fc2ブログ

元気をもらえる朝ラー 【村山ホープ軒 本店】

2021.09.14

 久々の朝ラーメンシリーズ。
シリーズにするほどあるのか、朝ラー!? と思われるかもしれないが、これまで取り上げているだけでも近場にこんなにあります。↓↓

「ラーメン山岡家 瑞穂店」「ラーメンショップ 小川店」「博多らーめん ひまわり」「十七代目哲麺」「中華そば 大和」


20210914 murayamahope-2720210914 murayamahope-28


早朝というわけではないが、「村山ホープ軒 本店」は朝10時オープン。
たぶん昔からそうだったと思う。定休日以外に閉まっているところを見たことがない… って、当り前か(笑)。いやいや、時間帯という意味で。


20210914 murayamahope-29


今回は10時半すぎの入店で、自分基準(朝ラー=10時前後に食べる“早めの昼食”)としても朝ラーといえるか微妙なところだが、いちおう情報として。


20210914 murayamahope-21


そんな時間帯でも客の出入りが激しく活気づいている感が漂っている。
ヤッチャバ的というかハンバ的というか、そういう雰囲気が好き。


20210914 murayamahope-2220210914 murayamahope-23


券売機でラーメンをポチッとな。


20210914 murayamahope-2420210914 murayamahope-25


前回入ったのが2019年12月で、その前となると10年以上空いているかもしれない。
なので、どの時点と比較してということはいえないが、漠然たるイメージに対しスタッフが若返っている。きびきびとした所作は見ていて気持ちがいい。配膳係の女性陣のにこやかな接客がいい。
自然、味の評価も違ってくるわけで…。


20210914 murayamahope-31


ということでもないが、素直においしいと思った。


20210914 murayamahope-3320210914 murayamahope-34


カエシが強すぎずダシの自然なうま味が生きているというか。
昔の味に戻っている… などと書くのはおこがましい。四半世紀近く前に初めて食べたときに似た幸福物質が放出されるような感覚というんでしょうか。


20210914 murayamahope-32


“女性陣のにこやかな接客”に左右されてる感も否めないが(笑)、ともかく、気持ちよく(おいしく)食べられたのなら、それは僕にとっていいお店ということなのだ。


20210914 murayamahope-26


[DATA]
村山ホープ軒 本店
東京都武蔵村山市学園3-59-2





[Today's recommendation]

wachat210914.jpg




https://youtu.be/HKLnmMacEB4



20210914 murayamahope-35
巻雲は下り坂のサイン


五目焼きそば、基本形? 【ぼん天】

2019.01.31

 「ぼん天」の記事は毎度同じネタで恐縮だが、クーポンである。ビンボーくさい話で恐縮だが。


190131 bonten-11


ポスティング型フリーペーパー『ぱど』に毎回「ぼん天」のクーポン付きの広告が載っている。
このクーポンは同行者各人100円引きとなるので、たとえば家族4人で行った場合400円引きと、なかなかばかにならない。


190131 bonten-12


「ぼん天」は使い勝手がよく、一家で、あるいはもっと大きい単位で利用するシーンがいきなりやって来ないとも限らないので、この広告はなんとなく残しておく。


190131 bonten-22


昼ごはんにいつものようにあてもなく家を出てすぐ、ふと気づいた。ぼん天のクーポンの期日、1月末日だったような…?
このところ入る店がなかなか決まらないので、「本日はクーポンの期日」というビンボーなモチベーションでも何でも、方向づけが欲しい。
自転車、引き返しました。


190131 bonten-15


個人的に、このお店で頼む基本は焼きそば。
五目あんかけ焼そば880円を注文。


190131 bonten-14


五目焼きそばであれ上海焼きそばであれ焼きビーフンであれ、僕は中華系の炒め麺料理が好き。
おいしいと思っていたお店が立て続けに閉店して困っていたときに出会ったのが、ぼん天の五目あんかけ焼そばである。


190131 bonten-16


五目あんかけ焼そばの具は、ハクサイ、チンゲン菜、ニンジン、タケノコ、キクラゲ、豚肉、エビ、ウズラの卵…。


190131 bonten-19


太めの蒸し麺を炒(ジャオ)して焦げ目をつけた麺は、モッチモチでかみ切れないほど。
ゴマ油の風味と鉄鍋の炒め香が、甘辛のベースのタレを引き立てる。


190131 bonten-20


いまでは五目焼きそばの基本形は、ここ。
この店の上位型メニューともいえる海老あんかけ焼そばともども、僕のいちばん好きな焼きそばである。


190131 bonten-21


[DATA]
ぼん天
東京都東村山市久米川町1-37-30





[Today's recommendation]

wachat190131.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://youtu.be/tQfmlE_cvDc


ウワサの〇〇カツ丼を食べに 【八海食堂】

2018.04.21

 カツ丼といえば、最も一般的なアタマのスタイルは、トンカツとタマネギをしょうゆ味の割り下で煮込んで卵とじにしたものであり、早稲田の馬場下町交差点にある老舗そば屋「三朝庵」が発祥の店といわれる。
これに対し、ご当地B級グルメブームを受け、上記以外のスタイルのさまざまなカツ丼が知られるようになった。
ウスターソースで味付けをする“ソースカツ丼”(福井県、長野県駒ケ根市/伊那市など)、ドゥミグラスソースをかける“デミカツ丼”(岡山市など)、八丁味噌の名古屋の“みそカツ丼”などが有名。


180421 hakkaisyokudo-31
元祖カツ丼の「三朝庵」(左下)


