fc2ブログ

風が吹けば… 【村山ホープ軒 本店】

2024.01.16

 朝イチで仕事が2本アップされ、これでこちらの仕事の今月分はおしまい。
11時までに終わらせ、眼科クリニックへ。
本当は仕事の憂いなしの明日を予定していたが、点眼薬が切れてしまったので。

こちらの医院は経験上、朝の開院直後より午前終わりごろのほうがすくのでちょうどいいタイミング… と思ったら、えらい混んでいる。
待合室で長く待つ間、とりとめなく思考を巡らせ、ハタと思い至った。

風が吹けば……


20240116 murayama-hope-11


前記事に書いているように今日が季節風のピークで、朝から猛烈な北風が吹きまくっている。
北多摩北部にはいまだ畑作地が多く残されており、関東ローム層の粒子の細かい粘性土は乾燥する冬場、風が吹けばたちまち土ぼこりとなって舞い上がり…

――ある事によって、まったく無関係と思われるところに影響が出る、また、とてもあてにできそうもないことに期待をかけるたとえ。強い風によって砂ぼこりがたつと、砂ぼこりが目に入ったために盲人がふえ……(ことわざを知る辞典「風が吹けば桶屋が儲かる」より)

風が吹けば桶屋ももうかるかもしれないが、川上に位置する目医者や目薬屋は経済原理的にもっともうかっているはずで…。
それで今日こんな混んでるのかぁ (* ̄∇ ̄)ノシ

本題と無関係な前振り終了。


20240116 murayama-hope-12


眼科のあと自転車で、気になる案件のある「イオンモールむさし村山」へ。


20240116 murayama-hope-14


帰りに「村山ホープ軒 本店」に寄る。


20240116 murayama-hope-13


ラーメン820円をポチッとな。


20240116 murayama-hope-15


いわゆる“東京背脂豚骨醤油の始祖”(吉祥寺ホープ軒本舗)の娘婿? という血筋のこちら。系統の中でも豚骨の風味が強いのが特徴とされる。
そのへん、ゆらぎが大きく、行くたびに印象が変わるような気がしないでもない。


20240116 murayama-hope-16

20240116 murayama-hope-1820240116 murayama-hope-19


こちらは1年ぶりだが、1年前の記事の書き出しが“夜のうちに仕事が2本アップされており、これで今月分はおしまい”で、本日とほぼ同じ状況ということに驚く。
日付も1日違いで、もしかしたら365日だいたい同じようなことを繰り返してるんじゃなかろうか。


20240116 murayama-hope-17


人生は原因と結果の法則に従ってつくられているという。
風が吹けば… やっぱり桶屋がもうかる?🤔


20240116 murayama-hope-20


[DATA]
村山ホープ軒 本店
東京都武蔵村山市学園3-59-2





[Today's recommendation]


https://youtu.be/UqDfDTp1ICw?si=UnRKcZACoAZNHPHH



wachat240116.jpg





肉けが欲しい 【焼き鳥野島】

2023.06.22

 夕方、秋津の「焼き鳥野島」へ。


20230622 nojima-11


昼ごはんが上品だったので、ワイルドな肉けが欲しかった。


20230622 nojima-12


あと、激安。
普通の焼き鳥の数倍のサイズでオール100円。
この円安・物価高の情勢下においてありがたい限りである。


20230622 nojima-13


ねぎま・かしら・レバーをタレで、はつ・たん・地どり・とり皮を塩で。
これで700円❣


20230622 nojima-14


焼き鳥は店によって部位と呼び名の関係が微妙に異なるので、注文はヤマカンである。
今回の注文の良しあしによってこの店の頼み方がだいたいわかったので、次回以降はそうなるであろう。


20230622 nojima-15

20230622 nojima-16


名物的おかあさん… もとい、おねえさんの姿がなかったが。。。
ちょっと寂しい。


20230622 nojima-17


[DATA]
焼き鳥野島
東京都東村山市秋津町5-8-1





[Today's recommendation]


https://youtu.be/UlfbmAu1_ww



wachat230622-33.jpg



20230622 nojima-18
ネジバナ Spiranthes sinensis var. amoena / 小金井公園


“ユルい”がうれしいフランチャイズ店 【くるまやラーメン 清瀬店】

2023.02.07

 「くるまやラーメン」の味噌ラーメンには中毒性があり、ときどき食べたくなる。
1年に3~4回は食べたくなる。
で、それくらいのペースで食べているが、ブログ記事にはなっていない。
いつからかこのチェーンが店内撮影禁止になったからだ。

