fc2ブログ

予想をはるかに超える特製麺 【中華料理 味源】

2021.12.23

 前記事の続きというか、話は前後するが、ケーキを調達する前に久米川で昼ごはんを食べることにした。
寒いのであったかいものが食べたい… ということで、熱そうで辛そうな銅鍋料理のポスターが壁面にデーンと貼ってある「中華料理 味源」へ。


20211223 ajigen-11


前にも書いたが、こちらは多摩地区などで地味に展開する某北海道ラーメンチェーンとは(たぶん)無関係の、昨年オープンした華僑系中華料理店。


20211223 ajigen-1220211223 ajigen-13


1枚目の写真のように某餃子チェーンの真上という立地であり、ケンカ売ってんのか…? と取れなくもないが、2店分の幟が並んでいる様子は活気につながる。同じ中華といっても系統はだいぶ違っており、競合というよりすみ分けによるシナジー効果も期待できそうだ。

実際、前に入ったときより客入りはだいぶいい。
もっとも、前回は第4波と第5波のはざまという微妙な時期ではあったが。


20211223 ajigen-14


昼から鍋にするわけじゃないが、熱そうで辛そうな担々刀削麺というものがランチメニューにあってちょうどいい。

…と思ったが、お店に入ってこちらの売りが羊料理だったことを思い出した。
ラム肉入り麺料理など、あったまりそうでもあるし、ぜひ食べてみたい。


20211223 ajigen-1520211223 ajigen-16


せっかくだから豪華そうな羊排燴面(ラムのスペアリブ入り特製麺)を注文すると、「それはいまはできない」とホール係のおねえさん。
なるほど隣の品は“時価”とか書いてあるし、予約が必要なのかも… と、じゃあ坦々刀削… と言いかけたところに「あ、こっちならできます」と、羊肉燴面(ラム肉入り特製麺)を指さすおねえさん。
それも十分おいしそう。よかったよかった。

もう1品はランチのBホイコーロー。


20211223 ajigen-1720211223 ajigen-18


ホイコーローすぐ来る。
そういうオペレーションのもようだが、スープ、サラダ、デザートが付いて680円と、コスパ超優良である。


20211223 ajigen-19


油をたっぷり使い、甘いタレとしゃきっとした野菜が本場の中華料理らしさを演出。
日本人には出せない味かも。


20211223 ajigen-20


羊肉燴面は白湯系のスープに太いビロビロ麺が見え隠れ。
刀削麺のようだ。


20211223 ajigen-2120211223 ajigen-22


刀削麺も食べたかったのでこれはうれしい! と太麺をたぐると、別の麺様のものが一緒に持ち上がる。それも2種類。
なんと、この特製麺、3種の麺の合盛りなのだった。


20211223 ajigen-2520211223 ajigen-26


刀削麺と太めの春雨、もう1種類は白っぽい縮れ麺で、はじめ即席麺のような乾麺かと思ったが風味と食感が麺というより湯葉を思わせる。これはいったい…?

相方が卓上メニュースタンドを見つけた。
“胡辣湯 牛・羊ピリ辛スープ(干し豆腐・春雨・牛・羊)”

この特製麺は、上記スープに刀削麺を加えたものに違いない。この白い縮れ麺は干豆腐か! となったのである。


20211223 ajigen-27


スープは白湯のあっさり系に見えて、実際けっこう辛い。
基本はシンプルな塩味で、具もラムのスライスのほかキクラゲとパクチーのみ。
羊肉風味のピリ辛スープにパクチーがとてもよく合う。
原材料も太さも食感も違う3種の麺の絡み合いも、おもしろい。
この個性派麺料理、気に入った!


20211223 ajigen-2320211223 ajigen-24


あとで調べると“干豆腐”は豆腐に圧力をかけて水分を抜き乾燥させたもので、細切りにしたものは“豆腐干絲”と呼ばれる中華食材の定番と。

こんな身近な場所で、わずかなランチタイムに、異文化にどっぷり漬かった気分にさせられた。


20211223 ajigen-2820211223 ajigen-29


[DATA]
中華料理 味源
東京都東村山市栄町2-19-17





[Today's recommendation]

wachat211223-22.jpg




https://youtu.be/XI6C7L66zq8



20211223 ajigen-31
ひつじ雲


2駅近くなってうれしい三鷹進出 【熊本ラーメンひごもんず 三鷹店】

2020.01.10

 三鷹の駅前に「ひごもんず」ができていることに気づいたのが1年ほど前。
オープン日は2018年7月8日とのこと。


20200110 higomonzu-11


立川の「桂花ラーメン」、武蔵小金井の「ひごもんず」が2011年に相次いで撤退後、北多摩地域は熊本ラーメン不在の時代が長く続いた。
その間、自分にとって最寄りは「ひごもんず」の西荻窪本店であり、2駅分近くなったというだけでも三鷹出店は熊本ラーメン好きにとって朗報である。


