fc2ブログ

What a Wonderful Street Chinese🍜 【中華料理 末広】

2024.02.01

 園芸資材の探し物があって久しぶりに園芸店めぐりをしているワタクシ。
武蔵境駅南口の園芸店に向かう途中、気になる中華屋さんをのぞいてみることに。

天文台通りから山中通りに入って150mほどのところにある「中華料理 末広」。
パッと見、典型的な街中華で、庇や暖簾が小ぎれいな分、入りやすそうだ… くらいに見ていたが、いざ入ろうとすると思いもよらない事態に遭遇することに。


20240201 suehiro-11


去年9月、国立天文台に遊びに行った帰り、昼ごはんにあぶれそうになった。
そのときのブログ記事に“すし屋はシャリ切れ、そば屋は臨時休業、街中華は行列…”と書いているが、その行列の街中華こそがこちら「末広」である。


20240201 suehiro-12


武蔵境駅から徒歩18分という好立地とは思えない、連雀通りと人見街道の間の主要路とは言い難い通り沿いで駐車場もない、一見何の変哲もない街中華に、1時半すぎにもかかわらず、行列。思いもよらない事態と言わざるを得ない。


20240201 suehiro-13


そのときはまだ、たまたま近くでイベントがあったとか何か事情があるに違いないと半信半疑だったが、しかし以前より断然気になる存在となったことは事実で、その後何度か潜入を試みるも、そのつど行列や満席なのであった。


20240201 suehiro-1420240201 suehiro-1520240201 suehiro-16


本日、14時近くでカウンター席に空き2つ。
僕と直後のお客で満席ということだが、そのあとも客足は途絶えない。
すぐに座れたのはラッキーだったようで、座れたりあるいは外待ちになったりという状況は僕が食べ終わるまでずっと続く。

なんかすごいかも… と思っていたよりさらにすごいお店なのであった。


20240201 suehiro-17

20240201 suehiro-18


4人テーブル2卓とカウンター10席。
カウンター席とガラス戸で仕切られた厨房では店主風が黙々と注文をこなし、ホール係の女性(2人?)がきびきびと客をさばく。
接客は丁寧で気持ちよい。


20240201 suehiro-19


注文はタンメン620円。
ラーメン500円、タンメン620円、チャーハン650円… という価格設定も、いまどき素晴らしい。

しかもやって来たタンメン、👇このビジュアルなのだ w( ̄▽ ̄;)w


20240201 suehiro-22


自分とは無縁のラーメンの世界で使われる“天地返し”という用語が思い浮かぶほど、食べても食べても麺にたどり着けない野菜の山。


20240201 suehiro-20


野菜はキャベツ、モヤシ、ニンジン、ニラ。
豚肉の量もけっこう多い。


20240201 suehiro-21


タンメンに一般的な清湯ではなく白湯っぽいスープで、野菜に負けない濃厚なだし感。
加えてニラもけっこう効いており、タンメンにしてはパワフルな味わいである。


20240201 suehiro-23


この620円の満足度。
この素晴らしい街中華の世界。


20240201 suehiro-25
14時23分、なお外待ちあり


[DATA]
中華料理 末広
東京都三鷹市深大寺2-35-26





[Today's recommendation]


https://youtu.be/p42esUHqq8Q?si=t7KZqAf5EPAW4cyf



wachat240201.jpg


古きよき時代の… 【ながしま 磯とり料理】

2022.01.08

 前記事の「貯水池 鳥山」はかなり古い時代の遊興施設を思わせるものがある。
子どものころ、つまり高度成長期、次々とボウリング場が新設されていたような時代に、とんでもない場所にとんでもない娯楽施設ができたりしていた。河川敷の動物園とか、山奥の射撃場とか。炭鉱跡のハワイなどその最たるもの。


20220108 nagashima-11


「鳥山」は東京から日帰りの観光気分でお食事を… というコンセプトだったんだと思うが、狭山丘陵にはほかにも同様の施設があったらしい。
六地蔵の下、いまの野山北・六道山公園インフォメーションセンターの場所に、かつて「村山砦」という料理屋があったらしい。元横綱が下足番をしていたりと、カオスな世界観だったらしい。
そういう欲望渦巻くというか制御不能というか、いろいろエネルギー過剰な時代を考察するのが好きだ。


20220108 nagashima-1220220108 nagashima-13


という前振りで、この記事が「ながしま」というのは、まったくの偶然です (・Θ・;)


20220108 nagashima-14


4カ月ぶりくらいの「ながしま」さん。


20220108 nagashima-1820220108 nagashima-19


ランチのホワイトボードがわかりにくく、何年も通っていてもいまだに悩む。
この場合、ミックスフライはその左の揚物定食の内容説明になっている。
その要領で下へいくと、本日の焼き魚定食は生サケ焼き、煮魚定食はさばみそ煮ということになる。


20220108 nagashima-15


注文は揚物定食800円(ミックスフライ)。
もう1品は、シンプルにマグロづけ丼。


20220108 nagashima-20


卓上には名物ともいえるイカの塩辛。
スルメイカの不漁続きで去年一昨年と、塩辛をあまり見かけなかった。
いまどきこれほどおいしい塩辛はめったに食べられないので、それだけでもう満足… みたいな (^0^ゞ


20220108 nagashima-25-26


ミックスフライのカキフライがデカい!


