FC2ブログ

ギフトも地元で🎁 【ポールスタア 工場直売所】

2021.06.03

 盆暮れの付け届けというか、いまではきょうだいくらいにしか送らないけれど、若いころは虚礼に抵抗があって自分の感覚で選ぶようにしていた。しかしそれは虚栄心からくる独りよがりで、相手本位の考え方といえるものでもなく。自分がよいと思っても知名度にはかなわず、ちょっとした東京土産にしても吉祥寺「小ざさ」のモナカより東京○な奈のほうが喜ばれたり。虚礼を避けようとすれば虚飾が立ちはだかる。
そうして付け届けは無難なところでカタログギフトに落ち着いていく。

年をとってくるとそういうめんどくさい心理はどうでもよくなり、広く平らな心で物事に臨もうと。虚心坦懐というんでしょうか… σ( ̄、 ̄=)


20210603 polestar-11


自分でいいと思うものを差し上げるのは気遣いの心にかなうと。若いころと違うのは、地元に対する理解が深まり、地元産品への思い入れが強くなっていること。
洋菓子の手土産やギフトは「赤ずきん」「アンシャンテ」「ウルー」「おやつ屋Sunset」「シャモア」「東村山シフォン」、酒なら「豊島屋」「Distant Shores Brewing」…。
そしてこのところ本格ギフトに使っているのがソースメーカー「ポールスタア」の工場直売所。


20210603 polestar-12


この日はちょっと気が早いが父の日のギフトを選びに。


20210603 polestar-14


ざっと見てみて、やっぱり東村山うどんセットに。以前何かで送って評判がよかった。


20210603 polestar-1520210603 polestar-16


「野口製麺所」の乾麺“八国山うどん”とポールスタアのつゆ“これぞ東村山うどんつゆ”のセットという地元事業者のコラボ商品であり、2倍の地元愛を込めて… と。


20210603 polestar-31-2


もう一つの目的が、去年12月に発売されたクラフトコーラ“TOKYO CRAFT COLA 1850”。
ソースメーカーのコーラとして話題になった。


20210603 polestar-1820210603 polestar-1920210603 polestar-20


先日たまたま飲む機会があったが、感想は「うん。コーラ! c( ̄▽ ̄)
しっかりコーラ味でありながら、ポールスタアといわれれば、たしかに… と大いに納得できるところが面白い。黒焼きそばソースを彷彿させるというか。


20210603 polestar-23


スパイス配合のノウハウなど通じるものがあるんだと思うが、丁字や桂皮が前面にきて薬膳ぽくもあり、○カ・○ーラなんかよりずっと時代に合った商品だと思った。


20210603 polestar-24


原液を希釈するスタイルで思い浮かぶのが某乳酸菌飲料。箱入り詰め合わせは昭和のギフトの定番であった。
5種類ラインナップされたTOKYO CRAFT COLAシリーズギフトセットは、令和のお中元にピッタリではないか!


20210603 polestar-2120210603 polestar-22


[DATA]
ポールスタア 工場直売所
東京都東村山市久米川町3-28-2
http://sauce.pole-star.co.jp/





[Today's recommendation]

wachat210603.jpg




https://youtu.be/9_nKVXdvIko




 ホタル、いるっ!
2021.06.03 清瀬せせらぎ公園/東京都清瀬市中里2丁目


20210603 kiyose_seseragi-11


近隣の“ホタルスポット”にはことごとく出かけているが、お目にかかったことがなかった。
先日たまたま通った清瀬せせらぎ公園に、ホタル個体数カレンダー。
ここならばと出かけてみれば…


20210603 kiyose_seseragi-12


ホタル、いるっ!!



https://video.fc2.com/content/2021062059VfDkXQ


小京都のオープンテラスで 【フクロウの森】

2021.04.10

 仕事が一段落して久々の土曜晴れ。貴重な機会なので車で出かけたい。長瀞か嵐山がいいという。じゃ嵐山にしようか… と、わりとすんなり決まる。長瀞では人が多そうだし。

嵐山(らんざん)とは武蔵嵐山渓谷を指しており、京都の嵐山によく似ていることから命名された埼玉県を代表する景勝地。
「『嵐山渓谷』の魅力は、秋が真骨頂です」と嵐山町観光協会公式HPにあるように紅葉の名所で、いま時分は穴場的にすいているんじゃないかという読みがある。


210410 ranzan-11


数年前(の秋)に一度訪れており、そのときと同じ嵐山渓谷バーベキュー場の駐車場を利用する。
着いたのが12時で、まずは昼ごはん。前のことはほとんど覚えていないが、売店で焼きそばを買って背後に広がる槻川 河原で食べたような記憶がかすかにある。


210410 ranzan-12


ところが売店に置いてあるのは包丁や抗菌まな板だけで、観光施設の売店でなんでそんなもん売ってるねーん! ヾ(・ω・o) と激しくツッコミそうになったが、あ、バーベキュー用品か… とナットク。

