fc2ブログ

昭和時代の“東京の”博多ラーメン 【九州ラーメン 博多っ子 新宿店】

2022.05.02

 GWのはざまというか平日で単独行動になるので、朝から自転車で遠出する予定だった。
3日続けて車で出かけ、後半もやはり車を使う可能性を考えると、懸念されるのは運動不足である。それに伴うカロリー消費の低下も。

想定外に朝から仕事が動いており、出足が3時間以上遅くなったが、くじけず都心方面に向かう。
新宿到着が13時すぎ。


20220502 hakatakko-1120220502 hakatakko-12


新宿でラーメン… という漠然たるイメージがあって最近何度もアプローチしているが、雨に降られたり仕事が来たりで、なぜか新宿にたどり着けていなかった。五度目くらいの正直。


20220502 hakatakko-1320220502 hakatakko-14


とはいえ混むのはいやなので、新宿でラーメンなら時間をずらしたい。
“新宿_朝ラーメン”で検索して見つけたのが、歌舞伎町の「九州ラーメン 博多っ子」。


20220502 hakatakko-15


ホームページを見ると、1号店「草加店」オープンが1969(昭和44)年で、新宿店は79(昭和54)年に開店。


20220502 hakatakko-1620220502 hakatakko-1720220502 hakatakko-18


位置的に花園神社やゴールデン街に近い歌舞伎町の東のはずれ。歌舞伎町に好きこのんで踏み込んだりしないが、花園神社は過去に大きい音楽イベントを企画したりしてなじみ深かったので、これまでこのラーメン店を知らなかったことが不思議。


20220502 hakatakko-1920220502 hakatakko-2020220502 hakatakko-21


24時間営業らしく、“眠らない街” 歌舞伎町だなぁ… と。


20220502 hakatakko-2220220502 hakatakko-23


上に書いたように、10時に朝ラーの予定が、13時すぎのフツウの昼ラーに。


20220502 hakatakko-2420220502 hakatakko-25


店頭のホワイトボードの“本日のランチ”の④が気になって聞いてみる。

「ラーメンと小ライスと揚げ物になります」
と、外国人と思われるおねえさんの対応は、丁寧かつこなれたものだった。

「それを九州ラーメンでお願いします」


20220502 hakatakko-2820220502 hakatakko-29


カウンターはなくテーブル席のみ。
昼のピーク時を過ぎているからか、場所柄か、ほとんどが単独客。


20220502 hakatakko-2620220502 hakatakko-27


3分ほどと九州ラーメンらしく提供が早い。
揚げ物はエビフライとメンチカツ(ハーフ)。850円という値段を考えれば、なかなかオトクなセットである。


20220502 hakatakko-3020220502 hakatakko-31


ラーメンは、良くも悪くもジャンキーな、昭和時代の“東京の博多ラーメン”。


20220502 hakatakko-32


やはり昭和の「ふくちゃん」にも似て、同時代のおっさん的には懐かしうまし。


20220502 hakatakko-3720220502 hakatakko-38


この店に入るのは初めてだが、窓から見る景色は懐かしい。


20220502 hakatakko-3520220502 hakatakko-36


[DATA]
九州ラーメン 博多っ子 新宿店
東京都新宿区歌舞伎町2-8-3
http://hakatakko.co.jp/





[Today's recommendation]

wachat220502.jpg




https://youtu.be/Rx0mYN32Kps



20220502 hakatakko-10
新宿ゴールデン街に程近い


お弁当の季節 【仙石】

2021.03.01

 久米川駅南口通り(西友通り)の持ち帰り寿司のお店「仙石」でいなりとのり巻きを買った。
こちらはいつもショーケースの前にお客がいて、つられるように通行人がのぞき込み、人だかりが絶えない。


210301 sengoku-25


だいたいが女性客。ほぼ年配の方。
おばあさんはお寿司がお好き。
偏見です。


210301 sengoku-27


ここでいう寿司とは、いなり・のり巻き、いわゆる“助六”のこと。
助六寿司は歌舞伎の主要演目「助六由縁江戸桜」に由来し、主人公・助六の恋人・揚巻の名が油揚げ(いなり)と巻き寿司に通じることによるとされる。また、この演目の幕間に出される弁当であったとも。


210301 sengoku-21210301 sengoku-22


生魚のにぎり中心のいわゆる江戸前寿司よりむしろ助六に江戸の粋を感じるのは、そのような文化的背景や見立ての妙によるところが大きい。
おばあさんは粋… というか、少なくともお芝居好きは多そうだ。


210301 sengoku-23
太巻と五目いなり


ところで、歌舞伎の幕間に食べられる弁当といえば、幕の内弁当。
東京・歌舞伎座前、1868(明治元)年創業の老舗弁当店「木挽町辨松」が昨年4月20日に廃業した。歌舞伎座の公演中止(3~7月)のあおりで店の経営が立ち行かなくなったと。コロナ禍で弁当需要が高まるなか、不運な事例といえる。
行ったことも食べたことも(たぶん)ないけれど非常に残念なニュースであったと思い返される。


210301 sengoku-26


それからもうすぐ1年。
もうすぐお花見弁当の季節でもあるのだなぁ…。


210301 sengoku-28


[DATA]
仙石
東京都東村山市栄町2-8-5





[Today's recommendation]

wachat210301.jpg




https://youtu.be/Rx0mYN32Kps
これは歌舞伎町だ



210301 sengoku-29
西の空


Latest Articles
謎多きローカルチェーン 【笠置そば 西荻窪店】 May 27, 2022
昭和なカレースタンド、復活! 【モンスナック 新宿野村ビル店】 May 26, 2022
お食事は府中宿の“大店”で 【Restaurant&Café 美蔵】 May 24, 2022
ハケの地学と民俗学と、おだんごと 【ハケの茶屋】 May 23, 2022
約14ha! 広大な野外博物館 ――府中市郷土の森博物館 May 22, 2022
ご褒美のおすし 【東鮨】 May 20, 2022
スイスイいきたいね♪ 【博多らーめん長風 新秋津店】 May 17, 2022
こんなつけ麺がいい! 【大王ラーメン】 May 15, 2022
食べ続けていたいから 【ラーメン 味六】 May 13, 2022
めぐるめぐるよ… 【名代にぼしラーメン 時代屋 保谷駅前店】 May 12, 2022
朝曇りは晴れ…? 【大勝軒 吉祥寺店】 May 10, 2022
思いがけぬ地誌探訪 【福生加美上水公園ビジターセンター】 May 08, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2