fc2ブログ

昼ごはんは長瀞名物! 【味の老舗 若松】

2021.11.07

 宝登山神社奥宮 正面の階段を下り、右に行けばロープウェイ宝登山頂駅、左に行けば小動物公園。
迷わず左へ向かうわしら。
おサルとか見たいわけじゃなく、下山ルートがこっち。


20211107 wakamatsu-32


せっかく山の上にいるんだから散策しなきゃ損だと思う。
ぶらぶら歩いて下りようと。


20211107 wakamatsu-28


宝登山神社二の鳥居に12時20分。
腹が、減った……

参道に出て最初のお店にはものすごい行列ができている。
昼ごはん、大丈夫か…?


20211107 wakamatsu-33
さっきの駅前の様子


午前中に歩いた印象では、参道側より駅周辺・岩畳通りのほうが街が古い。
B級心をくすぐられるお店を何店か、目星をつけてある。
問題は混み具合だが…


20211107 wakamatsu-1120211107 wakamatsu-12


最初に通りかかった「味の老舗 若松」。


20211107 wakamatsu-1320211107 wakamatsu-14


オープンなつくりで店内の様子がよくわかり、ゴタついているようにも見えるが、空いている席があるようにも見える。
「ここでいいんじゃない?」


20211107 wakamatsu-1520211107 wakamatsu-16


踏切際のお店。
“味の老舗”というキャッチが素晴らしくB級。


20211107 wakamatsu-17


こういう典型的観光地食堂は接客に難がある場合が多い。


20211107 wakamatsu-18


が、こちらのおばちゃん、「すぐ片付けるからね」と対応が早く、「あ… こっちの席でもいい?」とわがまま言ってもイヤな顔ひとつせず「こっちがいいの?」と、こっちのテーブルを素早く片付けてくれる。
忙しいなかこういう接客をするおばちゃん、なかなかいない。


20211107 wakamatsu-19

20211107 wakamatsu-20


注文は、みそかつ重&そばセットと天もりうどん。


20211107 wakamatsu-2320211107 wakamatsu-24


みそかつ重はこちらの名物らしい。
赤味噌とザラメで優しい甘さに… というのはあとで調べて知ったアド街情報で、2016年放送の長瀞編で11位だったらしい。


20211107 wakamatsu-25


かつがたっぷり2枚。
薄めにスライスされたチキンかつで、食べやすさとうま味の絶妙にバランスされた厚みだと思う。


20211107 wakamatsu-26


そばつゆのほかにお吸い物が付く。
だしがわかりそうで最後までわからない、ナゾ的においしいお吸い物であった。
お新香の大根ぬか漬けもかなりおいしい。


20211107 wakamatsu-2120211107 wakamatsu-22


そばやうどんはどうということもないが、その分というか、天ぷらがすごい。
さつまいも、かぼちゃ、なす、れんこん、にんじん、ぶなしめじ、えのき、ゴーヤ、春菊、ナゾの青菜、それから…


20211107 wakamatsu-27


「ん…?」と、うどん担当の相方。「これ食べてみて」
と、よこされた一切れは、シャリッという食感。
「え…? これって…」

大根の天ぷら、初めて食べました (^○^)


20211107 wakamatsu-31


さっき山を下る途中、下から汽笛が聞こえていた。
秩父鉄道ではSLが運行されているが、こんなお店で食べている最中に間近にSLが通過したらと考えると、鉄道ファンでなくてもワクワクする。


20211107 wakamatsu-35-220211107 wakamatsu-36


[DATA]
味の老舗 若松
埼玉県秩父郡長瀞町長瀞488-3





[Today's recommendation]

wachat211107-3.jpg




https://youtu.be/gocGlRuW1bw



20211107 rindo-11
リンドウ / 宝登山神社


青梅街道 田無宿の歴史を伝える 【坂平】

2019.02.22

 田無駅北口、青梅街道筋のうなぎ屋「坂平」。
文久元(1861)年創業といわれる正真正銘の老舗である。


190222 sakahei-22


田無の歴史を伝える座談会記録『田無のむかし話』に、「坂平」について次のような記述がある。

――高級料亭で、奥座敷がいくつもあり、その一部は今でも使われている。黒光りした廊下の額に入っている明治28年の料理飲食業の許可証がこの店の歴史の古さを物語っているようだ。6月になるとうなぎのシーズンが本格的に始まり蒲焼の匂が道行く人の胃袋を刺激する。だがうなぎ料理の食べられるのは町の名士、登記所のお客ぐらいなもので、庶民には縁遠かった。(田無市立中央図書館 編、『田無のむかし話 その3 ―明治末期から大正初期にかけての青梅街道の町並み―』(1979)より)


