FC2ブログ

2年ぶりの… 【ラーメン専門店 和】

2021.05.10

 このブログは、どこそこのお店でこういうものを食べました、おいしかったです… という、およそ社会の役には立ちそうもないことをひたすら書きつづっているものだが、それでもコロナ前といまとではブログに取り組む姿勢が微妙に違ってきている。

生存確認というか“やってますよ”という情報だけでも意味あるんじゃないか…?
活動度がガタ落ちしている僕自身、そういう情報がほしい。

内容はともかく載せるだけでもと広く薄くピックアップして、数えてみたら去年5月から1年でちょうど100店ほど東村山市内のお店を取り上げている。
意外に多いと思った。


210510 kazu-21


とはいえ行ってないところもいっぱい (・ω・`)ゞ
狭い店とか、混む店とか、狭くて混む店とか。
久米川の「ラーメン和」みたいな…?

というふうに一度意識に上ったが最後、食べずには済まされない。
ジャンキーパンチなとんこつラーメンは中毒性が強い。


210510 kazu-31


調べてみると、直近の記事が2019年5月9日。
ちょうど2年ぶりの「和」。

そもそも混むのが苦手でコロナにかかわらずピークの時間帯に入ることはないから、密が問題になる場面にはめったに出くわさない。
狭くて混む店も恐るるに足らず。ようやくそのことに気づいた。


210510 kazu-22210510 kazu-23


外の券売機でラーメン+トッピングもやしをポチッとな。
13:40で先客1人と、狙いどおり。


210510 kazu-24


2年ぶりのラーメンの味は、ひとまずめちゃくちゃ懐かしい。
とんこつ臭のほかに独特の香りがあって、それが中毒性の原因。
細めの縮れ麺にスープがよく絡む。


210510 kazu-25


うまいことはうまい… が。
スープ濃すぎない?

濃く濃くというラーメン界の傾向は、つけ麺ブームと無関係ではないだろう。
でもダシとタレのバランスはどうなのか…?


210510 kazu-26210510 kazu-27


あ… こういうときこそ「味薄め」と頼めばいいのね。。。

おじさんには正直、ショッパいラーメン。
若い人に合わせて変化してきているなら、その逆をたどればいい。


210510 kazu-28210510 kazu-29


すいていて狙いどおりと思ったら、後客がぽつぽつ3~4人。
中毒患者またはNa依存? はいっぱいいるんだと思う 。


210510 kazu-30


[DATA]
ラーメン専門店 和(かず)
東京都東村山市栄町2-21-23





[Today's recommendation]

wachat210510.jpg




https://youtu.be/MY4YJxn-9Og


国立クオリティを村山プライスで 【アジアン酒場 アビマーニ】

2019.08.10

 こういうブログをやっていながら近場に入ったことのないお店がいくつもあるというのはちょっとマズいかなぁ… と思うことがある。
サッカーに例えれば海外リーグの話題は気にかけるがJのクラブの動向がさっぱりわからなくなってしまっていることに対する自己嫌悪みたいなもので、きわめて個人的な問題であり、ほかの人にすればどうでもいい話であるとは思うが…。


190810 abhimani-13


東村山本町・鷹の道沿いの「アジアン酒場 アビマーニ」は2017年4月オープン。


190810 abhimani-12


以前この場所で営業していたうどんが人気の居酒屋という業態から勝手に想像していたよりかなり狭いお店で、少し面食らった。
見える範囲では4人掛けテーブル2卓、カウンター4席の計12席。2階も客席になっているもよう。


190810 abhimani-17


こちらのランチはおもしろいシステムで、A~Eの5パターンを日替わりで回している。各パターン7種類から選べ、人気No.1のガパオライスなど3品は共通のようだ。


190810 abhimani-18


E dayの本日、まずランチメニューから赤豚の黒カレーガパオライス、もう1品は“夏special”トムヤム冷麺を注文。
全品ドリンク付きで、自家製ジンジャーエール(相方)と高知産柚子のスカッシュ(僕)に。


190810 abhimani-15


すぐにドリンクが出てきたが、これがどちらも驚きのおいしさである。
ジンジャーエールはショウガをスライスして砂糖でもみ込んで煮出して… と、ご主人がていねいに作り方を教えてくれる。


190810 abhimani-19190810 abhimani-20


柚子などのスカッシュには店内で販売しているシロップが使われていて、そのシロップ製造にもご主人が関わっているとのこと(各シロップは久米川辻近くの「つむじ」でも常設販売)。


190810 abhimani-21


続いて前菜2種、生春巻きと海老トースト。
ちゃんと品書きを見ていないので前菜が出てきただけで驚いたという(笑)。
海老トーストはスイートチリソース味、生春巻きはナンプラーベースのタレでいただく。海老トーストの甘くかつ刺激的な味付けに食欲をそそられる。


190810 abhimani-24


トムヤム冷麺は野菜たっぷり、ぷりぷりエビがごろごろ。麺はセンレックかな?
甘味と酸味のバランスが絶妙で、あとから辛さがくる。じわりと汗ばむ夏らしいメニューだ。


190810 abhimani-23


赤豚の黒カレーガパオライスの見た目、香りには心当たりがある。聞けば思ったとおりポールスタアの黒焼きそばソースを使っているとのこと。
「ポールスタアさんとは国立時代からのお付き合いなんです」とご主人。


190810 abhimani-32


以前は国立の富士見通りで8年間営業していたということで、あとでネットで調べてみるとかなりの人気店だったようだ(e.g. 女優・石井めぐみさんのブログより)。
ご家庭の事情により実家に近い現在地に移転したという。


190810 abhimani-31


「どうりで東村山っぽくないですもんね(笑)」と相方。
たしかにランチに前菜って、このへんではあまり見ない (*・ω・)) コクコク
「いやいや、同じ多摩地区ですから(笑)」と謙虚なご主人。
でも目も舌も肥えた国立マダム相手に8年のキャリアはすごいと思うのだ。


190810 abhimani-16


ところで、偶然にも前々報に続いて“黒焼きそば食べ歩きキャンペーン”の指定メニューとなった。
こういうライス方面へのアプローチもありだなぁ… と黒焼きそばソースのフトコロの深さとご主人のセンスに感心させられる。
ただし記事はあくまでも偶然であり、当方はポールスタアの回し者ではありません(でござる)。


190810 abhimani-11


[DATA]
アジアン酒場 アビマーニ(ABHIMANI)
東京都東村山市本町3-6-14
https://abhimani.net/





[Today's recommendation]

wachat190810.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/YXnjy5YlDwk


Latest Articles
時をかけるスパゲッティ&ドライカレー 【カフェグリーン】 Sep 22, 2021
素晴らしく昭和な 【キッチンサン】 Sep 20, 2021
こんなラーメン屋さん、懐かしい 【ラーメンショップまるよし】 Sep 18, 2021
日帰り旅 【大もりや】 Sep 17, 2021
元気をもらえる朝ラー 【村山ホープ軒 本店】 Sep 16, 2021
しっぽり飲みたい 【本むら庵】 Sep 14, 2021
コロナ禍でも根強い人気 【じゃがいも】 Sep 13, 2021
東村山が誇る銘菓 【宝来屋】 Sep 12, 2021
さんぽ 【サントアン】 Sep 11, 2021
カツカレー、こういう感じもいいな… 【八海食堂】 Sep 09, 2021
ポストワクチン時代は… 【木曽路】 Sep 07, 2021
夢から醒めて 【ぼん天 瑞穂店】 Sep 06, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2