そして少しずつ思い出していったんだが、前回は駐車場に食べ物の屋台がたくさん出ていた。食べたのは“嵐山辛モツ焼そば”というご当地B級グルメだった。
このご時世で、屋台などは出ているはずもない。これは困った。

案内係のおじさんに近くに食べるところがあるか聞いても、「『すき家』しかないよ。歩ける距離かって? うーん、どうだろ」とアテにならなそうな反応。
駐車料金500円払っちゃってるし、うーん困った。。。


210410 ranzan-13


ググってみる。
わりと近くに「フクロウの森」というお店? がある。バーベキュー場と出ているが、投稿写真でハンバーガーやランチメニューの看板などが上がっている。
不安なものはあるが、位置的に嵐山渓谷に向かうコースの途中で、どうせ渓谷まで歩くつもりだったし、ほかに選択肢はないしで、一か八か行ってみることにした。そこで食べられなかったらメシ抜き必至であるが。


210410 ranzan-14


歩くこと15分。
道端に「フクロウの森」の看板。


210410 fukuronomori-11


“バーベキュー カフェ ドッグラン”
“営業中”

た、助かった…!


210410 fukuronomori-12210410 fukuronomori-13


「フクロウの森」は完全予約制のBBQ場らしいが、カフェは予約なしで入れる。


210410 fukuronomori-14


主にログハウス3棟と屋根付きオープンテラス2カ所という構成で、カフェ利用はキッチン棟で注文し呼び出しベルを持たされるフードコート方式。


210410 fukuronomori-15


ハンバーグランチと焼きチーズカレーを注文。


210410 fukuronomori-16


ちょっと風が冷たいが、2段になっているテラスの上のほうに席をとって待つ。
思いのほか待ち時間が長い。13時を回り空腹のピークで、ほかの席からBBQの匂いが漂ってきてつらい。


210410 fukuronomori-17


ハンバーグランチはライス、サラダ、スープ付き。
サラダにはフレンチドレッシング。野菜がフレッシュでシャキシャキ。


210410 fukuronomori-20


熱々フライパンにのったハンバーグにはデミグラスソースがたっぷり。
肉々してどっしりしたハンバーグで、濃厚なソースがご飯によく合う。


210410 fukuronomori-22


焼きチーズカレーにはナチュラルチーズがふんだんに。
じっくり煮込まれたカレーと香ばしく焼かれたチーズは相性抜群。


210410 fukuronomori-21


水と空気がきれいな場所で食べるから、よりいっそうおいしく感じられる。
ビールが飲めないのがいかにも残念だ。


210410 fukuronomori-18210410 fukuronomori-19


食事のあとは嵐山渓谷へ。
読みどおり人出はまばら。


210410 ranzan-15

210410 ranzan-16

210410 ranzan-17


進むにつれ一歩一歩という感じで記憶がよみがえっていく。数年前に訪れたときとほとんど同じコースを歩いているようで、不思議なデジャヴ体験を味わったのだ。


210410 ranzan-19210410 ranzan-20210410 ranzan-21
210410 ranzan-22210410 ranzan-23210410 ranzan-24
左上から、ジュウニヒトエ、ツボスミレ、ヤブレガサ、マムシグサ、チゴユリ、フデリンドウ


紅葉もいいが新緑も素晴らしい、東京から1時間ちょっとの“武蔵の小京都”。


210410 ranzan-18


[DATA]
フクロウの森
埼玉県比企郡嵐山町鎌形2687-2
http://fukurou-no-mori.com/
https://www.instagram.com/hukurou_no_mori/





[Today's recommendation]

wachat210410-2.jpg




https://youtu.be/jh6RXTXyO4k


ラーメンの消えた日 【ラーメン一二三】

2019.09.25

 このページの右サイドに表示してあるLatest Articles(最新記事)のサムネイル画像からラーメンが消えて5日が経過した。そこには12記事分掲載されるように設定してあるので、平均1日1記事というペースだとしても、その間、半月以上はラーメンを食べなかったことになる。ラーメンばかり食べていた人物の食事の記録とはとうてい思えない。

…というくらい、以前はラーメンばっか食べていた。
ラーメンしか食べなかったと言っても過言ではない。(←いや、言い過ぎだけど)

せわしない9月も終盤、ようやく通常モードに戻ったことだし、ゆっくりラーメンを食べに行くことにした、というような事の次第であるという。


20190925 hifumi-25


八高線の箱根ヶ崎駅近くに「松屋」という知る人ぞ知る渋いラーメン屋があるが、どういうわけか行くといつも休み。
1時半近くで大きく移動もできないので近場で次の候補を考え、思い出したのが江戸街道の「一二三」。こちらも以前から気になっていた。


20190925 hifumi-12


この道を通るときの目的地は「ジョイフル本田瑞穂店」とほぼ決まっているが、ジョイフルのオープン(2007年)当初は園芸コーナー目当てに自転車や車で頻繁に通っていた。
「一二三」は、当時のラーメンブームをけん引した吉祥寺の個性的な店と同名だったので、なんてことないたたずまいだが印象に残っていたわけである。


