fc2ブログ

世界が認めたCraft GIN 【マツザキ 中福本店】

2024.02.11

 午前中、車の半年点検の予約を入れてあり、そのままドライブ。
車屋さんの場所がほぼほぼ埼玉県なので、このパターンは必然的に埼玉方面ということに。


20240211 matsuzaki-11


半径10km圏くらいでずっと気になっている酒屋さんがある。
コロナ初期、ひと気を避けて所沢郊外の農村地帯を自転車で走り回っていた時期に見つけた。
周囲数百メートル何もないような田舎道にぽつねんと。


20240211 matsuzaki-14


ただし当地はいかにも古い四つ辻で、風水的にも吉とされる南東角地にお店は立地する。
いわゆる“辻の茶屋”的存在感を放っている。


20240211 matsuzaki-30


その後、その酒屋をネットやメディアでしばしば目にすることに。
ここ十数年のクラフトジンブームの流れにあって、埼玉県初の蒸留所として注目されているという。
単なる酒販にとどまらない存在のよう。


20240211 matsuzaki-12

20240211 matsuzaki-13
裏手の駐車場に面したジンの蒸留所「武蔵野蒸留所」


先日、自転車で川越に行った帰り、普段あまり通らない道を抜けると「あ、ここに出るのか…」みたいに偶然この辻に差しかかり、店舗裏に広い駐車スペースがあることに気づき、ぐっと来やすい感じに。


20240211 matsuzaki-15
四つ辻の店舗

20240211 matsuzaki-18-2
店舗前の庚申塔:合掌型六臂青面金剛像(左)、三猿塔(右)

20240211 matsuzaki-17-2
道の向かいの弁財天塔


20240211 matsuzaki-19


江戸時代初期から約300年にわたり川越と江戸を結ぶ重要な輸送路として栄えた新河岸川舟運。その河岸のうち“川越五河岸”の一つ上新河岸付近に至る陸路・河岸街道の要衝に、お店は位置する。


20240211 matsuzaki-20


創業1887(明治20)年。
もともとは米や日用雑貨を商うよろず屋だったそうだが、車社会の発達に伴う近隣市場の縮小などから酒販に特化。
2019年、武蔵野の雑木林が残る敷地の一角に蒸留所を設け、ジンの製造を始める。


20240211 matsuzaki-21


昭和初期に建てられたという建物をそのまま生かし趣あるたたたずまいの店内。
入り口右手、右の棚には焼酎、左の棚には日本酒がずらっと。
普段なかなか手に入らないお酒も数多く取り扱っているそうで、その品ぞろえに圧倒される。


20240211 matsuzaki-22

20240211 matsuzaki-24


酒類のほかに酒器、生活雑貨、ノベルティグッズ… と、古い調度に古い品が並べられ、ちょっとした博物館のようであり、見ているだけで楽しくなる。
ぐい呑みを1個買う。


20240211 matsuzaki-23

20240211 matsuzaki-25


お目当ては、やはりクラフトジン「棘玉(とげだま)」。


20240211 matsuzaki-26


昨年2月、世界的なジンの品評会 “Worlds Gin Awards(ワールド・ジン・アワーズ)”において“コンテンポラリー部門 ジャパン・カントリー・ウィナー”すなわち日本一のジンに輝いた逸品である。


20240211 matsuzaki-27
手前右がジュニパーベリー


一般的なジンの製造工程は、ムギやトウモロコシ、サトウキビなどを原料にしたベーススピリッツに、ボタニカルと呼ばれる風味付けの植物素材を漬け込んで再蒸留するというもの。
ジンに必須のボタニカルがジュニパーベリーという針葉樹(セイヨウネズ)の実で、この蒸留所では敷地の雑木林を整備して木を植え育てるところから始めるというこだわりよう。
ほかに地元の緑茶(河越茶)や柚ピールといったオリジナルな和の素材により、鮮烈かつ繊細な味わいを追求。


