fc2ブログ

あのころ、ジョージタウン 【蒼龍唐玉堂 吉祥寺店】

2022.08.18

 夏バテと総称される夏場の体の不調の多くは暑さによる睡眠不足や食欲不振を原因として説明できるが、記録的な暑さの今年、想定を超える負のスパイラルが発動しているもようで、なぜか体重が増えている。

猛暑の影響といえば、いつもの夏より少しビールが増えて、いつもの夏より運動が減って、昼寝が増えて… くらいしか思い浮かばないんだが、なぜか体重が増えているんだが ヾ(・ω・o) ォィォィ

こんなに自転車から遠ざかった夏というのも記憶にないが、おそらく真夏日くらいならなんとかなるが、猛暑日はどうにもならないと。

要するに運動不足なので、当然体力も落ちている。
体重増より体力(心肺持久力)低下のほうがむしろ全死亡リスクに大きく影響するらしい。
なんとか取り戻さないと。


20220818 soryutogyokudo-24


ようやく猛暑でも雨でもない今日、自転車で行けるところまで行ってみようと、リハビリ感覚で、ふらふらと吉祥寺まで。
最短ルートで約13kmと、ふらふらと行くのにちょうどよい距離感の吉祥寺。
ついでに昼ごはんを食べることに。


20220818 soryutogyokudo-25-2


新しいラーメン店に疎いが、ずっと気になっているのが「蒼龍唐玉堂」。
気になるというか、もやもやする。
2005年オープンを新しいというかどうかはおいといて。


20220818 soryutogyokudo-11
ペニーレーン


ペニーレーンとプチロードが交わる昭和時代の最おしゃれスポットに、かつて「くまもとラーメン 火の国」というお店があった。
たしかここ(または隣の「一風堂」)の物件だったはず。

…と、通りかかるたびに思い出す。


20220818 soryutogyokudo-12
ビルのテナント用袖看板の下から2番目を、裏から見ると… 👇


2~3回しか入ったことがなくたいして思い入れもないラーメン屋がなぜ思い出されるのか不思議だったが、最近その原因を発見した。👇


20220818 soryutogyokudo-13
一種のサブリミナル効果だったのだね、これが


と、どうでもいい理由ではあるが、気になったからには入ってみなければ ( ̄- ̄;)ンー


20220818 soryutogyokudo-14


「蒼龍唐玉堂」は担々麺専門店。


20220818 soryutogyokudo-16


担々麺だけで9種類もあって迷うが、いちばん基本っぽい黒胡麻担々麺を注文(券売機ではなく口頭注文制)。


20220818 soryutogyokudo-18


14時すぎで先客2組3名はまもなく帰り、客は僕1人に。
ふと見ると、厨房のスタッフが「万豚記」のスタッフTシャツを着てる。
そっち方面(際コーポレーション)の店であったか…。


20220818 soryutogyokudo-17


それで思い出したが、担々麺を食べるのは小川町交差点にあった「万豚記」と決まっていた時期があった。
これも面白い巡り合わせかも。
いまああいう担々麺が食べたいかというと、ちょっと違うんだが。


20220818 soryutogyokudo-19


黒胡麻担々麺来る。
見た目はかなり胡麻胡麻というか、ゴテッと濃厚そう。
ああいう担々麺とはだいぶ違って、いまどきっぽい?


20220818 soryutogyokudo-20


スープをひと口。
あまり辛くない。辛くないが濃い。濃くて甘い。
ああいうのでもこういうのでもなく、ならばどういうのかというと、強いて系統を挙げるとすれば「富士力食堂」のカレー系…? σ( ̄、 ̄=)ンー


20220818 soryutogyokudo-22


麺は角ばった平打ちで加水が少なくガツンとした食感。
麺量は多くないが、あとで品書きを見直すとライスサービスと書いてある。
ご飯と一緒に食べてちょうどいいくらいの味付けかなぁ… と思いました。


20220818 soryutogyokudo-21


もやもやは、まあ解消されたかな…。


20220818 soryutogyokudo-23


[DATA]
蒼龍唐玉堂(ソウリュウトウギョクドウ)吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-4
https://kiwa-group.co.jp/souryu_kichijoji/





[Today's recommendation]

wachat220818.jpg




https://youtu.be/S-rB0pHI9fU


いまや観光名所な… 【手打ちうどんさわいち&サクラブルワリー】

2022.07.21

 今週は丸々自由なはずだが、いまひとつ調子が上がらないのは、忙しすぎた先週の余韻と、暑かったり雨降りだったりと不安定な空模様と、あともう一つ。
夏場の自転車がキツい (・Θ・;)