20190925 hifumi-11


二股の分かれ道の三角地帯に位置する。
店の裏口の前に自転車を止めて表に回り込むと、入り口の横に“とんこつラーメン”とある。


20190925 hifumi-13


こういうロードサイドのとんこつの店にハズレはない… ような気がする。
ちょうどとんこつ系も食べたいと思っていたところだ(「松屋」は鶏ガラしょうゆ系)


20190925 hifumi-17


お店はとんこつ系にしては小ぎれいな感じ。
女性店主1人体制で回しているもよう。


20190925 hifumi-14


券売機で正油ラーメン650円ともやし50円を購入。
券売機のボタンに英語のシールが貼ってあるのは、米軍横田基地東ゲートに近いから?


20190925 hifumi-26


ラーメンは、ある種典型的な東京とんこつの様相を呈しているようだが、何がそう感じさせるかというと浅めのラーメンどんぶり。
もしや… と思ってあとで調べてみたら、はたしてラーショ(ラーメンショップ)系であった。


20190925 hifumi-18


これまで食べてきたラーショ系の中で、スープは濃厚なほうだと思う。
言い換えれば、ジャンキー度高し。もやし増しにしてちょうどよい加減… という濃度かな、個人的に。


20190925 hifumi-2020190925 hifumi-21

20190925 hifumi-2220190925 hifumi-23


ほぼストレートな中太麺はパツッとした食感でかなりおいしい。
チャーシューはほろっと崩れる。


20190925 hifumi-19-2


とんこつラーメンに青ネギの細切りは珍しいが、好みから言えばこっちのほうが絶対合うと思う。手間もコストも違うはずで、そのあたりにラーメン愛そのものを見るようであり好感度も上がる。

半月後、右のサムネイルがラーメンだらけになっている予感が… (〃 ̄∇ ̄)ノ


20190925 hifumi-24


[DATA]
ラーメン一二三
東京都武蔵村山市残堀5-86-6





[Today's recommendation]

wachat190921-2.jpg




https://youtu.be/2vjPBrBU-TM


満を持して、○○丼登場! ―1CLシリーズ⑮【宇奈とと 調布店】

2019.09.12

 1CLシリーズも今回で15回目。
これほどワンコインネタが見つかるとは思っていなかったが、特に目を引くのが丼物の健闘ぶり。かつ丼、焼き鳥丼、海鮮丼、天丼に、どんぶりで出す店もあるカツカレーも含めると、シリーズの3分の1強が丼物である。

それがたとえば玉子丼やきつね丼、カレー丼あたりなら「まあ、なくもないかな…」という見解も聞かれようが、上記5品、もはや限界突破の最強ラインといっていい。

…と悦に入っていると、「いや、まだまだ」という声がどこからともなく聞こえてきた。「まだまだそろってへんで。アレはさすがにワンコインでは無理やろ」
アレとは…?
そう、価格高騰が止まらない、うなぎである。


20190912 unatoto-27-2


牛丼チェーン等のうな丼(うな重)の価格を調べてみた。吉野家788円、松屋830円、すき家790円、なか卯850円…(※吉野家=外税のほかは税込み価格)と、低価格路線を代表するこれらチェーンでもワンコインのはるか上に設定してある。

やはりワンコインうな丼は無理なのか?
それがあるんです!


20190912 unatoto-23


京王線調布駅北口。旧甲州街道の駅前交差点近くの一等地にある「宇奈とと」。
東京都内に11店舗、大阪府内に4店舗を展開するうなぎチェーンである。


20190912 unatoto-21


なんと、うな丼が500円!(都心にもあるので「知ってるわ!」という方、意外性がなくてどうもすいません (*_ _)人 ス、スマヌ


20190912 unatoto-22


調布に来るのは15年ぶりくらいかな。
そのころはいまよりだいぶ活動的で、ときどき調布あたりまで足を延ばし、昼ごはんどうしようとなったとき、やたら安いうな丼の店があった。


20190912 unatoto-24


1回入ったはずだがあれはマボロシだろうか…? というくらい記憶も消えかけていたが、今回こういう企画にあたり一応調べてみた。まさかと思ったが、まだあった。


20190912 unatoto-25


しかも、うな丼500円って、当時もそんな値段だったと思うので、この高騰の流れをもう何年もやり過ごしてきたわけだ。


20190912 unatoto-32-2


11時20分の入店で2人目の客。
席はカウンターのみ2列17席。


20190912 unatoto-26


驚くことに店内には炭の匂いが漂っている。
提供時間が短いので、老舗うなぎ屋のようなことをやっているはずもないが、独自の“ノウハウ”はありそうだ。


20190912 unatoto-28


うなぎの小さいのは想定内だが、厚みがかなりあるのに驚いた。タレは甘すぎず多すぎずで、ご飯が意外においしいので邪魔にならないのはいい。
で、うなぎは締まった食感になじめないものがあるが、蒸し工程の入らない関西の人間が関東のうなぎはフカフカして気持ち悪いと言う、その逆の感覚のような? 蒸し方が食べ慣れたうなぎのそれと違うんじゃないかと…。
ふっくら感はないが、しっかり焼き目が入って香ばしく仕上がっている。