20240211 matsuzaki-28


「棘玉」200mlを買う。


20240211 matsuzaki-32
左側がジュニパーベリーの栽培地


裏手の雑木林は散策路としても整備され、近くを流れる不老川(新河岸川の支流)まで歩くことができる。


20240211 matsuzaki-34


ゆったり時間が流れる武蔵野の里山の蒸留所。


20240211 matsuzaki-33


[DATA]
マツザキ 中福本店
埼玉県川越市中福547
https://www.1887.co.jp/
https://www.facebook.com/profile.php?id=100063490905204
https://twitter.com/matsu1887
https://www.instagram.com/matsu1887/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/HLVLq3IIW6w?si=7zfWBXjb8a_28fgE



wachat240211-11.jpg



20240211 matsuzaki-35
発酵ジンジャーエール「ハニービー」も買ってみた


黄赤白 ――五色不動めぐり 後編

2024.01.07

 五色不動めぐりは当初1月3日を予定していたが、元日早々いわゆるタンスの角に小指ぶつけ事故を起こし長距離歩くのが無理っぽいので延期した。
最近、物にぶつかったりコップをひっくり返したりすることが増えた気がする。
それにも理由がある気がする。

昨秋、眼科検診を2人分申し込んでおいたというので軽い気持ちで受けてみたところ、見事に引っかかった。2人そろって。
相方は“目白”、僕は“目緑”だ。

“目”のつく不動尊である五色不動(五眼不動)詣でには、眼病平癒祈願という意味もあったわけだ。


20240107 goshikifudoh-2-06
目青不動 教学院(前記事参照)

20240107 goshikifudoh-2-08
目黒不動 瀧泉寺(前記事参照)



◆ ◆ ◆

というわけで前記事の続きで、目黒不動のあと中目黒から三ノ輪へワープ。
Web情報によれば、目黄不動 永久寺は三ノ輪駅から徒歩3分。


20240107 goshikifudoh-2-11
大関横丁交差点


実際には改札から40mほどで1分もかからず、一度通り過ぎそうになった。
こちらの寺院はそれほどまでに目立たない… というか、気配を殺している感すらある。
門扉も勝手口も閉ざされているのだ。

ほかに入り口があるのかもしれないと裏の路地に入りぐるっと一周してみたが、やはり正面の門から入るしかなさそうだ。
途方に暮れとりあえず表の説明プレートと門扉の写真を撮って、さてどうしよう… と考えてもどうしようもない。


20240107 goshikifudoh-2-12


もうこれでお参りしたことにして次の目的地に向かおうと明治通りを渡って昭和通りの信号待ちの間、ふと振り返ると永久寺門前にお参りに来たふうの自転車の男女。
あの人たちなら入り方を知っているかもしれないと道の向かいからしばし観察するも、途方に暮れとりあえず表の説明プレートと門扉の写真を撮って… と、わしらとさほど変わらぬ様子😓


20240107 goshikifudoh-2-14


と、再び諦めかけたところ、駅のほうから年配の団体がやって来て、躊躇なく勝手口を開けぞろぞろ入っていくではないか‼
あの団体さんにくっついて入ったれ! と、急いで横断歩道を引き返し、ドサクサに紛れて潜入したのでありました😅

あとで口コミなどをみると、なかなかクセのあるお寺さんのようで💦

そんなわけで前振りが長くなってしまったが…



目黄不動 永久寺
東京都台東区三ノ輪2-14-5
http://www.tendaitokyo.jp/jiinmei/eikyuji/

20240107 goshikifudoh-2-15

20240107 goshikifudoh-2-16


開山は南北朝時代。

――泰平の世となった寛永年間(1624~43)の中頃、東海道など五街道が整備されますと、街道の道中安全を祈願することが幕府によって命じられました。その時、上野寛永寺の天海大僧正の発願によって江戸府内の由緒ある古刹が五色不動として五街道沿いに定められました。その際、南北朝以来の古刹であり、また日光街道(今の昭和通り)に面した永久寺が目黄不動尊として指定されたのでした。天台宗東京教区HPより)