まあ単純にそういう話でもないが、最近クルマ移動が多いのは年齢と無関係ではない。
それでも、自転車のような自由度こそないが、あたりまえだが想定移動範囲が大幅に拡大するため、地図を眺める楽しみは増えてはいる。


20220721 sawaichi-39
角川武蔵野ミュージアム


たぶん一日ヒマだけど、いちおう平日なので… というビミョーな距離感でGoogleマップを探り、「ところざわサクラタウン」というゼツミョーな落としどころ。


20220721 sawaichi-49
武蔵野坐令和神社


2020年オープンの「ところざわサクラタウン」は、KADOKAWAグループと所沢市の共同プロジェクト「COOL JAPAN FOREST構想」の中核であり、国内最大級のポップカルチャーの発信拠点となる複合施設。


20220721 sawaichi-38
本棟


ビジュアル的に有名な「角川武蔵野ミュージアム」のほか、ホテルや商業施設などがある「本棟」、「武蔵野坐令和神社」の主に3棟からなる。
この暑さにもかかわらず人出は相変わらず多く、観光スポットとして確立された感がある。


20220721 sawaichi-40


当ブログでは以前、本棟「EJアニメホテル」ロビーの「レストランTiam」を取り上げており、施設概要などはそちらの記事を参照いただきたい。


20220721 sawaichi-42


今回はずっと気になっている「手打ちうどん さわいち」へ。


20220721 sawaichi-48


「さわいち」はさいたま市見沼区の人気うどん店だったそうで、紆余曲折を経て? 現在この「サクラタウン」でのみ食べられる。


20220721 sawaichi-47


店内は、コンクリート造建築に解体された古民家の主要構造材を埋め込んだような独特のつくり。
BGMはジャズ(・アレンジ・ビートルズ)


20220721 sawaichi-46


注文はタブレットのセルフオーダーシステム。
名物肉汁うどんと、限定20食の豚肉天肉汁うどん。
(いちおう2200円につき駐車料金30分サービスを考慮した注文だったりする)


20220721 sawaichi-32


うどんは太麺でコシが強く、かみしめるのがたいへん。
それでも、咀嚼しているうちになんとなくうまみと香りが感じられ、やっぱり武蔵野うどんなんだなぁと納得。


20220721 sawaichi-36


つけ汁はぶつ切りのネギ、細切りのネギ、薬味のネギとネギずくめで、豚バラスライスもたっぷり。
これほど具だくさん(種類じゃなく量が、たくさん)な肉汁うどんは初めてかも。


20220721 sawaichi-31


豚肉天肉汁うどんが出てきて驚いたのは、豚肉天の肉が大きいこと。
下ごしらえで軟らかく煮てあり、角煮のような味付けもしてある。
ゴロゴロとボリュームたっぷりで、肉汁と合わせ、こっちは豚肉ずくめだ。


20220721 sawaichi-34


店内には若いカップルや小さな子ども連れファミリー、さらには熟年夫婦までと広い年齢層。
あらためてうどんは国民食であると感じた。


20220721 sawaichi-37


「角川武蔵野ミュージアム」はその都度違う表情を見せ、何度見ても飽きない。


20220721 sawaichi-50


[DATA]
手打ちうどんさわいち&サクラブルワリー
埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3 ところざわサクラタウン
http://teuchi-udon-sawaichi.com/





[Today's recommendation]

wachat220721.jpg




https://youtu.be/Y_V6y1ZCg_8


カツカレーから始まる夏💦 【大丸食堂】

2022.07.09

 カツカレーについて一考。
メニュー表的にカレー部門最上位に位置していながら、路線的に高級化するにつれ出現率が低下する、カツカレー。
“路線的に高級”とは、ホテル、欧風、中村屋… みたいな?
そのありようが、なにかと下品でB級と映る、カツカレー。

論旨👉 カツカレーは、ただのカレーより高額であり、ただのカレーより低級である。


20220709 daimaru-shokudo-11


ときに、暑いときに食べたくなる汗かきメニューとしてあんかけ焼きそばを真っ先に取り上げているが、その次くらいにランクされるのがカツカレー。
そのあたりが、下品。


20220709 daimaru-shokudo-27


カツカレーでまず思い浮かぶのが、東久留米卸売市場内にある「大丸食堂」。
そのあたりが、B級 ヾ(・ε・。)