190222 sakahei-27 190222 sakahei-26


地図は明治末期~大正初期の町並みを再現したもので、登記所(法務局)が現在の田無アスタの位置にあり、青梅街道から登記所への通路入り口に「坂平」があった。


190222 sakahei-13


アスタ裏へ出て登記所の客のお大尽になったつもりで「末広」前から「坂平」に抜ける路地に入る。


190222 sakahei-11


実は事情により酒を抜いている。…と聞いたら僕を知る人は相当びっくらこくであろう局所的大事件で、断酒は胃カメラをのんだ3年2カ月前のとき以来。つまり約850日連続記録が途切れたと。禁酒は昨日(2月21日)で11日目となり、ふだん焼酎1升を3~4日というペースなのでこの間3升浮いた計算で、乙類1升パック約1300円として4000円。
この4000円がお大尽の軍資金である。


190222 sakahei-14


お店は想像していたよりずっと小さく、右手に4人テーブルが3卓、左が小上がりで2人用座卓3つ。幾棟かが連なったようなつくりに見え、奥に個室や広間等があるのかもしれない。


190222 sakahei-16


真ん中のテーブルに着いて、うな重 並1900円を2つ注文。


190222 sakahei-17 190222 sakahei-18


「肝吸いお付けしますか?」とおかみさん。
うな重には+100円で付く肝吸い(単品は200円)もお願いして、2人前ジャスト4000円。


190222 sakahei-19


それにしても、いまどき2000円でうな重にありつける機会というのもなかなかないが、それが創業150余年の老舗となるとかなり貴重といえよう。


190222 sakahei-20


先客は小上がりにちょこんと腰かけている年配男性1人で、真横にそういうふうに座られていると落ち着かないなぁ… と思っていたら持ち帰りの客だった。
通りから様子がうかがえる焼き場では大量のうなぎが扱われていたように見えたので、持ち帰り需要が多いのかもしれない。


190222 sakahei-24

190222 sakahei-25


かば焼きは強めに焼かれ、ふっくら感はないが臭みが落ちて香ばしい。
たれは照りの強い見た目から想像するほど甘くはないが、継ぎ足して煮詰めたような濃厚さが老舗の歴史を感じさせる。


190222 sakahei-23


現店主が5代目とのことで、一緒に仕込み~焼きにあたるのが息子さんで6代目。
おかみさんはたいへん気さくな方で、いまはときどき訪ねてくるお孫ちゃん(6代目のお子さん)と会うのが何より楽しみと話していた(今日がたまたまその日だった)。


190222 sakahei-21


来し方を思い出でつつ、行く末の見通し良好のようである。


190222 sakahei-12


[DATA]
坂平
東京都西東京市田無町2-4-7



[Today's recommendation]

wachat190222.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/zH3JpqhpkXg


期待以上にレベル高かった地元飲み 【葉月】

2018.01.24

 このブログは毎日の昼ごはんの記録みたいな感じになっているが、特にそう決めているわけでもなく、とりあえず外で食べたものは全部記事にしておこうと思っている。ただ、夜に外食をする習慣がないので、結果的にほぼ昼に食べたものの記録ということになっているだけ。
たまに夜に外で食べることがあれば、それはそれで書き残そうとは思っている。