20190912 unatoto-29


ご飯の量は少なくないので、やはりアタマとのバランスはよくない。
食べ終わるころに“しば漬けご自由に”を見つけ、これをもっと早く導入していれば… と思ったしだいである。


20190912 unatoto-3020190912 unatoto-31


少なくとも10数年の時を超える生き証人の感想として、この間高騰著しいうなぎを価格据え置きで提供している企業努力はすごいと思いました。

で、ワンコイン丼のラインアップ、まだ不足があるって…?


20190912 unatoto-33


[DATA]
宇奈とと 調布店
東京都調布市小島町1-11-7
http://www.unatoto.com/





[Today's recommendation]

wachat190912.jpg




https://youtu.be/z79pgPn357g



20190912 unatoto-34
調布飛行場と東京スタジアム(味の素スタジアム)。味スタでは9月20日、RWC(ラグビーワールドカップ)の開幕カード日本対ロシア戦が行われる


バッセン併設、逸品うどん 【うどん 桂】

2019.03.06

 つかりこさんの「ゆらゆら草」の記事を読んでいたら私的バッティングセンター物語のようなものがいろいろよみがえってきた。
僕はバッティングセンターが好きで、若いころはあちこちに行っている。その中でもいちばん年がいってからの記憶というのが、上の記事に出てくる歌舞伎町のバッセンだ。
当時は2丁目とか歌舞伎町とかというあやしげな街を深夜にうろついていた。アヤシゲな目的があったわけではなく、仕事に行き詰まったとき気分転換に会社の近所を彷徨した、と。


190306 katsura-23


その歌舞伎町のころから数えて30年ぶりくらいにバッティングセンターに行った。
バッセン30年ぶり、というところからもいかに運動不足か推して知るべしであり、そんなんで大丈夫か? と思われそうだが、ダイジョウブ。
打つは打つでも、たべもののほう \( ̄ー ̄;) ナンデヤネン!
バッティングセンター併設型という変わり種のうどん屋がある。


190306 katsura-11
正面から

190306 katsura-12
右斜め

190306 katsura-13
横から。バッティングセンターから和風建築が生えているように見える


ちょうど10年前に開通した新小金井街道清瀬区間の、まだ開発もまばらで畑地の多い沿線にあってよく目立つ構造物が「バッティングセンター アスカ」。
その駐車場に、うどんの幟がはためく。


190306 katsura-14


僕はこのうどん屋の名前をずっと「アスカ」だと思い込んでいて、事前にメニューをチェックしようと検索したがヒットしない。よくよく調べてみると、「桂」というちゃんとうどん屋らしい名前だったという(笑)。
いや、たしかに変わった名前だけど、お店の背後にでかでかと「アスカ」と書いてあったら、誰でもそう思っちゃうんじゃないかなぁ…。


190306 katsura-15


ということで珍しく事前に調べたところ、ここは盛りうどんに天ぷらを付けるのが無難な選択に思われた。
それでも店内であれこれ迷いそうになったが、品書きに天ぷら盛り合わせ付きの“天ぷらうどん”750円というものを発見、それに決める。


190306 katsura-16


地粉のうどんは、かなり灰色。コシ・香りともに強い。


190306 katsura-18


天ぷらはナス、カボチャ、ちくわ。


190306 katsura-22


武蔵野系のうどんと相性のよいゴボウやニンジンがないのはちょっと残念だが、うどん自体がおいしいのでそれだけで十分。
実は小鉢のきんぴらが陰でいい仕事をしていたという(笑)。


190306 katsura-17


かつおだしの効いたつゆがおいしい。武蔵野うどんの人気店はつゆの甘すぎるところが多く、個人的にそれは苦手だが、こちらはだしのうま味はしっかりで砂糖の甘さはない。
麺もつゆもよく、武蔵野うどんでは個人的に最上級にランクされる逸品。


190306 katsura-19


バッティングセンターのいちばん遠い思い出は、高校のころに通った家の近所のそれ。
この記事の執筆の最中(3/11)、NHK『ニュースウオッチ9』冒頭に映像の流れた“がんばろう! 〇〇”の看板の近くにあったバッティングセンター。自宅ももちろんその街にあった。
震災から8年。その街はさら地のままである。


190306 katsura-25


[DATA]
うどん 桂
東京都清瀬市中清戸5-186-1



[Today's recommendation]

wachat190306.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3





https://youtu.be/AWGqoCNbsvM


天むすならぬカツむすとの遭遇 【だんごの美好 滝山団地店】

2018.12.20

 10月に掲載した「B級食堂 相模屋」の記事に寄せられたコメントが気になっていた。

「表の江戸街道に店を構える持ち帰り専門のお店でカツの太巻きを買ったら…」
いつも貴重な情報をお寄せいただいているツキさんのコメントで、それを見てカツの太巻きって…? となったのである。

