FC2ブログ

どこか懐かしい… 【ドンキホーテ】

2021.03.14

 前記事の続きで、田無神社の北参道を出ると(新)青梅街道。
家まで歩く計画である。

「震災になったとき歩いて帰る練習だね」と相方。
そういう意識はなかったが、防災ウィークであり、青梅街道~新青梅街道は都心から自宅方面に向かう最短ルートである。


210314 donquijote-11
北原交差点


「新宿からひたすら青梅街道を歩けばここに来るから、あそこ(北原交差点)を左に行けば『綿半』とかのあたり」
「所沢のほうに行っちゃだめなんだね」
「いや、そっち行ったら『シマホ』で、まあどっちでもいいってことだけど」

実際に歩いたコースは↓↓で、車の多い道を避けるのがワタクシ流。


210314 donquijote-map3-3210314 donquijote-map3-2
© OpenStreetMap contributors


田無神社を出たのがだいたい11時で、正午すぎに滝山の商店街に差し掛かる。


210314 donquijote-12


腹が、減った……


210314 donquijote-13210314 donquijote-14


街外れの長屋の一角のおいしそうなサンドイッチの並んだショーケースにふらふらっと引き寄せられたのでありました。


210314 donquijote-25


「ドンキホーテ」はサンドイッチ屋さんのイメージが強いが、中は立派な喫茶店になっている。
カフェじゃなく、喫茶店。


210314 donquijote-15210314 donquijote-16


昭和感満載の軽食メニューが感涙モノ。
サンドイッチ、トースト、スパゲッティ、カレー、ピラフ…。
パスタじゃなく、スパゲッティ。

いままで気づかなかったが、これら軽食メニューもテイクアウトできるようだ。


210314 donquijote-17210314 donquijote-18


買ったのはサンドイッチで、ヤサイ、タマゴ、ハムカツ、フルーツ。


210314 donquijote-20


2個セットだが、ヤサイとタマゴは2個で微妙に具が違う。ラップはかわいいテープで留められ、一つ一つていねいな手づくり感が伝わってくる。


210314 donquijote-26210314 donquijote-27


薄くややぱさついた食パンが郷愁を誘う。
逆にハムカツのハムは厚みがあって、個人的見解として昭和的でないが、酸味の強いソースが懐かしい。
フルーツサンドは缶詰ミカンと生クリームの簡単スイーツ感覚。生クリームは甘さ控えめでさっぱり味に仕上がっている。


210314 donquijote-23210314 donquijote-24


8.8km歩いたあとということもあって量的に物足りないかと思ったが、最後にデザートで糖質を補給することで、不思議と満足感が得られるのである。


210314 donquijote-22


[DATA]
ドンキホーテ
東京都東久留米市滝山4-12-15





[Today's recommendation]

wachat210314-22.jpg




https://youtu.be/bNLJbD_Oitk


惜しみなく、中トロ 【柴源】

2021.02.26

 東久留米卸売市場の水産卸「柴源」に海鮮丼を買いに行った。
朝に見たインスタ投稿の写真がおいしそうで、辛抱たまらなくなった。


210226 shibagen-21


そりゃそうだ。
「柴源」に買いに行くと、久米川あたりの和食店の大将やおすし屋さん、ほかにも見覚えのある板さんに必ずといっていいほど出くわす。
魚のおいしいお店の仕入れ先だ。おいしくないはずがない。


210226 shibagen-24


写真を撮らせてもらっていると、
「SNSで宣伝してくださいよ!」と売り場のおっちゃん。
「いや、宣伝になるかどうか…(笑)」


210226 shibagen-22210226 shibagen-23


ということで、インスタの原稿、いつもよりちゃんと書きました(笑)。


210226 shibagen-25


宣伝になっているかどうか、コピペ↓↓

#東久留米卸売市場 の水産卸#柴源 さんの海鮮丼
特丼800円と中とろ丼600円

市場公式インスタ投稿を見て、どうしても食べたくなって買いに行った。近所に市場があるって、ありがたいね👍 一般客にもとっても親切😽

#中とろ丼 が600円。#大事なことなので2回言いました
#特丼 も中トロたっぷり、おいしさ世界一❗️



210226 shibagen-26


「柴源」さんはさすがというか対応が早く、「リポストさせていただきました」と。


210226 shibagen-41
210226 shibagen-40


リポストって何だべ…? というくらいいまだインスタ慣れしていないワタシ。ああ、こういうことかと。
初リポスト、ありがとうございます <(_ _*)>


210226 shibagen-28


中とろ丼は中トロすき身がどっさり。特丼もメインは中トロ。いっぺんに中トロをこれだけ食べることはめったにない。
2つで1500円でお釣りが来たと。
大満足 (≧∇≦)b


