶色い食卓 【ラーメン 味六】

2020.05.29

 外食解禁となったら真っ先に食べたいものはラーメンだ。
テイクアウトが利かないから、(お店の)ラーメンを2カ月以上食べていないから。

いっぱつめに食べたいお店候補の一つが「味六」。


20200529 ajiroku-11


先日、ふと思い付いた。
「味六」はつけ麺をやっている。つけ麺ならテイクアウトできるに違いない。
さっそく電話してみた。


20200529 ajiroku-12


「いやぁ、そういうのはやってないですね」とご主人。「オカモチならあるんですけど。器を返してもらえれば」

岡持ちで持ち帰り…?
Uber Eatsよりかっこいいかも ( ̄∇ ̄)


20200529 ajiroku-13


そのとき餃子ならパックで持ち帰り可能なことを確認してあったので、今日の夜は味六餃子でギョービーにすることに。
…が、夕方にかけて立て続けに仕事が入ってしまい、相方に買いに行ってもらう。


20200529 ajiroku-16


持ち帰った袋の中身を見て驚いた。
メ、メンマが… w( ̄▽ ̄;)wオゥ!!


20200529 ajiroku-17


おつまみと言ったらメンマ… となったらしい。
「それが200円っていうから、ビールのお通しくらいの量だと思って2つ頼んじゃったら…」
うーん、これ、200円の量じゃないよね…。


20200529 ajiroku-22


「あと、メンマと合わせて1000円になるようにチャーシュー詰めてくだいってお願いしたら…」
チャーシューは12枚。これも、大サービスちゃうかな… ( ̄  ̄;) ウーン…


20200529 ajiroku-14


おつまみセットとか晩酌セットとかのラーメン屋バージョン、僕はよくイメージできる。でもお店のほうでそういう備えがないらしいのだ。

冒頭の話からの一連の流れでおわかりと思うが、このお店はまったく商売っ気というものがない。
悪く言えば不器用だが、つまり実直である。
だからこそラーメンがおいしい。


20200529 ajiroku-15


メンマもチャーシューも昔風の実直な味で、こんなふうに初夏の金曜の夕方に飲むビールのアテにぴったし。


20200529 ajiroku-18


餃子は皮から手作りで、昔から味に定評がある。
それほど大きくないし形が整っているわけでもないが、食べてナットク。まさにこのお店的な質実剛健主義の餃子である。


20200529 ajiroku-19


全部で2050円と、まあ、安いっちゃめっちゃ安いのだ。
2000円でいいすよ、と言ってくれた。


20200529 ajiroku-20


おつまみセットの写真を撮っていて、ふと気づいた。
「なんで味玉買ってこなかったの?」
こちらのラーメン(中華そば)の味玉、あつあつ硬ゆでで大好きなのである。

商売っ気ないにもほどがある…
と、あまりに茶色い食卓を見つめる。


20200529 ajiroku-21


[DATA]
ラーメン 味六
東京都東村山市本町1-4-5





[Today's recommendation]

wachat20200529.jpg




https://www.youtube.com/watch?v=Fmfi3UbDPnQ



20200529 bufuuu-11
原色あんドーナツ図鑑 追補(BuFuUu


スープが自慢の“うまい・うまい”系…? 【さんちん 三鷹店】

2020.02.14

 ↑↑の日付は書いてある出来事の当日で、記事をアップした日付は文末に自動で記録されることになっている。で、上の日付が前の記事から3日も空いているように、今週はむちゃくちゃ忙しかった。11日を含めて。
月単位の仕事が多いので日数の少ない2月はだいたい忙しいが、それにしても… と不思議に思っていたら、いつの間にか祝日が増えてるのね。知らなかった…。


20200214 sanchin-11


ということで、金曜午前でようやくひと区切りついて、吉祥寺の「紀ノ国屋」まで買い物に行って、帰りにルート上のラーメン店へ。
一直線上に600mほどしか離れていないこのスーパーとラーメン屋の間には2000光年ほどの隔たりがある。路線的に。
♪It's so very lonely…


20200214 sanchin-12


少なくとも月に3~5回は前を通っているんじゃないかというこのラーメン屋、僕はずっと「ラーメンショップ三鷹店」だと思っていたが、入って、食べて、出て、その2日後に記事を書くにあたって基本データを調べようという段階になって初めて、違う店名であることを知った。
だってスタンド看板に“うまい・うまい”って書いてあるし、どんぶり浅いし…。