そういうルールには当然従うが、もはや日記のようになっているブログ記事を書けないというモヤモヤ感はある。


20230207 kurumayaramen-34


ところで、「くるまやラーメン」の店舗には直営店とフランチャイズがあり、フランチャイズはメニューの縛りがゆるいといわれている。

――直営店舗は、全食材が本部供給の統一品となっている。フランチャイズ店舗は、麺と味噌ラーメンの味噌、くるまや特製油(落花生油)が利用必須の食材で、その他は各店舗の裁量に任されている。「くるまやラーメン」Wikipediaより、最終更新2023年2月18日11:39)


20230207 kurumayaramen-32


このあたりでいえば清瀬店がたぶんフランチャイズで、一度入ったことがあるが、たしかにメニューが他店や公式HPとずいぶん違っていた。
ということは、コンプライアンス方面も独自運用ということもありうるかも… と、ふと思った。


20230207 kurumayaramen-40


ということで、約4年半ぶりの「くるまやラーメン 清瀬店」。


20230207 kurumayaramen-4220230207 kurumayaramen-43


ランチメニューというもの自体、すでに独自路線だ。
直営店にはないチャーハンとカレーライスで迷ったが、餃子も食べたいのでAラーメン+チャーハン+餃子に。
味が選べるラーメンは、もちろん味噌に。


20230207 kurumayaramen-46


Aセット来る。

「写真、撮らせてもらっていいですか?」と聞いてみる。
「はい、大丈夫です」と、おねえさん。
「ほかのお店はダメみたいだけど…?」
「いえ、ぜんっぜん大丈夫です!」


20230207 kurumayaramen-35


ペット同伴、未就学児の入店、大声での会話、etc.… 自分とは無関係の事柄であっても、“禁止”“お断り”などの文言を突き付けられると心休まらないものがある。
禁止だらけのコロナ禍において、この“ぜんっぜん大丈夫!”対応には救われる思いがしたのであった。


20230207 kurumayaramen-37


さて、Aセット――
普通、ラーメン+チャーハンといったら“半チャーハン”と、無意識のうちに考える。


20230207 kurumayaramen-38


が、このチャーハン、どう見てもフルサイズだ。
ラーメンはもちろん1人前。
餃子6個も付いてる。


20230207 kurumayaramen-39


ただひと言、食べすぎでしょう (〃 ̄ω ̄〃ゞ


20230207 kurumayaramen-45


チャーハンはぱらぱらな仕上がり&チャーシューごろごろで、かなりおいしい。
餃子も直営店より大きめかな、なかなか食べでがある。

満足度は、高い。
満腹度は、もっと高い ∑(; ̄□ ̄A


20230207 kurumayaramen-36


必然的に、「くるまや」の味噌ラーメンが食べたくなったら清瀬店ということに今後なろう。
次はFセットかな…。
ただし、体調万全なときに限る(笑)。


20230207 kurumayaramen-33


[DATA]
くるまやラーメン 清瀬店
東京都清瀬市元町2-24
http://www.kurumayaramen.co.jp/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/L2E2DpWO3-Y



wachat230207.jpg



20230207 kurumayaramen-47


普通・薄めで! 【武道家 吉祥寺店】

2023.01.18

 吉祥寺は家系ラーメン激戦区なんだそうだ。
自分のいいかげんな記憶でも、たしかに吉祥寺または武蔵野市は多摩地区における家系ラーメンの先駆け的エリアであった。


20230118 budoya-11
「武蔵家」(手前右)と「武道家」(正面左)の位置関係


「大山家」1997年、「武蔵家」1999年、「洞くつ家」2003年…。
家系ラーメンがようやく東京都心に進出し始めたというような時代であったと思う。


20230118 budoya-12


それら先行組と並び称される人気店が「武道家」。
ずっと気になる存在だった。


20230118 budoya-13


「武道家」は早稲田に本店を構え、中野や成城学園前などに系列店を展開する一大勢力らしい。
吉祥寺店は井ノ頭通り沿いにあり、50m圏に「武蔵家」とチェーン系「吉祥寺家」があるという、たしかに激戦区。
井ノ頭通りと駅南口に向かうバス通りに挟まれた狭いエリアで、両方に入り口があるのは強みだと思う。


20230118 budoya-14


ラーメン並700円をポチッと。
お好みは“味薄め”。


20230118 budoya-15


いまや当たり前のように行き渡っている、麺の硬さ・味の濃さ・油の量など、客の好みに合わせて微調整するスタイルをつくったのは家系。

ゆで加減は“硬め”で頼む人が多く、いつも“普通”の自分はあとから入った客にどんどん抜かされることになる。
それから“味薄め”コールは自分以外に聞いたことがない。
――というように、家系の店では異なる時空に飛ばされたかのような感覚に陥るワタクシ。


