FC2ブログ

日常に溶け込む昭和なルーチン 【信濃屋】

2019.06.04

 日本中でいちばん多いそば屋の名前は「信濃屋」なんじゃないかと、ふと考えたことがある。
いったい何店くらいあるのか、食べログで調べてみた。
“全国の信濃屋に関連するお店”(そば×信濃屋で検索) 検索結果:16件
思ったほど多くない…。

なぜそんなことを考えたかというと、小平市内だけでも「信濃屋」が2店あるからだ。小川駅西口の店と、天神町の鈴天通り商店街入り口の店。加えて、かつて回田道からちょっと入った鈴木町の住宅街にあったそば屋も、そんな名前だったように思う。
小平だけでそんなにあるんだから全国には何百軒もあるに違いないと考えたのだが、偶然に生じた偏りということ…?


190602 nogatasyokudo-11


検索ワードをちょっと変えてみた。
“全国の信濃に関連するお店”(そば×信濃で検索) 検索結果:82件
「信濃屋」に「信濃」「しなの」「信濃庵」等を加えればこれだけの数に上る。

これを有名どころと比べると、江戸そば三大系譜とされる「藪」「更科」「砂場」がそれぞれ7店、64店、37店、それらを数で上回る「長寿庵」で81店(調査年不明、長寿庵ブログより)
“拡大「信濃屋」”はそのさらに上をいくわけである。


190602 nogatasyokudo-12


「信濃屋」という屋号はいわゆる“のれん会”的なつながりのあるものではなく、それぞれが独立に興った単一店舗群じゃないかと思う(たぶん…)。
「そばといえば信濃だろ」といったノリであちこちにできちゃった、みたいな。中華でいえば北京飯店、うどんでいえば讃岐屋のような。
それだけに、いちばん覚えてもらえない名前かもしれない。“そば屋と同義”みたいなニュアンスだから「そば屋」としか呼ばれなかったり…。
普通の中の普通、街そばの中の街そば。


190602 nogatasyokudo-13 190602 nogatasyokudo-14


本日は“天神町のそば屋”に。
実際、僕の中ではずっとそういう名称のお店だった。
店先の“冷したぬき”の短冊に惹かれた。夏になると食べたくなるたべもの。ぶっかけ系のそばはあまり食べないが、なぜか冷やしたぬきそばだけは好きなのである。


190602 nogatasyokudo-16


店内は思ったより小さく、4人掛けテーブル3卓、2人掛けテーブル1卓。


190602 nogatasyokudo-15


そして、思ったよりいい感じに年季が入っている。
ご飯の部や中華の部といったバリエーションに富んだ品ぞろえも好ましい。
普通の中の普通は外ヅラであって、どの店もそれなりに個性的だったりするあたり、街そばは侮れないものがあるのだ。


190602 nogatasyokudo-18


年配のおかあさん1人で切り盛りしているもよう(後ほど僕と入れ違いにご主人が出前より帰還)


190602 nogatasyokudo-16-2 190602 nogatasyokudo-17


ホールの隅に置かれたアンティークな釣り銭機が現役のレジスターとして使われている。
その下にある壺のようなものは“土たんぽ”といい、そばつゆを作るとき、仕上げ工程(寝かせたかえしとだしを合わせ、さらに1日寝かせ、最後に湯煎にかける)で使われる道具だ。
おかあさんはこの土たんぽから柄杓と漏斗を使ってつゆをそば徳利に充填している。
つゆは自分でぶっかけるスタイルかと思ったらそうではなかったので、これは調理の一工程である。


190602 nogatasyokudo-19


そんな十年一日のごとき段取りを経て提供された冷したぬきそば。
どこまでもフツウのそれが3割おいしく感じられる、地球の午後3時。


190602 nogatasyokudo-20


[DATA]
信濃屋
東京都小平市天神町1-214



[Today's recommendation]

wachat190604.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/0iaAMTPRCvY


昭和ママなレッドリストEW級スパゲッティ 【カフェグリーン】

2019.04.21

 所沢駅西口、ファルマン通りと川越所沢線と飛行機新道が交わるファルマン通り交差点(根岸の交差点)。
この交通の要衝に位置する「カフェグリーン」。
昭和レトロなたたずまいには心惹かれるものがあり、通りかかればつい店内をのぞき込んでしまう。