以下はそれに続くやりとり――
「カツの太巻きというたべものは初めて聞きました。のり巻きですよね…? ニュアンスとしては、天むす的な…?」
「カツの太巻きですが、細長いトンカツとレタスを太巻きの具にした食べ物です」


181220 dango-miyoshi-19 (2)
※イメージ写真


これはますます気になる。そのものを見てみたい、食してみたい。
ということで、先月立川に行ったときにお店を探したが見つからなかった。そのやりとりで言及されている「だんごの三好」も念のためのぞいてみたが、それっぽい商品は置いていない。

一方、同時期、東久留米滝山の商店街にて――
カツの太巻きの件で「だんごの三好」というワードがインプリンティングされていたのか、「滝山団地店」の前を通るとき、いつもは素通りするところ自転車を止めて商品棚をじっくり眺めていた。
すると、だんごを中心とした和菓子屋のイメージにとどまらない幅広い商品構成にも驚かされるが、和菓子と並ぶ中心カテゴリーといえる米飯ラインアップに、フライを具にしたおにぎりがあるではないか。


181220 dango-miyoshi-35


上のコメントのやりとりで僕が「天むす的な…?」と書いているように、カツの太巻きと聞いて真っ先にイメージしたのが、巻き物というよりこのビジュアルだった。
まさに運命の出会い… と言ったらだいぶ大げさだが(笑)。


181220 dango-miyoshi-17


そして本日12月20日――
僕を除く家族はそれぞれ職場の忘年会。夜ごはんはおとうさん1人。
これはそういうときのための持ちネタである。

夕方、滝山に向かった。


181220 dango-miyoshi-11


「だんごの三好」は東京多摩地区や埼玉ではよく見かける系統のお店。チェーンというわけではなく元の本部がなくなって各店独自に運営しているらしい… 等々、ネット上ではいろんな情報が飛び交っているが真偽不明。ちなみに上記の立川のお店は「だんごのミヨシ」と表記する。


181220 dango-miyoshi-31181220 dango-miyoshi-32


フライ入りおにぎりは、めんちカツ、エビフライ、野菜いかミンチ、ささみカツの4種(いつもそうかは不明)。
エビフライ110円、ささみカツ110円を購入。


181220 dango-miyoshi-15


ほかに太巻きや焼きそばなども気になるが、今日は別の店で唐揚げを購入済みなので、ここはおにぎり2個のみにとどめた。


181220 dango-miyoshi-14


実食――
原材料表示を見ると、それぞれ「米、のり、エビ、酢」「米、のり、鶏、酢」といたってシンプル。
そんなわけないだろ、コロモはどうした――というクレームはおいといて、味であるが、マヨネーズなどを想像するが塩むすびのようなシンプルな塩味(原材料に食塩追加 (;^_^ A アセ…)。


181220 dango-miyoshi-36


それだけに食べ始めは油けがきつく感じられるが、ご飯と合わさることでうまく中和される。特にささみカツがおいしい。
エビフライのほうが期待が高かったが、フライだと油分が強すぎてエビ自体の存在感が薄れる感じ。個人的には天むすのほうがおいしいと思う。


181220 dango-miyoshi-34


こういうサバイバー系だんご屋は意外に面白そうな気がしている。
小川の「丸一」や久米川の「いずみ屋」といった同じにおいがするお店にも探りを入れていきたい。


181220 dango-miyoshi-12


[DATA]
だんごの美好 滝山団地店
東京都東久留米市滝山5-1-13





[Today's recommendation]

wachat181220-22.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://www.youtube.com/watch?v=SYKU7DfEJT4


これぞ! 昭和の大衆食堂 【いしはら食堂】

2018.01.16

 いろんな意味で昭和的な、いわば大衆食堂好きの聖地「いしはら食堂」。
1975年創業。
テレビにもよく取り上げられる有名店である。


ishiharashokudo23.jpg


場所はJR三鷹駅と「三鷹の森ジブリ美術館」の中間あたり。さくら通りという南東に斜めに延びるバス通り沿い。
少し駅寄りの、いつもいっぱいの3時間無料駐輪場に1つ空きがあったので、そこに止めて歩いて向かう。
衝動的行動なのでまったく作戦を立てていない。
それがこういう店では思わしくない結果を招く。


ishiharashokudo31.jpg


若い店員さんがいることもあるが、今日は老夫婦お二人で切り盛りしているもよう。
カウンターの右端に座り、お茶を出してくれたお母さんに「チキンカツと定食」と注文。


ishiharashokudo11.jpg


こちらは200円の定食セット(白飯、みそ汁、おしんこう)におかずを組み合わせるというカスタマイズ式になっている。

おかずの数がものすごい。
カウンター上の壁にかかっているプレート、約50枚。
そのおかず、ものすごく安い。
コロッケ2個120円、ハムエッグ170円、さばのみそ煮180円、レバニラいため220円、生姜焼280円、とりのから揚360円、トンカツ360円…。