20230118 budoya-16


10分近くかかって、ラーメン来る。
ウェーブのかかった太麺。具はチャーシュー、のり3枚、ホウレンソウ、ネギ。
家系ラーメンの基本形である。


20230118 budoya-17


スープをひと口…
うん、濃い。
麺をひとすすり…
うん、硬い (;^_^A


20230118 budoya-18


そうなのだ。家系に限らずいまどきのラーメンは硬めで濃いのが標準。
僕の好みからすると硬すぎ・濃すぎで、だから“普通・薄め”という注文になる。


20230118 budoya-1920230118 budoya-20


それにしても、こちらの味は相当に濃い。
薄めでこれなんだから、味濃いめはいったいどうなるのか。
あとで調べると超濃厚が売りなんだそうだ。なるほど…。
もはや自分の踏み込むべき領域ではないのだろう。


20230118 budoya-21


自己責任といえばそうだし大きなお世話だが、国民医療費の将来見通しなどに思いを致せば、このような傾向はいかがなものか、日本高血圧学会などに見解を伺いたいものである。


20230118 budoya-22


[DATA]
武道家 吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-5-11
https://mobile.twitter.com/kichijoji0829





[Today's recommendation]


https://youtu.be/WFsAon_TWPQ



wachat230118.jpg


逆境のもと… 【ホープ軒本舗】

2022.07.06

 前記事の続きじゃないが、新小金井街道を越えてしばらく走ると…

という書き出しだと1日に2杯も3杯もラーメン食べたような錯覚に陥って面白いから、続けます(笑)。

…新小金井街道を越えてしばらく走ると武蔵野市に入る。
猛暑でなまった身体をしばく目的の自転車乗りで、最初の目標設定が武蔵野市吉祥寺。


20220706 hopeken-32


夜間、台風4号崩れの低気圧による雨が予想されていたが、低気圧の進路が予想より南にずれ関東陸地にまとまった雨雲はかからなかったため、降雨による冷却効果が得られず、異常に蒸し暑いまま。
ちょっと日が差しただけで暑さマックスで、自転車で出かけていることを後悔させられたりもする。


20220706 hopeken-43


吉祥寺にも人気ラーメン店はいろいろあるが、ざっと見た感じ、どちらも客入りがよろしくないようで。
人出も普段より少なく、ストレートに猛暑の影響と思われるが…。


20220706 hopeken-33


吉祥寺といえば「ホープ軒」。


20220706 hopeken-34


中華そば750円をポチッとな。


20220706 hopeken-35


で、いつものように食べて、食べ終わって、なんかあっけない。
麺の量、減った…?


20220706 hopeken-36


あとでメニュー看板を見ると“大盛り無料”というのがある。
以前は、“もともと量が多いので大盛りはありません”というスタンスだったので、デフォルトの量を減らしたものと思われる。


20220706 hopeken-37


あっけないと書いたが、逆にいえば毎回けっこう苦労していて、そこまで要らないのでこれくらいの量でちょうどいいかも。
小麦価格の高騰などと無関係ではないと思うが、食品ロス削減のためにも大事な取り組みだと思う。
伸びやすい麺でもあるので、よい状態のまま食べ終われて、むしろ好印象とも。


20220706 hopeken-38


ときに、12:45という普通は混んでいて入れないような時間帯。
たまたますいているから入ったが、食べている間にさらにお客が引けていき、最後は自分1人という信じ難い状況に。
これもおそらく猛暑の影響。


20220706 hopeken-3920220706 hopeken-40


異常気象はたまたまだが、それにしてもコロナ以降のこの悪循環は何なんだろう。


20220706 hopeken-31
たぶん初めて目にする客ゼロの「ホープ軒本舗」


[DATA]
ホープ軒本舗
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-14-12





[Today's recommendation]

wachat220706.jpg




https://youtu.be/EaCHGqyD45E



20220706 hopeken-41
ノカンゾウ / 玉川上水


人気急上昇! 進化する絶品麺 【笑顔】

2018.04.20

 久米川駅近くの中華料理店「笑顔(にこ)」のFacebookなどのお店紹介には、「北京飯店や福臨門で経験を積んだ店主が腕を振るう、麺とご飯の専門店」とある。
北京料理も広東料理も修業した、ということかと思う。
たしかに、地域に根差したお店ながら、昔ながらの中華屋さん、いわゆる“街中華”とはひと味もふた味も違う料理を出す、ちょっと珍しいタイプのお店である。
さらに、一番人気は四川担々麺なので、系統的にはかなり柔軟。