20220709 daimaru-shokudo-12


ということで、「大丸食堂」へ。


20220709 daimaru-shokudo-1320220709 daimaru-shokudo-14


注文は、カツカレーとサバの西京焼定食。


20220709 daimaru-shokudo-16


旧「市場のおばちゃん食堂」から2018年6月に改称・リニューアルオープン。
以降、(コロナ第2波の2020年を除き)毎年この時期に、僕はこの店でカツカレーを食べているということを、あとでこのブログで知ったという(笑)。
2018年なんか日付も今回と同じ7月9日と、ブレないというか、もはや行事食というか。


20220709 daimaru-shokudo-15


夏にカレーが食べたくなる理由が過去記事に書いてあったので、参考までに以下に引用。

――夏にカレーが食べたくなる理由として、生薬でもあるスパイス類の健胃・食欲増進、整腸・消化促進作用や唐辛子カプサイシンによる発汗促進作用などの生理機能を、暑さに疲れた身体が求めるためとされる。
ならば正月にカレーを食べたくなるのはどういうわけか!? こちらは某食品メーカーの昭和時代のTVCMの影響が明白であり、一種のイベント食である。

実は学校行事や夏祭り、海水浴などカレーが強く印象づけられるシーンが多いのが夏休み。
正月同様、夏のカレーも刷り込みにより後天的に獲得された形質であるかもしれない。



20220709 daimaru-shokudo-21


タマネギをじっくり炒めて甘みを出したビーフカレー。
辛さは、ちょっと感じるくらい。


20220709 daimaru-shokudo-22


とんかつは厚みがありながら抵抗なくかみ切れる軟らかさが歯に心地よく、かみしめれば口の中にうま味が広がる。


20220709 daimaru-shokudo-23


サバの西京焼きとあるが、サバ塩焼きとサバみそ煮、サバ西京焼きを足して3で割ったような食べ物なのであった。
初めて対面する料理である。


20220709 daimaru-shokudo-24


脂ののったおいしいサバで、みそに漬け込まない手法? もありかなと思った次第。


20220709 daimaru-shokudo-25


夏への心構え、ととのいました👍


20220709 daimaru-shokudo-26


[DATA]
大丸食堂
東京都東久留米市下里5-12-12 東久留米卸売市場
https://www.tokutoku-ichiba.or.jp/?page_id=885





[Today's recommendation]

wachat220709.jpg




https://youtu.be/usNsCeOV4GM



20220709 daimaru-shokudo-28
次号予告


木曜日はレディースデイ! 【野口製麺所】

2022.03.03

 多摩湖方面へ自転車で出かけた帰り、野口町の「野口製麺所」で昼ごはんを食べることに。
ブログで確認すると1年半ぶりというので驚いてしまった。
ちょくちょく食べている感覚だったが、(閉店した)「本町店」と合わせて、ちょくちょく… だったみたいだ。


20220303 noguchiseimenjo-3220220303 noguchiseimenjo-33


フォローしているお店Instagramには昨秋くらいから新サービス? 情報がアップされていて気になっていたが、なかなか機会がなかった。
なぜなら僕一人で入ってもしょうがないから。


20220303 noguchiseimenjo-13


そのサービスとは“木曜日はレディースデイ”。
女性に1品サービスというもの。

サービス内容をインスタ投稿から拾ってみると、サーターアンダギー、おしるこ、大学芋… と、最近はデザート系が多いもよう。


20220303 noguchiseimenjo-1120220303 noguchiseimenjo-12


民家の庭に店舗が建てられているので、屋敷の門を通る。
その先に“今日のサービス「手作りあんみつ」”の張り紙。


20220303 noguchiseimenjo-14


その掲示板の後ろがテラス席になっていて、コロナ禍では使い勝手がよさげに映る。
僕らと入れ違いに出ていった人がそこを使っていて、つられるように外の席へ。
さすがにまだちょっと寒かった σ(^_^;)


20220303 noguchiseimenjo-15


注文は、東村山地粉肉汁うどんと“今月のお薦めうどん”のしっぽくうどん。


20220303 noguchiseimenjo-17-220220303 noguchiseimenjo-18


ほかに店内のセルフコーナー(天ぷら、おでん、etc.)から、紅しょうが天、上ちくわ天をピックアップ。


20220303 noguchiseimenjo-2820220303 noguchiseimenjo-29


紅しょうが天は定番。今日は食べなかったがおでんもうまいぞ。


20220303 noguchiseimenjo-16


こちらはゆで時間が長めで少し待つことになるが、それも織り込み済み。
農家の庭先で野鳥のさえずりに耳を傾けつつのんびり待つのもいいものだ。


20220303 noguchiseimenjo-35
ネギ畑


おもむろに店主さんが勝手口から出てきて、僕らの席の横の畑でネギ抜いてる。
香川県かっ…!! ゞ( ̄∇ ̄;)