20200214 sanchin-13


正式名称「さんちん 三鷹店」。


20200214 sanchin-14


たしかに店内に飾ってあるボクシング選手のサイン色紙には“さんちんさんへ”と書いてあり、そういう名前のラーメン系列もあるから、この店は元は「さんちん」でラーショ傘下入りしたという経緯かとも思ったが、調べてみると「さんちん(珍珍珍)」自体がラーメンショップだったらしい。

このようにラーショにはいくつかのサブカテゴリーがあるようで、なかなか奥が深い世界なのである。


20200214 sanchin-15


注文はラーメン並500円。
この並・中・大という分類はラーショ系共通のようである「ラーメンショップ 小川店」「ラーメンショップ(国立)」「とんとんラーメン」「椿」参照)


20200214 sanchin-16


トッピングは、チャーシュー、モヤシ、ノリ、ワカメ、ネギ。
とろとろのチャーシューがおいしい。


20200214 sanchin-17


スープは「豚骨と厳選した海の幸・山の幸を30種類以上、長時間煮込んだパイ湯スープ」とのこと(HP参照)で、とろっとマイルドなあたりはやはりラーショの流れを感じるが、トッピングが全体に多くジャンキー寄りの部分がいい具合に薄まっているように思う。


20200214 sanchin-1820200214 sanchin-19


普段あまり使わないおろしニンニクをなぜか必ず投入してしまうのも、この系統の特徴かも。
中細やや縮れ麺はゆで加減もよく、量的には並でも十分満足できる。


20200214 sanchin-20


気がついたらコの字カウンターの向かいでご主人がラーメンすすってる。
その隣のお客さんと目が合い、思わずコクコクうなずき合うという、不思議な一体感が生まれるお店のようだ。


20200214 sanchin-21


[DATA]
さんちん 三鷹店
東京都武蔵野市中町2-16-1
https://sanchin.on.omisenomikata.jp/





[Today's recommendation]

wachat20200214-222.jpg




https://youtu.be/nRc0yaMW7Mw



20200214 sanchin-22
江戸の草分 豊島屋の白酒(「紀ノ国屋 吉祥寺店」で購入)


Bランチふたたび 【笑顔(にこ)】

2020.01.30

 八坂商店会に先日オープンした食品スーパー「TAIRAYA」前の歩道を歩いていたら、無性に「笑顔(にこ)」の昔風ラーメンが食べたくなった。
なぜだろう?
不思議だ… (・◇・ )?


20200129 niko-22


毎日のようにお店の前を通っているのでそういうふうに感じていなかったが、「笑顔」に入るのは実は久しぶり。
調べてみると約10カ月も空いちゃってる。おかしいなぁ…。


20200129 niko-11


昔風ラーメンは、こちらのラーメン類の基本・定番商品。
昼どきにはその昔風ラーメン+もう1品(ご飯もの)というランチメニューが名物的に人気である。

もう1品は、各種炒飯など中華系をはじめ、カツ丼など丼物、煮込みなどの居酒屋メニュー、釣り好き店主厳選ネタの刺し身定食, etc.,… と実に幅広く、その多くがメニューに載っていない品であり、調理人としてのフトコロの深さに驚かされると同時に、品書きそのものが毎日サプライズの連続である。
それがAランチ。

一方、(セルフコピペで恐縮だが)輝きを放つAランチの足元にあって意外に目立っていないというか素通りしてしまっているのが、Bランチ。昔風ラーメン+カレーライス。日替わりのAに対し、Bランチは固定である。


20200129 niko-1220200129 niko-13


前回、初めて食べたBランチのカレーが予想以上にうまかった。
さて、本日のサプライズは… “チャーシュー入りニラ玉ライス”。
ね? なにそれ? 食べてみたい…! てなるでしょ?
こんな感じでいつも想定の斜め上を行っているのだ。

が、今日のは個人的にはイメージを結ばなすぎるかな… ( ̄ω ̄;)
再びBサイドでいってみることにしました。


20200129 niko-15


10カ月ぶりということは消費増税後初めてということであり、レギュラーメニューの価格が気になる。
メニュー表は内税表示から外税表示に変わっており、ものにもよるが50円程度の値上げが多いようだが、据え置きもある。


20200129 niko-14


一番人気の四川担々麺をはじめ酸辣湯麺、麻婆豆腐麺の“三大汗かき麺”がいずれも税込み950円と据え置き。すなわち本体価格は増税分値下げである。
売れ筋でそれって、粋な心意気じゃありませんか ( ̄ー ̄) b グッ!!


