FC2ブログ

龍神パワースポットから、あいててよかった! 人気カフェ 【武蔵野茶房 田無本店】

2020.01.01

 あけましておめでとうございます。

去年、田無の割烹「とき」で一緒になった青梅街道の電気屋さんに聞いた話の中で、田無神社がパワースポットとしてメディア等で取り上げられ突如参拝客が増えた… という情報が印象に残っていた。
沿線住民としては気になる話で、実情を確かめに今年の初詣に行ってみることに。


20200101 tanashijinja-22


田無駅からアスタ横を通って青梅街道へ。この段階で普段では考えられない人数とすれ違う。
田無神社前交差点を渡ると参拝の列が交差点で折れて調布田無線を北方向に延び、そのまま最後尾をめざす途中、行列が苦手な僕らはすでに諦めている… という状況。
行列は青梅街道から新青梅街道(所沢街道)まで。あとでGoogleマップで測距すると300mあった。


20200101 tanashijinja-11


そのまま帰るのもなんなので、せめて正面の様子でも確かめようと所沢街道から青梅街道へ回り込もうとしたら、田無神社裏口から入れるっぽい。“裏技”を使っての進入に成功したのでした。
新年早々、不正を働いてしまった感… 人( ̄ω ̄;)


20200101 tanashijinja-1320200101 tanashijinja-14


横から拝んで帰ろうとさっさと本殿・拝殿をめざしていたら、遅れていた相方が「あっちに黒龍があったよ」と。
東西南北に龍神を配することこそ、まさにこの神社のパワースポットたるゆえん…と、昨夜調べをつけていたらしい。


20200101 tanashijinja-12
金龍は本殿の中


ということで、今年の初詣は金龍・青龍・赤龍・白龍・黒龍の五龍神めぐりとなったのであった。


20200101 tanashijinja-1520200101 tanashijinja-16
北方の守護・黒龍(左)、西方の白竜は龍の欄間の向こう

20200101 tanashijinja-1720200101 tanashijinja-18
東方の守護・青龍(左)と、TOHOシネマズのゴジラ像のごとき赤龍(トウホウではなく南方を護る)


お神酒と甘酒をいただき、隣の総持寺に参ってから、田無の街なかへ戻って昼ごはんのお店を探す。


20200101 tanashijinja-2020200101 tanashijinja-19

20200101 tanashijinja-21

20200101 sojiji-11


飲食店の多い駅前通りの西側エリアに行ってみたが、開いているお店はほとんどない。
ようやく見つけたのが「武蔵野茶房」。


20200101 musashinosabo-12


店頭のお正月メニューより、カレーライスセット1100円、ハヤシライスセット1100円と決めて入店。


20200101 musashinosabo-13


こちらは多摩地区を中心にいくつかの業態を展開する株式会社武蔵野テーブルの第1号店で、1989年オープン。

――現在では「甘味と珈琲の武蔵野茶房」「和風洋菓子の武蔵野菓子工房」「伊太利料理の武蔵野食堂」「中国家庭料理の墨花居」「古民家宿の竹林奏」と5業態11店舗となりました。(HPより)


20200101 musashinosabo-15


大正ロマンをイメージしたという、オシャレかつしっとり落ち着く空間である。


20200101 musashinosabo-14


どちらもセットでピクルスとひとくち甘味付き。
甘味の白玉ぜんざいはヨーグルトに変更可。


20200101 musashinosabo-16


ベジタブルファーストで、ピクルスから。
甘さ控えめ… というか、まったく甘くない大人味のピクルスが食欲をかき立てる。


20200101 musashinosabo-17


カレーもハヤシも盛り付けは同様だが、トッピングが異なる。
ライスの上に、レーズン、フライドオニオン、カイワレ、ゆで卵は共通で、カレーのほうはほかにコロッケと揚げナスがのる。


20200101 musashinosabo-18-2


ということは、その差額分だけハヤシライスのほうはハッシュドビーフそのものに込められた何かがあるということ。
トマトの酸味・野菜の甘味・牛肉のうま味が濃縮された深みのあるソースだと思う。


20200101 musashinosabo-19-2


カレーはクリーミーでコクのある欧風カレー。
コロッケはカボチャコロッケで、全体に栄養バランスのよい構成になっている。


20200101 musashinosabo-2020200101 musashinosabo-21


ライスは少なめだが、白玉3個入りのしっかり甘いぜんざいが付くので、ちゃんとハラにたまることにもなっているという。


20200101 musashinosabo-22


元日にあてもなく歩いていて、行き着いたのがエリアを代表する人気カフェだったというのは、正月早々縁起がいい。


20200101 musashinosabo-11


[DATA]
武蔵野茶房 田無本店
東京都西東京市田無町4-3-12
https://musashinosabo.com/business





[Today's recommendation]

wachat20200101.jpg ◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/PD-MdiUm1_Y