210226 shibagen-39


[DATA]
柴源
東京都東久留米市下里5-12-12 東久留米卸売市場
https://www.instagram.com/yukio_mishiba_shibagen/





[Today's recommendation]

wakacha210226.jpg




https://youtu.be/DygedGhVHRU
昼に食べているときテレビで流れていた曲(の原曲)。本放送は明日(2/27)らしい



210226 shibagen-29
網の目の雲


まじぇまじぇがおいしい! 【百帝園】

2020.05.14

 4月後半の消費動向を表す指数で“外食産業”は感染拡大前に比べて71.9%減… と昼のニュースで報じていた。通常の景気循環ではありえないような大きな変化が起きており、消費回復には時間がかかるだろう… とも。
テイクアウトによる飲食店応援がまだ足りないんじゃないかと焦らされるが、かくいうワタシも今月の売り上げが……
いやー、こまった (ーヘー;) ウーム…


20200514 hyakuteien-11


この間の飲食店の対応はさまざまだが、いいとか悪いじゃなくどこも苦渋の決断には違いない。通常営業を貫くにも覚悟が要ると思うし。


20200514 hyakuteien-12


東村山本町商店街の焼き肉店「百帝園」は緊急事態宣言が発令された4月7日から5月6日まで1カ月間休業した。
それだけに、Instagramで5月7日の営業再開の告知を見て、早いうちに行ってみようという気にさせられる。


20200514 hyakuteien-13


で、再開から1週間後に伺ったんだが、なんと、たくさんお客が入っているのである。こちらはかなり固定客がついているようなのだ。
そりゃあ、おいしいからね。
それと、広々していて席がゆったり配置してあるのでソーシャルディスタンスの観点からも安心感がある、というのが大事なポイント。


20200514 hyakuteien-14


メニューがいまひとつわからなかったので直接伺ってテイクアウトをお願いすると、快く応じていただいたが15分ほど待つことになるので、電話予約するのがよいでしょう。


20200514 hyakuteien-15


韓国のり巻き580円、ビビンパ780円、ビビン麺880円を注文(外税8%)


20200514 hyakuteien-16


ビビンパは、ご飯(目玉焼きのせ)とアタマが別盛り仕様。
ビビン麺は、オン・ザ・麺にトッピング。


20200514 hyakuteien-17


どっちにしろビビン(まじぇまじぇ)するので一緒だが、ビビンパのナムルはわかるがレタスの扱いにちょっと迷う。まあビビン麺にもレタスがのってるので、これもまじぇまじぇだ。
コチュジャンを加えつついただけば、まいうー♪


20200514 hyakuteien-18


ビビン麺ははじめから麺が真っ赤で、らいかー (>▽<;;


20200514 hyakuteien-21


冷麺の麺は伸びにくくテイクアウトに向くと思った。特に汁なしのビビン麺なので、最後まで強烈なコシが楽しめる。
手にずっしりくるボリューム感も特筆もの。


20200514 hyakuteien-1920200514 hyakuteien-20


ということで、今回の3品は食べきれないほどの量であった。

でも、つい1カ月前に初めて食べて魅了された韓国のり巻き(キムパ)、ちょっとしたマイブームになりそう。
これもさまざまな具が口の中で渾然一体となっていく“ビビン”の感じがおいしいのだ。


20200514 hyakuteien-22


韓国料理は野菜がたくさんとれるので、テイクアウトが続いて栄養が偏りがちというときに組み込むといい。


20200514 hyakuteien-23


[DATA]
百帝園
東京都東村山市本町4-12-3





[Today's recommendation]

wachat20200514.jpg




https://www.youtube.com/watch?v=yG2bfnfzn-U


ご近所さん御用達は良店の証し 【中華料理 しまむら】

2020.02.09

 久米川駅北口から花小金井方面へ散歩。
久米川北口商店街からそのまま線路沿いに下って小平霊園へ。霊園を突っ切り、正門から出て表参道を小平駅へ。ホーム西の踏切を渡って南口ロータリーから多摩湖自転車歩行者道に入り、そのまま緑道をひたすら南東へ、花小金井駅南口まで。

これで約4.9km。昨日の倍以上の距離である。
このコース設定が賢明でないのはちょっと考えればわかることで、北西の季節風の強いこんな日に南東にひたすら進んだら…。帰りのアゲンスト強すぎ… ΣΣ (ゝω …