20200129 niko-17


昔風ラーメンは煮干だしの中華そばタイプで、オーソドックスでありながら進化系でもある。
食べるたびにおいしくなっている気がする。


20200129 niko-18


カレーはよく煮込んである、いわゆる二日目のカレーの洗練バージョンといいましょうか…。


20200129 niko-1920200129 niko-20


家庭のカレーのようでもあり、大衆食堂のカレーのようでもあり。
ラーメンに倣えば、まさに昔風カレーといえるもの。
ゆえにこのBランチの組み合わせは強固である。


20200129 niko-21


前々回予告している○○○○○○ラーメン、もう1年以上たってしまってるが、忘れたわけではないので…。
このような寄り道さえしなければ、次こそは… と。


20200129 niko-16


[DATA]
笑顔(にこ)
東京都東村山市栄町2-10-9
https://www.facebook.com/menhannico/





[Today's recommendation]

wachat20200130-22.jpg




https://youtu.be/3P0COo6jSlY
♪Smiling faces I can see, But not for me…
この名曲は『19回目の神経衰弱』のBサイドだ




20200129 niko-23
ショッピングプロムナード八坂(八坂商店会)の「丸正」跡に1月24日、「TAIRAYA八坂久米川店」がオープン


怒涛の 1 Coin Week ③ ――洋食屋の○○カレーが、まさかの… 【タニ洋食喫茶】

2019.08.23

 本日は給料日(=小遣い支給日)なので節約を続ける必要はなくなっているが、すっかりおもしろくなってしまって、この企画でいけるところまでいってみようともくろんでいるワタクシ (* ̄∇ ̄)/


190823 tani-yoshokukissa-11


ワンコインランチといえば?
多摩六都方面で問い掛けて、必ず名前が挙がるかというとそうでもないが、知ってる人は知っている、マイナーながら孤高の存在感を放つ「タニ洋食喫茶」。


190823 tani-yoshokukissa-12


新青梅街道「ドン・キホーテ東久留米店」のすぐ西、「島忠ホームズ小平店」の向かい。新青梅は普通、車で通る道なので、ほとんど人目に留まることはないと思うが、歩道にはいつも“500円ランチ”の立て看板が出ている。
そこから直角に緑道のような道を入ったところにお店がある。


190823 tani-yoshokukissa-13


500円ランチは日替わりだが、レギュラーメニューも親子丼550円、カツ丼600円、ハンバーグステーキライス650円… と、キホン激安路線。


190823 tani-yoshokukissa-26


本日の500円ランチはカツカレー。ローテ―ションの中でも特にハイコスパ感あるメニューで、ラッキー♪


190823 tani-yoshokukissa-27190823 tani-yoshokukissa-29



お店に入ると、カウンター中央でお食事中のマスター。若造(←わし)1人入ってきたくらいでは微動だにしない。


190823 tani-yoshokukissa-17


ランニングシャツにねじり鉢巻(ちゃんと見てないけど、ほぼそんな感じ)の、マスターというよりどう見ても大将か親方という風情だが、おかみさん(ママさん?)が僕のオーダーを「マスター、カツカレーお願いします」と通しているので、マスターが公式呼称である。たぶん。

食事を終え、やおら持ち場に戻るマスター。
そこからけっこう時間がかかるので、カツの衣付けから始めるのだ、もちろん。


190823 tani-yoshokukissa-20190823 tani-yoshokukissa-19


まずサラダ。
500円ランチにしてしっかりボリュームのあるサラダがうれしい。こういうごくごくシンプルなフレンチドレッシングが、僕は好き。


190823 tani-yoshokukissa-22


続いてカツカレー。
カレーをひと口。おぉっ、これは…!


190823 tani-yoshokukissa-21-2


うまく言えないが… まず子牛の骨だけをオーブンに入れて焼き色を付けこれに香りづけの野菜と好みの香草を加え再びオーブンに入れ野菜にうすく焦げ目がつきかけたころあいに骨と野菜を水の張った深鍋にうつしいったん沸騰させ上に浮いたアクをていねいにすくい弱火にしてセロリ・ポアネギ・エシャロットにブーケガルニを加えこのまま10時間以上煮込み、しかるのち…… というような豊かな風味が口いっぱいに広がる… ような…?


