FC2ブログ

昔ながらの玉売り製麺所のイートイン 【はらだ製麺】

2019.06.14

 青梅街道大曲りの西に昔からあるうどん屋さん「はらだ製麺」。


19064 haradaseimen-11


どれくらい昔からあるかは知らないが、20年くらい前に自転車でこのあたりを通りかかったとき、隣の“くだもの・かんずめ盛籠”のお店とワンセットで低周波な存在感を放っており、ずいぶん田舎に来ちゃったな… と心細くなったのを覚えている。
“大曲り”は空間のみならず時間軸のひずみをも意味するかのようであった。


19064 haradaseimen-13


その後僕はこのさらに西、武蔵村山市役所向かいにあった曜日限定のそばが抜群においしい製麺所をよく使っていたが、そこがなくなったあと「はらだ製麺」で数回ゆでうどんを買っている。
店内で食事をするのはこれが初めて。


19064 haradaseimen-25


「お食事ですか?」とお店のおばさま。
天ぷらのショーケースの下に“玉売り10:00~夕方、食事11:00~1:30”の張り紙。
ただいま13時24分。危なかった…。
左手が食堂で、テーブル席2×3、4×1、カウンター4席。


19064 haradaseimen-15


注文は、村山うどん 並(3玉)、せっかくだから肉汁に(720円)。
「天ぷら、お付けしますか?」と聞かれ、にんじん・ごぼうと申告(各60円)。


19064 haradaseimen-16


さて、期せずして肉汁・にんじん天・ごぼう天という自分にとっての武蔵野うどん(=村山うどん、小平うどん etc.)セットにおけるゴールデントリオがそろったが、こう簡潔に整うことは意外に少ない。


19064 haradaseimen-14


昭和の街道筋な外観と内観とのギャップが甚だしく、店内装飾は、なんというか、夢の国であった。
BGMもそちら方面の映画音楽集。


19064 haradaseimen-19


それほどコシは強くなく、優しい歯ごたえのうどん。小麦の香りが豊か。
3玉でこの量は、基本単位がかなり多いほうだと思う。


19064 haradaseimen-20


かつおだしの効いたつゆはやや甘め。具は豚肉のみだが、これまたたっぷりの量。
糧に青菜、大根、いんげん、および薬味ネギと、脇役も申し分ない。


19064 haradaseimen-21 19064 haradaseimen-22
19064 haradaseimen-23


突出した部分はないが全体に高いレベルでバランスがとれている感じ。
…と思うと、いきなりBibbidi-Bobbidi-Booと来て、一人ギクシャクギクシャクしてしまう摩訶不思議な空間。


19064 haradaseimen-17


[DATA]
はらだ製麺
東京都武蔵村山市中央3-52-2



[Today's recommendation]

wachat190614.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/TSNPzm_wYLY





本格手打ちそば & 気さくな店主キャラ 【松和】

2019.05.26

 「アースデイフェア in 西東京」のあと西東京中央図書館に用事があり、いこいの森公園から田無駅南口へ。用が済んでもまだ10時45分で、昼ごはんには早いし開いているお店も少ない。
あまりの暑さに体力も消耗してきたことだし、帰途優先で途中にあるお店を探りつつ、開いていれば入るということにした。

途中、そばが食べたくなったワタクシ。
「そばなら手打ちっぽいのと普通の街そば、どっちがいい?」
「手打ち」と即答する相方さん。
ルートを滝山中央通りへ。


190526 matsuwa-11


滝山東交差点近くにひっそりという感じで営業しているそば屋がある。
「マクドナルド」を過ぎると、手打ちそばののぼりが見えてきた。
手打ちそば「松和」、11:08で開いてました v(。・・。) オッケ♪


190526 matsuwa-12


暖簾と銘木一枚板の看板がなければそば屋には見えない店構えで、引き戸か開き戸か判然としない入り口に戸惑うが、矢印が描いてあるのでそのとおりスライドさせる。


190526 matsuwa-23


店内もそば屋にはまったく見えず、スナックか何かの居抜き物件のようで、L字カウンターのみ10席程度。


190526 matsuwa-22


入り口の引き戸をクローザー付きと勘違いした相方がそのまま席に着こうとすると、「ちょ、そこ閉めてくれる?」とカウンターの中のご主人。「お金ないから自動ドアにできないのよ、うち(笑)」
それが終始そんな感じ。70前後かな、非常に気さくなおとうさんである。
そば職人=気難しい、という僕の偏見は見事に覆された。