「腹が、減った……」
駅舎を通過して飲食店の多い北口へ。


20200209 shimamura-11


中華料理店「しまむら」は約3年ぶり。


20200209 shimamura-12


ホール奥側のテーブルをくっつけて大人数の宴席らしい準備が整っていて、面食らわされた。
「大丈夫です?」
「大丈夫ですよ」とお店のおばちゃん。
「もう始まっちゃう感じ?」
「うーん。そろそろ来てもいいころだけど、ボウリングのお客さんだから時間がはっきりしないのよ。騒がしいのが嫌でなければ…」
まあ別に、さっと食べるだけだから。


20200209 shimamura-14


このお店に入るのは日曜日と決まっている。なぜか必ず日曜日。
テレビで必ず『NHKのど自慢』が流れていて、あ、そうか… となるのだ。


20200209 shimamura-15


あと、このお店では必ずランチ600円を注文することになっている。
ランチは、トンカツ、エビフライ、目玉焼き、ハム、マカロニサラダの盛り合わせのワンプレートごはんである。
…と、さらっと書いているが、それで600円。
すごくないですか?


20200209 shimamura-18

20200209 shimamura-19

20200209 shimamura-20


ほかのメニューもおそろしく安く、ざっと挙げるとラーメン、ワンタンが400円、カレーライス、チャーハンが450円、チキンライス、玉子丼、ハムエッグライス、もやしソバ、みそラーメン、タンメン、ソース焼ソバ、堅焼ソバが500円、中華丼、ハンバーグライス、ワンタンメン、広東メンが550円と、1CL(ワンコインランチ=支払い額550円以下の食事メニュー)が16品もある。


20200209 shimamura-16
20200209 shimamura-17


そしてこの値段、3年前とまったく変わっていないのである。
消費増税を挟んでいるので、実質値下げ。もともと激安なのに、値下げ。
すごくないですか?


20200209 shimamura-21

20200209 shimamura-22


もう一品は五目ソバ600円。
五目ソバの具は、ハクサイ、タマネギ、ニンジン、干しシイタケ、チャーシュー、豚コマ、ハム、カマボコ、ナルト、ゆで卵、卵焼き、ノリ… の10種類以上と、これも600円とは思えない内容だ。
僕のイメージする五目ソバ(五目中華・五目ラーメン)は、澄んだ清湯スープだが、こちらのスープは白湯。マイルドでやさしい味わいである。


20200209 shimamura-23


食べ終わるころ、予約客の先陣が来店。驚くことに小さいお子さんを連れた若いお母さんだ。てっきりベテラン軍勢と思っていたが…。
何世代にもわたって愛され続けてきたであろう駅前中華の実力の一端を垣間見る思いがした。


20200209 shimamura-13


[DATA]
中華料理 しまむら
東京都小平市花小金井1-12-1





[Today's recommendation]

wachat20200209-22.jpg




https://youtu.be/H7HmzwI67ec



20200209 shimamura-24
小平市大沼町


みちのく行き当たりバッタリ ((o_ _)o ――その⑩ 【お食事処 あべ】

2019.04.30

 平成最後の夜はJR羽越本線 鶴岡駅近くのビジネスホテル。
「スーパーホテル山形・鶴岡」は1泊朝食付き、終夜開放の天然温泉完備で1人5500円とたいへんリーズナブル(一部屋2人利用の場合)。
日中、何度も雨にぬれたので、まずはお風呂。それから夕ごはんに街に出かける。


190430 abe-11
JR鶴岡駅


なんとなく海岸沿いのイメージで魚介を食べるつもりになっていたが、ちょっと歩いただけでも、それっぽくない。魚臭さや潮臭さとは空気の組成が異なるのだ。
ちなみに鶴岡市の主要産業は、稲作、だだちゃ豆、庄内柿、民田茄子、温海かぶなどの農業と、温泉および出羽三山による観光業とのこと。


190430 abe-12190430 abe-13


それでも調べてあったのは魚がおいしいと評判らしい居酒屋。
そこに入ろうとしたら2~3軒向こうの飲み屋から出てきたジイさんが「入れないと思いますよ」と。
そっちの店に誘導しようとしているのかと思い(はじめ店主かと思ったし)、「そっちのほうがいいかな?」と聞いてみると、「こっちだっていっぱいだぁ」と、なんの助けにもならない助言を残し、ナゾの老人は夕闇の彼方に立ち去るのであった。