20220303 noguchiseimenjo-19-20


しっぽくうどんは、とにかく具だくさん。
れんこん、ごぼう、にんじん、たけのこ、さといも、だいこん、スナップえんどう、水菜、こんにゃく、豆腐、油揚げ、鶏肉と、根菜たっぷり。
あっさりだし汁にほのかにごま油の香る素朴な味わい。
外で食べているからよけいおいしく感じるのかも。


20220303 noguchiseimenjo-21-22


こちらは基本、讃岐うどんのお店だが、それとは違う武蔵野系メニューが東村山地粉シリーズ。
実はこれがすごい。


20220303 noguchiseimenjo-23-24


見るからに香ってきそうなふすまの入った麺。実際、よく香る。
肉汁にはだいこんやにんじん、油揚げ。
そしてさっき収穫したと思われるねぎ。


20220303 noguchiseimenjo-25-26


そこに糧である青菜を入れるところまでは武蔵野スタイルだが、最後、薬味の小口ねぎで、さりげなく讃岐を主張する。


20220303 noguchiseimenjo-27


デザートのあんみつは手作りとのこと。
普通は角切りの寒天が入るところ、これが細切りの寒天すなわちところてんである。
オリジナリティあふれるおいしいあんみつに、ほかのサービス品が気になる。
次のレディースデイは何だろう… と、興味津々。


20220303 noguchiseimenjo-31


[DATA]
野口製麺所
東京都東村山市野口町4-46-1
https://www.facebook.com/%E9%87%8E%E5%8F%A3%E8%A3%BD%E9%BA%BA%E6%89%80-130454557067401/





[Today's recommendation]

wachat220303.jpg




https://youtu.be/uLRiGX3L-kw



20220303 noguchiseimenjo-34
狭山公園


食欲増進の秘密? 【熊本ラーメン ひごもんず 西荻窪店】

2021.11.14

 今日から3日ほどヒマな予定。
気持ちの余裕から、久々に自転車で都心方向に向かってみた。
西武新宿線と池袋線の間を通って練馬方面へ向かうつもりだったが、石神井公園を過ぎると前方に圧迫を感じ方角を転じる。環八は越え難い壁である。
そのままひたすら南下して西荻窪へ。


20211114 higomonzu-27


時刻は13:02。
腹が、減った……


20211114 higomonzu-12


日曜ということもあって、すごい人出。
通りすがりにのぞいて入り口横の席が空いていた「ひごもんず」へササッと入店。
注文は、前記事同様ほぼ一択の角煮ラーメン。


20211114 higomonzu-1320211114 higomonzu-14


「ひごもんず」は有名な「桂花ラーメン」の流れをくむ熊本ラーメンのお店で、1997年創業。
角煮ラーメンは桂花でいえば太肉(ターロー)麺で、ターローより7%ほど安く、7%ほどうまいといわれているとかいないとか。


20211114 higomonzu-1620211114 higomonzu-17


「半ライスお付けしますか?」
「えーと… お願いします」

一瞬の逡巡があったのは、このところ消化機能の衰えを痛感させられる場面が続いているから。
自転車で25kmほど走ってハラがすごく減っているからというか、惰性でいままでどおりにというか…。


20211114 higomonzu-1820211114 higomonzu-19


幸いというか、ご飯の量はごくあっさり。
ラーメンの角煮一切れと無料トッピングの高菜漬けをライスにオン。
このミニ角煮丼が激ウマ。


20211114 higomonzu-2220211114 higomonzu-23
ニンニククラッシャーは禁忌 ^^;


つい半ライスを頼んでしまったのは、無意識のうちにコレを欲していたからかも c( ̄▽ ̄)


20211114 higomonzu-21


中太ストレートのボソッとした麺は桂花によく似る。生キャベツのトッピングも。
具はほかに、メンマ、キクラゲ、ノリ、ネギ。


20211114 higomonzu-28


三鷹店の記事にも書いているが、角煮の量がやっぱりすごい。
半ライス、もう1杯欲しくなる(笑)。


20211114 higomonzu-3420211114 higomonzu-35


♪Georgia's always on my mi-mi-mi-mi-mi-mi-mi-mi-… と口ずさんでる。
あ… 食欲増進の秘密は、ビートルズかも。


20211114 higomonzu-25


[DATA]
熊本ラーメン ひごもんず 西荻窪店
東京都杉並区西荻北3-19-13
http://higomonzu.com/





[Today's recommendation]

wachat211114-1.jpg




https://youtu.be/nS5_EQgbuLc



20211114 higomonzu-36


巡り巡って 【ゆで太郎 入間宮寺店】

2021.06.22

 間が悪い日というやつで、立ち寄るお店がことごとく休み。
それでもなぜかどんどん先へ進み、どんどん田舎になっていくからお店もどんどんなくなっていくという。
時刻は2時半を回り、これは昼めし抜きかな… と諦めかけたとき、救世主現る。


