fc2ブログ

タンメンのエビデンス 【南京亭 新所沢店】

2023.11.14

 自転車で軽く7.14km走って「南京亭」。
これは普通に最短距離。


20231114 nankintei-38


このお店に入るのは実に久しぶりで、最後に入ったのがいつだったか…。
いっとき、よく入っており、南京亭といえば新所沢店。
食べるのは決まって担々麺で、あるときネギが斜め切りからみじん切りに変わって、ぱったり行かなくなった。


20231114 nankintei-37


注文は、タンタンメンではなくタンメン。
最近タンメンばかり食べている。


20231114 nankintei-31


タンメンのマイブームの最初の記事に、“生活習慣的に、何かが足りず、何かが過剰であるらしい”と書いている。
足りないのは野菜で、過剰なのは塩分。
つまり高血圧問題。


20231114 nankintei-32


そんな状況でなぜタンメンか。
まずわかりやすく、野菜不足解消。
もう一点の塩分制限に関しては、ちょっとまわりくどい検証だが…↓↓


20231114 nankintei-33


食品成分やカロリーを調べられるサイト「カロリーSlism」で“タンメン”の塩分を調べてみた。
塩分と関係ありそうな項目は、塩3g・しょうゆ30g。しょうゆの塩分を15%として30×0.15=4.5で、3+4.5で7.5g…①。

ほかに気になる項目として“中華だし350g”というのがある。
これが謎で、中華だしの項目には顆粒だしの写真が付いているが、それを350gも使うわけがない。
クックパッド等のレシピでラーメン類の中華だし使用量を調べ、だいたい大さじ1ないし小さじ2~3で、顆粒グラム換算で7gと割り出した。

この中華だし7gがクセモノで、『日本食品標準成分表(八訂)増補2023年』によると“顆粒中華だし”の成分中、ナトリウムが100g当たり19000mg含まれている。
ナトリウム(mg)→食塩相当量(g)の換算式に代入すると、19000×2.54÷1000=48.26。
すなわち中華だし100g当たり48.26g、タンメンにおける使用量が7gで、48.26×7/100≒3.4…②

よって①+②≒11で、タンメンの塩分含有量は約11g。

日本高血圧学会の掲げる食塩摂取量の目標は1日6g未満なので、タンメン1杯にそのほぼ倍の食塩が含まれているわけである。


20231114 nankintei-34

20231114 nankintei-35


ただし、それは汁を飲み干した場合である。

同じ計算をタンメンと材料の似ているあんかけ焼きそばで行ってみると、塩2g・しょうゆ塩分1.5g(10g×0.15)・中華だし塩分3.4gで、合計約7g。

あんかけ焼きそばを完食した場面を考えると、この塩分7gのほとんどを摂取していると見なされる。
一方、タンメンの場合、汁さえ飲まなければ、塩分11gのせいぜい2~3割しかしない取り込まずに済む。

――以上、まわりくどいが、つまりそういうこと。


20231114 nankintei-36
このタンメンは、ちょっと野菜が足りないが…


塩分制限と野菜不足解消を同時に図れる。
タンメンは飽食の時代(または超高齢社会下)における優等生的たべものといえよう。


20231114 nankintei-39


[DATA]
南京亭 新所沢店
埼玉県所沢市上新井4-24-19
https://nankintei.com/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/8EJ3zbKTWQ8?si=gUb5zXMYu4uSeCn-



wacha231114.jpg



20231114 nankintei-40-2


参拝文化に根差したご当地グルメ 【まことや 本店】

2023.02.05

 伏線じゃないが、前記事に何度も名前が挙がっている「まことや」。
その蓮馨寺境内の屋台風やきそば店の本店が、山門から参道に出てすぐのところにある。


20230205 makotoya-20


芋まんじゅうやら焼きだんごやら、ちょっとちょっと食べてるうちに、ますます空腹を募らせる。
歩き回るのは無理…! と、「まことや 本店」の順番待ち記名表に記入。


20230205 makotoya-11


ご当地グルメ“川越太麺焼きそば”はWikipediaにも項目が立っている。

――もともとかつて川越城周辺の駄菓子屋や蓮馨寺の境内や門前で販売されていた焼きそばで、麺が極太で短くモチモチの食感が特徴。肉は多くの店で入っておらず、キャベツが少々(店によって紅しょうがと青海苔)。ソースの味は店によって違うが薄め。安さ(300円くらい)と量の多さが特徴。「川越太麺焼きそば」Wikipediaより、最終更新2020年6月19日14:35)


20230205 makotoya-12


「まことや」の位置する通称 立門前通りは蓮馨寺山門から真っすぐ東へ川越街道まで延びる参道で、かつては飲食店や娯楽施設などが立ち並ぶ川越市内で最もにぎやかな通りだったらしい。


20230205 makotoya-13


食べログの自己PR的書き込みには“昭和23年に蓮馨寺境内の屋台から生まれた川越太麺やきそば。惜しまれながら店仕舞いしたその味を、当店の店主が復刻しました!”とある。

歴史ある街の参拝文化と結び付いたご当地グルメというわけだ。


20230205 makotoya-14


注文は、まずは定番のソースやきそば 大(1.5玉)。
もう1品、逆に思いっきりアレンジされた“ごちゃき”。オムそばのカレーがけだ。
炭水化物に偏ってるきらいがあるので、ソースやきそばに唐揚げを付ける。


20230205 makotoya-15


ごちゃきのカレーは学食的カレーで、ソースやきそばにはB級×B級のベストマッチといえよう。


20230205 makotoya-16


一方、オムレツに使われるのは地元養鶏場の地たまご。
カレーなしのオムそばは人気No.1とのこと。


20230205 makotoya-21


太麺のモチモチの食感とカレーは想像以上に相性がいいが、ソース+カレーはさすがに味が強い。
ご飯プリーズ…!(笑)


20230205 makotoya-17


途中でソースやきそばとチェンジして気づいたが、ごちゃきには紅しょうがでなく福神漬けが添えてある。


20230205 makotoya-18-2


カレーだけに福神漬けは必須だが、あくまでも焼きそばと考えれば、甘い焼きそばに甘い福神漬けでは箸休めにならない。
紅しょうがプリーズ… (;^_^A


20230205 makotoya-19


そういえば川越ではB級なたべものばかり食べてる気がするが…。
いやいや大丈夫、B級は川越に限ったことではないですから。

(つづく)


20230205 renkeiji-14


[DATA]
まことや 本店
埼玉県川越市連雀町8-4
https://www.facebook.com/kawagoemakotoya/
https://www.instagram.com/kawagoemakotoya/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/8EJ3zbKTWQ8



wachat230205-66.jpg



20230205 makotoya-22
次号予告


Latest Articles
木漏れ日の山頂めし ――物見山 Apr 24, 2024
のどかな峠の茶屋 【ふじみや】 Apr 23, 2024
遠足のメッカ ――日和田山 Apr 23, 2024
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2