190430 abe-14


ビルが3つ連結されたような駅前商業施設の外れにシブい定食屋を発見。


190430 abe-15


普段なら喜んで入るような店構えだが、自分はいま観光をしているというよそ行きの心が決断の邪魔をする。
そんな余計なことを考えず食欲の赴くままにずんずん入場する相方さんが、ひょいと出てきて「入れるってよ」と。
18:28入店。


190430 abe-16190430 abe-17


「お食事処 あべ」は飲み屋というより駅前大衆食堂。
定食メニューがメインで、お客さんもご飯の人がほとんど。


190430 abe-18


いくつか単品で頼んで、ころあいでご飯にしようということに。
煮込み、コロッケ、さしみを注文。単品の品書きが見つからず値段不明(笑)。

ビールはアサヒ。お通しに自家製キムチ。


190430 abe-19190430 abe-20


まず煮込みがすごい。モツがごろごろ入っており、それも見たこともない分厚さで、角煮くらいの塊まである。味もいつも食べる豚もつ煮とは違っていて、牛…? と思ったほどだが、牛もつ煮というメニューは別にあるという。山形の肉文化は侮れないものがある。


190430 abe-31


コロッケもまたでかく、ちくわ天付き。
さしみもうまい。


190430 abe-32


結局、ビール2本が効いて、定食は断念。
だって目の前のコロッケのボリューム感に加え、ほかのお客さんのご飯の量がとんでもない感じ。


190430 abe-34


で、これ、ビール大瓶600円以外の価格はよくわからなかったけど、大瓶2本1200円を引いて、上記3品+お通しで1500円ほどというお会計。


190430 abe-33


コスパ、ものすごくないです? しかもどれもおいしかった。
やはり山形の食文化は侮れないと思いました。


190430 abe-23


[DATA]
お食事処 あべ
山形県鶴岡市末広町15-16





[Today's recommendation]

※旅の間ネコ不在のため猫写真はお休みします

◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/o0IrZJhJJqc


やっててよかった! 【ラーメンショップ 小川店】

2018.11.07

 チビ猫が具合を悪くしていて、ふざけたこと書く気になれないのでサクサクいきます。

09:30ちょうどに、NS社のSRさんからドーンと仕事が来る。
10:29 ドドーンと追加。
13:17 作業すべて終了。

遅い昼ごはんにあてもなく自転車を走らせていると、久米川駅前で後輪から変な音がする。タイヤに穴が開いて中のチューブがグンカンドリの喉袋のようにプクーッと。
下りて押し始めてすぐ破裂。パーンと大音響。
横にいたおばちゃん、「うわっ!?」と飛びのく…。


181107 ramenshop_ogawa-20181107 ramenshop_ogawa-21
この中に、おっちゃんの自虐ネタが…(左は4月撮影)


そのままかかりつけのサイクルショップ「MCS東村山」へ。
自転車屋のおっちゃんは世相川柳の達人である。
東村山警察署主催のオレオレ詐欺防止川柳かなにかの優秀賞作品も掲示してあるぞ。
「還付金 もらうつもりが 倍返し」


181107 ramenshop_ogawa-18


ということで、昼ごはんがすっかり遅くなってしまった。
これくらいの時間になると晩ごはんに響かないように軽めに麺類くらいしか食べる気にならないが、15時を回っていれば、さすがに開いているところは少ない。


181107 ramenshop_ogawa-17


一橋学園~新小平~青梅街道エリアで行く店行く店ことごとく休憩時間。
15:30を過ぎ、昼めし抜きを覚悟したころ、不意にオアシスにたどり着く。


181107 ramenshop_ogawa-11


当ブログではこの系統をこれまでこちら「小川店」を含め3店取り上げているが、記事を読み返してみると、すべてこんな感じの遅い時間に入っている。
あいててよかったSEVEN-ELEVEN やっててよかったRAMEN-SHOP
(言うわりに、全体にふざけたトーンになってるような (_ _ ; ペコペコ…