20210622 yudetaro-21


県道8号川越入間線の昭和レトロな定食屋「みのり食堂」に暖簾が出ている。
こちらはこの外観ともう一つの理由から特別な存在とみなしており、軽々に踏み込めるものではないが、この流れには運命の導きを感じる。
まあ、記事タイトルを見れば「導きではないな…」とおわかりかと思うが(笑)、とにかく暖簾をくぐりましたと。

食堂にひと気はなく、厨房の奥に「こんにちはー」と声をかける。
「はーい」と出てきた店主のおとうさんに「まだ大丈夫ですか?」と聞くと、「ごめんなさい、終わっちゃいました」
がーん ( ̄▽ ̄;)!! ガーン


20210622 yudetaro-22


いつもなら3時ごろまでやっているが今日は用事がある、と。
まったく間が悪いのであった。

でも少しお話ができ、とても感じのいいご主人で、ちょっとしたネタも仕入れることができた。ここは勇気ある撤退ということで(ちょっと違うか σ( ̄、 ̄=) ンー

ということで、すぐ近くの「ゆで太郎」へ。


20210622 yudetaro-28


25年ぶり2回目くらいの「ゆで太郎」。
戸惑うことばかりで、まず2時半を回っているにもかかわらず先客・後客ともに多い。
あと、そんな安くもないのね…。というか単品のバリエーションが少なくセットに誘導されてる感があり、セットとしては安いのかもしれないが、セットだけにそこそこはすると。


20210622 yudetaro-2320210622 yudetaro-24


外のメニュー看板の前で長考。
入店後、券売機の前で長考。
長考に次ぐ長考(笑)。


20210622 yudetaro-25


気がつけばミニのり弁セットという謎的メニューをポチッとな… していたワタシ (〃 ̄ω ̄〃ゞ


20210622 yudetaro-33


箸をとり忘れるし、フライにソースかけ忘れるし、おひやの場所結局わからなかったし…。


20210622 yudetaro-29


お手軽なはずの立ち食いそばは、ちまちま段取りの連続で、慣れない人間にとってバリアフルなシステムにいつしか変わっていたのである。


20210622 yudetaro-30


のり弁セットはいい選択だったと思う。


20210622 yudetaro-32


ほか弁界の名脇役・のり弁。
このものはご飯の上におかかを敷き、のりをかぶせ、魚フライとちくわ天をのせて… と、どんぶりの小宇宙にのり弁を忠実に再現してみせた。ありそうでなさそうなグッドアイデア。


20210622 yudetaro-31-2


そばも昔の立ち食いそばとは比べ物にならないくらいちゃんとしてるのだ。
ソースかけ忘れた魚フライ、途中でOn the Soba c( ̄▽ ̄)


20210622 yudetaro-34


ドタバタして悔しいのでシステムをしっかり研究して出直そうと、決意を新たにしたのであった。


20210622 yudetaro-2620210622 yudetaro-27


[DATA]
ゆで太郎 入間宮寺店
埼玉県入間市宮寺3056-1
https://yudetaro.jp/





[Today's recommendation]

wachat210622.jpg




https://youtu.be/AjStytdhgdw



20210622 okatoranoo-22
オカトラノオ / 野山北六道山公園


夕方、歩けば… 【さくら茶屋】

2021.05.07

 毎年のことだが、連休明けの忙しさ… o((>ω<o))
昨日は煩雑な案件に縛られて外出できず、今日も朝から五月雨式に…。

夕方、ようやく一段落して、パラパラ降っているが気分転換に少し歩くことにした。
この“夕方に少し歩く”が、本日のポイント。

イトーヨーカドーで筆記用具を買ったあと、駅前ロータリーを抜けてさくら通りへ。
傘を差しているからディスタンスが確保できる。1年前に言われていたこと。
いまや生活様式の変化についての呼び掛けもなされなくなった。自粛疲れで感情が鈍麻している。


20210507 sakurachaya-33


だいじょぶだァー饅頭の「餅萬」の交差点まで行って引き返そうか。
その向かいはソースメーカー「ポールスタア」。
アド街6位と11位。


20210507 sakurachaya-21


ポールスタアの前にはたくさんの幟。
直営カフェ「さくら茶屋」、この時間でまだやってるんだろうか?


