fc2ブログ

行事のしつらえ 【豊島屋酒造】

2024.02.09

 年中行事のしつらえにも、しかるべき日取りというものがある。
ひな人形を飾るのは、立春を過ぎた大安の日――

結婚式などお祝いごとは大安に、葬式は友引以外の日に… などという“常識”はなんとなく知っている人も多いと思うが、この大安や友引とはそもそも何なのか。
カレンダーの日付の下に書いてある(こともある)先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口というアレ、“六曜”という中国起源とされる暦注である。
暦注とは文字どおり暦に記載される注意書きで、この場合その日の吉凶・運勢に関する特記事項。
縁起のよい順に並べ替えると、大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅となる。


20240209 toshimaya-12


ということで、立春を過ぎて最初の大安の(縁起のよい)本日、ひな祭りの白酒を買いに。


20240209 toshimaya-13


ひな祭りといえば白酒だが、白酒といえば「豊島屋」。
わが地元はホンモノの白酒が残る貴重な土地である。


20240209 toshimaya-14


――江戸時代からの伝統に基づき、昔ながらの製法にこだわった、本年の「江戸の草分 豊島屋の白酒」が出来上がりました。江戸中の御評判となり、その販売風景が江戸時代の古文書『江戸名所図会』にも描かれ、数々の時代小説にも登場し、お雛祭にお供えする白酒の元祖と云われる、優美な深い甘さが特徴の白いお酒です。豊島屋本店HPより)


20240209 toshimaya-15

20240209 toshimaya-16

20240209 toshimaya-17


娘2人という構成から必然的に、うちではひな祭りは年中行事の中でも特別な位置づけであった。
だが娘たちが独立したいまとなっても変わらずひな飾りを続けているのには、この“豊島屋の白酒”の存在も小さからぬ理由となっている。


20240209 toshimaya-20
商品しおり


20240209 toshimaya-19


――豊島屋の白酒は、江戸時代から知られる名物であり、「山なれば富士、白酒なれば豊島屋」と詠われるほどであった。毎年2月の売り始めの日には、この白酒を求める客が江戸のあちこちから大勢訪れたために半日で売り切れたと伝わる。「豊島屋の白酒」Wikipediaより、最終更新 2023年12月2日17:08)


20240209 toshimaya-18


そんな江戸の粋の疑似体験。


20240209 toshimaya-21
斎藤長秋〈編〉ほか, 鎌倉町豊島屋酒店 白酒を商ふ図, 『江戸名所図会 一』, 博文館, 1893. 国立国会図書館デジタルコレクション(参照 2024-02-10)


[DATA]
豊島屋酒造 KAMOSHInoBA(醸しの場)
東京都東村山市久米川町3-14-10
http://toshimayasyuzou.co.jp/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/Dzx9P-2fG3E?si=rWceWRcVr2K1Xizq



wachat240209.jpg



20240209 toshimaya-22


ラーメン1杯1000万…、もとい 【村山ホープ軒 東大和店】

2023.12.09

 この世をば わが世とぞ… 思ってたんだろうな、清◯会。
◯和会にあらずんば人にあらず。

1000万円って軽く言うけど。
こっちは1000万なんていくはずないのにインボイスで消費税の処理がどれほど煩雑になったことか。
非課税っていうか脱税じゃん、キックバック。

せめてインボイス対応してほしいわ… って、違うか ヾ(・ω・o) ォィォィ


20231209 murayama-hope-11


自転車で軽く41km走って「村山ホープ軒 東大和店」。


20231209 murayama-hope-20


今週は凶悪に忙しくて3日ぶりにシャバに出た。
というか、もうイヤになって、週末憂いなく行動できるよう仕事の手持ちがない状態にするべく、昨日の段階で来た分をすべて無理やり終わらせた。


20231209 murayama-hope-13


「村山ホープ軒 東大和店」の記事は1月以来だが、この間も何度か食べている。
以前は日記感覚でブログ記事をつくっていたが、コロナ禍を経ていろいろ変わって… といった経緯についてはブログタイトルを変更したときの記事を参照いただければ。


20231209 murayama-hope-15


注文はラーメン+もやし。
心地よい疲労感のある身体に、塩気の強いスープがしみじみウマい c( ̄▽ ̄)


