fc2ブログ

青春を懐かしがるシリーズ 【花蓮】

2022.04.16

 昨日で今月分の仕事が全部終わった。
いつもなら「終わったー!! ヾ(*>∀<)ノ ヒャッホー!!」となるところ、ダメージが大きくはしゃぐ気も起きない。
今年に入って仕事の状況が変わり、キャパオーバー気味である。
さすがにきつくなってきたが、来月以降どうなるだろう…。

一夜明ければ心配事も忘れて開放感いっぱいに。
久々に自転車で都心方面に出かける。


20220416 varen-3420220416 varen-35


はじめ新宿に向かっていたが、土曜日の新宿は人多すぎるだろうとなって、高田馬場に行き先を修正。
土曜日の学生街であり、(コロナ禍におけるオンライン授業の影響もあって?)人出は多くない。
馬場~早稲田は学生時代のホームタウンで、懐かし系のお店がけっこうある。
早稲田通り西早稲田交差点近くの中華料理店「花蓮(ファーレン)」もその一つ。


20220416 varen-1120220416 varen-12


このあたりはかつて神保町と並び称される古本街であったが、通り沿いはビル化してすっかり様相が変わった。
「花蓮」は(たしか)一軒家店舗だったが、マンション造成に伴いその1階に入居している。
何年か前に通りかかったときに、(姿は変わっても)まだ残ってるんだ…! と驚いた。


20220416 varen-1320220416 varen-14


ちなみにこちらには(たぶん)1回しか入ったことがない。
にもかかわらず懐かしいと感じるのは、このへんに住んでいて毎日のように看板を目にしていたから。
大学1年のときの下宿から、直線距離にして55m(笑)。


20220416 varen-1520220416 varen-16


あと店名。
こう書いてそう読むのか… と、インパクトが強かった。


20220416 varen-1720220416 varen-1820220416 varen-19


(たぶん)1回入ったときに食べたのが、広東麺のような麺料理だったと、かすかに記憶している。


20220416 varen-2020220416 varen-21

20220416 varen-2220220416 varen-23


店頭のショーケースに“特製花蓮麺”というのがあり、料理写真を見ると具だくさんな感じだし、店名が付いているしで、昔食べたのはこんな感じだったかも… とそれを注文。


20220416 varen-2620220416 varen-27


席は窓際で、外にはためく暖簾の“創業昭和四十五年”の文字が目に入る。
過去に入ったのはたぶん1980年で、ということはあの時点でまだ10年しかたっていなかったのか…。

いまのスタッフはホール係のおねえさんも厨房のおにいさんも若く、2代目(or more)であろう。


20220416 varen-2420220416 varen-25


特製花蓮麺は野菜たっぷりピリ辛麺。
ハクサイ、長ネギ、ニンジン、モヤシ、ピーマン、赤ピーマン、タケノコ、キクラゲ、鷹の爪、豚こま…。


20220416 varen-2820220416 varen-29


まあ、40年前にピリ辛というジャンルはなかっただろうし、昔こういうものを食べたとは思えないが、懐かしいという意味で強いて挙げれば中華鍋で炒めた香ばしさが懐かしい。


20220416 varen-39


意外にすっきりしたスープに、野菜の配合バランスがよく、たいへんおいしい麺料理であった。


20220416 varen-3020220416 varen-31


でも懐かしいかというと、やっぱり懐かしくない。
そりゃ店舗自体も人の代もかわってるんだから。


20220416 varen-37-220220416 varen-38-2


40年前、お店の脇の路地を入ったあたりに転がっていたゴムボールを癖で蹴り上げてそのへんの民家の敷地に落ちた、そのボールをいま探せば見つかるんじゃないかというくらい、一歩脇に入ればこのあたりは何も変わっていないという、そっちのほうが感慨深かったりする。


20220416 varen-3220220416 varen-33
下宿仲間とよくキャッチボールをしていた甘泉園


[DATA]
花蓮(ファーレン)
東京都新宿区西早稲田2-5-12





[Today's recommendation]

wachat220416.jpg




https://youtu.be/nZrRS261Edw



20220416 varen-407
帰りに偶然通りかかった


とんかつをめぐる点と線 【一力】

2019.07.13

 三鷹通りの武蔵野郵便局の前を走っていて、向かいの「割烹 一力」に暖簾が掛かっているのに気づいた。
このお店は夜しか営業していないものと思っていたので興味を引かれ、その先の横断歩道を渡って引き返した。

入り口の引き戸に“おすすめ定食”の品書きが掛けてある。
“やわらかとんかつ定食”の文字。
いろいろな思いが頭の中を駆け巡った。


190713 ichiriki-11


夜のみの営業と思い込んでいたにもかかわらず、この「一力」の存在はだいぶ前から認識していた。
昔よく入ったとんかつ屋と同じ名前だったからだ。


190713 ichiriki-13


しかし、こちらの看板は“ふぐ・うなぎ”。
業種がかなり違うのでたまたま店名が同じとしか考えたことはなかったが、“とんかつ”の文字を見て「もしや…?」と思ってしまったのだ。


190713 ichiriki-15


伊勢丹吉祥寺店(=F&Fビル、現コピス吉祥寺)の地下にあった「とんかつ 一力」は、吉祥寺在住時にいちばん頻繁に通ったお店の一つ。かすかな記憶では、同じF&F地下で一度移転したが、伊勢丹閉店(2010年)の5年ほど前に地下飲食店街が総入れ替えとなるまでは営業を続けていたと思う。F&F退去後の去就を知らない。


190713 ichiriki-16


こちら「割烹 一力」、お店のつくりは座敷席がメインのまさに割烹風で、座卓が4卓。
ほかに窓際の狭い通路の奥に3人掛けテーブル、カウンター5席。
カウンターの端の席に座り、やわらかとんかつ定食780円を注文。