190823 tani-yoshokukissa-23


ともかく、洋食屋さんならではというような香りリッチ&豊かなコクのカレー。
カツは厚みはないが、揚げたて熱々感だけでも十分。


190823 tani-yoshokukissa-24


いかに倹約・節約感を抱かせないか。
そこのところがワンコインランチの極意とみた。


190823 tani-yoshokukissa-25-2


[DATA]
タニ洋食喫茶
東京都東久留米市前沢5-9-3





[Today's recommendation]

wachat190823.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/RcZn2-bGXqQ


I see a ‘Naruto’ and want it painted black 【さんらいず亭】

2019.08.07

 自転車というものは走行中は常に風を受けているようなものだから、ちんたらこいでいる分には意外に涼しいが、その風が熱風となると…
5分で汗が噴き出してきました (〃゚д゚;A

漠然と所沢にでも行こうと思っていたが、10分で断念。
ちょっとコースを変え、志木街道から所沢街道へ。


190806 sunrisetei-13


ということで、交差点近くの中華料理店「さんらいず亭」に入るという選択は突発的だが、近いうちに来なければ… と気にかかっていたお店ではある。


190806 sunrisetei-11


東村山のご当地グルメとして認知度もアップしている黒焼きそば。
恒例の食べ歩きキャンペーンが6月から開催されているが、残り1カ月を切ってよしくんのツイートも追い込みがかかっている。


190806 sunrisetei-15


このキャンペーンは毎年終わってから思い出すということが続いていて、今年こそは期間中に何店か回りたいと思いつつ、いまだ達成できていない。


190806 sunrisetei-17
ざる中華のセットも気になるが…


そんななか、2日前によしくんがつぶやいていたのが「さんらいず亭」。
僕の中では黒焼きそばの基本。まずはここからというわけである。


190806 sunrisetei-16


グランドメニューには載っておらずご主人に持ってきてもらった黒焼きそばの品書きには、単品とセットがある。それは以前と変わっていないし、値段も2年前と一緒。
一瞬躊躇したが、「セットで」と注文。


190806 sunrisetei-31


黒焼きそばセットは、みそ汁(今日は中華風かき玉スープ)・蒸し餃子・俵おにぎり・お新香付き。


190806 sunrisetei-20


このセットを食べるのは3回目。
軽い気持ちで頼んだ1回目はかなり苦労した。万全な状態で臨んだ2回目も、このブログでは「これはやっぱり食べすぎだ」と書いている。


190806 sunrisetei-35


にもかかわらず性懲りもなく繰り返すのは貧乏性のなせる技であって、蒸し餃子がなにげにおいしかったりするし、このオトク感にはあらがえないのである。


190806 sunrisetei-32


以前も書いたが、ここの黒焼きそばはオイリーな仕上がりで尖った香りを包み込むことでソースの持ち味を引き出しているように感じられ、非常にまとまりがよくおいしい。黒いナルトもいいアクセント(笑)。


190806 sunrisetei-21190806 sunrisetei-22


しかーし…
おにぎり、こんなデカかった…? ヾ(ーー ) ォィォィ


190806 sunrisetei-36


よしくんも、こうつぶやいている。
「お腹いっぱい間違いなしでござるよ」


190806 sunrisetei-34


支払いのとき、抽選券を渡される。
食べ歩きキャンペーンでは、抽選で5名に旅行券をプレゼント(詳しくは上記リンク先をご参照ください)。
キャンペーンは9/6(黒の日)まで。
ぜひ食べに行ってみるでござるよ。


190806 sunrisetei-14-2


[DATA]
さんらいず亭
東京都東村山市久米川町1-57-8





[Today's recommendation]

wachat190811.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/Y17LH5qGrEQ


東京ラーメン、王道スタイルか…? 【美楽】

2019.06.11

 いま実は仕事の忙しい時期で、今日も朝7時ごろに開始してひと息ついたのが14時近く。正午を過ぎれば当然ハラが減るわけで、相当急ぐけれどもこういう時間になってしまう。
もう開いてる店もないしなぁ… と、やや憮然たる態度であてもなく出掛ける。