20231209 murayama-hope-16

20231209 murayama-hope-1720231209 murayama-hope-18

20231209 murayama-hope-19


ラーメンは前回より50円上がって800円。
もやしを付けると限りなく1000円に近づく。


20231209 murayama-hope-12


もはやラーメン1杯1000円時代。
でも好きなラーメンに値段は関係ない。
とはいえ、1000万あれば1万杯食べられるんですけど。


20231209 murayama-hope-21


[DATA]
村山ホープ軒 東大和店
東京都東大和市南街4-13-12





[Today's recommendation]


https://youtu.be/8v_4O44sfjM



wachat231209.jpg



20231209 murayama-hope-22
東村山中央公園


熱い辛い…💦 【麺 鶴亀屋】

2023.07.20

 今月は仕事の流れが不規則で、いつもならヒマなはずの月下旬にもうひと山まとまったのが来た。
まあ僕にとっては不規則だが、仕事は普通そのように均等なものであり、毎月このペースならむしろありがたい。

連休明けにイレギュラー分の半分が来て、それを今日の昼までにほぼ終了。

昨日までの猛暑は一段落し、東京地方の今日明日の天気は曇りまたは雨、今月下旬の気温は平年並みに推移… という予報に期待して、仕事が片付きさえすれば速攻で自転車で遠出… ともくろんでいたが、いざ出かけてみるとクッソ暑いでやんの ( ̄Д ̄ ; ;

仕事という個人的スケジュールが揺らぐのはしょうがない(というか、どうしようもない)として、天気予報にコロコロ変わられるのは困る。
庭の水まきとか天然の降水に頼った生活を送っている。


20230720 tsurukameya-11


それにしても暑すぎ…!! とヤサグレていたら台湾ラーメンが食べたくなったという話。
そんなとき熱い辛いたべもの、食べたくなりますよね σ( ̄、 ̄=) ンー


20230720 tsurukameya-12


武蔵小金井「鶴亀屋」の台湾ラーメンは好きなラーメン十指に入るかも。
とかいって、2~3回しか食べたことないんだが、ビビッとくるものがあるわけで。


20230720 tsurukameya-13


昔この近くに支店のあった西荻「ひごもんず」の系列である。
その支店に月イチくらいで通っていたためか、2~3回とは思えないくらい「鶴亀屋」にはなじみ感があるというのもあるかも。


20230720 tsurukameya-14


台湾ラーメンが台湾には存在しないというのは有名な話らしい。
スパゲティ・ナポリタンみたいなものだ。

――台湾ラーメンは、台湾料理を起源に持つ日本国発祥の麺料理である。鶏がらベースの醤油風味のスープに細めの麺を入れ、唐辛子とニンニクを絡め炒めた挽き肉、もやしとニラが載る。名古屋発祥の料理であるため、いわゆる「名古屋めし」の一種とされる。「台湾ラーメン」Wikipediaより、最終更新2023年7月14日03:13)


20230720 tsurukameya-15


小ライスのサービスは「ひごもんず」を思い出す。
別皿で付いてきた生キャベツにも、熊本ラーメンのDNAを感じる。
こちらの台湾ラーメンは魚介テイスト? のだしが、なにしろ奥深くうまいんだな。


20230720 tsurukameya-16

20230720 tsurukameya-1820230720 tsurukameya-17


熱い辛いラーメンでひと汗かいて表に出れば、暑いことは暑いが日差しが少なく不安定な空模様で、はたしてこれは夏のはじめなのか終わりなのか…。

猛暑日続きで感覚がすっかり鈍麻してしまっているのであった。


20230720 tsurukameya-19


[DATA]
麺 鶴亀屋
東京都小金井市本町5-13-6
https://www.instagram.com/turukameya/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/c3l3mVeyndY



wachat230720.jpg


貴重な近代建築遺構 【旧黒須銀行】

2023.06.24

 前々記事「入間市博物館 ALIT」の入り口に国の登録有形文化財「旧石川組製糸西洋館」のポスターが張ってあり、名義がALITであることから、西洋館の管理・運営も当博物館が行っていることがわかる。

