fc2ブログ

滋養強壮補給 【オオギヤと宇奈とと 東村山店】

2023.08.17

 新型コロナウイルス感染症において、高齢者や基礎疾患のある人という言葉をよく耳にするが、それ以外の人でもいろいろリスクが高まっているんじゃないかと不安を覚えるほど、この夏の気象はヤバかった。

今夏、東京都心の猛暑日日数はすでに年間最多記録を更新しており、今後1週間の予報がすべて35℃以上と、さらに記録を伸ばす勢いである。

日中アツイし夜ネグルシイし、食欲もないし水ものばかりとってるし… 等々。
体力の低下を自覚している人も少なくないと思う。


20230817 unatoto-11


残暑キビシイいまこそ滋養強壮!
ということで、うなぎ。


20230817 unatoto-12


そういえば今夏うなぎを食べていなかったし、とりあえずチャチャッと「宇奈とと」。
明日から本気出す…! 的な?😅


20230817 unatoto-13


注文はうな丼ダブル×2。


20230817 unatoto-15


風除室で待つこと5~6分。
手続き的にもかなり気軽である。


20230817 unatoto-16

20230817 unatoto-17


大昔にたまたま調布の店に入ったことがあるという行きがかり上、「宇奈とと」は気になる存在なんだが、うな丼は去年あたりと比べてずいぶんおいしくなっているような気がする。


20230817 unatoto-19


こんな場合、こんな感じでいいんじゃない…? という基準を満たす存在かも。


20230817 unatoto-20


[DATA]
オオギヤと宇奈とと 東村山店
東京都東村山市本町1-19-24
https://www.via-hd.co.jp/
https://www.unatoto.com/
https://www.facebook.com/unatoto/
https://www.instagram.com/nadai_unatoto/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/FoQgAICQnD8



wachat230817.jpg



20230817 unatoto-21


フライングの話 【餅や蔵王】

2017.12.10

 うちは行事をわりとちゃんとやるほうで…。もとい。うちは“行事食”をわりとちゃんと“食する”ほうで、厳密なカタチをなぞるのは苦手なのでゲンミツではないが、ゆるーい感じで毎年お付き合いさせてもらっている。

人日の節句:七草がゆ
節分:いわし
上巳の節句:ちらしずし、はまぐりのお吸い物、白酒、ひし餅、ひなあられ
彼岸:ぼた餅
灌仏会:甘茶
端午の節句:かしわ餅
彼岸:おはぎ
中秋の名月:月見だんご
冬至:かぼちゃ
大晦日:年越しそば

様式にはルーズだが、僕はわりと時間に厳密なほうで、遅刻や仕事の遅れというのをしでかすことはまずない。
クリスマスの飾りは25日中に片づけるし、ひな人形は3月3日午前にしまい込む。


mochiyazao64.jpg


何を思ったか、行事食に手を出した。
それも行事の王様、行事食の横綱といっていい相手にちょっかいを出した。


mochiyazao12.jpg


昼に国立で待ち合わせ。
ポカポカ陽気に僕は早めに出て、古い商店街や新しい住宅街なんかをなんとなく観察しながら現地方面に向かう。
最近めったに通らない戸倉通りを走ってみる気になった。


mochiyazao54.jpg


富士本二丁目交差点の先は坂の上までちょっとした商業地区であった痕跡がある。そこに新しいお店を発見。
「餅や蔵王」。餅屋である。
ランチの看板。
餅屋のランチ。素通りできるはずがない。

看板でお雑煮850円を確認のうえ、待ち合わせ場所に向かったのであった。


mochiyazao18.jpg


新しそうな店内は、テーブル4人用×2と2人用×3、カウンター7席。
ランチセット(お雑煮[お餅3個]とお餅単品から1種類)850円を、お雑煮は醤油と味噌を各1でオーダー。デザートのお餅はくるみとずんだ。
“蔵王”“ずんだ”という言葉に郷愁を誘われたのかもしれない。


mochiyazao53.jpg
mochiyazao52.jpg
mochiyazao51.jpg


「東北のご出身ですか?」と聞いてみようと思いつつ、待っている間ネットで調べてみる。

――村田篤志氏。1980年、神奈川生まれ。知人を介して山形蔵王温泉の【餅屋】で修業、2017年3月に【餅や蔵王】をオープンし、店主となる。


mochiyazao55.jpgmochiyazao56.jpg


その店主、生真面目。

われわれのすぐ先に入ってまったく同じオーダーの2人組がいた。
お新香に続いて、おわんが2つととのう。
普通、向こうの2人の分と思うがそうではなく、提供は両テーブルに醤油味のお雑煮各1である。最初から作ってるということ。
それから次の調理に取りかかるから、味噌味までにけっこう待たされる。


mochiyazao58.jpg


まず醤油味のお雑煮をいただいて、
「あ… お正月(笑)」


mochiyazao59.jpg


おそらくだしの風味がそう思わせる。干し椎茸の戻し汁たっぷりな感じ。それと昆布。野菜のうま味もよく出ている。
具は、シャキシャキの白菜に、ピーラーで極薄にそいだ人参とごぼう、エノキとブナピー、さつま揚げ、それに飾りのミツバとカマボコ1枚。
餅は滑らかでよく伸びる。お年寄りは要注意レベル。


mochiyazao60.jpg


味噌味はさつま揚げの代わりに豚肉が入り、豚汁風。やさしい豚汁。


mochiyazao61.jpgmochiyazao62.jpg


デザートも両テーブルにまずくるみ、という配膳。
くるみのあんはきめ細かい中にもざらっとしたつぶつぶ感が残る。えぐみが少なくやさしい味わい。魚沼産のオニグルミだそうだ。
ずんだも裏ごしの滑らかなペーストに粗く砕いた豆を混ぜ込んだ感じ。黒っぽい薄皮が混ざっているので黒大豆、もしかしたらだだちゃ豆かもしれない。味は濃厚で香りが強い。


mochiyazao63.jpg


お雑煮はフライングの疑いありだが、デザートまでのトータルコンセプトは十分納得させられるものがある。
ホッ… という幸福感が得られる。
くるみ餅の素朴な味わいは、晩秋の落ち葉の積もった雑木林を思い出させるのだ。


mochiyazao57.jpg


[DATA]
餅や蔵王
東京都国分寺市富士本2-23-12





[Today's recommendation]


https://youtu.be/Yh_HafxTg-0



chat171210-22.jpg
◆ 猫写真はこちら




 12月恒例!
2017.12.10ポールスタア(第8回いちょうまつり)/東京都東村山市久米川町3-28-2

icho-matsuri21.jpg
icho-matsuri22.jpgicho-matsuri23.jpg
東村山黒焼そば300円×2


Latest Articles
木漏れ日の山頂めし ――物見山 Apr 24, 2024
のどかな峠の茶屋 【ふじみや】 Apr 23, 2024
遠足のメッカ ――日和田山 Apr 23, 2024
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2