fc2ブログ

こんな花紀行 ――大高取山

2023.06.25

 先月、大高取山に登ったとき、希少植物のコクラン(黒蘭)らしきものを見つけ、こんな身近な場所にそんなものが生えていることに驚き、これはぜひ花を見に来なければと思った。
花期を調べ7月上旬とあたりをつけていたが、先週Instagramでどこの土地のものかわからないがコクランの花の投稿を見つけ、焦ってバタバタと… というのが今回の経緯。

というように、今回は珍しく明確な目的があった。


20230625 ohtakatori-12


番組演出上の不都合(笑)から前記事ではいっさい触れていないが、コクランは上りのわりと早い段階で見つかっている。
なのでこの記事は、前記事の行程(登り口 → 分岐 → 神ノ座山 → 大高取山 → 桂木山 → 桂木観音)を振り出しから再度なぞっているものとしてお読みいただければ。


20230625 ohtakatori-14


最初見つけた株は👆こんな感じ(右の暗緑色の葉が去年のもので、左が今年の新葉)。
まだ展葉前という感じで、来るのが早すぎたかも…。


20230625 ohtakatori-15


――コクラン(Liparis nervosa (Thunb.) Lindl.)は、単子葉植物ラン科クモキリソウ属の多年草で、地上にはえる。細長い偽球茎が独特であるが、花も小さく、地味なランである。偽球茎は多肉質、緑色で、細長い円筒形をしており、大部分が地表から上にあって普通は直立する。その姿は独特であり、他にあまり似たものがない。年に一本ずつが出るが数本が並んで見られる。常緑性で葉は二年にわたって残る。「コクラン (植物)」Wikipediaより、最終更新2022年7月8日10:54)


20230625 ohtakatori-16
真ん中らへんの茎のような部分が偽球茎(バルブ)で、コクランの特徴的なバルブは栽培したことがあればひと目でピンとくるものがある


20230625 ohtakatori-13


その後もポツポツとコクランの株は見つかるが、だいたい同じような生育状態で、上るにつれ株自体まったく見られなくなった。
空振りだったかな… と思っていると、不意に別のランが出現。
オオバノトンボソウ(Platanthera minor)である。


20230625 ohtakatori-17


まだつぼみ状態ではあるが、立派なのが数株。


20230625 ohtakatori-18

20230625 ohtakatori-19


まあ、ラン科植物を2種類見られたことだし、ラン好き的には満足である。


20230625 ohtakatori-20
大高取山山頂

20230625 ohtakatori-2120230625 ohtakatori-22
20230625 ohtakatori-23
ラン以外の草花:カンアオイ、タツナミソウ類、カラスビシャク


桂木観音からの帰路は、悩んだ末、往路と同じルートをとることに。


20230625 ohtakatori-28


微妙に往路と異なる場所に差しかかると、デジャヴ感があってドキドキとなった。
そして…!


20230625 ohtakatori-24
コクラン(Liparis nervosa (Thunb.) Lindl.)

20230625 ohtakatori-25

20230625 ohtakatori-26
この場所と比べると、はじめに見た自生地の株の多くは状態が悪く花をつける力のないものだったように思う


上の引用に書いてあるように、花も小さく地味なランである。
小さく地味で、スマホ撮影ではピントも合わせづらい。
しかしこれを見るために、上って下りて、また上り…。
牧野富太郎博士の心境が少し理解できたような気がした。

(つづく)


20230625 ohtakatori-27


[DATA]
大高取山
埼玉県入間郡越生町津久根





[Today's recommendation]


https://youtu.be/1zOrDcD1xxg


https://youtu.be/G7KNmW9a75Y



wachat230625-33.jpg



20230625 ohtakatori-29
次号予告


ベスト・オブ… 【寳来屋】

2021.05.25

 Instagramの投稿テクニックに、テーマを決めて統一感を出す、というのがある。どんなアカウントかひと目でわかるためフォロワーが増えるという。

ラーメンにテーマを絞ったアカウントは多いが、プロフィール画面の統一感を出すため撮影アングルをすべて同じにしているものをよく見かける。もしかしたらラーメンのタイプも統一しているかもしれない。ビジュアルにある種の類型を見ることができる。

澄んだスープ、整った麺線、赤みの残るチャーシュー、トッピングに水菜とたまねぎ…。


20210525 ramen-22
※イメージ写真


普通のラーメンのことを書こうとして、いや待て、いまどきの普通は僕の考える普通とは違うんじゃないの…? と考察した結果が、それ。

そういうんじゃなく、もっとこう、なんというか、ごくフツーの…。


20210525 horaiya-26


「寳来屋」のラーメンはいちばん好きな普通のラーメンである。
これまで食べた普通のラーメンの中で5本の指に入るくらいおいしいと思っている。
ベスト・オブ・フツー。


20210525 horaiya-24


と書いておきながら、実は「寳来屋」のラーメンを食べたことがない。
ワンタンメンやチャーシューメンをよく食べていて、味の基本はラーメンも一緒であろうという類推で語っている。
それではさすがにまずかろうということで、ラーメンを食べてみることに。


20210525 horaiya-25


ラーメンを食べたことのない原因はその価格にある。
350円と頼むのが申し訳ないレベルで、ついワンタンメンやチャーシューメン、チャーシューワンタンメン… と、盛っていくことになる。


20210525 horaiya-21
20210525 horaiya-22


単品では申し訳ないので餃子を追加。
ラーメンと餃子で650円。
申し訳なさの度合いが増した気がしないでもない ( ̄  ̄;)


20210525 horaiya-2820210525 horaiya-27


ワントレーでの提供。
650円とは思えないワントレー。


20210525 horaiya-31


うっすら透けて見える緑がかった餡からもわかるように、野菜の甘味・香りが引き立つ餃子。
サイズ感もあって満足度高し。


20210525 horaiya-29


ラーメンは、個々のパーツはほどほどでもしょうゆダレと鶏油の品のある香りで全体に高いレベルにまとめられている… みたいな。
チャーシューなんてどうってことないけど、ならば低温調理チャーシューに置き換えればもっとおいしくなるかというと、そういうものでもないし。


20210525 horaiya-32


普通の中の普通。

ここでいう普通とは、自然体、飾り気のないさま。
あざといの対義語かな。


20210525 horaiya-34


[DATA]
寳来屋
東京都東村山市美住町1-6-31





[Today's recommendation]

wachat210526.jpg




https://youtu.be/krNNMFpA1wY



20210525 futaba-22
東大和市向原の「双葉」。Google Mapsで“閉業”となっているお店の復活劇


Latest Articles
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
未踏ルートへ ――高尾山4・5号路 Apr 09, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2