その横にもう一枚“旧”の付く管理物件のポスター。
旧石川組製糸西洋館が強く印象に残っているだけに、こっちも期待が持てる。


20230624 kurosubank-11
「入間市博物館 ALIT」の入り口に張られていたポスター


その「旧黒須銀行」、まだ整備途中のようで、公開日は今年わずか4回。
パンフレットによれば“入間市指定文化財「旧黒須銀行」復元工事開始までの特別公開”。
その4回のうちの1回がたまたま2日後というけっこう確率の低い偶然で、せっかくの機会なので行ってみることに。

というか、土曜日は最近わりと孤独で、暇つぶしに自転車で出かけるのにちょうどいい距離感(直線距離12kmほど)である。


20230624 kurosubank-12


――明治42年(1909)5月に黒須銀行本店として建設された土蔵造り二階建で、寄棟造り瓦葺の建物です。建築史的には、明治期の地方銀行に多く見られた洋風土蔵造りであることや、現存する土蔵造り銀行建築が希少であることから、貴重な近代建築遺構とされています。(ALIT HP > 明治時代の銀行建築「旧黒須銀行」より)


20230624 kurosubank-13


さらに社会経済的背景などは上記リンク先を参照されたい。


20230624 kurosubank-14


1階は銀行窓口で、カウンター奥に人(スタッフ)が多くて写真を撮れなかったが💦 窓口業務ならぬお菓子の販売などが行われていた。


20230624 kurosubank-15


左手の急階段を上った2階は仕切りのない広いスペースで、奥にステージが設けられている。
蓄音機や実演による“「くろぎん茶屋」で聴く入間の民謡・お茶のうた”の会場らしい。


20230624 kurosubank-17

20230624 kurosubank-16

20230624 kurosubank-18
ゆがんだガラス窓を通してひずんだ風景が懐かしい


建物裏も“倉庫跡ひろば”と銘打ってイベントが催されており、こちらも食べ物屋さんの屋台が出ている。


20230624 kurosubank-19
建屋裏面

20230624 kurosubank-20


建物自体は内外とも崩れたままの壁などアラが目立つが、逆に言うと、よくそのまま残っていたなぁ… と。
特別公開はけっこうにぎわっている印象。
“壊す”から“残す”への発想の転換で大きな財産となす可能性を秘めており、成功することでモデルケースとして他自治体へも波及することを期待するものである。


20230624 kurosubank-21


[DATA]
旧黒須銀行
埼玉県入間市宮前町5-33
https://www.alit.city.iruma.saitama.jp/irumashiseiyoukan/kyu-kurosubank/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/EJoAMsydt-E



wachat230624.jpg



20230624 kurosubank-22


多摩地域の家系草分け 【吉祥寺 武蔵家】

2023.06.03

 数えてみると吉祥寺の中華・ラーメン屋さんは15店ほど取り上げていて、もう気になるところは残っていないかな… と思っていたが、昔からあるこちらを忘れてました… という「武蔵家」。

昔からあるというのはちょっと大げさだが、創業1999年。
知る限りでは多摩地域で武蔵境「大山家」(1997年創業)の次に古い家系ラーメンで、“昔から”というのはそういうニュアンス。


20230603 musashiya-37


駅南口からマルイ横を入って井の頭公園に向かう七井橋通りの1本右の通りに立地。

吉祥寺の最おしゃれスポットにあって誰はばかることなくとんこつ臭を漂わせ、道行くおしゃれ女子に「な、なに!? このニオイ!!」と言わしめるこちら。

以前はJR中央線のガード下(いまの「カフェゼノン」の場所?)で営業しており、隣の古本屋によく入っていた僕は、「な、なに!? このニオイ!!」となっていたのであった。


20230603 musashiya-38


そのころ一度入ったことがあるが、いまの場所に移転(2012年)後は初入店。
ちなみにチェーン展開されている「武蔵家」は中野に本店のある別系統らしい。


20230603 musashiya-36


ラーメン780円をポチッと。
お好みは“味の濃さ→うすい”。


20230603 musashiya-35


周りは“麺の硬さ→硬い”がほとんどなのでどんどん抜かされる。
家系は太麺が多いので、実は麺ゆでに時間がかかる。
きっちり15分かかった。


20230603 musashiya-31


家系は必ず味うすめにしてもらうが、食事制限とかそういうことではなく、たいがいの店で、うす味でだし-たれバランスがちょうどよくなるから。
最近はうす味でなお濃いというところも珍しくないが、こちらはちょうどよいうすさ。
タレに邪魔されることなくダシのうま味がじわじわ伝わってくる。


20230603 musashiya-32


麺が短いのは同じ吉祥寺の「洞くつ家」と似ている。
もともと同系統だけに?