180420 niko-60


そもそも、いま現在、地域に根差した存在ではあるけれども、そんな昔からあったわけでもなかったはずだが、にもかかわらず店主が平気でこの街の昔話をしている場面に出くわすあたりに、お店の来歴が見え隠れする。

やはりSNSの店主あいさつに、「先代の『二幸(にこう)』から店を継いて『笑顔(にこ)』としてスタート」とある。
「笑顔」のオープンは2003年だが、それ以前に先代時代の歴史があるということ。
ちなみに「二幸」はこのあたりの中華店の屋号で、ほかに小川、鷹の台とあった。鷹の台のみ現存する。


180420 niko-14


その多様性に裏打ちされた独創的特徴がよく表れている一品が、麻婆豆腐麺だと思う。
和風とも思える優しいしょうゆスープをベースに、四川系とはちょっと違う甘辛い麻婆豆腐がかかる。異質な味覚要素が食べ進むうちに融合していくというもの。
料理説明に「常連さんの裏メニューから誕生」とあるように、比較的新しいメニューで、出し始めのころはメニュー表に載っていなかった。


180420 niko-55


1時50分。午後休憩10分前なので手間のかかる麺料理は気がひけるが、「麻婆麺、大丈夫ですか?」と尋ねるとおかあさんは快く受けてくれた。


180420 niko-17


ところで、お店のFacebookに値上げのお知らせが載っている。仕入れ価格の全体的な上昇が理由だが、とりわけ高品質なものを多く使っている調味料の高騰がコストを圧迫しているとのこと。
調味料の一例を挙げると、しょうゆはヒゲタの本膳、みそは仙台の高砂長寿味噌、ゴマや油は九鬼または岩井、山椒は高知の仁淀川産、花椒は四川省の漢源産、豆板醤は郫県産…。


180420 niko-18


以前、担々麺を食べたとき、店主が仁淀川山椒の説明をしてくれた。
「鰻屋なんかで使うやつで、高いから、ラーメン屋じゃとても使えない(笑)」

Facebookには運用者である息子さんの苦渋の思いがつづられているが、今年はそういう流れだからしょうがないし、個人店の場合、値上げとなると逆に、もっと食べに来なきゃ… と思ってしまうのだ。
値上げは5月から、約50円ずつとのこと。


180420 niko-22


麻婆豆腐麺900円。トレーには香辛料3種。
食べ始める前に店主が厨房から、
「前はうち、担々麺ばっかりだったけど、最近これもよく出るんですよ」
「僕も前は担々麺ばっかり食べてました(笑)」
「普通に作ってありますから、それで辛くしてください」
香辛料は、ホールの山椒(仁淀川産)、パウダーの山椒、粗びき唐辛子。


180420 niko-12


麻婆豆腐麺は汁少なめ、麻婆のあん多めに変えたとのこと。
見た目、黒っぽい麻婆は、豆鼓や甜面醤がたっぷりでけっこう甘め。干しシイタケやニンニク、ニラなど、複雑な風味。
塩気の強いベースのスープと、甘いあんのコントラストがくっきりしている食べ始めが好きで、混ざってくるとどうしても甘味が勝り、個人的には汁そばとしてはどうか… という感じも若干あった。
その麻婆を増やしたらもっと甘くなるはずだが、不思議なことに甘さが全然気にならない。だから比率を変えたという単純な話でもなく、プロの手によって完成度が高められているということだと思う。


180420 niko-56180420 niko-57


「ベースは昔風ラーメンですか?」と、前から思っていたことを質問してみた。
「いや、あれよりもっとあっさりしたやつ」と店主。
素人考えでは及びもつかないのである。


180420 niko-58


これはこちらの看板メニュー、四川担々麺に肩を並べる絶品麺といっていい。
「まだ研究途上なんですけどね」と店主。
向上心に脱帽。


180420 niko-21


[DATA]
笑顔(にこ)
東京都東村山市栄町2-10-9
https://www.facebook.com/menhannico/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/kVjKBI5zdxQ



chat180420-22.jpg


Latest Articles
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
未踏ルートへ ――高尾山4・5号路 Apr 09, 2024
まずは腹ごしらえ😅 【曙亭】 Apr 08, 2024
桜と同じ半月遅れの ――高尾山登山道 稲荷山コース Apr 07, 2024
赤ずきんといえば 【赤ずきん 久米川店】 Apr 04, 2024
活力の源 【九州ラーメン いし】 Apr 03, 2024
踏切ぎわのだんご屋さん 【みや古だんご】 Apr 01, 2024
生気の補充 【山田屋 十二社】 Mar 31, 2024
ネオたぬき… とは 【cafe222】 Mar 29, 2024
ファンタジック食堂街 【道の駅 和紙の里ひがしちちぶ フードコート】 Mar 28, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2