fc2ブログ

月初め、辻に立つ市 ―2 【つむじ市】

2021.03.06

 (前記事のつづき) 

毎月第一土曜日は「つむじ市」の日。
府中街道久米川辻近く、“手仕事”と“食”をテーマとした地域の人と文化の出会い・交流の場「つむじ」に立つマーケットである。

出足が遅れ、野菜や惣菜はほとんど売れ、わずかに残っていたうどん弁当を2つ買う。


210306 tsumiji-38-2


庭に出たところに焼き芋の屋台が出ている。
うどんだけじゃ腹持ちが悪そうなので、ちょうどいいかも… ということで、少しお話を伺う。


210306 tsumiji-23


「つぼ焼き芋 ちょびまる」さんは、主にNPO法人HUGこどもパートナーズが運営する青葉町の地域の場「てまひま基地」で活動しているとのこと。

てまひま基地は“いのちやくらしを大切に考える場、親子も子どもも学生もシニアの方もどなたでも寄れる地域の場”を掲げ、全生園での外遊び、ピラティス、ECOサイクルなどを実施する施設。
その一環として、焼き芋の施設内販売が週1~2回のペースで行われている。


210306 tsumiji-24


焼き芋は、素焼きの壺の底に炭を敷き上から芋をつるして蒸し焼きにするつぼ焼き。昔ながらの手法で、甘さが凝縮しておいしく仕上がるが、時間がかかるので石焼きに取って代わられたそうだ。

「ちょびまる」さんはDIY感いっぱいのセットで手間ひまかけて焼いておられる。


210306 tsumiji-25


途中で芋をひっくり返し下からの熱を均一に当てながら焼き上がりに1時間。
一本一本、手をかけ時間をかけ炭でゆっくり焼き上げられた芋は、なんと幸せなことか \(^o^)/

五郎島金時400円と甘十露・紅はるか300円を買う。


210306 tsumiji-29


昼ごはんのうどんのあと、デザートに焼き芋。


210306 tsumiji-31210306 tsumiji-30


五郎島金時(写真左)はぽきっと割れて白っぽい肉質、栗のようなほくほく感とやさしい甘みがある。

甘十郎・紅はるかのきれいな黄金色!
ねっとりしっとりした食感と強い甘みは、スプーンですくって食べればスイーツ感覚♪


210306 tsumiji-36


「つむじ」は“地域の人と文化が出会い、豊かな交流が生まれる場”を標榜する。
今回も地域のボランティアの場とそこで活動する人たちの存在を新たに知った。


210306 tsumiji-26


[DATA]
つむじ
東京都東村山市久米川町4-34-6
http://tsumuji.life/





[Today's recommendation]

wachat210306-3.jpg




https://youtu.be/Wh60VmEOpCU



210306 tsumiji-39
清瀬市中里


人気の熱々麺、夏バージョンとは? 【笑顔】

2018.08.24

 3回連続のおすすめシリーズ。
今回、誰のおすすめかというと、いわゆるシェフのおすすめ。といっても、“料理人が通う店”とかじゃなく、シェフ自らの料理のselectionという意味。

久米川駅近くの中華料理店「笑顔(にこ)」で前回、四川麻辣麺冷やし中華と2日続けて華やかな麺料理をいただいたとき、ほかにも「これは…!」というおいしそうなお話をいくつかシェフ(店主)に伺った。


180824 niko-25


そのうちの一つが、ずばり“酸辣湯麺 夏バージョン”。
酸辣湯麺はこのお店の人気メニューの一つだが、そのアレンジ版と。
どう違うのか?


180824 niko-12


その前に基本事項として「酸辣湯麺」、このお店では“スーラータンメン”と読む。このブログでこれまで唯一取り上げているのが国分寺の名店「秀永」の酸辣湯麺だが、そちらは“サンラータンメン”。いずれ劣らぬ絶品麺ではあるが…。
どう違うのか?