20210507 sakurachaya-32


行ってみると“営業中”の看板。
そういえば、晩ごはんのおかず買えたら買っといて…と言われていた。


20210507 sakurachaya-23


「唐揚げ、まだ大丈夫です?」
「はい。あります」と店員さん。「半額になってます」
お、なんかラッキーかも❤

「100gで4個くらいになります」
「じゃ200でお願いします」


20210507 sakurachaya-3020210507 sakurachaya-31


奥の厨房のほうから唐揚げを出してきてワタワタと詰めているところに、遠慮がちに…
「あの、コロッケは?」
「はい、大丈夫です。えーと、ササミカツもありますけど?」
「お願いします」とピースサイン(2個ずつという意味)。
「はい。全部半額で対応させていただきます」


20210507 sakurachaya-2820210507 sakurachaya-29


つまり閉店間際のタイムサービスに運よく当たったと。
あとで写真を見てみると、営業時間は17時まで。来店時間は16時58分であった。


20210507 sakurachaya-34


チキンから揚げ200g、十勝コロッケ2個、ササミチーズカツ2枚。
これだけ買って550円。


20210507 sakurachaya-3620210507 sakurachaya-37


夕方、少し歩けば棒に当たる。


20210507 sakurachaya-38
でも、調子に乗って買いすぎ、食いすぎ…


日替わり魚弁当など、「さくら茶屋」は来るたびに品ぞろえが充実している。
目下、オリジナルコーラお試し価格280円… がいちばん気になるところ。


20210507 sakurachaya-39
うちの常備のソースはポールスタア


[DATA]
さくら茶屋
東京都東村山市久米川町3-28-2
http://sauce.pole-star.co.jp/





[Today's recommendation]

wachat210507.jpg




https://youtu.be/Yjyj8qnqkYI



20210507 urokogumo-11
西の空、うろこ雲


作りたてのあったか弁当♥ 【じろえもん】

2020.05.15

 前記事の冒頭で触れた4月後半の消費動向で、感染拡大前と比べ全体で30%以上、外食産業は70%以上の大幅減という数字の調査には反対の側面も表れていて、いわゆる“巣ごもり消費”が伸びている。増加率はネット通販24.2%、コンテンツ配信23.7%、スーパーマーケット22.8%、酒屋14.3%…(ナウキャスト/JCB)

飲食店経営の指標にFD比率というものがあり、これは売上高に占めるFoodとDrinkの比のことで、一般的なレストランでのFood:Drinkは8:2、居酒屋では6:4、カフェ・バー1.5:8.5とされている。
緊急事態宣言後、東京都など多くの自治体が飲食店に対し午後7時以降の酒類提供の自粛を要請しており、Drink比率の高い業態ほど打撃が大きいのは明らかであり、上記調査の“酒屋14.3%アップ”という数字はその裏返しでもある。


20200515 jiroemon-11


――ということをあらためて考えさせられたのが萩山駅前の定食屋「じろえもん」のご主人の言葉で、「自粛要請で、ここにきて夜のお客さんがさっぱり」と嘆いておられた。


20200515 jiroemon-12


たまにしか来ない身としては心苦しい限りだが、いま弁当がなんとか売れ始めているそうで、インスタやブログの発信で1人でもテイクアウトのお客が増えればと願うばかりである。


20200515 jiroemon-13


店頭に出してある弁当の品書きは前もって撮影してあったので注文しようと思っても電話番号の調べがつかず、結局直接伺う。
ミックス弁当650円と焼肉弁当650円を注文(税込み)


20200515 jiroemon-14


やはり15分ほど待つが、注文から作るので当然なのである。


20200515 jiroemon-22
「電話番号わかりませんでした」と言ったらくれたカード。電話注文はこちらから


弁当はこちらの定食の基本構成である一汁三菜+αをそのままお弁当パックに収めたような内容である。


20200515 jiroemon-16


人気No.1のミックス弁当は鶏唐揚げとでっかいコロッケがメイン。
評判の唐揚げはしっかり下味が付いていてジューシーな仕上がり。ビールが欲しくなる。


20200515 jiroemon-17


焼き肉は甘めのしょうゆ味で、ご飯が進む進む。


20200515 jiroemon-18


付け合わせは共通で、ポテトサラダやぬか漬けは手作り感いっぱい、お店の雰囲気そのものの温かみを感じるものだ。


20200515 jiroemon-19


ボリュームたっぷりなので食べきれない心配がある方向けに、同じミックス弁当でもご飯少なめでおかずの内容も違った550円のお弁当もある。
また、ふんわり厚手のお手拭きが付いてきたりと、こちらのご主人はなかなかの気遣い上手なお方とみた。