 にほんブログ村 音楽ブログへ






コスパ最強、素材も味も満足のタイ料理 【メースィールアン 久米川店】

2018.08.29

 タイ料理の相場というものを知らないが、久米川の「メースィールアン」はコストパフォーマンス的に最優良なんじゃないかとみている。


180829 maesriruan-27


比較になって申し訳ないが、先月入った同じ久米川のタイ料理店「サワディー」には、20年通っていることに免じて引き合いに出すことをお許しいただくとして、たとえば2人でグリーンカレーとパッタイを食べたとする。


180829 maesriruan-19
180829 maesriruan-18


「サワディー」の場合1550円で、これはこれで都会価格から見れば恐ろしくコスパ良好となるはずだが、「メースィールアン」は1300円。これはタイ料理に限らず、いまどきなかなかない優秀なレベルといえる。


180829 maesriruan-11


視点を変えると、われわれはふた月続けて同じ組み合わせのタイ料理ランチにしたという事実が浮かび上がる。しかもそれと気づかずに …( ̄  ̄;) ムム…
大好きなパッタイはいつも頼むとして、もう1品、「たまにはカレーにしようか」なんて発言もあったように思う。行き当たりばったり感は否めない。


180829 maesriruan-12


店内はスナックの居抜きのようなムーディなつくりで、エキゾチックな装飾は控えめ。ワイドショーの流れる大型モニターもカラオケスナック的である。


180829 maesriruan-23


カウンター席のほか、4人テーブル1卓、2人テーブル3卓。
調理担当のタイ人のおばちゃんと接客係の日本人のおっちゃんの2人体制。


180829 maesriruan-13


初めて入ったのが2011年で、タイの大洪水があった年。お店のおばちゃんは被災した故郷にしばらく帰っていたとのことで、浸水したレストランで水と一緒に入り込んだ大蛇が捕獲されたというようなことを話していた。
2011年といえば東日本大震災で故郷の当時両親が住んでいた家は津波に遭い、大蛇どころじゃない大ごとになっていたのだが…。
防災の日が近いからか、タイ料理を食べて災害について考えさせられる。


180829 maesriruan-14 180829 maesriruan-15


自然災害といえば、1993年の記録的冷夏ではタイ米騒動が起きた。
凶作の対策として緊急輸入されたタイ米が不評で、売れ残ったタイ米と日本米をセットで売り出す米屋も出現、タイ米がごみとして出されるという悲しい出来事も。


180829 maesriruan-25 180829 maesriruan-24


その後、エスニック料理が浸透してタイ米(インディカ種)は正しく評価され、むしろこだわりの食材のイメージが確立されていったのは、タイ米好きとしてはうれしい流れ。

で、こちらのグリーンカレーのご飯はタイ米。軽い食味が、さらりとしたカレーによく合う。


180829 maesriruan-20


店内に目をやると、入り口近くの棚にジャスミンライスとプリントされた米袋がある。
タイ米の最高級品だ。


180829 maesriruan-22 180829 maesriruan-21


パッタイの麺の太さを選べる店もあるようだが、こちらのは細麺。
甘めの味付けだからか、あたりが柔らかい感じがいい。


180829 maesriruan-17



おっちゃんに調味料を勧められる。
ただし、ナンプラーは、かけすぎるとしょっぱくなる。酢は、けっこう味が変わる。
うーん… それはそうだろうな。

どちらも安定のおいしさでボリュームがあり、なかなか満足。


180829 maesriruan-16


お会計をお願いすると、「おなか、いっぱいですか?」と聞いてくるおばちゃん。本当に人がよさそう。
働き者だし、人好きだし… という感じ。
日本もずっと好きでいてくれるといいな、と心から思った。


180829 maesriruan-26


[DATA]
メースィールアン 久米川店
東京都東村山市栄町2-23-4



[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=CxEu0QN6nzk



wachat180829.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


焼き肉ランチを考察する 【百帝園】

2017.09.03

 昼ごはんを鍋物にするという人はあまりいないと思うが、それは言ってしまえばめんどくさいからである。鍋物は食卓で自らの手で煮炊きをしなければいけない。昼ごはんはもっと手軽に済ませたい。
それは焼き肉の場合も同じことがいえる。めんどくさい。加えて焼き肉は、衣服や髪に煙のにおいが染み付く、食べたあとの口臭が気になる、といったマイナス要素も抱えている。


hyakuteien41.jpg


にもかかわらず、ランチサービスを提供している焼き肉店は少なくない。一定のニーズがあるからだ。
焼き肉はご飯との相性が抜群にいい。鍋物はどうしても酒宴の料理、夜の食べ物というイメージだが、焼き肉は、もちろんビールにもよく合うが、絶対白いご飯がほしくなる。昼にアルコールなしでも全然OKなのである。