190421 green-11


今日は相方と一緒だったこともあって行動がやや無警戒で、立ち止まってランチメニューなどを眺めたりしていると、店内から女の人が出てきて「どうぞどうぞ」と。
ずっと気になっていたお店でもあり、そのまま入店。


190421 green-12


入ってみると、窓ガラスの機能性に光線の効果も相まって、交差点の様子がスクリーンに映し出されているようにくっきり見えている。
いつもキョロキョロのぞき込んでいて、さぞ怪しかったろうな ( -" - ;A アセアセ…


190421 green-15 190421 green-14-2


左が厨房、右がテーブル16席。奥の半仕切りの先にも客席があって、2階への階段もある。
2階席もあるんだろうか?


190421 green-16-2


注文はスパゲッティミートソース650円とドライカレー650円、ともに単品で。
「ドリンクを追加で頼まれてもセット価格になりますので遠慮なくどうぞ」と、呼び込んでくれたおばさま。
セットというのはカウンターに張ってあるコーヒー・紅茶・コーラ・ミルク・カルピスが200円というやつかな。


190421 green-23 190421 green-24


スタッフは女性3人。調理担当のご高齢の方と、その一世代下くらいの女性が2人。
途中、お届け物があってそれが2階に持っていかれたので2階は倉庫か休憩室かな… と思っていたら、すぐにおじいさんが先の荷物を手に階段を下りてきた。常連風のじいさんに声をかけ、僕らにも「いらっしゃい」と。
一昨年亡くなった日野原重明先生を彷彿させる好々爺然としたこちらの方が、オーナーらしい。
そのへんの情報についてはこちらのサイトが参考になる。


190421 green-17


で、スパゲッティもドライカレーも、時空の向こうからやって来たのでありました。


190421 green-18


特にスパゲッティは、30年前、ちょうど元号が変わるのに合わせるように時代の変化とともに急速に失われていった製法が踏襲されている。


190421 green-19


麺は前日にゆで、マーガリンを絡めて冷蔵庫で寝かせる。注文が入ったら、タマネギ、ピーマンと一緒に炒める。皿に盛って、上からミートソースをかける。――経験上、こんな感じ。


190421 green-20


タマネギ、ピーマンと一緒に炒められたスパゲティ麺というものは、マジで30年ぶりくらいにお目にかかった。
こういう“ドライカレー”も、最近あまり見ないよね ( ゚ー゚)( 。_。 )ウン♪


190421 green-21


見慣れている交差点がまったく違って見えるは、ポジショニングの違いだけでなく、日常では立ったままのところを座った高さから見るというアングルの違いも大きいと思う。


190421 green-22


昭和あるいはもっと昔の、人々の往来が見えたような気がした。


190421 green-13


[DATA]
カフェグリーン
埼玉県所沢市御幸町1-24



[Today's recommendation]

wachat190421.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/gc0SU0LfPzw


Latest Articles
昭和が息づく二枚看板 【いさわ】 Nov 21, 2019
何かと紛らわしい中華飯店 【喜楽飯店】 Nov 20, 2019
人知れず人気なイタリアン 【Kitchen KEIJI】 Nov 18, 2019
東京そば・大阪うどん 【伊六庵】 Nov 17, 2019
安定のみそラーメン&餃子 【くるまやラーメン 東村山店】 Nov 16, 2019
超ボリューミーでお得なセット 【秀味軒】 Nov 15, 2019
そのたべもの最強につき…! 【たかはし】 Nov 13, 2019
多角的個人事業主における軽減税率は… 【じゃがいも】 Nov 11, 2019
昭和な商店街に、おいしい1CL 【花ごよみ】 Nov 10, 2019
創業百年の老舗そば 【金城庵 本館】 Nov 09, 2019
こけしの街のOld fashionedカフェカレー 【まつばや】 Nov 08, 2019
茶散歩と豆大福と、樺細工と… ――第12回 西荻茶散歩 Nov 07, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2