181107 ramenshop_ogawa-14


注文はラーメン並500円。


181107 ramenshop_ogawa-13-2


意外なことに先客があり、しかもご老体。
そちらのやりとりを見ていて、ここはラーメン提供時に支払うという“中払い”システムであったことを思い出した。


181107 ramenshop_ogawa-15181107 ramenshop_ogawa-16


この系統のラーメンは、こういうタイミングで食べることが多く、なぜかこういうタイミングがうまいのである。


181107 ramenshop_ogawa-12


[DATA]
ラーメンショップ 小川店
東京都小平市小川町2-1290





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=KUwjNBjqR-c



wachat20181107-22.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


地元ブルワリーにキッチンカー参戦! ――その1 【Distant Shores Brewing】

2018.07.15

 ずいぶん前に『小商いのすすめ』を読んでから、相方は地元を意識するようになったらしい。
生協の集まりに顔を出すようになったし、インスタのフォローも近所が好き。
そもそもここに越してきたのは、都心へのアクセスがいいわりに自然が豊かでのんびりしているから。お互いに田舎の育ちなもので、都会暮らしは性に合わなかった。


180715 DSB-01


「Distant Shores Brewing(DSB)」は去年11月、東村山市秋津町に設立されたビールブルワリー。今年3月にはテイスティングルームがオープンし、毎日曜午後(1 PM- 6 PM)に営業している。
今回はタイ料理のキッチンカーがやって来るという。


180715 DSB-02


この暑さ続きにタイ料理はいいね! とばかりに、出かけたのは午後4時。日は傾き風が出ていても30℃近い。ビールにもってこいだと思ったが、案外人出は少な目。
駐車場に遠慮がちに緑のフードトラックが止まっている。


180715 DSB-04


いそいそとビールを注文。
今回は“コンニチワマイケルデス! ver.2”と“Juice竜巻”。


180715 DSB-05180715 DSB-06


ここのビールは本当においしい。発酵食品とか菌活とかがはやってるけど、そんな理屈を通り越して、体が素直に喜ぶような味。市販のビールが清潔で安定していてクリアなら、このクラフトビールは優しくて豊かで複雑…。


180715 DSB-51


マイケルのほうは定番だけあってビールの王道をいく味と香り。
竜巻のほうは、マンゴーとかんきつ系の香りが感じられるフルーティな味わい。6.2%と度数も高く、なかなかのつわもの。


180715 DSB-52


――全ての工程でHOPを大量に加えることで、豊かな風味を醸し出しています。苦すぎず、とてもジューシーなこのビール、もしあなたがHOPが好きなら、このビールはあなたのためにあるようなビールです! P.S.ちなみにジュースは入っていませんよ (Instagramより)

ジュースを使わずこの香り?
不思議だ。

――その2へつづく


180715 DSB-09


[DATA]
Distant Shores Brewing(ディスタント・ショアーズ・ブルーイング)
東京都東村山市秋津町3-14-2
https://distantshoresbrewing.com/
https://ja-jp.facebook.com/dsbrewteam/





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=y-ViaFIjhGM



chat180715-1.jpg
◆ 猫写真はこちら


牛ニンニクに初挑戦 【ひの食堂】

2017.10.19

 「貞和の板碑」や「はなびや人形店押絵羽子板製作関連資料」などとともに東村山市の有形民俗文化財に指定されている「ひの食堂店舗」であるが… などと具体性をもって記述すると本当っぽく伝わるかもしれないのでやばいんだが、ウソです。スイマセン。
でもそれぐらい、おいしいもの好き、食堂好きにとって、ひの食堂は特別な存在である。


hino7-35.jpg


そのおいしさゆえに、こういう外観にもかかわらず人気店で、客層が意外に若いのも特徴だ。
それにしても…、鷹の道のほうからひの食堂に向かっていると、食べ終えたお客さんが出てきたんだが、なんと2人組の女子高校生である。
ここにはけっこうな頻度で通っているが、若い女性客も珍しくはないものの制服の女子高生は初めて見た。
自分のようなおじさんでも初めて入るのにかなりの勇気が要ったし、友だちに外観写真を見せても「…無理!」という反応が返ってくる。それだけにアッパレな女子高生であり、それはお店の実力の証しのようでもある。


hino7-34.jpghino7-18.jpg


店に入ると、お客さんはなし。これも珍しい。
この店は、遠方から車で来る人もいるが中心は地元客、たとえば市役所や税務署や駅前方面から歩いてくる人が多そうなので、この天気が影響しているものと思われる。
カウンターの中ほどの席に座る。テレビではTBSのワイドショー。


hino7-36.jpg


今日は珍しく食べるものを決めてきた。そろそろ初めてのメニューに挑戦しようと考えていて、風邪ぎみでもあるので牛肉ニンニク焼定食850円に。

僕は一つの店で頼むものはせいぜい2~3種類に固定されてしまう傾向にあるが、この店ではいろんなものを食べていて、ツレの注文の品を横からいただいた分も含めると15種類ぐらいにはなっている。
壁のお品書きには番号が振ってあって、定食は38番まで。全品制覇も不可能ではなくなってきた感がある。


hino7-55.jpghino7-56.jpg


定食のお盆が運ばれてきて、アレッ? と思ったのは、料理が皿に載っていたこと。
ここの料理は大きく“皿もの”と“鉄板もの”に分けられ、野菜炒めなど炒め系は中華鍋で調理したものをチンチンに熱した鉄板に載せ替えて提供される。ジュージューとものすごい湯気が立ち込め、うまそうな匂いに店内のほかの客も喉を鳴らすことになる。