190611 biraku-11


昭和の街の普通の中華屋さん、いわゆる“街中華”は、午後休みをとらないお店が案外多い。
最近入った街中華はいい印象のお店が多く、これまで行き当たりばったりにポイントしていた頭の中の街中華マップに、もっと計画的に記述をしていこうという気持ちになっている。
要するに、近いとこからつぶしていく。


190611 biraku-12


東大和の南街交番の交差点の北、青梅街道の東大和病院の交差点とヤオコーのあたりのいちょう通りを結ぶ道は飲食店や小売店の点在する商店街で、その中心部のロゴのパクリ疑惑のあった食品スーパーが閉店? して少々寂しい状況であるが、その数軒並びの中華屋さん「美楽」。


190611 biraku-13


ここはやっていそうな気がする… とやって来て、14時30分すぎで“一生懸命営業中”のプレート。
実はこのあたりは中休みどころか火曜定休のお店が多いことを途中で思い出し、来る方角を間違えたかも… とヒヤヒヤものだった。
何はともあれ、安堵。


190611 biraku-21


意外なことに自動ドアだった入り口を入ると、もっと意外なことに、お客さんが…。
なんかクセの強そうなご老体2名。


190611 biraku-20 190611 biraku-19


ひるんで立ちすくむ僕に、右の仙人ひげの老師が「いらっしゃい(笑)」と。
ご、ご主人でしたか… (-。- ; ; A…
もう1名も、これを潮時と席を立つ。


190611 biraku-17
190611 biraku-18


注文はラーメンとミニチャーハンセット780円。
店内は、4人テーブル2卓、ついたてを挟んだカウンター4×2席、壁に向かう2人テーブルという構成。


190611 biraku-25 190611 biraku-26


ご主人はいかにも気さくな感じの人で、「どーも~」とにこやかに配膳。


190611 biraku-22


このセット、パッと見が実にいいですね~ ヾ( ̄ω ̄〃)ノ ウンウン!
特に濃い色のスープ。


190611 biraku-23


たとえば銀座の「萬福」や「共楽」や昔の「直久」といった、ある種の代表的東京ラーメンの色合いだと思うのだ。
しょうゆベースの見た目は濃いスープだが、飲んでみるとさっぱりしている。
よけいな甘味がなく、飲み干せそうなほど僕の口に合う。


190611 biraku-24


チャーハンも昔ながらのホッとする味付け。
チャーシュー、卵、ネギの基本3種の具に、意外性のある枝豆のトッピングがグッドデザイン!


190611 biraku-16


ボーッと仕事の疲れを癒やすのにピッタリのお店であった。
それにしても、お新香炒飯が気になって…(笑)


190611 biraku-14-2


[DATA]
美楽(びらく)
東京都東大和市南街2-36-5



[Today's recommendation]

wachat190611.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/fvp6gseKJS8


Inspire してないと思うけど、むしろうまい…? 【ラーメン専門店 和】

2019.05.09

 とんこつラーメンにこだわりがあった。こだわりといっても、麺やスープや具にこだわり、食材や水にこだわりというんじゃなく、形式や儀式や強迫といった行為に関するもの。旅行など長距離移動が苦手で、その前日のおまじないがとんこつラーメン。きっかけとなった東村山駅東口の店は閉店し、儀式は久米川の「和」に引き継がれた。


190509 kazu-11


先日、旅行から帰ってきてそのことを思い出す。
忘れていたくらいだから、そういう傾向は薄れているということ。
猫がやって来て、自分はずいぶん変わったらしい。


190509 kazu-12


せっかく思い出したので(笑)、遅ればせながら「和」に行ってみることにした。
というか、ひとたび意識に上れば強烈な“食べたい観念”から逃れられなくなるのがとんこつ症状。


190509 kazu-13


前回食べて満足度が高かったラーメン+トッピングもやしを券売機でポチッとする。

ラーメンの値段は、一昨年→去年、去年→今年と、10円ずつ上がっている。どこのお店もそういう傾向にあるが、原材料費の値上げが背景にあるので仕方ないのだ。

今後は改正食品衛生法のもと原則すべての食品等事業者を対象にHACCPが義務化されるなど、中小事業者を取り巻く環境はいっそう厳しさを増すことになる。


190509 kazu-14


なぜか暗うつなトーンの記事になってしまって申し訳ない限りだが、タイミング的に長い連休明けで仕事がたまっていることが影響していると思われる。
実際、HACCP、JFS、FSSC、FSMA… といった用語が飛び交う仕事をしているわけで…。


190509 kazu-15


気を取り直して、ラーメン+もやし。
このビジュアルにテンション上がる。
もやしの山に埋もれているが、チャーシューもメンマものってます (* ̄o ̄)/ OK!!