20230603 musashiya-33


20世紀にすでに存在していたお店だけに、食べ進むにつれ初めて家系ラーメンを食べたときの衝撃がよみがえるようだ。


20230603 musashiya-39


[DATA]
吉祥寺 武蔵家
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-8-11
https://www.6348musashiya.com/
https://twitter.com/kjj6348?lang=ja
https://www.instagram.com/6348musashiya/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/90RLzVUuXe4



wachat230603.jpg


〇〇店併設食堂 【めん処武蔵 武蔵村山店】

2023.04.22

 日産自動車村山工場跡地の中央付近から西に延びる伊奈平中央通りの一本南を平行して通る道。
伊奈平公園通りというらしい。
不意に目に飛び込む“うどん・そば”の幟。
工業地帯あるいは物流拠点の裏通りの殺伐とした風景に似つかわしくないことこの上ない。


20230422 musashi-25


裏通りに加え大型構造物の片隅に埋没して寂寥たるありさまで、営利目的とはとても思えず、社食か何か? 工場街だけに…。

――という謎のそば・うどん店。


20230422 musashi-12-2
🅿に従って進入すると…

20230422 musashi-13-2
大型パチンコ店駐車場! 写真左手パーキング棟の角に食堂がある


ナゾだけに気になる存在で、あるとき調べてみるとパチンコ店併設食堂なのであった。
なーるほど (* ̄  ̄)ノシ


20230422 musashi-11


パチンコ店・ボウリング場などを運営するサンキョーグループの飲食部門で、パチンコ&スロット「SAP武蔵村山」に併設の「めん処武蔵 武蔵村山店」。
立ち食いそば好き的には“立ち食い枠”として捨て置けない。


20230422 musashi-27


3年ほど前、東村山市の外れに大型パチンコ店ができ、飲食店併設というので見に行ってみると“18歳未満の方は来店ご遠慮願います”とある。パチンコ店とは入り口が別で外から直接入れるので違和感を覚えると同時に、パチンコ店利用者以外は利用不可的ニュアンスを感じ、パチンコというものを一切やらない自分は慌ててその場を立ち去った。


20230422 musashi-16


「めん処武蔵 武蔵村山店」はどうかというと、HPに“お子様連れOK”。
パチンコをやらないお子さま的オヤジも安心して入れる。


20230422 musashi-18


立派な暖簾が掛かっているので意外に和風で高級感ある雰囲気が漂っていたりするかも… と緊張感なきにしもあらずだったが、店内は普通に立ち食いそば的簡易食堂でホッとした(笑)。
ただし店員のおねえさんたちはいかにもパチンコ店という制服姿だ。


20230422 musashi-17


そば・うどん単品8種およびそのミニカレーセットまたはミニ丼セットが主体のシンプルでわかりやすい品ぞろえ。
山菜・ミニカレーセット650円をポチッとな。


20230422 musashi-19

20230422 musashi-26


テーブル3卓およびカウンター計20席ほどのこぢんまりした店内。


20230422 musashi-20
山菜そば・ミニカレーセット(そばはネギ抜き、揚げ玉のせ)


さすがにお子さまは見かけなかったが、お婆さまはいっぱいいるような…。
パチンコ人口の年代構成や男女比などが気になるところで。


20230422 musashi-22


しっかり蕎麦っぽい歯応えがあり、立ちそばとしてはレベルが高いと思う。
コスパも良好。


20230422 musashi-23


車でも自転車でもちゃちゃっと寄れて、使い勝手バツグン。
お店側とすれば遊興もしてもらわないと困ると思うので、そう頻繁には使えないが。


20230422 musashi-24


[DATA]
めん処武蔵 武蔵村山店
東京都武蔵村山市伊奈平2-66
https://www.sap.fm/shop/mendokoro-musashi-murayama