違いません ∖( ̄^ ̄*)キッパリ!
単に発音がどっちとも聞こえるだけとか。
中華三昧とラ王の違い、との声も。


180824 niko-26


「笑顔」の冷やし中華に使われている平打ち麺の話の流れで、最近、酸辣湯麺に使ったら評判がいい、と店主が言う。季節的にちょっと違和感がある。
「夏場に酸辣湯麺じゃ、暑いんじゃないですか?」
「いや、麺を水でぎっちり締めるの。だからそれほど熱くないですよ」

それが酸辣湯麺 夏バージョン。


180824 niko-27


あらためて、どう違うのか?
レギュラーの酸辣湯麺は、タンタンメン用の細縮れ麺を使う。麺は締めない。アジアジ。
夏バージョンは、タンメン用の平打ち縮れ麺を使い、水で締める。ほどよいヌクさ。さらに黒酢を使ってコク・さっぱり感アップ。


180824 niko-14


というわけで、この夏のうちにぜひ食べてみたいと思いつつ気がついたら8月もあと1週間。あわてて食べに来た。


180824 niko-18


酸辣湯麺は、口の広い浅めの丼鉢での提供。
器にはたっぷりの餡。見るからに熱そう。上から白コショウとラー油がかかっている。けっこう辛そう。肝心の麺はまったく見えない。
箸を突っ込んで底のほうから麺を引きずり出す。おー、夏バージョンのびらびら麺が餡と絡んで、見るからにおいしそう。


180824 niko-51


ひと口すすると… たしかにそれほど熱くない。ただ、場所による温度差がある。
辛さはそれほど感じないが、酸味がいい感じに効いている。スープのベースは、基本味の昔風ラーメンか麻婆豆腐麺に使うだし汁かな…? それに具材にもなっている干しシイタケの香りとうま味。
具はほかに、豚肉、豆腐、卵、ハクサイ、タケノコ、キクラゲ、ネギ。


180824 niko-52


不思議な感覚だが、食べるにつれ熱さが増していく(笑)。餡の熱さが勝っている、と。
一心不乱に食べ進めると、やっぱり最後は汗だくになっている。


180824 niko-54180824 niko-53


もう1品は、Aランチ:昔風ラーメン+肉・キクラゲ・卵・野菜炒めライス800円。
はっきり言って、これだけでキッパリ2人分の量はある。


180824 niko-55180824 niko-56
本日のランチA。これで1人前!


「自分が食べるほうだから、つい量を多くしちゃう(笑)」と、以前ご主人は語っていた。
しかしこの炒め物、うまー!
オイリー感と鉄鍋の香りに白いご飯が進む進む。怖いほどススム ヾ(。> <) ヒエー…


180824 niko-24


結局、2人でよくこれだけ食べたなという量を完食。
僕のおなかは危険水域に…。


180824 niko-57


酸辣湯麺 夏バージョンは、いわゆるメニューに載っていない料理。
こちらのご主人は、確かな技術に加えて勉強熱心で、レギュラーメニューのマイナーチェンジやアレンジバージョンの開発も珍しくない。
もう一つ、麺料理の興味深いアレンジ版を教わっている。次回はそれかな。


180824 niko-17


[DATA]
笑顔(にこ)
東京都東村山市栄町2-10-9
https://www.facebook.com/menhannico/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/77G9VZSm5ZA



chat180824-22.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


Latest Articles
川越といえば、やっぱり 【喜多院 境内みやげ品店】 Oct 24, 2021
大正浪漫な芋ようかん 【味の店いせや】 Oct 23, 2021
門前〇〇そばシリーズ 【まことや 蓮馨寺】 Oct 22, 2021
鉄板の組み合わせ 【みんみん】 Oct 20, 2021
サッポロで朝ラー 【蝦夷】 Oct 19, 2021
人生初の…? 【山田うどん食堂 堀之内店】 Oct 17, 2021
ボリューム&ホスピタリティ 【一翆】 Oct 16, 2021
ニューノーマルな? 【らーめん しょういん】 Oct 14, 2021
甘いが贅沢なご当地グルメ 【新島田屋】 Oct 12, 2021
街歩きはじめました 【せいたろう】 Oct 11, 2021
一皿10ヶ○○円! 【珍来】 Oct 10, 2021
いまや貴重な… 【大龍】 Oct 08, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2