これを自由に組み合わせてmy定食をつくるのである。


ishiharashokudo18.jpg


そこで、僕の注文を振り返ってみる。
チキンカツ+定食
何の戦術も創意工夫も、そこには感じられない。
そういうのをその場で考えるのが苦手なので、こういう店に衝動的に入ってはいけないと、いつもあとで思う。


ishiharashokudo55.jpg


根強い人気を支えるのが客層の幅広さ。
僕の前にリタイア男性2人連れ、近所のIT企業風若者、自営業的中年男性、僕のあとには若いOL風、常連の昼飲みじいさん… といった具合。


ishiharashokudo56.jpg


お店のおかあさんは、注文をとるとき、お会計のとき、必ず一言二言声をかける。
「寒かったでしょう」
「現場、近いの?」
「今日は仕事おしまい?」


ishiharashokudo57.jpgishiharashokudo58.jpg
“定食”200円


去年のいまごろ入ったとき、ちょうど山陰地方が大雪に見舞われていた。
厨房のフライヤーの前のカウンター席に座った僕に、おかあさんは揚げ物をしながらずっと話しかけていた。
「今朝のトラックのお客さん、山陰通ってきたんですってよ」

今朝とはどういうことかというと、この店は朝6時開店である。5時という説もある。


ishiharashokudo59.jpg


薄いチキンカツ、ちょっと寂しいかな…。キャベツも景気よくないかな…。
でも270円だし。
もう1品加えれば、ぐっと印象が違ってくるはずだ。

丼で出される煮詰まった感じのみそ汁が懐かしい。
カツにレモンを搾ろうとしたら、デザートのハッサクだったという(笑)。
ここにハムエッグまたはレバニラまたはコロッケをプラスという組み立てを、次回用にシミュレーションしてみたり。


ishiharashokudo33.jpg


お会計のとき、おかあさんはひとしきり悩んだ末、
「野菜いためと目玉焼きに納豆だったかしら?」

無理やり事態を複雑化させてるとしか思えない(笑)。


ishiharashokudo35.jpg


[DATA]
いしはら食堂
東京都三鷹市下連雀3-6-27





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=wXu_GA9EKoY



chat180116-22.jpg
◆ 猫写真はこちら


さっそくお買い物 【お菓子工房 伸】

2017.10.14

 前記事の「ひがしやまとスイーツウォーキング」の趣旨は産業振興にあるだろうし、具体的には参加店のリピーター・常連客の創出が目標になると思う。
参加者側にすればこれだけ一挙にお試しできる機会は貴重であり、間違いなく今後の参考になる。
両者が合致することでWin-Winイベントになるわけである。


171014 shin-22


リピートというかイベントの最中、僕らも提供品以外にいくつか買い物をしている。
その一つを簡単に紹介。


171014 shin-27


「お菓子工房 伸」は一軒家のケーキ屋さん。
芋窪街道に面し駐車場スペースが数カ所確保されていて使い勝手がよさそう。


171014 shin-23


市内でも屈指の人気店とのことで、ウォーキングイベント参加者以外にも常連っぽいお客さんが次々やって来る。
ちなみに2階はカフェになっているもよう。


171014 shin-24-2


提供品“ふわたま”をいただきながら店内を拝見すると、こちらはパンも扱っているようだ。


171014 shin-25


カウンターの上に自家製パンSaleのバスケット。“昨日焼いたパンです”とある。
食品ロス削減の姿勢には大いに共感できる。
そのサービス品1袋とカンパーニュを買う。


171014 shin-28


添えられたカードには…
――良質の発酵バターのみ使用のクロワッサンや、ライ麦粉使用のハード系のパン…etc. 伸、人気のパンたちをおいしく召し上がっていただきたい!! *180℃のオーブンで3分程度温めてからお召し上がりください。パンの風味が甦ります。


171014 shin-26
パン・ド・カンパーニュ(大)200円、自家製パンSale品100円


このあとスイーツウォーキング後半戦。
スイーツだけでなくお食事も“地元”食堂で!(次回掲載)