20200110 higomonzu-12


満を持して初来店。


20200110 higomonzu-14


タッチパネル式券売機で角煮ラーメン910円を購入。
背後でお冷を持って待機していた店員さんに食券を渡すと、「半ライス、サービスになりますが?」と。


20200110 higomonzu-15


僕はアドリブが利かないので想定外の展開に「アウアウ…」となって思っていることと反対の答え方をしてしまったりするが、ここは大丈夫。
三鷹店は初だが、西荻店には4~5回、閉店した武蔵小金井店なんか数えきれないほど入っているので、システムをよく知っている。
冷静に「お願いします」と返答。


20200110 higomonzu-16


店内右手がカウンター席で、途中で鍵の手に右にずれる変則的なつくりになっている。
手前左手にテーブル席4×2、2×1。


20200110 higomonzu-5520200110 higomonzu-56


約3分と早い提供。
ぱっと見の印象がスッキリしているのは、盛り付けがきれいだから。角煮のサイズもそろっている。
このテはそのへん大ざっぱなところが多いので好感が持てるが、見方によってはスッキリ→アッサリとも感じられ、微妙なところかも…。


20200110 higomonzu-57


実食――
スープはたしかにアッサリ目。マー油も控えめである。
実際、店先には“コクあり アッサリ くさみなし”のコピーが掲げられており、それがこちらのウリのようだ。
たしかにコッテリを求める人にはビミョーかもしれないが、おっさんにはこれくらいがちょうどいい。
麺は小麦の香りの強い熊本ラーメン独特の中太ストレート麺。


20200110 higomonzu-5820200110 higomonzu-59
半ライスは半角煮丼に変身!


角煮はエッジが立つほどしっかりした形状だが、食べればトロトロ。
まさにトロトロがゴロゴロ状態である。どれくらいゴロゴロかというと、おっさんの消化機能が追いつかないくらい ヽ(  ̄д ̄;)ノ


20200110 higomonzu-18-2
写真では角煮は3切れほど確認できるが、水面下にもう2つ3つ沈んでる。何かの間違いでは…? というくらいの角煮の大盤振る舞いなのだ


アッサリというキーワードはスープの完成度の高さを表していると思う。コスパ的にも他店と比べかなり優秀であり、スタッフの接客もていねいで気持ちいい。

一つ注文をつけたいのがBGM。
「え…? ビートルズじゃない…」と、軽いショックを受けたのであった。


20200110 higomonzu-13


[DATA]
熊本ラーメンひごもんず 三鷹店
東京都三鷹市下連雀3-26-9
https://higomonzu.com/
https://www.higomons-neo.com/
https://www.facebook.com/higomonsneomitaka





[Today's recommendation]

wachat20200110-22.jpg




https://youtu.be/_uA4sh9lcZE


After増税の世界と、寄る○○と…? 【村山ホープ軒 東大和店】

2019.10.23

 半年ぶりの「村山ホープ軒 東大和店」。
やはり‘World after tax increase’は気になるもので、しばらくは好きなお店の巡回みたいなことになるのかな…。


20191023 murayamahope-30


もちろん増税分を価格に転嫁せざるを得ないという事情もあるだろうけど、4月に大手製粉が冷凍麺の値上げに踏み切ったことに象徴されるように小麦価格の高止まりは前回の税率引き上げ(2014年)以前から続いており、その他諸原材料費の高騰などを原因とする個人ラーメン店の経営環境の厳しさを考え併せれば、値上げしていればむしろ安心できるというもの。


20191023 murayamahope-21


この店でいちばん多く注文するのがラーメン+もやしである。


20191023 murayamahope-29


品書きを見ると、ラーメン700円→720円、もやし130円→150円と、合わせて40円上がっている。
たまに頼むことがある餃子セットは、950円→990円と、やはり40円アップ。
どっちにしろ、どってことないね ( 。_。) ウン♪


20191023 murayamahope-2320191023 murayamahope-22


こちらのラーメンは人生で最も多く食していると推定されるが、どうだろう、なんか違うか?
違ってるはずないですよね。
なので、値段はまったく関係ない。


20191023 murayamahope-25


いつもと変わらぬおいしいラーメン。
途中、いつものように唐辛子を加えて味を変える。


20191023 murayamahope-2720191023 murayamahope-28


が、なんかいつもと違う…。
中盤、すするペースが落ちる。
ちょっと苦しい…?


20191023 murayamahope-24


ちょうどそのとき、僕のすぐあとに入って同じ注文(ラーメン+もやし)をしたお客さんが、「食べきれなかった。ごめんなさい」と言って出ていった。
いつもなら「食べきれない注文してんじゃねーよ!」とか思うところ、なんか共感するものが…。


20191023 murayamahope-26-2


いつもと変わらぬおいしいラーメン。
でも、こっちはいつまでも同じではなかった、と…?
うわさに聞く“年波”とやらが、とうとう…? =( ̄□ ̄;)⇒

つづく…?


