FC2ブログ

何かと紛らわしい中華飯店 【喜楽飯店】

2019.11.17

 午前中、秋津町4丁目に用事があり、その流れで清瀬へ。
清瀬の街なかに入るルートにあって気になる存在だった中華料理屋「喜楽飯店」で昼ごはん。
気になるというか、店名に引っかかるものがある。


20191117 kirakuhanten-12


「喜楽」といえば渋谷道玄坂のラーメン屋を思い浮かべる人が多いと思うが、これは比較的多く見かける中華屋の屋号で、行動範囲内だけでも知る限り最近まで5店存在した(うち2店は閉店)。渋谷のネームバリューから一目置く店名であり、それでこの「喜楽飯店」も引っかかっていたと。
ただし、自分の知る「喜楽」がすべて、(たぶん)和式のいわゆる街中華であるのに対し、この「喜楽飯店」は(おそらく)本場系のお店である。
看板に描かれた吉祥図案の子どものキャラクターからそう推測していた。


20191117 kirakuhanten-13


お店は奥に長く、右手にテーブル席4×4、左に小上がり4×5と、半分が上がり席という焼き肉屋のようなつくり。
厨房では中国語? が飛び交っており、やはりそういう系統のお店のようだ。


20191117 kirakuhanten-25


750円のランチ定食が10種類ある。…と思っていたが、あとで写真を見て気づいたんだが実は20種類。
店先の立て看板に同じものが2枚張ってある… とみていたメニュー表が、デザインは同じだが中身がまったく違う。
しかし料理の通し番号はどちらも1~10と、何かと紛らわしい。


20191117 kirakuhanten-14
たまたま手にとったのがこっち


で、たぶんテーブルにも2種類のランチメニューが置いてあったんだろうけど、そんなことは思いもよらないので、たまたま手にとったほうの10種類から選んだと。
「黒スブタ定食」と申告すると、「スドリ」とおねえさんに訂正される。
何かと紛らわしいのだ。(←ちゃんと読みなさいって ヾ(ー ー )

もう1品は、麺セット750円から担々麺セット。


20191117 kirakuhanten-17


注文から12分、まず担々麺が単独で来る。
2分後、サラダと杏仁豆腐が来た。料理写真を見ると麺セットは麺と半チャーハンのみのようなので、これは定食の分らしい。


20191117 kirakuhanten-18-2


そのさらに2分後にようやく半チャーハン… という、なんというか落ち着きのない配膳というか計画性のないオペレーションなのである。


20191117 kirakuhanten-19


チャーハンは具が卵とネギのみ、量もあっさりで、まあ、あってもなくても… というものだが、担々麺がおいしい。濃厚なスープにもちもちの中太麺がよく合う。


20191117 kirakuhanten-26


さて、黒酢鶏定食。
やって来るのに、麺セット最後のチャーハンの提供からさらに16分を要した。その間、厨房はずっと忙しそうにしていて、出前かな?


20191117 kirakuhanten-20


こちらは一式トレーに載って出てきた。
で、サラダと杏仁豆腐、載ってます。さっきのは麺セットに付いてたのね。
と、やっぱりマギラワシイ… 「(ーヘー;) ウーン…


20191117 kirakuhanten-21
これで麺セット一式のようだ


そしてこの黒酢鶏、ボリュームがものすごいのだ。
味付けも濃いのでご飯とのバランスが合っていない。おかわり自由と書いてあるが、鶏だけですごい量なので、ちょっとそれはためらわれるし…。悪いことに、麺セット担当の僕は食べ終わってだいぶ時間がたって腹具合がすっかり落ち着いちゃっていて…。
完食するのに久々に苦労しました。


20191117 kirakuhanten-22


味も接客も悪くないと思う。
ただ、“ハンテン×キッショウ”で世界観までが違ってくるようだ。


20191117 kirakuhanten-11


[DATA]
喜楽飯店
東京都清瀬市元町1-6-15



[Today's recommendation]

wachat191117.jpg ◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/RQa7SvVCdZk

 にほんブログ村 音楽ブログへ






エビ天でアゲアゲな、うどんの日 【野口製麺所 本町店】

2018.09.28

 金曜日は相方の都合で、昼に小平や久米川の駅前で落ち合って食事をするのが最近の習慣になっている。

木曜夜に、明日の昼ごはんどうするか聞いてみた。
「野口製麺所でいいよ」と相方。
先週の記事を読んで、すっかり行く気になっていたらしい。
「昨日も、うどんだったしなぁ…」と渋るワタクシ。「それに野口製麺所、先週行ってるし」
「ワタシは行ったことないの!」
「はい。すみませんでした」


180928 noguchiseimenjo-11


毎月第4金曜日はうどんの日、9月28日は500円で天ぷら付き(通常600円のうどん全品対象)
――というのが先週の情報。


180928 noguchiseimenjo-23


本日、実際に行ってみると…
“天ぷら付き”が“海老天付き”にグレードアップしていた。
なんか、来てよかったかも(笑)。


180928 noguchiseimenjo-15


うどんの日のサービス対象は、かけうどんから卵しょうゆうどんまで7品。
ぶっかけうどん(僕)、もりうどん(相方)を注文。


180928 noguchiseimenjo-24


さて、問題のエビ天、小っさい ( ̄ー ̄?)….レレ??


180928 noguchiseimenjo-17


なかなか見ないぐらい小さいが、腐っても鯛、小っさくても海老天。
うどんの盛りは普通にあるので、あくまでもサービス品のニュアンスであり、“サービスにエビ天”のありがたみは効いている。


180928 noguchiseimenjo-16


1時を回っても客足が途絶えない。
来客のたびに、「本日はうどんの日で、エビ天が付きます」と滑らかに説明する店員さん。


180928 noguchiseimenjo-22


客は圧倒的に女性が多い。
女性客はトッピングが好き。お会計のとき、紅しょうが天を(食べたと)申告する人がほとんど。
一つの量は少なくていいから種類をたくさん食べたいという女性の心理をつかんでいるのか。


180928 noguchiseimenjo-18
180928 noguchiseimenjo-19 180928 noguchiseimenjo-20


僕はこの海老天1個じゃ物足りなく、というか少しの油っけが呼び水となって食欲が増し、セルフコーナーからカボチャ天とナス天をピックアップ。
とにかく量食べたいというおやじの生態も押さえているのか…。


180928 noguchiseimenjo-13


このように、それぞれに客単価が上がっていく。
うどんの日のサービス海老天のサイズ、いろいろ合理的かも…。


180928 noguchiseimenjo-12


[DATA]
野口製麺所 本町店
東京都東村山市本町4-6-13
https://www.facebook.com/%E9%87%8E%E5%8F%A3%E8%A3%BD%E9%BA%BA%E6%89%80-130454557067401/


[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=-ScjucUV8v0



wachat180928.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


Latest Articles
ふるさとの復興支援イベント! ――出張カキ小屋「牡蠣奉行」 Dec 15, 2019
1CLシリーズ、まとめてみた ――その2 Dec 14, 2019
追憶のチャンポンを求め… 【長崎ちゃんぽん・皿うどん 球磨】 Dec 13, 2019
高田馬場を代表するロシア料理の名店 【チャイカ】 Dec 12, 2019
すっきりとしてかつ味わい深い… 【麺蔵 もみじ】 Dec 11, 2019
意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】 Dec 09, 2019
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2