[Today's recommendation]


https://youtu.be/WSX6ZRX4_-Q



wachat230422.jpg



20230422 musashi-32

20230422 musashi-31
工場街ならではの人気スポット、「文明堂 壹番舘 武蔵村山店(上)と「天乃屋 東京工場 直売店」(下)


青春を懐かしがる 【ビフテキ家 あづま】

2021.11.23

 22日朝のニュースでラグビー早慶戦の特集をやっていた。
そういえばワールドカップのあと生観戦したくなったが、まもなくコロナが始まってしまったんだった。見たい気持ちは2年たっても変わっていない。
早明戦は何度か見ているが、早慶戦は見たことがなかった。

「今日、ラグビー見に行こうか」
と翌日の朝食のときに切り出したのである。

ところが、チケットの手配をしようとしたら、チケットぴあは予定枚数終了と。
焦っていろいろ当たってみたが、チケット販売はネットのチケットぴあのみで、当日の早慶戦はともかく約2週間先の早明戦も完売。リセールにもワセダ絡みは引っかかりもしないのだった。
えー、ラグビーってそんな人気なの…!?

自分の学生時代はラグビーブームの頂点で、1学年上に本城・吉野・津布久の三羽烏を擁した早稲田は人気の面ではラグビー界のトップに君臨した。早慶戦や早明戦はまさにプラチナチケットだった。
あのころの熱気が戻っているとすれば、ラグビーファンでありチョイ経験者としてはうれしいことではあるが…。

「ラグビーが無理ならイチョウでも見に行こうか」と相方。
神宮外苑のイチョウ並木は秩父宮ラグビー場のすぐ近く。そこに行く気になっていただけに、ナイス提案。


20211123 azuma-1120211123 azuma-12


用事があるという半蔵門まで地下鉄で行き、外苑まで歩くという計画。


20211123 azuma-1320211123 azuma-14


半蔵門→紀尾井坂→真田堀→四ツ谷駅→若葉→鉄砲坂→信濃町駅… というコースで、絵画館に12時ちょうど。


20211123 azuma-1520211123 azuma-16


軟式球場を回り込んで神宮球場の外野席入り口あたりまで来ると、突如ものすごい人並みに。

「え… なにこれ!? ラグビー? 日本シリーズ?」

それはイチョウ見物に訪れたおびただしい人の群れなのでした w( ̄▽ ̄;)w


20211123 azuma-1720211123 azuma-18


そそくさとその場を離れ、昼ごはんを食べに「ホープ軒」へ。が、やっぱりというか長蛇の列。「もうこのあたりはダメ。新宿まで歩こう」 となったのである。

前振りと中身に一貫性がないのはそういう経緯によるもので、ご容赦願えればと。


20211123 azuma-1920211123 azuma-20


「新宿でお店の候補は?」
「えーと、天ぷら、じゅうじゅう焼き、とん丼、…」
「じゅうじゅう焼きかな」

ということで、北西から北へと進路を修正しつつ新宿三丁目方面へ。

「新宿末廣亭」横、じゅうじゅう焼きで有名な「ビフテキ家 あづま」は、近くのデパートでアルバイトをしていた学生時代、バイトの帰りによく入った。
前振りとお店に関連があるとすれば、キーワードは学生時代。
今回のテーマは“青春時代を懐かしがる”かな。


20211123 azuma-2120211123 azuma-22


末廣亭の前から外観写真を撮ろうとスマホを構えたら、お店がない。
え、閉店しちゃった? と目を凝らせば、神田松鯉の幟の向こうに小さいながらも看板はたしかにある。
近寄ってみると、看板の下には地下へ下りる階段。


20211123 azuma-2320211123 azuma-24


かつて1階と地下の2フロアだった「あづま」は地下だけになり、1階には別のお店が入居している。
調べてみると2019年4月にリニューアルしたらしい。


20211123 azuma-27


13:20来店で満席、空き待ちとなったが、僕らのすぐあとから順番待ちはどんどん増えていったのでタイミングはよかったみたいだ。


20211123 azuma-2820211123 azuma-29


注文は、昔そればかり食べていたもち豚のじゅうじゅう焼き(昔“もち”は付いてなかったと思うが…)と、もう1品は店名に敬意を表す意味でビフテキに。


20211123 azuma-3020211123 azuma-31


15年前くらいに家族で入ったときは地下へ通され、煙がすごかったことを覚えているが、いまはもちろん全席禁煙。内装や照明も明るくなった印象で、こういう変化は歓迎である。