で、牛肉ニンニク焼は鉄板で提供されるものと思い込んでいたんだが、考えてみれば熱々の鉄板では牛肉に火が通りすぎてしまうわけだ。


hino7-32.jpg


牛肉は甘めでご飯が進む味付け。たとえばこちらのソテー系豚肉料理はしょうが焼、焼肉、ポークソテーの3種類あって、それぞれ味付けが違っているが、そのうち焼肉に近い味。もしかしたら同じソースを使っているのかもしれない。
ボリュームたっぷりで、ニンニクもたっぷり。これから人に会うという場合には絶対無理な料理だが、そうでないからこそこの恍惚感に浸れるという禁断性も魅力かも。


hino7-31.jpg


これは風邪にも効きそうな気がするが、外ではさっきやみかけていた雨がまた強まっている。風邪ならおとなしく家で寝てなさい、と言われそうなので妻には黙っていようと思うんだが、口臭ですぐバレるだろうな。


hino7-33.jpg


[DATA]
ひの食堂
東京都東村山市本町3-18-2





[Today's recommendation]


https://youtu.be/cB-ur_x-1Hg



chat171019-22.jpg

◆ 猫写真はこちら


ひがしやまとスイーツウォーキングに参加!

2017.10.14

 ひがしやまとスイーツウォーキングは、東大和市内で人気のスイーツ(和洋菓子・パンなど)を食べ歩くウォーキングイベント。
第6回となる今年は、距離短めの「ファミリーコース」(10.14)と長めの「健脚コース」(10.28)に分けての開催で、28日は都合がつかないのでファミリーコースに参加。


sweets111.jpg
sweets112.jpgsweets113.jpg


われわれはやや出足が遅く、スタート地点の玉川上水駅前で11時すぎに受け付け。1人200円の参加費を支払い、近くの森永乳業提供の飲料(僕らはマミーとPiknikフルーツ)を受け取る。
参加店は7店で、コース上のチェックポイントですべてのスタンプを集めてゴールすると“素敵な完歩賞”がもらえる特典付きだ。


sweets137.jpgsweets138.jpg


時折霧雨が降るなか、約7kmのコースに出発。



 サンエトワール 玉川上水店
東京都東大和市桜ヶ丘3-44-32

スタートしたと思ったら、すぐ先に1店目「サンエトワール」。
老舗っぽいパン・洋菓子店で、ゆったりした喫茶コーナーもある素敵なお店だ。

sweets114.jpg

試食品はかぼちゃ、アプリコット、リンゴ、チョコなど各種マフィンやドーナツ。
僕はアプリコットマフィン、妻はドーナツをいただく。

sweets115.jpg




一応、ルートマップのとおりに歩き始める。

東大和南公園にある旧日立航空機立川工場変電所がチェックポイントになっている。
こちらは普段は入れないのかもしれないが、中に写真の展示があった。まったく予備知識なしに訪れたが、係の人の説明によると一帯は戦前、工業地帯で、軍需工場に電力を供給したこの変電所は太平洋戦争で空爆の対象となった。建物の壁は銃痕だらけで、貫通しているものもある。
建物の西には、広島で被爆して生き残った“奇跡のアオギリ”の2世の木が植えてある。
原爆ドームにも比するような戦争遺構がこんな身近にあることを初めて知った。期せずして勉強させてもらう。


sweets139.jpg
sweets116.jpgsweets117.jpg
sweets118.jpg


公園を抜け、イトーヨーカ堂の南を通って東大和市駅方面へ。


sweets119.jpg



 不二家 東大和市駅前店
東京都東大和市南街5-97-8

2店目は「不二家」。
こちらの提供品は“デリシャスパイ”。「ヨーロッパ産の発酵バターをたっぷり使用し、フレンチパイ製法で時間をかけて『こんがり』『さっくり』焼き上げました」(商品説明)