20220108 nagashima-27-28


何年ものとかの大きいカキを使っているかというとそうではなく、カキ3~4個を束ねて一個のフライにしてある。
ならば1個1個が小さく味も貧相なのかというと、そういうわけでもなくモノがよいので、非常にぜいたくなカキフライなのである。


20220108 nagashima-21-22


づけ丼も安定のおいしさ。
タレのベースはしょうゆ・酒・みりんだが、カウンターのおじさんとマスターの会話によれば、だしの効いた土佐じょうゆで、普通のしょうゆでは味が出ないという。


20220108 nagashima-23-24


マスターと常連さんのやりとりを聞くのもまた一興。

話題は、鶏わさ、塩辛… と展開する。
BGMは朝ドラのサッチモ。


20220108 nagashima-29


[DATA]
ながしま 磯とり料理
東京都東村山市栄町1-11-1





[Today's recommendation]

wachat220108.jpg




https://youtu.be/Sz6fMGpe37k



20220108 nagashima-31


ここにも、半世紀の生き証人 【日乃出】

2018.09.03

 このところちょっと多い“ブロ友さんおススメのお店”シリーズ。
西武多摩湖線一橋学園駅から東へ、小平団地方面へ向かうメイン通り。商店街のプレートには「東中央通り」と書いてある。
その中ほどにある「そば処 日乃出」。
このかいわいの古い貴重な情報を寄せてくださるツキさんオススメのお店だ。


180903 hinode-11


実は昼ごはんのタイミングを外し3時近くになってしまい、もう開いてる店少ないし… とどうしてよいやら途方に暮れていると、前方に風にはためく“ライズ 生そばのれんN-111紺 / 白文字YNLQ501”が… という展開であったわけで。
お店の脇の砂利敷きのスペースに自転車を止め、紺ののれんをくぐる。


180903 hinode-61180903 hinode-62


こぢんまりしたお店で、テーブル3卓(4人・4人・6人)と小上がり1卓(2人)。


180903 hinode-56180903 hinode-57


目の前の壁に張ってある中華系の短冊が目に留まる。推薦人の推しは、たしかラーメンやタンメン。
中華部門最高値(いちばん右)の五目中華そば800円を注文。
おススメというより、短冊の達筆に負けた感じ (^ ^ ;)…


180903 hinode-55


いわゆる五目中華はそば屋で食べるのが正しい――ということを以前書いている
五目中華の一般的な具材といえば、かまぼこ、なると、伊達巻き、干しシイタケ、タケノコ、ホウレンソウ、etc. それをそのままかけそばにのせてみると… なんと江戸の伝統のおかめそばに早変わり。
そば屋でなじみの具材が五目中華の中軸をなす、と。


180903 hinode-58180903 hinode-59


僕の座った位置の真ん前が厨房で、店主ご夫婦がワサワサとやっているのが見える。
なんかもめてる感じ。かまぼこをめぐって意見が対立しているようだが、それは僕のたべものに関わってくる問題なので、ちょっとハラハラ…。
おとうさんはずっと炒め物をしているが、五目中華に炒め物はイメージ的に結び付かないので、ちょっとドキドキ…。
はたして、ワタクシの思い描いている五目中華そばは出てくるのでしょうか (;^ ^ A ハラハラドキドキ…


180903 hinode-20


やって来ました、五目中華。
炒め物の正体は野菜炒めであった。キャベツ、モヤシ、にんじん、青ネギ、豚肉と、この部分はタンメン的。
ほかの具は、チャーシュー、ゆで卵、ゆで豚肉、かまぼこ、なると、伊達巻き、キクラゲ、タケノコ、ワカメ…。たいへん具だくさんである。
で、僕のイメージする五目中華とは… えーと、こんなもんです \( ̄▽ ̄)V イエーイ!


180903 hinode-60


「お客さん、いい自転車乗ってますね」とおかあさん。見慣れないものにはチェック機構が働くもよう。
隣町の隣町くらいから自転車で来た、この店のことを教えてくれる人がいて、と言ったらえらく感激されてしまった。
「長くやってきてよかったわ」(←大ごと ( ̄  ̄;)ムム…


180903 hinode-66


どれくらいやっているか聞いてみると、「52年」と返ってきた。
「昔はこのあたりももっとにぎやかだったんじゃないですか?」
「それが、ぜんぜんさびれてたのよ」とおかあさん。「ここの前は畑でその向こうは杉林。道は細くてでこぼこで。開発っていって、どうなるのかと思ったら全部家建っちゃったけど」


180903 hinode-21


こういうお話は、誰かがちゃんと聞いてまとめておくべきなんじゃないか? 市役所とか図書館とか。
どれだけネットで検索しても出てこないような情報がいくらでも聞ける。もったいない。


180903 hinode-64180903 hinode-65


「またお近くにお越しのときはお寄りくださいね」
はい。きっと。


180903 hinode-22


[DATA]
日乃出
東京都小平市学園東町2-6-33





[Today's recommendation]

https://youtu.be/BhVdLd43bDI



wachat180903-22.jpg


Latest Articles
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
観光地感を醸し出す 【観音茶屋】 Feb 15, 2024
見どころいっぱい 【狭山不動尊】 Feb 14, 2024
昭和ノスタルジックな風情の 【レストラン蘭】 Feb 13, 2024
世界が認めたCraft GIN 【マツザキ 中福本店】 Feb 12, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2