190713 ichiriki-14


配膳台の向こうの調理場のご主人とホール係のおかみさんをチラチラと、何度見直しても見覚えはない。
そりゃそうだ。ふぐ・うなぎの割烹では、とんかつ屋からの転身には技能のタイプが違いすぎる。
だいいちお店の匂い。久米川「ながしま」や閉店した東久留米「浜波」などと同じ、長年魚を扱ってきた料理屋特有の匂いが染み付いている。
ここは魚と豆腐の揚げ出しやサバ塩焼きを頼むのが正解だったんだろうな… と、ひとり苦笑。


190713 ichiriki-17190713 ichiriki-18


やわらかとんかつ定食は、思ったよりはるかに充実した内容だった。


190713 ichiriki-19


メインの皿の付け合わせ野菜はキャベツ・ニンジン・紫キャベツのミックス、マカロニサラダは魚肉ソーセージ入り。十分厚みのあるとんかつは、やわらかで食べやすい。みそ汁は豆腐とワカメ。
そして小鉢が3つも。白菜漬けとキュウリのぬか漬け、大根葉とジャコのおろし和え、酢みそ和えはこんにゃくかと思ったら、おきゅうと。
これだけおかずがそろっていたらご飯が足りなくなりそうだが、ちょうどいいバランス… というくらい、つまりご飯がかなり多い。
これで780円。おそれいりました <(_ _)>


190713 ichiriki-25


「昔、吉祥寺に同じ名前のとんかつ屋があったんですけど…」
違うとは思ったが一応聞いてみた。昔そういうことはできなかったが、年をとると厚かましくなる。

はじめまったく知らない様子だったが、伊勢丹地下と言うとお二人とも徐々に記憶が蘇っていったようだ。
「ほら、同じ名前のお店があるよって言ってたじゃない」とおかみさん。
「うちが始めた平成3年にはまだあって、いつの間にかなくなってましたね…」とご主人。「いまどこにあるんですか?」
「それがわからないんです」と僕。「表にとんかつって出てたから、もしやと…」


190713 ichiriki-12


「おいしかったんですか?」
「おいしかったんです。でもこっちのほうがもっとおいしいです」と、こういうことも、若いころは絶対言えなかったよなぁ…(笑)。
「ありがとうございます(笑)」と、一見近寄り難い職人オーラのご主人、話してみればすごくgentleで。

時を経て感動の再会、とはいかなかったが、おかげでとてもいいお店と出会うことができた。


190713 ichiriki-21


[DATA]
一力
東京都武蔵野市中町3-3-1





[Today's recommendation]

wachat190713.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/mXtE2Rku7AE


駅前の王道中華 【正来】

2017.03.20

 東村山駅西口の古びた中華屋さん。「西口店」となっているからかつてほかにも店舗があったんだろうけど、まるで思い浮かばない。っていうか、この現存の店自体、僕は最近まで認知していなかったように思う。
市内の中華屋・ラーメン屋完全制覇を目標に掲げた時点でこの店は浮上してきた。そして今回、その目標の一定の区切りとなった。もちろんわしの偏狭な基準で店を取捨選択しているのだから“不完全”もいいとこなんだが。


shorai36.jpg


お店のおかあさんに迎えられる。僕らのほかに客はない。
床に老酒のかめが並んでいる様子とかから、夜利用が多いのかもしれない。
店内は予想どおり年季が入っている。座席はレザー調のソファ仕様だ。


shorai31.jpg


“お二階へどうぞ”の張り紙。これは予想外だ。
突然若い男性が現れてそのお二階方面へ消えた。ちゃんと跡取りのいる親子2代での経営なんだろうか。


shorai32.jpg


僕は五目メン800円。
具はハクサイ、ニンジン、ピーマン、タケノコ、キクラゲ、かまぼこ、ナルト、伊達巻き、ウズラ、豚こま、チャーシューの11種類。かまぼこ、ナルト、ウズラが各2で、何だか得した気分になる。
塩味のあっさりスープで、実に懐かしい味わい。中学生のころデパートの食堂でこういうの食べたのを思い出した、ってぐらいに懐かしい。


shorai34.jpg


中華丼750円(妻)の具は五目メンとほぼ同じで、伊達巻き抜いてギンナンとフクロタケを追加。
こちらは甘め・ごま油風味のしょうゆ味。お手本のような中華丼である。


shorai35.jpg


あとで入ってきた年配女性客のところに、ナスのミソ炒め定食ご飯少なめが運ばれてきた。
「ご飯多いかしら?」
「うーん… 多いわね」
「じゃ減らすから少なかったら言ってね」
と、気配りがすごい。
この店はこのようなワンプレート定食が充実している。

BGMは洋楽のインストゥルメンタル。ボズ・スキャッグスメロディをバックに中華メンって、なんか昭和の土曜のお昼っぽいとふと思った。


shorai33.jpg


[DATA]
正来
東京都東村山市野口町1-11-3







https://youtu.be/xi-GDD8yFyo


Latest Articles
古民家で釜めし&串焼き 【六左衛門】 Oct 03, 2022
武蔵野うどん究極形 【小平うどん 小平本店】 Oct 02, 2022
答えは変わらない! 【村山ホープ軒 東大和店】 Oct 01, 2022
街道沿いの中華屋さん 【宝来】 Sep 29, 2022
手づくり感いっぱいな埼玉銘菓 【高橋売店】 Sep 28, 2022
国史跡の奇観岩山 【吉見百穴】 Sep 27, 2022
昭和の観光地食堂そのままな 【松音屋】 Sep 26, 2022
そうだ 茶屋、行こう。 【厄除けだんご どびんや】 Sep 26, 2022
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2