190526 matsuwa-14


厨房の奥に麺用粉のクラフト大袋が置いてあり、暖簾が掛かって見えないがその向こうのスペースが麺打ち場の雰囲気を漂わせている。


190526 matsuwa-15190526 matsuwa-16


「お勧めはあげ茄子そば。いちばん出るんじゃないかな」とご主人。「あ、それにしろっていうんじゃなくて、何でも食べたいもの頼んでもらっていいからさ(笑)」
僕は天もり・天ざる系が食べたかったので一つはそれで、もうひと品をそのあげ茄子そばにするかどうか検討。
料理写真では茄子の付け汁うどんというもののほうがおいしそうに見え値段も安い。せっかくだからうどんも食べてみようということで、そちらに。


190526 matsuwa-21


ゆで時間はうどん7分、そば1分。うどんを上げたところでそばを鍋に投入。うどんを水で締めたり盛り付けたりしている間にそばがゆで上がるという寸法だ。
そば好きの脱サラ系にも見えるご主人だが、非常に手際がよく包丁さばきも堂に入っており、あるいは名店リタイア系なのかも。


190526 matsuwa-17
天もりそば1300円


切りのそろった上品な細切りそばで、パツンとしたコシのある食感。よく香るとてもおいしいそばである。つゆはだしが効いてかえしは甘すぎず、細切りそばによく合う。
天ぷらは、えび、きす、茄子、さつまいも、しいたけ、はじかみ、こごみ。


190526 matsuwa-18


つゆが共用だが、そば屋で食べる天ぷらはそれでいいと思う。
そばつゆと天つゆの両方出されることがあるが、ならばカレーライスとトンカツが別皿でカツはソースでお召し上がりくださいって、そんなカツカレーあるかーい! \( ̄  ̄*) みたいな話になっちゃって、そっち系はどうしてもしっくりこないのだ。


190526 matsuwa-20


うどんはコシの強いさぬきうどんのようなタイプで、あげ茄子との相性も悪くない。
ナスのほかにシシトウ、ミョウガ、ショウガと、特に夏野菜のおいしくなるこれからの季節にはおすすめの一品。


190526 matsuwa-19
茄子の付け汁うどん850円


ちなみに先客の常連さんの食べていた大盛りそばの量がなかなかのもので、このおいしいそばをあれだけ食べてみたいと願わずにはいられない。その同行者の注文がまさにあげ茄子そばで、これもおいしそう。
次はそのどっちかだ。


190526 matsuwa-13


[DATA]
松和
東京都東久留米市前沢4-9



[Today's recommendation]

waka190526.jpg chat190526.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/NTJhHn-TuDY


Latest Articles
小平産小麦のおいしさを実感 【さんさろうどん】 Feb 23, 2020
サッポロサバイバーの優良店説…? 【札幌ラーメン どさん娘 府中寿町店】 Feb 21, 2020
激安&超おいしい! 【よしふさ】 Feb 20, 2020
完璧な武蔵野スタイル! 【田舎うどん 古奈家】 Feb 19, 2020
さくら通りが、いまアツい! 【餃子市 東村山店】 Feb 18, 2020
わが青春のジャンボ餃子 【一圓 三鷹北口店】 Feb 17, 2020
スープが自慢の“うまい・うまい”系…? 【さんちん 三鷹店】 Feb 16, 2020
久々の1人〆ラーメン 【らあめん花月嵐 東村山店】 Feb 14, 2020
24年間、おつかれさまでした 【我家】 Feb 13, 2020
ご近所さん御用達は良店の証し 【中華料理 しまむら】 Feb 12, 2020
日本茶カフェでほっとひと息 【茶かわせみ】 Feb 09, 2020
いまごろ秋冬メンコレ…? 【ラーメン喜楽】 Feb 08, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2