fc2ブログ

ハモニカ横丁といえば… 【珍来亭】

2022.04.21

 4本前の記事に書いている“今月分の仕事が全部終わった”というのが先週の金曜日で、週明けの火曜日にはもう翌月の仕事が始まっている。
いつもなら10日くらいぷらぷら過ごすところだが…。
連休絡みの前倒し進行である。

仕事が動き始めるときの張り詰めた空気感というのはいつまでたってもなじめないが、今月に限ってはサクサクいってほしい。いま動かなかったら連休明けに大変なことになるのは目に見えている。
今年の正月明けのような状況だけは勘弁してほしい。


20220421 chinraitei-1120220421 chinraitei-12


ということで、ちょっとヤバい感じにざわついているので、今回、文字部分に関しては過去記事のコピペ等でやりくりさせていただく。


20220421 chinraitei-1320220421 chinraitei-14


吉祥寺駅北口の「ハモニカ横丁」は、戦後まもなく出現した駅前マーケット、いわゆる“闇市”がルーツとされる。


20220421 chinraitei-15


北口駅前のサンロード入り口・ダイヤ街・武蔵通り・平和通りに囲まれた約3000㎡の区画。


20220421 chinraitei-17


仲見世通り・中央通り・朝日通り・のれん小路・祥和会通りの5つの通りからなる歩行者型商業地域で、店舗数は約100。


20220421 chinraitei-16


ハモニカ横丁・朝日通りにある人気ラーメン店「珍来亭」。


20220421 chinraitei-1820220421 chinraitei-19


――創業昭和26年。吉祥寺ハーモニカ横丁にある小さなラーメン屋です。Twitterプロフィール)


20220421 chinraitei-2020220421 chinraitei-2120220421 chinraitei-22


小さいお店で、1階にカウンター2席とテーブル1卓。

「2階へどうぞ!」
ということで、奥の急階段を上って2階へ。

2階はテーブル3卓と座敷2卓。


20220421 chinraitei-23


創業1951(昭和26)年。
俳優の故 佐藤慶さんの通う店として有名だった。


20220421 chinraitei-34


注文は、ランチセットのラーメン+半チャーハン。


20220421 chinraitei-2420220421 chinraitei-25


ラーメンは、黒っぽい濃い色のスープに中太縮れ麺。


20220421 chinraitei-2620220421 chinraitei-27


具は、チャーシュー、メンマ、小松菜、ノリ、ネギ。


20220421 chinraitei-31


チャーハンは、チャーシュー、卵、ネギという基本の具3種によるオーソドックスなもの。
強めのゴマ油の香りに食欲がいや増す。


20220421 chinraitei-30


いやー、うまかったし。
帰っておとなしく仕事するかぁ…


20220421 chinraitei-3320220421 chinraitei-35


[DATA]
珍来亭
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9
https://twitter.com/chinraitei





[Today's recommendation]


https://youtu.be/aN7OhTXQT_8



wachat220421.jpg



20220421 chinraitei-37
妙正寺池


吉祥寺の老舗といえば… 【珍来亭】

2022.04.21

 4本前の記事に書いている“今月分の仕事が全部終わった”というのが先週の金曜日で、週明けの火曜日にはもう翌月の仕事が始まっている。
いつもなら10日くらいぷらぷら過ごすところだが…。
連休絡みの前倒し進行である。

仕事が動き始めるときの張り詰めた空気感というのはいつまでたってもなじめないが、今月に限ってはサクサクいってほしい。いま動かなかったら連休明けに大変なことになるのは目に見えている。
今年の正月明けのような状況だけは勘弁してほしい。


20220421 chinraitei-1120220421 chinraitei-12


ということで、ちょっとヤバい感じにざわついてきたので、今回は過去記事のコピペ等でやりくりさせていただく。


20220421 chinraitei-1320220421 chinraitei-14


吉祥寺駅北口の「ハモニカ横丁」は、戦後まもなく出現した駅前マーケット、いわゆる“闇市”がルーツとされ、北口駅前のサンロード入り口・ダイヤ街・武蔵通り・平和通りに囲まれた約3000㎡の区画。


20220421 chinraitei-15


仲見世通り・中央通り・朝日通り・のれん小路・祥和会通りの5つの通りからなる歩行者型商業地域で、店舗数は約100。


20220421 chinraitei-16


ハモニカ横丁・朝日通りにある人気ラーメン店「珍来亭」。


20220421 chinraitei-1820220421 chinraitei-19


――創業昭和26年。吉祥寺ハーモニカ横丁にある小さなラーメン屋です。Twitterプロフィール)


20220421 chinraitei-2020220421 chinraitei-2120220421 chinraitei-22


小さいお店で、1階にカウンター2席とテーブル1卓。

「2階へどうぞ!」
ということで、奥の急階段を上って2階へ。

2階はテーブル3卓と座敷2卓。


20220421 chinraitei-23


創業1951(昭和26)年。
俳優の故 佐藤慶さんの通う店として有名だった。


20220421 chinraitei-34


注文は、ランチセットのラーメン+半チャーハン。


20220421 chinraitei-2420220421 chinraitei-25


ラーメンは、黒っぽい濃い色のスープに中太縮れ麺。


20220421 chinraitei-2620220421 chinraitei-27


具は、肩ロースのチャーシュー、メンマ、青菜、ノリ、ネギ。


20220421 chinraitei-31


チャーハンは、チャーシュー、卵、ネギという基本の具3種によるオーソドックスなもの。
強めのゴマ油の香りに食欲がいや増す。


20220421 chinraitei-30


いやー、うまかったし。
帰っておとなしく仕事するかぁ…。


20220421 chinraitei-3320220421 chinraitei-35


[DATA]
珍来亭
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9
https://twitter.com/chinraitei





