FC2ブログ

本格炭火焼きをテイクアウト 【ごちそうや ぽっ蔵】

2020.06.12

 夜に外で飲食をすることがほとんどないので、当然のことながら飲み屋情報に疎い。…ということを、コロナ騒動に伴う飲食店の緊急避難的業態転換の流れの中で思い知らされている。
SNSを通じてテイクアウト情報を共有することで飲食店支援につなげようという「#東村山エール飯」Instagram投稿をチェックしていると、知らないお店がいっぱい上がってくる。こういうブログをやっているので市内の飲食店はだいたい知っている気になっていたが、とんでもない。

困ったことに、“隣の芝生は…”じゃないが、知らないお店のテイクアウトメニューはことさらおいしそうに見えるのである。


20200612 pokkura-11


そんなお店の一つ、東村山駅東口ロータリー脇の「ごちそうや ぽっ蔵」。
2008年オープンの本格炭火焼きの串焼き・焼き鳥をメインとする居酒屋。


20200612 pokkura-12


駅前の好立地だが、僕は電車を使わないのでこのあたりはほとんど通らない。昼に店頭でテイクアウトメニューを販売していたらしいが、それを知ったのはインスタ投稿。
#東村山エール飯は本当にありがたい。


20200612 pokkura-13


ところが、いざ買おうと昼に出かけてみると、お店は開いていない。
いま、緊急事態宣言および東京アラートの解除を受け、段階的に元の営業形態に戻そうという動きが見え始めている。
加えてここ数日の暑さ。
テイクアウト戦略は転換点に差し掛かっているように思われる。


20200612 pokkura-14


夕方、出直してみた。
営業中のプレートとインスタで見たテイクアウトメニューの看板を確認して入店。


20200612 pokkura-15


夕方なので弁当ではなく酒のアテ。
金曜日だし、今週目が回るほど忙しかったので、ご褒美というやつ。


20200612 pokkura-16
20200612 pokkura-1720200612 pokkura-18


まず串盛り。
8本セットの中身を聞くと、全部違うもの8種という。2人なので5本セット×2を注文。
それと、当店イチオシっぽい“絶品つくね”×2。


20200612 pokkura-19


「ほかになにかオススメは?」
「えーと、私はフライドポテトのミックスの“あげあげポテト”が好きです」と若いおねえさん。
「それ、お願いします」
あと“じゃが明太チーズ焼き”追加って、どんだけジャガイモ好きなんすか ヾ(・ε・。) ォィォィ


20200612 pokkura-20


串焼きは塩で。
実はタレ派だが、「塩かタレか」と聞かれると「塩」と答えてしまう。特に本格炭焼となると、最初は塩かなぁ… と。×2なんだから「塩とタレ」と頼めばいいのに… とあとで気づくんだが。


20200612 pokkura-21


5本セットは、とり皮、もも、ぼんじり、かしら、豚バラ。
炭火の香りがよく、素材へのこだわりが伝わってくる。


20200612 pokkura-22


つくねは炭火の遠赤効果でふんわりと。
こっちは聞かれなかったのでタレのみかな。焦げたしょうゆとネギの香ばしい匂いが鼻孔をくすぐる。


20200612 pokkura-23


店先には「営業再開しました」の看板が出ていた。今日からだったのかな?
来週月曜(06/15)には通常営業(16:00~24:00)に戻る

店内は広々としたつくりで安心感がある。テラス席もあるよ。
今度はお店でゆったりくつろぎたい。


20200612 pokkura-25


[DATA]
ごちそうや ぽっ蔵
東京都東村山市本町2-4-63
https://pokkura.com/
https://www.facebook.com/pokkura.gochiso
https://www.instagram.com/pokkura/





[Today's recommendation]

wachat20200612.jpg




https://www.youtube.com/watch?v=vv3S0JXCX3Y


君は環七戦争を知っているか? 【野方ホープ 野方本店】

2019.05.12

 野方に所用があって、それがちょうどお昼どき。
野方駅は高円寺に行くときに利用する程度でこの街そのものにあまりなじみはない。
それでもシブい定食屋や喫茶店がいくつかあることは知っているが、単身乗り込むのはちょっと… というところばかり。アウェー感もあるし。