20211123 azuma-32


まずオニオンコンソメスープ。
塩気の強い昔風の味付けが食欲を増進させる。


20211123 azuma-3320211123 azuma-34


じゅうじゅう焼きは、豚バラ肉とキャベツが鉄板に盛り付けられた状態で提供され、上から特製オニオンソースをかけて食べるというもの。


20211123 azuma-37<


ソースが熱々の鉄板に触れ、ジュージューとものすごい湯気を上げる。豚肉には火が通っているがキャベツは生で、それがいい具合に蒸し焼き状態になるという、シンプルながらよく考えられた料理である。


20211123 azuma-37-2


ソースは昔ながらの甘みを抑えた味付けで、酢の酸味が効いてごはんがススム。


20211123 azuma-3520211123 azuma-36


ビフテキも熱々の鉄板にのってやって来た。パッと見、厚みもサイズ感も十分。
付け合わせの具なしナポリタンにテンション上がる。


20211123 azuma-3820211123 azuma-39


ナイフを入れると中はミディアムレア状態で、肉汁が多く軟らかい食感。
味は付いているが、フロアマネージャーに勧められるままにじゅうじゅう焼きのソースをかけてみれば、これまたごはんがススムススム。


20211123 azuma-46


あとから入った隣のテーブルの若いカップルの男子のほうは、じゅうじゅう焼きの肉大盛りと。
昔、バイト仲間のHMは必ず肉大盛りで頼み、「HMは肉食だからなー」とからかわれていたものだ。

彼は大学1年のときの下宿仲間で、テレビのなかった僕はその年のラグビー交流試合をHMの部屋で見たことを覚えている。
それは専修大に敗れ大学選手権に進めなかったという衝撃の結末で、早稲田は人気絶頂でも実力が伴っているわけではなかったのだ。


20211123 azuma-4320211123 azuma-43-2



この日の早慶戦、勝つには勝ったが、かなりハラハラする展開だったみたいだ。
見たかったような、見なくてよかったような…。


20211123 azuma-45


[DATA]
ビフテキ家 あづま
東京都新宿区新宿3-6-12 藤堂ビルB1F
https://azuma-shinjuku.owst.jp/map





[Today's recommendation]

wachat211123.jpg




https://youtu.be/dx7vNdAb5e4


https://youtu.be/dO6rCGUt2_A



20211123 azuma-41
そろそろ幸先詣の時期かなと


バッセン併設、逸品うどん 【うどん 桂】

2019.03.06

 つかりこさんの「ゆらゆら草」の記事を読んでいたら私的バッティングセンター物語のようなものがいろいろよみがえってきた。
僕はバッティングセンターが好きで、若いころはあちこちに行っている。その中でもいちばん年がいってからの記憶というのが、上の記事に出てくる歌舞伎町のバッセンだ。
当時は2丁目とか歌舞伎町とかというあやしげな街を深夜にうろついていた。アヤシゲな目的があったわけではなく、仕事に行き詰まったとき気分転換に会社の近所を彷徨した、と。


190306 katsura-23


その歌舞伎町のころから数えて30年ぶりくらいにバッティングセンターに行った。
バッセン30年ぶり、というところからもいかに運動不足か推して知るべしであり、そんなんで大丈夫か? と思われそうだが、ダイジョウブ。
打つは打つでも、たべもののほう \( ̄ー ̄;) ナンデヤネン!
バッティングセンター併設型という変わり種のうどん屋がある。


190306 katsura-11
正面から

190306 katsura-12
右斜め

190306 katsura-13
横から。バッティングセンターから和風建築が生えているように見える


ちょうど10年前に開通した新小金井街道清瀬区間の、まだ開発もまばらで畑地の多い沿線にあってよく目立つ構造物が「バッティングセンター アスカ」。
その駐車場に、うどんの幟がはためく。


190306 katsura-14


僕はこのうどん屋の名前をずっと「アスカ」だと思い込んでいて、事前にメニューをチェックしようと検索したがヒットしない。よくよく調べてみると、「桂」というちゃんとうどん屋らしい名前だったという(笑)。
いや、たしかに変わった名前だけど、お店の背後にでかでかと「アスカ」と書いてあったら、誰でもそう思っちゃうんじゃないかなぁ…。