171014 shin-21


[DATA]
お菓子工房 伸
東京都東大和市立野2-9-16
https://www.facebook.com/okashi.shin/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/6md5RSnVUuo



chat171014-333.jpg
◆ 猫写真はこちら


洋食屋? カラオケスナック? …なカオスな空間 【ヴォガーレ】

2017.09.30

 本日は自転車で空堀川をさかのぼる。
昼食には、「洋食なんかでもいいよ」と妻。“なんかでも”って…。
でもこの先に、“なんかでも”って感じの洋食屋がある。
東大和の中央通りとハミングロードの交差点近くの「ヴォガーレ」。ネット情報によれば相当不思議な店らしい。


vogare36.jpg


店の看板には「地中海料理Vogare」とある。
地中海料理というのは、僕のイメージではスペイン・バスク、南仏プロヴァンス、北イタリア・ピエモンテ等々、南欧の料理の世界が細分化していなかった1980年代あたりのカテゴリー。
ちなみにvogareとはイタリア語で“漕ぐ”という意味。ベースはイタリア料理ということだろうか。


vogare44.jpg


ところが入り口正面には“昭和のなつかしい味 支那そば”ののぼり。
地中海とのギャップにくらくら… と。しかも“税込300円”と。

その横のイーゼルには“カラオケ お昼から5:00”。
ガラス戸に張られた定食‹ランチ≻メニューの上から“無料尺八教室”の張り紙…。
入る前から一筋縄ではいかなそうな気配がビシビシ。


vogare14.jpgvogare46.jpg


さらに入り口を入ったところには、“口笛、指笛、ギター、歌、吹奏、ダンス、出身地県人会…”の案内。
なんだかわけがわからない。

前室でたじろいでいると、中からお店の人に呼び込まれる。


vogare47.jpgvogare45.jpg


店内の床面積はけっこう広いが、客席は4人テーブル2つと変わったかぎ形のカウンター席のみ。
入り口からはブラインドになっているテーブル席に着くと、「ステージがある!」と妻。
中央の大型テレビの向こう、正面奥はなかなか立派なステージになっている。


vogare18.jpg


去年閉店した新宿の老舗スペイン料理店「エル・フラメンコ」のようなつくりで、当初のコンセプトとしてはそのような狙いもあったのかもしれない。いまの用途は近所のおばちゃん連中の熱唱カラオケステージといったところか。
ステージ上にはコンガがセッティング、地中海というよりカリブ海っぽい。


vogare37.jpg


そんなことを考えていると、お水を持ってきたお店の奥さんが、「カラオケやります?」
「いやいや」と僕。
「全然やらない?」
「全然」
そんなに歌ってほしかったんだろうか?


vogare27.jpg


注文は、オーソドックスにハンバーグ定食600円と、せっかくだからラーメンをぎょうざとのセット(600円)で。
こちらの奥さんは話し好きのようで、「散歩ですか?」とか、ときどき話しかけてくる。
妻が2週間後の“ひがしやまとスイーツウォーキング”について尋ねると、「うちもチーズケーキ焼くんですよ」とのこと。
「へえ、何でもできるんですね」と妻。壁を指して「これも自分で描いたの?」
「そうなの。ペンキ屋やっちゃった(笑)」

壁には大きなベネチアの運河のペンキ絵。
各種教室の案内もそうだが、いろんなことにどんどん取り組むバイタリティあふれるお店のようだ。


vogare38.jpgvogare39.jpg


まずサラダの提供。
いつもそうなのかサービスかわからないが、ラーメンセットにも付いて2皿。
それから、スープ、ぎょうざ、ハンバーグとライス、というようにランダムにやって来る。


vogare41.jpg


ここまでのものはすべてボリュームたっぷり。
ハンバーグは大きめで付け合わせのスパゲティもたっぷり。ぎょうざなんか大きめが7個もある。


vogare40.jpg


少し間が空いてラーメン。
こちらは逆にスモールサイズで、器はチキンラーメンどんぶりくらいの大きさに見える。セットだから半ラーメンということだろうか。

僕はラーメンを担当したが、不思議なことに食べても食べても減らない。この小さな器のどこにそんなに入ったのかというくらいに麺の量が多いのだ。半ラーメンどころか普通の1玉より全然多い。


vogare42.jpg


妻は予想どおりハンバーグ、スパゲティ、ライスを各2割残しくらいでギブアップ。あとは僕がいただく。
当初、300円ラーメンは量も少ないだろうから、定食2種+ラーメンというコースも考えたが、そんなことをしたらとんでもないことになっていた。

味のほうは、ラーメンの“昭和のなつかしい”というのはピンとこないが、ハンバーグはまさに懐かし系。ハンバーグソースとスパゲティを絡めて食べると、感涙の喫茶店ミートソースの味。やはり本職の洋食はひと味違うと感じた。
満腹・満足のランチで、しめて2人前1200円と信じ難い価格。


vogare43.jpg


「いい店だよね」と帰り道に言うと、
「そうなんだけど、もし昼に入ってカラオケの人がいたらどうする?」と妻。
たしかにそれは問題だ。今日はお店の一側面に接したにすぎないんだろうな。


vogare35.jpg


[DATA]
ヴォガーレ
東京都東大和市向原3-854-30
http://www.e-yamato.or.jp/vsm/vogare/index.html





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=JkhKMXzzSs0



chat170930-22.jpg
ニホンヤモリとネコ(雑種)