20191023 murayamahope-31


[DATA]
村山ホープ軒 東大和店
東京都東大和市南街4-13-12





[Today's recommendation]

wachat191023.jpg




https://youtu.be/163_C5UVU-I


解けた謎と新しい謎 【富寿司】

2018.06.01

 東村山市本町、空堀川のほとりのすし屋「富寿司」は謎に満ちている。
わかっていることは、月曜定休、木曜はすしの日(にぎり・ちらしとも600円)で、それ以外は定食の日。
そもそも営業時間がわからない。ランチタイムは、たぶん11時半ごろからネタがなくなるまでだと思うが、夜についてはまったく不明。


180601 tomizushi-20


昼どきにのれんが出ていたり出ていなかったりするが、出ていなくてもお客さんの気配はある。ほとんどが常連客なので、のれんや“営業中”のプレートを出すまでもないということかもしれない。
とはいえ、“準備中”のお店に入るわけだから、それ以外に何らかの入店OKのサインはあるはず。
店の前に出前用のカブが出ているかどうか。そのへんに答えが隠されている気がする。
まあ、最近はのれんが掛かっている頻度が高くなってはいるが。


180601 tomizushi-11


そのカブだが、誰が、何のために使うのか、これまた謎だった。このお店では出前はやっていない。
その謎が先日解消した。
珍しく午前の早い時間に家を出て富寿司の前を通りかかると、天王橋のほうからカブがやって来る。運転者はおかみさん。店の前に着けると、後部の出前機の荷台から小さい包みを取り出した。
カブはおかみさんが毎朝仕入れに使っているようなのだ。


180601 tomizushi-12


しかしよく見ると、出前機には「角上魚類」のレジ袋がいっぱいくくり付けてある。
角上で仕入れ? それじゃ採算合わないだろう。
たとえば以前、ほかのお客さんの焼き魚定食600円で30cmクラスのイサキが出てきたのを、(市場の卸で仕入れるにしても)あれじゃ合わないだろう… と眺めていた。それが角上となると…。

この記事を書くにあたり、念のため「角上魚類 小平店」に調査に行ってきました。
以前見た焼き魚と同じくらいのサイズのイサキがたくさん並んでる。ちょうど旬だから。
1尾650円。
600円の定食に、それはありえない。新たな謎が加わってしまった。


180601 tomizushi-23


本日、1時の入店でお客さんは年配女性1人。僕らのあとに年配男性と若い男性。
「今日の日替りはお刺し身で、ブリとイサキとアジのなめろうです」とおかみさん。
日替り定食600円としょうが焼定食600円を注文。


180601 tomizushi-56180601 tomizushi-55
店内の品書きは、外のものより微妙に品数が多い


こちらの常連さんたち、特に男性客は、おかみさんとあまり話さない。名前で呼ばれるくらい親密なのに、こちらから話しかけることはなく、一種異様な雰囲気が漂う。
なんだか高校生を見ているようだ。
中学・高校の男子って、母親と話したがらないじゃないですか。あんな感じ(笑)。
明らかに60過ぎてるおっさんも、態度は男子高校生。

常連が押し黙ってるから、非常連の僕らはおかみさんに話しかけることもできない。
聞きたいことも聞けず、いつまでも謎のままなのだ。


180601 tomizushi-18
これで600円!!


まずお新香(キュウリの浅漬け)と小鉢2種(コーン入りコールスロー、小アジの南蛮漬け)。
みそ汁は大根と新じゃが。


180601 tomizushi-33
しょうが焼きにも上と同じ副菜が付いて、やっぱリ600円!!


しょうが焼きは大きめの豚ロース肉が3枚。
たれにじっくり漬け込んであるようで、しっとり軟らかいのはおろしタマネギ効果かな? 甘め濃いめの味でご飯が進む。


180601 tomizushi-32


刺し身は鮮度抜群。ブリもイサキも一切れが大きく厚みがある。なめろうはねっとりした甘味のあるみそであえてあり、ショウガが効いてとても上品な仕上がり。

この刺し身を見ても、仕入れの謎は深まるばかりだ。


180601 tomizushi-31


「おかわりしてくださいね」
おかみさんの声に、高校生のように照れくさそうに茶わんを差し出す。


180601 tomizushi-15


[DATA]
富寿司
東京都東村山市本町4-13-94





[Today's recommendation]


https://youtu.be/cdDPR8GzXy8



chat180601-22.jpg


Latest Articles
田園地帯の古民家カフェ 【繭久里カフェ】 Aug 09, 2022
関東(ry) ロード ―5 【手打ちうどん・そば 子亀】 Aug 08, 2022
ここにもガラパゴス系!? 【バスラーメン】 Aug 06, 2022
猛暑後半に備える 【焼き鳥野島】 Aug 05, 2022
暑いときほど、アツアツ💦 【さんらいず亭】 Aug 04, 2022
単なるノスタルジアにあらず 【河内屋】 Aug 02, 2022
80’sファンシーな 【迷夢】 Aug 01, 2022
リアル昭和なレトロ街! ――相模湖公園 Jul 31, 2022
街の来し方行く末… 【焼き鳥まつもと】 Jul 29, 2022
朝ラーでごわす 【熊本ラーメンひごもんず 三鷹店】 Jul 28, 2022
あの夏の… 【ラーメン専門店 和】 Jul 26, 2022
古きよき風情を楽しみつつ… 【伊佐沼庵】 Jul 25, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2