190306 katsura-15


ということで珍しく事前に調べたところ、ここは盛りうどんに天ぷらを付けるのが無難な選択に思われた。
それでも店内であれこれ迷いそうになったが、品書きに天ぷら盛り合わせ付きの“天ぷらうどん”750円というものを発見、それに決める。


190306 katsura-16


地粉のうどんは、かなり灰色。コシ・香りともに強い。


190306 katsura-18


天ぷらはナス、カボチャ、ちくわ。


190306 katsura-22


武蔵野系のうどんと相性のよいゴボウやニンジンがないのはちょっと残念だが、うどん自体がおいしいのでそれだけで十分。
実は小鉢のきんぴらが陰でいい仕事をしていたという(笑)。


190306 katsura-55


かつおだしの効いたつゆがおいしい。武蔵野うどんの人気店はつゆの甘すぎるところが多く、個人的にそれは苦手だが、こちらはだしのうま味はしっかりで砂糖の甘さはない。
麺もつゆもよく、武蔵野うどんでは個人的に最上級にランクされる逸品。


190306 katsura-19


バッティングセンターのいちばん遠い思い出は、高校のころに通った家の近所のそれ。
この記事の執筆の最中(3/11)、NHK『ニュースウオッチ9』冒頭に映像の流れた“がんばろう! 〇〇”の看板の近くにあったバッティングセンター。自宅ももちろんその街にあった。
震災から8年。その街はさら地のままである。


190306 katsura-25


[DATA]
うどん 桂
東京都清瀬市中清戸5-186-1





[Today's recommendation]

wachat190306-22.jpg




https://youtu.be/AWGqoCNbsvM


お弁当&洋食レストランと2つの顔 【じゃがいも】

2019.03.02

 前記事のつづき――

東村山市役所は東村山駅と久米川駅の中間くらいにある。健康診断のあと、飲食店の多い久米川駅ではなく東村山駅で落ち合ったのは、そっち方向に用事があったため。本日は第1土曜日で、久米川辻近くの「つむじ」に市が立つ日である。

上の説明がわかりづらいのは、「久米川」という名称が2つ出てきて、それらが起点である市役所から見たら正反対に位置するため。東村山市民以外にはニュアンスが伝わらないかも… 人( ̄ω ̄;) ス、スマヌ…

もう一つ用事があって、今日の日中は先々週同様、家族の予定がややこしいので、昼ごはんにお弁当を用意しておきたい。
「つむじ市」には弁当なども出品されるのでそこで調達できれば一石二鳥であるし、近くにはパン屋も2店ある。


190302 jagaimo-18


ということで、東村山駅東口から久米川辻に歩いて向かう。
地図上は府中街道を真っすぐだが、土地勘のある元 久米川町民は、そんな歩きづらい道は通らない(←またまた「久米川」)。
もう一つ線路際、駄菓子屋「きりん館」の道。野球場を過ぎて右側の未舗装の道を入り、府中街道のローソンに出る。


190302 jagaimo-14


ローソンのすぐ先には洋食&弁当の「じゃがいも」があるが、開店は11時半。あと1時間以上もある。
ところが、お弁当窓口をのぞきに行った相方が「やってるみたいよ」と。


190302 jagaimo-15
左のレストランのドアは“準備中”、右のお弁当窓口は“営業中”


なになに…? と近寄ってみると、品書きのポスターに“お食事の営業AM11:30~ お弁当の営業AM10:00~”と書いてあるではないか。


190302 jagaimo-17


いやー、知らなかったなー(笑)。
先ほどの「イルソーレ」に続き、こちらも自分的に大幅ユーティリティアップだ。


190302 jagaimo-16


窓口でハンバーグ弁当、焼肉弁当、北海弁当を注文し、「15分後にとりに来ます」と告げて「つむじ市」をのぞきに。


190302 jagaimo-57
ハンバーグ弁当590円

190302 jagaimo-56
焼肉弁当590円

190302 jagaimo-55
北海弁当690円


北海弁当の内容:
“北海”ぽいのは、シャケ、肉じゃが(肉なし)、カニかま、および弁当全般に付くポテトサラダ。
バランスはよいが揚げ物が2個とも同じかぼちゃコロッケというのがちょっと残念。個人的には、肉じゃが的じゃがいもはなくてもよいのでコロッケ1個をカニクリームコロッケにしていただくなどすれば、北海満喫感がちょっとは増すかな…。