190509 kazu-17190509 kazu-18


チャーシューはとろとろのバラロール、麺は黄色っぽい中細縮れ。
麺を掘り出しながら食べ進めるうちにチャーシューが崩れてグダグダな感じになり、唐辛子とニンニクを投入して味を変え… と、予定調和的な幸福感に浸る。

とりあえず、そんな感じでいいかな…。


190509 kazu-21


[DATA]
ラーメン専門店 和(かず)
東京都東村山市栄町2-21-23





[Today's recommendation]

wachat190509-22.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/FoNSFFhyEi8


伝説のその先の… 【御天 井草本店】

2019.03.09

 ラーメンの歴史というような話になると必ずといっていいほど登場する店の一つが「なんでんかんでん」。
1990年代初頭“環七ラーメン戦争”を巻き起こし、とんこつブームの火付け役となった。東京に初めて本場長浜ラーメンを持ち込んだともいわれる伝説の名店のその味をつくったのが、当初店長として厨房を取り仕切った岩佐俊孝氏だ。
ブーム絶頂の1995年、岩佐氏が「なんでんかんでん」を離れ開店させたのが、下井草の「御天」である。

――とか書いておきながら、「そうだったのかぁ。知らなかったー…」 \( ̄ー ̄;) ォィォィ!


190309 goten-11


ずぼらな性格でラーメンの歴史や系譜といった情報系に目が向かずただ食べるだけの人生を送ってきた。
ブログ記事を書くにあたってさすがにそれでは済まされないだろうと調べてみたらそういうことだった、というケースはよくある(冒頭の情報はこちらを参照させていただいた)


190309 goten-22


「御天」には過去(たぶん20世紀)、2度ほど入ったことがあるが、そんな歴史はツユ知らず、うまいうまいと食べていた。


190309 goten-24


ということで、おそらく20年ぶりくらいの来店。


190309 goten-12


「御天」といえば“せん菜”という極細モヤシのようなトッピングが名物だったが、“せん菜販売終了につき、もやしラーメンを提供”というようなことが書いてある。
普通のモヤシじゃなぁ… ということで、注文はラーメン750円。


190309 goten-13


こちらの特徴は、超絶濃厚とんこつスープ。
味も濃いが、においもすごい。


190309 goten-15


さっき入る前、新青梅街道の反対側の歩道にまでにおいが漂っていた気がする。「なんでんかんでん」も、においで客を引き寄せたということらしい。
駄目な人にはダメなにおいだが、僕は引き寄せられるほう。


190309 goten-17


ラーメンはうわさにたがわぬ濃厚こってりスープ。
麺は極細ストレートと、まさに本場スタイル。


190309 goten-16-2


脂が強いので腹にたまりそうだが、細麺はするする入り、やはり1玉ではちょっと物足りないなぁ… となるあたりも本場流か…。


190309 goten-18190309 goten-19


店内を見回しても替え玉の表示は見つからないが、まあ、ないはずはないだろうと「替え玉お願いできます?」と申告。
替え玉は後ろからおねえさんが直接どんぶり投入方式の提供だ。


190309 goten-20190309 goten-21
替え玉は直接投入方式


ここで卓上の辛子高菜と紅しょうがを入れる。
経験則で適量入れたつもりが、スープが激辛になってしまった。こちらの辛子高菜は非常に辛いので要注意だ。
お会計は880円だったので替え玉130円の計算。


190309 goten-14


こういう自分の中で古いという認識のないお店も、もはや四半世紀になる中堅どころだ。
昭和とまではいかないが、20世紀も十分遠くなりにけり… としみじみ。


190309 goten-23


[DATA]
御天 井草本店
東京都杉並区井草1-29-3
https://www.facebook.com/gotengoten





[Today's recommendation]

wachat190309.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/Xb3fZmkzy84


創業50余年、地元人気店の注目メニュー 【そうすけ】

2019.02.27

 「そうすけ」のカレーラーメンが食べたい。
去年食べたそれを思い出し、いざ思い出したら麻薬的吸引力の強いたべものだけにすぐにでも食べたいが、多忙につき行くに行かれなかったこの1カ月。行くと決めて家を出ても仕事のメール等で阻まれるという、所沢街道の結界の話の、目指す先は実はここだったという。