500円ランチの実力 【風の色】

2017.07.12

 青梅街道沿い、駅でいうとJR武蔵野線新小平駅と西武多摩湖線青梅街道駅の間のマンション1階の定食屋「風の色」。
こちらの売りは何といっても500円と750円という2つの低価格帯で提供するランチ定食。


kazenoiro12-2.jpg


500円ランチが生姜焼き、鶏唐揚げ、チキンカツ、コロッケ、ベーコンエッグ、サバ唐揚げの6種、おすすめ定食750円がハンバーグ、肉野菜炒め、豚キムチ炒め、トンカツ、ポークソテー、アジの開き、ホッケの開きの7種と、安いだけでなく種類も豊富である。
好みの問題だが、500円のほうがより魅力的に感じるという不思議なクラス分けではあるが。


kazenoiro11-2.jpg


この値段の魅力からときどき利用させてもらっているが、好みの問題で500円ランチの上から3つをローテーションする流れの中で、今日は豚肉の生姜焼き定食。


kazenoiro20-2.jpgkazenoiro18.jpg


おそらく誰もがそう感じると思うが、店名に引っかかるものがある。もろ昭和の喫茶店のネーミングセンスである。そして店先の看板に“喫茶”“家庭料理”とある。元は喫茶店兼定食屋の2枚看板だったと推察される。
さらに証拠物件として、こちらのお父さんのファッションアイテムを提出したい。ポロシャツに黒いエプロン姿。もう昭和の喫茶店のマスターにしか見えない。
この店自体は十数年だと思うから、この地ではないにしろ、どこかでそういう業態で営業していたと僕は推理を働かせている。


kazenoiro13-3.jpgkazenoiro14-2.jpg


昼の定食は明らかに“家庭料理”部門なので、お母さんの担当である。混み合う時間帯は息子さんとおぼしき若い男性が調理を手伝う。
お父さんはというと、サービスとレジ、および(マスターなだけに)常連との軽妙なトーク担当である。

ここにマスターの仕事を再現してみる。
客(わし)が来たのでカウンター席から立ち上がってお冷やを出す。カウンターの向こうの厨房に入って煮物と漬物を器にとる。続いて主菜に添えるキャベツの千切りを丸キャベツからスライサーで切り出す。(ここでカウンター席でひと休み) 生姜焼きができあがりそうなので中に入ってご飯をよそい、再び回り込んでわしの後ろで待機。お母さんが生姜焼きを1枚1枚丁寧に盛り付けて皿をお盆に載せ、ご飯とみそ汁を… みそ汁がない! 「あ、忘れた」と背後でマスター。おいおい。
気を取り直して、お母さんがみそ汁を用意してお盆が整い、配膳台からマスターが「おまちどお」と僕の前に下ろす。
実にこまごまと動き回っているのである。


kazenoiro15-2.jpg


さて、上記の“マスターお仕事拝見”でさりげなく触れているように、煮物の盛り付けもキャベツの切り出しも全部そのつど。いつでも出せるように用意されているものは一つもないのである。500円でその丁寧な仕事ぶりには本当に頭が下がる。
これを取り仕切る調理担当のお母さんも、一見愛想がなさそうだが、客とのやりとりなんか実に丁重で優しそうである。

生姜焼きは、脂身を落とした薄い豚のロース肉5枚。フレッシュなおろしショウガが効いていて、しょうゆベースに酒少々といった感じのシンプルな味付け。まさに家庭料理だ。
500円定食の副菜にタケノコの土佐煮というのは驚きだが、こちらも上品な味わい。
やや硬めで僕好みの炊き上がりのご飯、煮詰まって少ししょっぱいが優しい味のみそ汁と、全体にとても満足度の高い定食である。
立地条件がいいとは思えないがいつもそこそこお客が入っている理由は値段だけではないだろう。


kazenoiro16-2.jpg


常連や絡みやすそうな客がいないのでどこか退屈そうな本日のマスター。喫茶店機能が残っているかはわからないが、飲み屋と化すであろう夜はいつも生き生きと働いているんだろうな。


kazenoiro17-2.jpg


[DATA]
風の色
東京都小平市小川町2-1290





[Today's recommendation]


https://youtu.be/IsVqO83OYow


Latest Articles
時をかけるスパゲッティ&ドライカレー 【カフェグリーン】 Sep 22, 2021
素晴らしく昭和な 【キッチンサン】 Sep 20, 2021
こんなラーメン屋さん、懐かしい 【ラーメンショップまるよし】 Sep 18, 2021
日帰り旅 【大もりや】 Sep 17, 2021
元気をもらえる朝ラー 【村山ホープ軒 本店】 Sep 16, 2021
しっぽり飲みたい 【本むら庵】 Sep 14, 2021
コロナ禍でも根強い人気 【じゃがいも】 Sep 13, 2021
東村山が誇る銘菓 【宝来屋】 Sep 12, 2021
さんぽ 【サントアン】 Sep 11, 2021
カツカレー、こういう感じもいいな… 【八海食堂】 Sep 09, 2021
ポストワクチン時代は… 【木曽路】 Sep 07, 2021
夢から醒めて 【ぼん天 瑞穂店】 Sep 06, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2