(さらにつづく


190302 jagaimo-19


[DATA]
じゃがいも
東京都東村山市久米川町4-39-26





[Today's recommendation]

wachat190302-2-22.jpg




https://youtu.be/Yfwlj0gba_k


好感度高しの要観察物件 【リヤカー屋台 秋津ナンバーワン】

2018.05.26

 「お昼、お弁当かなんか買っといて」と相方。
午前中はお稽古、午後はセミナーに参加するので、ゆっくり昼ごはん食べてる時間がないと。11時ごろには食べておきたいと。

テイクアウトといえども11時前に開いているお店って、そうはないんじゃないだろうか。
「得得市場」に行けば「のりの大丸」と「魚沼の庄」があるので、そこは無難ではあるが、いまひとつおもしろみに欠ける。市場は押さえと考えればいいんじゃないか、と。
なんとなく秋津方面に向かってみた。


180526 akitsunoone-58


秋津-新秋津乗り換えルート、「ウエルシア」の向かいに不思議なお店を発見。「リヤカー屋台」と看板に書いてある。
たしかにリヤカー式屋台のように見えるが、屋台として独り立ちしていない印象を受ける。屋台まるごとプレハブに突っ込んだような構造なのである。
見ようによっては、覆堂に覆われた中尊寺金色堂のごとき手厚い保護のもとにある国宝級の屋台に見えなくもない。←見えないって(笑)。


180526 akitsunoone-13


なぜ目に付いたかというと、弁当や惣菜を売っていたから。
棚に積んであるパックの弁当は、いま差し迫ったニーズにぴったりではないか。


180526 akitsunoone-23


こんなクセのある物件の主、さぞかしクセの強いオヤジに違いないと身構えつつのぞいてみると、出てきたのは当たりの柔らかい好青年。
このギャップのインパクトは大きく、一瞬にして好感度がグーンと上がった。



180526 akitsunoone-59180526 akitsunoone-60



よく見れば国産素材にこだわる真面目なお店。
全力で東北を応援する張り紙・のぼりも、東北人としてはうれしい限り。


180526 akitsunoone-56


国産鶏そぼろお弁当300円×2、名物焼きおにぎり60円×2、国産秋津ぎょうざ350円を購入。
しめて1070円とコスパも優秀。


180526 akitsunoone-55


鶏そぼろと炒り卵とおかかの鶏そぼろ弁当、色味はパッとしないけど、真面目そのものの味わい。
おかかはちゃんと“かつおぶし削りぶし”を使ってるんじゃないだろうか?  “かつお削りぶし”には反応しないうちの猫が大騒ぎしてる。
飾り気はないけどごまかしの利かないF-1-Bあたりの規格のフードパックにぎっしり詰めてあるから、意外に量はある。
ご飯へのこだわりは、シンプルなしょうゆ味の焼きおにぎりでは特に強く伝わってくるものがある。
餃子は餡がみっしり。冷めてもおいしい。


180526 akitsunoone-18
色味が地味なので自家製ぬか漬けを添えてある


こちらはちょっと前まで屋台そのもので、向かいの駐車場(現ウエルシア)に出していたらしい。
調べてみると、いろいろ謎に満ちている。
そもそも営業時間、各グルメサイトでは“夕方~”となっているが、現に僕は午前11時前に買っている。
“ジャンル:ラーメン”というサイトもある。焼き鳥が激安でおいしいらしい。
要注目・要観察な存在である。


180526 akitsunoone-22


[DATA]
リヤカー屋台 秋津ナンバーワン
東京都東村山市秋津町5-13-66
https://twitter.com/karaagenanbarr1





[Today's recommendation]


https://youtu.be/u8CMsQ-p1ls


https://youtu.be/2A6OsEAD3zw



chat180526-22.jpg


Latest Articles
木漏れ日の山頂めし ――物見山 Apr 24, 2024
のどかな峠の茶屋 【ふじみや】 Apr 23, 2024
遠足のメッカ ――日和田山 Apr 23, 2024
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2