sweets120.jpg




そのまま旧青梅街道に入る。
このあたりは3年ほど前にハミングロードが開通し、街の様子が大きく変わっている。


sweets121.jpg



 ニューあむーる 南街店
東京都東大和市南街5-66-13

こちらは“多摩湖畔”で有名な市内清水に古くからあるケーキ屋「ニューあむーる」の支店。

sweets122.jpg

提供品は“湖畔日誌”の期間限定ぶどう。

sweets123.jpg




青梅街道を南街交番の交差点で左折、富士見通り商店街に入る。
この商店街の通りは、現在の桜が丘にあった軍需工場の社宅街の道路としてつくられたそうだ。古い商店がけっこう残っている趣のある通りである。


sweets124.jpg



 御菓子司ふくしま
東京都東大和市南街6-4-2

4店目はコース唯一の和菓子店、「ふくしま」。老舗の風格漂う店構えは、この古い商店街でも人目を引く。
提供品はどら焼き。ミニとはいえ丸々1個の大盤振る舞いだ。

sweets125.jpg

コースの最後のほうで係のおねえさんが教えてくれたところによると、この店は例年まんじゅうの提供でどら焼きは初めてとのことだが、これがとてもおいしい。餡がいいのだ。

sweets126.jpg




この先、いちょう通りを北へ進む。
ここでルートマップの推奨コースを外れ、第八小学校の前を通って中央通りに出る。
さらにコースを外れ芋窪街道へ。


sweets127.jpg



 お菓子工房 伸
東京都東大和市立野2-9-16

推奨コースでは最後になっている「伸」を先に回る。こちらはなかなかの人気店のようで、ウォーキング参加者以外のお客さんも多い。

sweets128.jpg

提供品は“ふわたま”で、僕らはレモンとコーヒーだった。
パンもおいしそうなので、今日初めて買い物もする(次回記事)。

sweets129.jpg




ルートを逆に進んで団地東通りに。
この通りには参加店が2店並ぶので、ウォーキング参加者で活気があるが、向かいの村山団地中央商店街は相変わらずひっそりしている。
この先は武蔵村山市となる。というか、こんなところまで東大和市だとは知らなかった。


sweets130.jpg



 ラトリエ アンソレイエ
東京都東大和市上北台2-892-4

6店目はオシャレなパンとケーキのお店「ラトリエ アンソレイエ(L'atelier ENSOLEILLE)」。

sweets131.jpg

提供品は“クロワッサンコルネ”。こちらはスタッフがヘルプに来ているもようで、市職員風のお兄さんが「ちょうどいま、カスタードと抹茶、2種類そろってます」と。2人で両方を半分ずついただいた。

sweets132.jpg



 一本堂 上北台店
東京都東大和市上北台2-364-4

最後が焼きたて食パン専門店「一本堂」。
こちらもスタッフが手伝っていて、そのおねえさんによるとこちらは今年5月開店とのこと。ちょっと段取りが悪く列ができちゃってる。
提供品は、定番の食パン“プレーン”と“しお”。

sweets133.jpg




こんなに甘いものを立て続けに食べることはないので、しょっぱいもの、それも汁もの、というかずばりラーメンが食べたい。
この近くの気になっていた店「京八」で昼食をとる。
裏道に入り、もう1軒の気になる店「食堂 みねぎし」の前を通って、ゴールの玉川上水駅へ。


sweets134.jpg


最後にゴールと完歩賞のスタンプを押してもらう。“素敵な完歩賞”は東大和市観光キャラクター“うまべぇ”のピンバッジであった。

やや残念な天気だったが、いろいろおいしく、カロリー消費も同時にできる。200円でこれだけ楽しめるイベントはそうないと思った。


sweets135.jpg


健脚コースは10月28日。ウォーキングの距離は約11kmと延びるが、参加店が2店多く9店で、参加費は変わらず200円。
ぜひ参加してみては?


sweets136.jpg


[DATA]
第6回ひがしやまとスイーツウォーキング 東大和市公式ホームページ
http://www.city.higashiyamato.lg.jp/index.cfm/34,76638,350,html
申し込み方法:電話O42-563-2111(内線1071、1074、1076)