[Today's recommendation]


https://youtu.be/aN7OhTXQT_8



wachat220421.jpg


たぬきでよかったのか? のレトロ立ち食いそば 【戸隠そば(小川)】

2017.10.06

 もう30年近く前の話だが、僕は神田の会社に勤めていて、「小諸そば」という立ち食いそば屋に入って驚いた。麺が街のそば屋と遜色ないレベルなのである。その後、小諸そばは千代田区、中央区あたりで何店舗も利用しているが、麺ゆでのタイミングにぶつかって5分くらい待たされることも一度ならずあった。それ以前に働いていた新宿の駅構内の立ち食いなんか、そばだかうどんだかわからないようなブヨブヨの麺を平気で出していたので、それに比べてさすがに都心(当時)は違うな、と感心したものだ。


togakushisoba32.jpg


そのころに比べていまは立ち食いそばのレベルも全体に上がっているだろう。でも大手チェーンの寡占化が進んで面白味がなくなったようにも思う。
2年くらい前に久々に小諸そばに入っていか天せいろを頼んだら、そばつゆのほかに天つゆも付いてきて、なんだかしらじらしい気持ちにさせられた。そういうちょっと上品っぽいことをしようとすると、しょせんは立ち食いというところが逆に際立ってしまう。
立ち食いそばはやはりB級でチープで下品であればこそ、なんだと思う。


togakushisoba31.jpg


今日の昼ごはんは久しぶりの立ち食いそば屋。
小諸ならぬ、長野県はその反対側に位置する戸隠。そばどころの“格”で言ったらこっちが上だ。


togakushisoba34.jpg


西武線小川駅西口の駅階段を下りたところの道の正面突き当たり。この「戸隠そば」は立地的によく目立つはずなんだが、僕は最近までその存在に気づいてすらいなかった。
この並びは間口の狭い古い店がひしめき合っているが、飲み屋が多いから昼はほとんど営業しておらず、そのひっそりした風景にこの店もすっかり溶け込んじゃっている。


togakushisoba33.jpg


店に一歩踏み込んだ瞬間、
「何にします? すぐできますよ」
と、カウンターの中の店主っぽい年のいったおやじさん。
そりゃ、すぐできるとは思うけど、お品書きぐらい見させていただかないと…。

「えーと… たぬきそば」
「350円!」
と、間・髪を入れない。
どういうわけか、ものすごくせわしない。


togakushisoba15.jpg


財布から小銭を取り出していると、カウンターの向こう端のおばちゃんが、「水はここ」と自分の横の給水器を指し示す。お客さんだと思っていたけど店主の奥さんとか…? とか考えていたら、「じゃあね」と出ていっちゃったから、やっぱりお客さんだったみたい。
僕の数少ない特殊能力である“おばちゃんに世話焼かれるアビリティー”がこういうところで生きてくる。
配膳台に400円を置いて水をくみに行って戻ったら、もうたぬきそばとお釣りの50円玉が載っている。


togakushisoba16.jpg


僕のあとにサラリーマン風の男性客。
「えーと… てんぷらそば」
「350円!」

そうか、てんぷらそばとたぬきそばは同じ値段なんだ… と、なんだか損した気持ちにさせられる。ほかにも月見、わかめ、カレーのそば・うどんが同額。やっぱり損した気分。


togakushisoba35.jpg


その次に入ってきた年配の常連客はカレーライスとそばのセット。
このカレー、横目で見ると実においしそうである。個人的には高校の学食のカレーを思い出させるような、具がごろごろのとろみが粉っぽそうな黄色いカレー。セントラルキッチンではこういう具合にはいかないだろうな。


togakushisoba36.jpg


なんかこういうのもいいな、とほっこり気分で店を出たが、困ったことにまったく腹が満たされていない。街のそば屋とたいして量は違わないと思うんだが…?
ここでは常連さんのようにセットメニューをいただくのが正解のようだ。


togakushisoba37.jpg


[DATA]
戸隠そば(小川)
東京都小平市小川西町4₋17₋28





[Today's recommendation]


https://youtu.be/nFQ1XVxvIWg


chat171006-22.jpg


Latest Articles
古民家で釜めし&串焼き 【六左衛門】 Oct 03, 2022
武蔵野うどん究極形 【小平うどん 小平本店】 Oct 02, 2022
答えは変わらない! 【村山ホープ軒 東大和店】 Oct 01, 2022
街道沿いの中華屋さん 【宝来】 Sep 29, 2022
手づくり感いっぱいな埼玉銘菓 【高橋売店】 Sep 28, 2022
国史跡の奇観岩山 【吉見百穴】 Sep 27, 2022
昭和の観光地食堂そのままな 【松音屋】 Sep 26, 2022
そうだ 茶屋、行こう。 【厄除けだんご どびんや】 Sep 26, 2022
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2