20200515 jiroemon-20


いまは近所のお客さんが中心とのことで、そこにも助け合いの精神を感じるが、近所といわず自転車圏の方など「#東村山エール飯」の候補としてぜひリストアップしていただきたい。
作りたてのお弁当、ほっこりします。


20200515 jiroemon-21



[DATA]
じろえもん
東京都東村山市萩山町2-1-33





[Today's recommendation]

wachat20200515.jpg




https://www.youtube.com/watch?v=KQetemT1sWc


意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】

2019.12.08

 新所沢街道のハム・ソーセージ店「シャルキュトゥリー・モエ」で贈答用の買い物をしたあと、午後に大事な用事があってそんなにゆっくりしてもいられないので、すぐ近くの「おもてなし 一膳食彩」で昼ごはんにする予定だったが、臨時休業。
さて困った。このへんは食べるところが少ないから滝山中央の商店街に向かおうと次の信号を右折して西中通りへ。

そのコース取りが悪かった。
いや、よかった ヾ( ̄ω ̄;) モシモシ?


20191208 aizushi-27


西中通りからさらに1本入ったところにおすし屋さんがある。
メイン通りから2回曲がった完全な住宅街であり、そんなところに飲食店があるとはまず思わないし、しかもつくりがごく普通の住宅であるから、近くを通っても気づかない人がほとんどというような…。
さらには、ビルトインガレージ構造で玄関が中2階くらいの高さにあり、表から隔てられているため、入りにくそうなことこの上ない。
ずっと気になりつつも、ちょっとムリ… (ヾノ・ω・`)ムリムリ という孤高の存在であった。


20191208 aizushi-12


それが、ケツがカッチンだったのがよかった。
「ここにする…?」「うーん、そうだね」と、わりとすんなり決定が下された。


20191208 aizushi-13


玄関ドアを開けて「ごめんくださーい」って、やっぱりよそんちに来たみたいだ。
「はーい」と、よそんちの奥さんがスリッパをパタパタさせて応対にやって来る。
にこやかでとてもフレンドリーなおかみさんと気さくな大将で、ひと安心。


20191208 aizushi-14


玄関で靴を脱いで上がる。左手が居住スペースのようで、廊下を真っすぐ奥に進む。
暖簾をくぐってドアを越えると、民家におじゃましているつもりが、いつの間にか“お店”に入り込んでいる。これにはかなり驚かされた。
一般住宅の中に立派なおすし屋さんが入れ子のように造り込まれているのである。


20191208 aizushi-25


注文はランチメニューのにぎり980円×2。


20191208 aizushi-17
20191208 aizushi-18


カウンター5席と小上がり2卓。
隠れ家感マックスなうえに安定感抜群な演歌の似合う和風空間。


20191208 aizushi-15


これは近所にあったらハマる。
そのしるしに、棚には焼酎のキープボトルがたくさん。


20191208 aizushi-1620191208 aizushi-23


なにより大将とおかみさんの振る舞いがごく自然体である。自宅だけに。
客も自然とリラックスしていく条件が整っている。


20191208 aizushi-19


ランチにぎりは、にぎり7貫と巻き物(鉄火と干瓢)6個の立派な内容だ。


20191208 aizushi-20
20191208 aizushi-22
お椀はアマエビの頭と豆腐のみそ汁


ネタはどれも新鮮で、エビは大ぶり、ランチにコハダはうれしい。
浅めの締め加減のコハダだが、くさみを感じないのはネタのよさの証しのよう。


20191208 aizushi-21


この値段でデザートまで付く(コーヒーゼリー)。


20191208 aizushi-24


「すごく落ち着くお店ですね」と相方が言うと、「入ってしまえばね(笑)」とおかみさん。
たしかに、ハードルはめっちゃ高いが、入ってしまえばやばいぐらい落ち着ける超優良店である。