そんなとき浮上するのがラーメン屋。
“一見・単身 Welcome”な感じがする。どの店もそういう客が多そうだから。
もう一つ加えて“一見・単身・男子”だらけだ、ラーメン屋は。


190512 nogata-hope-11


野方といえば「野方ホープ」じゃないか。
“環七ラーメン戦争”真っただ中の1988年に創業し、多くの名店が消え去るなか激戦区を生き抜き、いまや9店舗を展開する環七の勝ち組。


190512 nogata-hope-12


行くだけ行ってみて行列ができているようであれば退散… くらいの軽いノリで行ってみて、意外にすいているようなのでそのまま入店。

券売機が見当たらず、カウンター席に座って品書きを開く。…が、メニューの見方がわからない。
注文をとりに来た店員さんに聞いてしまいました。


190512 nogata-hope-14


「普通のラーメンは…?」
「はじめ(元)が普通のラーメンになります」
「それ、お願いします」
「脂の量を5段階から選べますが?」
カウンターの上に“こてこて・こってり・ふつう・あっさり・あぶらぬき”の張り紙。
「ふつうで」
「ランチタイムでごはんか麺大盛りがサービスになりますが?」
「大盛りで」


190512 nogata-hope-15


この一連の手続き終了までに、かなーりぐったりしてしまった (ーー;) ウーム…


190512 nogata-hope-16190512 nogata-hope-17


「野方ホープ」はずいぶん前、チェーン展開を始めた当初にいまの西早稲田駅近くの明治通りにできた支店に入ったことがある。店名から「ホープ軒」との関係が取り沙汰されていたこともあり、“ホープ軒さんとはいっさい関係ございません”的な張り紙がしてあったのを覚えている。でも味はよく似ている… と、あやふやな記憶ながら自分の中ではそういうことになっていた。
ちなみに前記事にチラッと書いた“東村山駅東口のとんこつラーメン”は当初「野方ホープ」を名乗っていたが、大人の事情的な事情? により改名したというお店。


190512 nogata-hope-18


湯切りパフォーマンスを経て、ラーメン来る。
…というように、オペレーションが何かといまどきである。

で、野方ホープのラーメン、こんなんだったかなぁ…?
とにかく濃い。それはもう経験したことがないほどに。
なので、僕がかすかに記憶している印象は完全に書き換えられることになった。


190512 nogata-hope-19-2


特に脂。上の写真の左上の白い塊がそれ。
ラードのようなそれを溶かしながら食べるということに気づかず、最後のほうまで丸々それが残っていて、まあ気づいたときにはコッテコテ(笑)。


190512 nogata-hope-20-3


さて、このラーメン、オトーサン的には強すぎるかな。
注文の仕方は、麺やわめ、味薄め、あぶらぬき… そのへんでお願いするのが自分的にちょうどよさそう。
麺大盛りは、ありがたかったです。


190512 nogata-hope-13


[DATA]
野方ホープ 野方本店
東京都中野区野方2-58-4
https://www.nogata-hope.com/
https://twitter.com/nogatahope





[Today's recommendation]

wachat190512.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/s3j9_vntTs4


Latest Articles
焦がれてやまない… 【松ちゃん】 Jul 27, 2021
東京唯一の… 【やさいの食卓 八農菜】 Jul 25, 2021
いまも変わらぬ素朴な味 【内田酒まんじゅう】 Jul 24, 2021
夏の土用です 【うなぎ源八】 Jul 23, 2021
夏の休日 【ますも庵】 Jul 22, 2021
朝ラーふたたび 【十七代目哲麺】 Jul 20, 2021
あつがなついぜ! 【彩雅】 Jul 19, 2021
人と人が出会う… 【つむじ】 Jul 17, 2021
ゲリラ豪雨からの… 【鮮魚とゝや】 Jul 15, 2021
出口は見えるか…!? 【九州ラーメン いし】 Jul 13, 2021
4度目の宣言下で… 【鶏心】 Jul 12, 2021
おいしいそばを存分に 【手繰りや 玄治】 Jul 11, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2