hyakuteien31.jpg


自分が昼に焼き肉店を利用することが少ない理由を考えていたら、このように、反対に利用する側の理由が導き出されてしまったんだが…(笑)。
要するに僕の場合はめんどくさいというだけ。食べたいことは食べたいのだ。


hyakuteien33.jpg


そういうわけでもないんだが、日曜日の今日、妻と次女と一緒の昼食に焼き肉屋へ行ってみようということになった。


hyakuteien32.jpg


久米川駅から空堀川方面に下り、天王橋を渡って三差路を右へ。信号の手前に炭火焼肉・韓国料理の「百帝園」がある。
ここは以前、「アリラン」という名前の焼き肉屋だったが、2010年にいまの店に変わっている。両店を通して、入るのはこれが初めてである。
以前は表にランチメニューが掲示してあったと思うが、いくら探してもレギュラーメニューしか見当たらない。おそるおそる、という感じで入店。


hyakuteien14.jpg


入ってかなり驚いたんだが、店構えの暗く入りにくそうな印象とは裏腹に、店内は明るくきれいなのであった。想像していたよりもだいぶ広く、座席の配置もゆったりしている。
右手に4人掛けテーブルが4脚並び、左は広めの座敷席で4卓および通路を挟んでもう1卓。各テーブルにはちゃんとランチメニューが並べてある。
先客は座敷席の若い男性2人組のみ。われわれはテーブル席へ。


hyakuteien13.jpg


店員は若い男性2人。調理担当とホール担当だが、ホール係も厨房に出たり入ったりしていろいろ手伝っている様子。このホールのお兄さん、はっきり言って愛想はよくないが、感じが悪いわけでもない。単に素人くさいだけなので何の問題もない。


hyakuteien37.jpg


おかず3品、サラダ、スープ付きのランチから、ビビンパ定食780円(僕)、カルビクッパ定食780円(次女)、冷麺880円(妻)を注文(税別)。


hyakuteien38.jpg


まずサラダとおかず3品が来る。
おかずはモヤシキムチ、カクテキ、ちくわとピーマンのあえ物。


hyakuteien36.jpg


ビビンパは、写真では目玉焼きに覆われてわかりにくいが、野菜たっぷりのヘルシーごはんだ。
具はダイコン、ニンジン、豆もやし、セリ、ゼンマイのナムルと生レタス。


hyakuteien35.jpg


味つけは甘めで油っこくもあるが、くどくはない。
ビビンパとしては上品ともいえ、かなり好きな味だ。


hyakuteien17.jpg


ビビンパに肉類は入らないが、少し食べた冷麺のトッピングの牛肉のチャーシュー風がたいへん美味。本式の味と感じた。


hyakuteien16.jpg


どこにも書いてなかったと思うんだが、食後にコーヒーが付くという。
「え、出るの?」と僕。
「ええ、出るんですよ」とホール係さん。「ホットコーヒー、アイスコーヒー、紅茶、オレンジジュース、カルピス…」
で、ホットコーヒー×3を頼む。コーヒーはデフォルトで砂糖、クリーム入りの懐かし系。


hyakuteien39.jpg


今回は焼き肉ではなかったが、納得の焼き肉屋ランチであった。ここもいずれ本格的に攻め込むことになる予感がする。


hyakuteien40.jpg


[DATA]
百帝園
東京都東村山市本町4-12-3





[Today's recommendation]


https://youtu.be/E-Xna3ny6KY



chat170903.jpg



himeakatateha.jpgtsumagurohyomon.jpg
ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモン(東村山市本町)


Latest Articles
弁当といったら、ここ! 【じゃがいも】 Jul 04, 2020
給食メニューで#エール飯! 【東村山給食センター】 Jul 01, 2020
テイクアウトは計画的に! 【きくや】 Jun 30, 2020
所沢周辺ユルポタシリーズ ―その2 Jun 28, 2020
最近のインスタ投稿、まとめてみた Jun 26, 2020
魚屋さんの極上ワンコインちらし 【佐藤水産】 Jun 23, 2020
武蔵野の原風景をめぐるユルポタコース Jun 22, 2020
定番ハンバーグもお持ち帰り♡ 【グルマンやま】 Jun 17, 2020
サイドメニューも👍 な武蔵野うどんの名店 【こせがわ】 Jun 15, 2020
本格炭火焼きをテイクアウト 【ごちそうや ぽっ蔵】 Jun 13, 2020
ウワサの“具なし?”五目焼きそばをテイクアウト! 【笑顔(にこ)】 Jun 12, 2020
牛3種盛り! 驚愕のワンコイン弁当, etc. 【焼肉レストラン 八坂あら川】 Jun 09, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2