僕の行動範囲では、東村山市青葉町のそば店「滝乃家」で、店主出身地・福井のソースカツ丼を提供している。同市萩山町のそば店「しなの」もメニューにソースカツ丼があり、店名からしてこちらは駒ケ根スタイルかもしれない。
ほかにちょっと変わったところで、個人的に近年最も強い感銘を受けたのが、小平市学園西町の中華店「松華」の“あんかけカツ丼”。カツライスの上から中華系の野菜の餡がかかったもの。


180421 hakkaisyokudo-12180421 hakkaisyokudo-13
左:ミニソースカツ丼(「滝乃家」)、右:あんかけカツ丼(「松華」)


都内でチェーン展開する専門店の登場もあり、この10年ほどの間に一気に知名度がアップしているご当地カツ丼が、“新潟タレカツ丼”である。


180421 hakkaisyokudo-25
新潟タレカツ丼(「八海食堂」)


――一般的な卵とじタイプではなく、揚げたてのトンカツを醤油ベースのタレにくぐらせ、ごはんの上に乗せるというもの。タレかつ丼が新潟市で誕生したのは、昭和初期のこと。当時、市内中心部には堀があり、その堀端に出ていた洋食屋台の一つが提供したのが始まり。新潟県公式観光情報サイト にいがた観光ナビ


180421 hakkaisyokudo-15


この新潟タレカツ丼が食べられるお店が東村山市内にある。
駅西口ワンズタワー前を鷹の道に抜ける細い道沿いにある「八海食堂」。
店名からして新潟にゆかりがありそうだ。


180421 hakkaisyokudo-16


2014年12月オープンの新しめのお店だが、ランチタイムも夜の居酒屋営業もしっかりお客さんが入っていて、人気店としてすっかり定着している印象。
本日は12時半で先客が2組3名、われわれのあとに3組6名。僕ら以外、全員若いお客さん。


180421 hakkaisyokudo-17180421 hakkaisyokudo-18


テーブル席がゆったりめに8ブロック配置してあり、間口の感じよりも店内は広い。
BGMは、エミネム~ダニエル・パウター~P!nk~ミシェル・ブランチ~シャキーラ… という流れの15年くらい前の洋楽。


180421 hakkaisyokudo-20


注文は、新潟タレカツ丼セット3枚790円と、もう1品は豚しょうが焼き定食690円に。
ほかに、たとえば鶏から揚げ定食とチキンカツ定食が590円と、おそろしくコスパがよい。
念のため書き添えるが、以前食べた鶏から揚げ定食、この値段でしっかりボリュームがあった。しかもご飯大盛り無料。


180421 hakkaisyokudo-14


僕はメニュー表をよく見ないという欠点があって、この大盛り無料にあとで写真を見て気づいた。このように損をこいている場面が多々ある。
もう一つ、あとで気づいたことがあって、“お冷、お茶はセルフサービスでお願いします“とメニュー表に書いてある。
でもお店のおねえさんは普通にお水を持ってきてくれたし、料理提供時にお水をつぎ足してもくれた。
おそらくホール係は1人で、すごく忙しそうだが、接客は非常にていねいで気持ちよい。


180421 hakkaisyokudo-32


新潟タレカツ丼は、カツは小ぶりだが3枚で十分ボリューム感がある。
カツの下にはキャベツの千切りが敷いてあり、ビジュアル的にはソースカツ丼とよく似ている。


180421 hakkaisyokudo-34


しょうゆベースのタレは優しい味わいで、当たり前だがスパイシーなソースカツ丼とはまったく別物。天丼のつゆのような程よい甘さでご飯によく合う。
ただ、筋や脂の多い部位が使われているため、肉の味は濃いと思うが食べづらい。せっかくおいしいので、もうちょっと筋切り、お願い。


180421 hakkaisyokudo-22


しょうが焼きはタマネギたっぷり、肉は細かく刻まれ、一体化している。
ショウガはかなり効いているが、肉タマネギ炒めといったほうが正しい気がする。濃いめの味付けでご飯が進む。


180421 hakkaisyokudo-35


みそ汁は、調味料でなくちゃんとだしをとったようなまじめな味わい。
小鉢はこんにゃくの甘辛ごま油炒め、お新香は自家製ぬか漬け。


180421 hakkaisyokudo-33


メニュー表には、以前はなかったチキンタレカツ丼というたいへん気になる品が載っている。
牛すじトマトカレーというものにカツを追加すればカツカレーになるというシステムも。
ランチ利用だけでもいろいろ楽しめそうなお店である。


180421 hakkaisyokudo-26


[DATA]
八海食堂
東京都東村山市野口町1-23-35
https://www.facebook.com/hakkaishokudo/





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=HLCasyAh7ic



chat180421.jpg
◆ 猫写真はこちら


Latest Articles
自家栽培粉を、地元の技で 【初後亭】 Oct 26, 2021
Over the Hills and … Oct 25, 2021
川越といえば、やっぱり 【喜多院 境内みやげ品店】 Oct 24, 2021
大正浪漫な芋ようかん 【味の店いせや】 Oct 23, 2021
門前〇〇そばシリーズ 【まことや 蓮馨寺】 Oct 22, 2021
鉄板の組み合わせ 【みんみん】 Oct 20, 2021
サッポロで朝ラー 【蝦夷】 Oct 19, 2021
人生初の…? 【山田うどん食堂 堀之内店】 Oct 17, 2021
ボリューム&ホスピタリティ 【一翆】 Oct 16, 2021
ニューノーマルな? 【らーめん しょういん】 Oct 14, 2021
甘いが贅沢なご当地グルメ 【新島田屋】 Oct 12, 2021
街歩きはじめました 【せいたろう】 Oct 11, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2