20240107 goshikifudoh-2-13



◆ ◆ ◆

永久寺のあと、日暮里中央通りを日暮里駅方面へ。
このあたりは2018年の七福神めぐり(下谷七福神)で歩いた記憶がある。

時刻は13時を回り、日暮里駅前でランチをとる次回掲載予定)


20240107 goshikifudoh-2-17
日暮里駅前交差点と日暮里・舎人ライナー


日暮里駅構内で崖線を越え、谷中霊園の北を通って夕やけだんだん(谷中銀座)と、このあたりは「谷中七福神」(2017年)をはじめ何度も通っている。
このように、回数を重ねるうちに、なじみのなかった街が線から面へと広がっていくのが街歩きの醍醐味といえよう。

で、谷中銀座の人出が多すぎて脇道にそれ、歩く距離が延びてしまったという。


20240107 goshikifudoh-2-18
夕やけだんだんと谷中銀座



目赤不動 南谷寺
東京都文京区本駒込1-20-20
http://www.tendaitokyo.jp/jiinmei/eikyuji/

20240107 goshikifudoh-2-19

20240107 goshikifudoh-2-20

20240107 goshikifudoh-2-22

20240107 goshikifudoh-2-2320240107 goshikifudoh-2-24


――元和年間に万行和尚が伊勢国赤目山で、不動明王像を授けられ、後に駒込村の動坂に庵を開き、赤目不動と号しました。そして寛永年間、三代将軍・家光が動坂の庵に立ち寄り、目黒・目白不動に対し目赤不動と呼ぶべしと命じました。江戸の五色不動の1つとして知られています。「南谷寺(目赤不動)」文京区HPより)


20240107 goshikifudoh-2-21



◆ ◆ ◆

続く目白不動まで最後の区間約4.2km、白山通り~不忍通りとほぼほぼ大通りを歩く。
前記事に書いているように大通りもスマホ頼みも嫌いだが、時間の制約上、地図の暗記が間に合わなかったと😅

途中、見覚えのある幟は去年の七福神の清土鬼子母神堂。
道の向かいは日本女子大学で、その裏の目白御殿が翌日あんなことになろうとは、神のみぞ知る。


IMG_0253 (2)
千石三丁目交差点方面



目白不動 金乗院
東京都豊島区高田2-12-39

20240107 goshikifudoh-2-25

20240107 goshikifudoh-2-26

20240107 goshikifudoh-2-27

20240107 goshikifudoh-2-28

20240107 goshikifudoh-2-29


疲れちゃったので縁起等は写真を参照いただきたいが、目黒とともにいまの時代に名を残す目白不動尊。
江戸五色不動尊の随一である。


20240107 goshikifudoh-2-30



◆ ◆ ◆

今回の五色不動めぐり、三軒茶屋~目黒不動5km、目黒不動~中目黒2.3km、三ノ輪~高田馬場9.6kmの都合約17km。
距離的にはそうでもないが、冷え込むなかアスファルトやコンクリートの硬い路面はやはりこたえ、僕は小指の痛みが悪化し、相方はハムストリングがやばいらしい。

今度は足腰の神仏を拝みに行かないと ( ̄- ̄;) ンー

(つづく)


20240107 goshikifudoh-0820240107 goshikifudoh-0920240107 goshikifudoh-10
© OpenStreetMap contributors


[DATA]
目白不動 金乗院
東京都豊島区高田2-12-39





[Today's recommendation]


https://youtu.be/S14IHuVC0uE?si=xwpWGIe-igwfUzim


https://youtu.be/tT9Eh8wNMkw?si=TOj6ca7jeSexAzuo


wachat240107-22.jpg



20240107 goshikifudoh-2-32
次号予告


Latest Articles
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
観光地感を醸し出す 【観音茶屋】 Feb 15, 2024
見どころいっぱい 【狭山不動尊】 Feb 14, 2024
昭和ノスタルジックな風情の 【レストラン蘭】 Feb 13, 2024
世界が認めたCraft GIN 【マツザキ 中福本店】 Feb 12, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2