180227 sosuke-14


清瀬駅前のラーメン店「そうすけ」はひそかな人気店とみている。店の前を通るときのぞいてみると、いつもそこそこお客が入ってる。


180227 sosuke-13


実際に入ったのは今日が初めてだが、2時すぎにして回転の速い流れで常に7~8人のお客がいる。
老若男(女?)という感じで、男女比に偏りが見られるかもしれないが、年齢層は非常に幅広そうだ。


180227 sosuke-15


さて、ここまで読んで違和感を覚えられた方もいることと思う。“去年食べた”と“初めて入った”という矛盾。
実は店舗2階が喫茶店になっていて、当初は一つのお店、その後2店に分かれ現在に至るが経営者は同一である。なので、2階「喫茶 エンゼル」で1階「そうすけ」のラーメンが食べられるシステムになっていて、去年食べたというのは2階のお店でのこと。


180227 sosuke-16


券売機でボタンがでかすぎて見つけるのにやや時間がかかったが、カレーラーメン730円をポチッとな。


180227 sosuke-17


中央が細長いU字形カウンター20席ほどで、その両側にテーブル席が4つ。
壁にはレトロなホーロー看板などが掛かる。実はこの店、昭和36(1961)年創業と、それらの看板に負けないくらいの歴史を持つ。


180227 sosuke-20


カレーラーメン提供までに3~4分と素早い。


180227 sosuke-19


はじめあっさりめに感じられるカレースープは、食べ進むうちにトッピングのモヤシもなじみ、だしのしっかりしたベースが伝わってくる。香りはとがった感じにスパイシーだが辛さはそれほどでもない。


180227 sosuke-18


カレーソースに豚肉少しと煮崩れた繊維質は残るが具という具はなく、モヤシ、コーン、ネギのトッピング3種のみのシンプルな構成。中太縮れ麺がスープとよく絡む。
品書きの“ライスを追加しよう!”は、悪魔のささやきのごとく…。


180227 sosuke-23 180227 sosuke-22
左は「喫茶 エンゼル」にて(2018.09.08)


後日、この記事を書くにあたりちょっと調べていたらtwitterのアカウントを見つけた。
へぇー、ツイッターやってるんだ… とのぞいてみると、最新ツイートは2月27日付の次のようなもの。
「本日より期間限定カレーラーメンを始めます。このメニュー、毎度好評で終了する度に復活を望まれるんです。レギュラーメニューに昇格か⁉」


180227 sosuke-21


カレーラーメン、レギュラーじゃなかったんだ…。
2月27日といえば自分の行った日で、カレーラーメン初日だったと。

いやー、オレって“持ってる”かも。
でも、どうせ持ってるなら、もうちょっとこう人生の足しになりそうな… っていうの? そういうものを持っていたかったと、ぢっと手を見る o( ̄ー ̄;)ゞ ウーム…


180227 sosuke-11-2


[DATA]
そうすけ
東京都清瀬市元町1-10-13
https://twitter.com/sousukekiyose



[Today's recommendation]

wachat190227.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/-Bv6KfnuepA


Latest Articles
朝ラーといえば… 【中華そば 大和】 Aug 04, 2021
お高いようで、意外に…? 【たかはしや】 Aug 02, 2021
安い=ウマい! の法則 【ミートショップいのうえ】 Aug 01, 2021
暑気払いの和菓子 【福栄堂】 Jul 30, 2021
日本の夏、カレーの夏 【大丸食堂】 Jul 29, 2021
焦がれてやまない… 【松ちゃん】 Jul 27, 2021
東京唯一の… 【やさいの食卓 八農菜】 Jul 25, 2021
いまも変わらぬ素朴な味 【内田酒まんじゅう】 Jul 24, 2021
夏の土用です 【うなぎ源八】 Jul 23, 2021
夏の休日 【ますも庵】 Jul 22, 2021
朝ラーふたたび 【十七代目哲麺】 Jul 20, 2021
あつがなついぜ! 【彩雅】 Jul 19, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2