[Today's recommendation]


https://youtu.be/1vhFnTjia_I



chat101014-555.jpg
◆ 猫写真はこちら


喫茶店カレーの原点 【まめ蔵】

2017.08.05

 1978年オープンの吉祥寺でも老舗の喫茶店「まめ蔵」。
言わずと知れたカレーの人気店で、いまやカレー専門店という紹介を多く見かける。
一方で“カフェカレーの原点”ともいわれ、おしゃれなカフェでおいしいカレーというスタイルを独自につくり上げてきた。


mamezo33.jpg


オーナーの絵本作家・南椌椌氏のHPには次のように記されている。

――当初は「カレーと珈琲の店」としてスタートしました。「雰囲気のいい喫茶店でうまいカレーを出したら、いけるかも」という簡単な発想から始まったのです。

僕が“喫茶店カレー”について言及するときはこの店が基準点となっている。


mamezo31.jpg


本日は妻と次女と出かける。
11時50分の到着で、順番待ちは3組。すべて若いカップル。予想していたとはいえ、おじさんにとってはつらい状況だ。しかし列のすぐ後ろの組がわれわれとほぼ同じ構成(つまりお父さん=おじさんが1名)だったので、ずいぶん気が楽になる。
この店は意外に僕ら世代の客が多い。若いころを懐かしんで訪れるのだろうか。


mamezo32.jpg


「ここ、昔からあるの?」と次女。
「うん。私たちが若いころからずっとこんな感じ」と妻。「あのころから老舗っぽかったよね?」
聞かれた僕はちょうど扉の横のプレートを見ていた。
“Since 1978”
意外に数字が近い。
「じゃああのころ、けっこう新しかったんだね…」と、僕らはしみじみとなる。


mamezo51.jpgmamezo52.jpg


1980年代前半に僕は吉祥寺に住んでいて、この店はときどき妻と訪れていた(まだ結婚前だけど)。まさにおしゃれな喫茶店でおいしいカレーを食べるという利用シーンだった。
その後1~2回来たかもしれないが、気持ちのうえでは30数年ぶりということになる。


mamezo34.jpg


約20分待って席に通される。
店内には絵画や不思議な埴輪風テラコッタが飾られている。オーナーの作品らしい。
小象のモチーフがあちこちに描かれ、メニューブックの表紙には“Mamezo is not baby elephant, but maybe yes …”とある。“まめぞう”の言葉遊びだった。


mamezo39.jpg
ポークカレー


オーダーは、ポークカレー950円(次女)、まめ野菜カレー950円(妻)、チキンカレー900円(僕)。
こちらのカレーは、タマネギをじっくりと炒め独自に調合したスパイスと赤ワインでじっくり煮込んだ深いコクと香りが特徴、とのこと。
チキンカレーはタマネギの甘味が強く、辛さもそこそこ。物足りない人用には、辛さ・香り調整用のオリジナルスパイス“辛口七味”“香味七味”が各テーブルに備えてある。


mamezo38.jpg
チキンカレー


妻の野菜カレーを少し食べさせてもらったが、夏野菜(ナス、シシトウ)の香りがソースに移ってより複雑な風味になる。このカレー、かなり好きかも。


mamezo37.jpg
まめ野菜カレー


30数年ぶりといっても、ここの前はよく通る。いつも店外に順番待ちの人があふれている。そういう場面で目にする若い人に遠慮して、というか敬遠して来なくなってしまったが、別に敬遠することもないか、と最近思っている。
それで今日来てみたわけだが、ひたすら居心地がよくカレーはおいしい。そもそも僕らの時代の… とか言うつもりはさらさらないが、これからは遠慮もなしでいこうと思う。


mamezo36.jpg


[DATA]
まめ蔵
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-18-15
http://www.kuu-kuu.com/mamezo/index.html#top





[Today's recommendation]


https://youtu.be/Gru4IfbKlfU



chat170805-22.jpg


Latest Articles
朝ラーといえば… 【中華そば 大和】 Aug 04, 2021
お高いようで、意外に…? 【たかはしや】 Aug 02, 2021
安い=ウマい! の法則 【ミートショップいのうえ】 Aug 01, 2021
暑気払いの和菓子 【福栄堂】 Jul 30, 2021
日本の夏、カレーの夏 【大丸食堂】 Jul 29, 2021
焦がれてやまない… 【松ちゃん】 Jul 27, 2021
東京唯一の… 【やさいの食卓 八農菜】 Jul 25, 2021
いまも変わらぬ素朴な味 【内田酒まんじゅう】 Jul 24, 2021
夏の土用です 【うなぎ源八】 Jul 23, 2021
夏の休日 【ますも庵】 Jul 22, 2021
朝ラーふたたび 【十七代目哲麺】 Jul 20, 2021
あつがなついぜ! 【彩雅】 Jul 19, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2