当地で38年やられているそうだ。
そんなに長く…? と、さっきまでなら意外に思っただろうけど、入ってしまった者としては激しくナットクさせられたのであった。


20191208 aizushi-26
以前はごく近所で普通の路面店として営業されていて(右前方の居酒屋の物件で10年)、いまの自宅開放型になって28年という


[DATA]
愛寿司
東京都東久留米市滝山1-9-13





[Today's recommendation]

wachat191208.jpg




https://youtu.be/t5ze_e4R9QY


ありがとう、ピリカのおやっさん 【ピリカ】

2019.06.22

 柳沢の名物ラーメン店「ピリカ」が閉店するという情報がこのブログに2件寄せられた。
「ピリカ」には先月入っていて、はじめ「なくなる前に食べておいてよかった…」という感想だったが、「本当になくなるのか…?」と思ったら、どうしてももう一度みそラーメンを食べずにはいられない気持ちが高まっていった。


190622 pirka-20


それと、相方は一回も「ピリカ」に入ったことがない。
普通の感覚では女性を連れていくのにふさわしいとは決して思えない雰囲気の店だが、なぜか「ピリカ」は一緒に入ってみたい、食べてみてもらいたいと思わせるものがあった。


6月21日 金曜日

西武柳沢駅で待ち合わせてお店に向かう。

190622 pirka-11


「混んでるかもな」なんて冗談半分に言いながら踏切の手前を右に曲がると、店の前に大量の自転車が。


190622 pirka-12


外観写真を撮るのにいったん向かい側に渡って正面から見ると、曇りガラスの向こうに立って順番待ちのお客の姿が。
さらに、近づいてみると、なんと1時前にして“準備中”のプレートが…。

シャレにならない閉店パニックが発生しているようなのだ。


190622 pirka-13


状況だけでも知りたいので無理やり入店。
「時間かかりますよ」とおやっさん。
「はい」とワタシ。
「1時間ぐらいかかりますよ」と、なおもおやっさん。
「ムリ…」と、このあと仕事の相方。
今日のところは別のお店で昼ごはんにして(次報予定)、翌日出直すことにした。


6月22日土曜日

11時7分で開店待ち5名。

190622 pirka-14


僕らのあとにも続々とお客がやって来て、11時17分の開店時までに15名ほどの行列ができていた。


190622 pirka-15190622 pirka-16
11:16 おやっさん登場 11:17 開店


事は粛々と儀式のように執り行われた。

列の先頭の人から順に、L字カウンターの奥から秩序正しく座っていく。
おやっさんがお冷を配る間、声を発する者は一人もいない。

お冷を配り終えたおやっさんは、端から注文を聞き、下を向いたままメモしていく。
「みそバターコーンに餃子」
「あ、はい…」
「みそバターコーンチャーシュー、餃子、ライス」(←1人)
「あ、はい…」
僕らははじめから決めていた、いちばんシンプルなみそラーメン×2と餃子1皿。


190622 pirka-19-2


われわれまで(7人)が1巡目。

「すり鉢のラーメンってあったよね」と喜ぶ相方。スープをひと口すすり「こういうの、高校のころ食べた…」


190622 pirka-18


以前、このブログで「ピリカ」のラーメンを“高校生のたべもの”と表現したことがある。
われわれの高校時代にハヤったラーメンの味そのもので、もちろん懐かしくもあるが、いまの若い人にあの時代を伝える言葉以上に雄弁な手段のように感じていた。


190622 pirka-22190622 pirka-21


相方の高校時代を知らないが、時間も空間も超えて湧いてくる感情は、少し甘酸っぱくもあり…。
それは得難い体験だと思うのだ。

ありがとう、「ピリカ」のおやっさん。

※未確認ですが6月24・25日ごろ閉店との情報をいただいており、まだギリギリ間に合うかも…。情報をお寄せいただいた方々に感謝申し上げます。


190622 pirka-17
この日も昼の時間帯に行列が途切れることはなかった


追記:「ピリカ」のラーメンは滝山の中華料理店「珍来」に引き継がれています。


[DATA]
北海道ラーメン ピリカ
東京都西東京市柳沢1-1-3





[Today's recommendation]

wachat190622.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/aH3Q_CZy968


https://youtu.be/oV8PSj-hQvw


Latest Articles
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
小京都の酒蔵と衰退商店街と 【晴雲酒造】 Sep 21, 2022
大正ロマンなB級グルメ 【好古壱番館】 Sep 20, 2022
江戸期の商都を体感 ――栃木蔵の街 Sep 19, 2022
地域きっての… 【ますも庵】 Sep 17, 2022
昭和そのままなたこやき屋さん 【たこやき高橋】 Sep 16, 2022
こんな活力のもと 【そばうどん 松本】 Sep 15, 2022
すし折りの幸せ感 【明治屋】 Sep 13, 2022
運気の上がる? 【福元】 Sep 12, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2