FC2ブログ

月初め、辻に立つ市 ―2 【つむじ市】

2021.03.06

 (前記事のつづき) 

毎月第一土曜日は「つむじ市」の日。
府中街道久米川辻近く、“手仕事”と“食”をテーマとした地域の人と文化の出会い・交流の場「つむじ」に立つマーケットである。

出足が遅れ、野菜や惣菜はほとんど売れ、わずかに残っていたうどん弁当を2つ買う。


210306 tsumiji-38-2


庭に出たところに焼き芋の屋台が出ている。
うどんだけじゃ腹持ちが悪そうなので、ちょうどいいかも… ということで、少しお話を伺う。


210306 tsumiji-23


「つぼ焼き芋 ちょびまる」さんは、主にNPO法人HUGこどもパートナーズが運営する青葉町の地域の場「てまひま基地」で活動しているとのこと。

てまひま基地は“いのちやくらしを大切に考える場、親子も子どもも学生もシニアの方もどなたでも寄れる地域の場”を掲げ、全生園での外遊び、ピラティス、ECOサイクルなどを実施する施設。
その一環として、焼き芋の施設内販売が週1~2回のペースで行われている。


210306 tsumiji-24


焼き芋は、素焼きの壺の底に炭を敷き上から芋をつるして蒸し焼きにするつぼ焼き。昔ながらの手法で、甘さが凝縮しておいしく仕上がるが、時間がかかるので石焼きに取って代わられたそうだ。

「ちょびまる」さんはDIY感いっぱいのセットで手間ひまかけて焼いておられる。


210306 tsumiji-25


途中で芋をひっくり返し下からの熱を均一に当てながら焼き上がりに1時間。
一本一本、手をかけ時間をかけ炭でゆっくり焼き上げられた芋は、なんと幸せなことか \(^o^)/

五郎島金時400円と甘十露・紅はるか300円を買う。


210306 tsumiji-29


昼ごはんのうどんのあと、デザートに焼き芋。


210306 tsumiji-31210306 tsumiji-30


五郎島金時(写真左)はぽきっと割れて白っぽい肉質、栗のようなほくほく感とやさしい甘みがある。

甘十郎・紅はるかのきれいな黄金色!
ねっとりしっとりした食感と強い甘みは、スプーンですくって食べればスイーツ感覚♪


210306 tsumiji-36


「つむじ」は“地域の人と文化が出会い、豊かな交流が生まれる場”を標榜する。
今回も地域のボランティアの場とそこで活動する人たちの存在を新たに知った。


210306 tsumiji-26


[DATA]
つむじ
東京都東村山市久米川町4-34-6
http://tsumuji.life/





[Today's recommendation]

wachat210306-3.jpg




https://youtu.be/Wh60VmEOpCU



210306 tsumiji-39
清瀬市中里


Latest Articles
東京唯一の… 【やさいの食卓 八農菜】 Jul 25, 2021
いまも変わらぬ素朴な味 【内田酒まんじゅう】 Jul 24, 2021
夏の土用です 【うなぎ源八】 Jul 23, 2021
夏の休日 【ますも庵】 Jul 22, 2021
朝ラーふたたび 【十七代目哲麺】 Jul 20, 2021
あつがなついぜ! 【彩雅】 Jul 19, 2021
人と人が出会う… 【つむじ】 Jul 17, 2021
ゲリラ豪雨からの… 【鮮魚とゝや】 Jul 15, 2021
出口は見えるか…!? 【九州ラーメン いし】 Jul 13, 2021
4度目の宣言下で… 【鶏心】 Jul 12, 2021
おいしいそばを存分に 【手繰りや 玄治】 Jul 11, 2021
Vaccinationからの… 【桂花ラーメン 新宿ふぁんてん】 Jul 10, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2