ちなみに去年は2件(たぶん)、夜の記事がある(「ながしま」「弁慶」)。
1年で飲み会2回というのは相当少ないと思うが、それにはいくつか理由があって、いちばん大きいのが財政問題。
僕の毎晩の酒量はものすごいので、ときどき外で飲む、程度でもたちまち破綻してしまうことは目に見えているのだ、わはは(笑)。


haduki3-27.jpg


今日は久々の外飲み。
これは前々から決めてあったので、雪が降ろうが槍が降ろうがツレは許してくれない。


haduki3-28.jpg


この冬のうちに1回はフグを食べようということで、年末からいろいろお店を見て回っていた。その中で、場所も含めていちばんよさそうだったのが東村山の「葉月」。
とらふぐコース1人前(通常7000円のところ)4800円! もすごいが、さらに手ごろなトラフグ刺身1800円、ふぐ唐揚げ1200円というものが、毎晩店頭に出される“本日のおすすめ”に書いてある。お試しにぴったり。


haduki3-16.jpg


6時すぎでお客さんは奥の座敷のお年寄りグループのみ。われわれは手前のテーブル席に。
何をおいても「トラフグのお刺身を…」と言いかけると、「今日はもう終わっちゃったんですよ…」と。
ガクッ…


haduki3-55.jpghaduki3-56.jpg


でも、ちょっと安心している自分がいる。だって“本日のおすすめ”いつ見ても同じ。仕入れ状況とかもあるだろうし、いったいどういうシステムになってるんだろう… と若干不安を感じていた。
品切れの日があって当然だろう。メニュー書き換えるのめんどくさいだけ。


haduki3-57.jpghaduki3-58.jpg


ふぐ唐揚げはできるとのことなので、まずお願いする。
お刺し身のおすすめを訪ねると、「しめサバなんかいいんじゃないですか」と店主。おお、好物じゃ。
それと季節がら、あん肝ポン酢を。
酒は緑川正宗(熱燗専用酒)を、お銚子とヒレ酒で。


haduki3-59.jpghaduki3-60.jpg


まず突き出し。
クラゲのごまあえ、のれそれの三杯酢、日本海もずくの酢の物の3品。
全部おいしー。ヒレ酒沁みるー。


haduki3-61.jpghaduki3-62.jpg


ということで、しめサバ、あん肝、ふぐ唐揚げ。


haduki3-63.jpghaduki3-64.jpg


味付けの酢や生醬油がキリッと立ってるところが特徴。


haduki3-73.jpghaduki3-74.jpg


酒は2本目から久保田・百寿に。


haduki3-66.jpghaduki3-67.jpg


追加で頼んだ若鶏の塩焼きが絶品。
玉子焼きはしっかり甘い。


haduki3-69.jpghaduki3-68.jpg


ツレはこの店でシメまでやっつけるという。
鯛かぶと土鍋御飯というものがある。
聞いてみると、(小)1500円はちょうど2人用の設定とのこと。
ただし40~50分かかると。もっと早いうちに頼んでおかないとだめなんだな。
でもせっかくだからお願いする。


haduki3-70.jpghaduki3-71.jpg


久保田を追加し、ちびちびやりながらご飯の炊き上がりを待つ。


haduki3-72.jpg


[DATA]
葉月
東京都東村山市本町2-24-4





[Today's recommendation]


https://youtu.be/YjRbmtrDJI4



chat180124-2-22.jpg
◆ 猫写真はこちら


香り高い一杯の幸福 【自家焙煎珈琲豆店 一福】

2017.11.05

 久米川辻近くの「つむじ」では毎月第1土曜に「つむじ市」が開催され、“地域”“食”“手しごと”をキーワードに、地元農家の新鮮野菜や個性派のパン・スイーツなどが販売される。
僕らは春ごろから足を運ぶようになったが、比較的広域から出店があってなかなか楽しめる。
これまで購入したりお話を聞いたりしたのは、八坂の「くころcafe」、東大和の「サンサンベーカリー」、青葉町の「そばの実カフェ sora」、久留米下里住宅に入る「ベーカリーカフェ 勿忘草」など。

つむじを主宰する相羽建設のフリーペーパーが届くようになり、それに掲載されていたのがこちらの「一福(ichifuku)」。
定年後にカフェをやりたいと考えていたご主人が、自宅前にあった2台分の駐車スペースに建てたという、6坪の自家焙煎珈琲豆店。

毎朝僕が入れるコーヒーを飲む妻が、「ちゃんとしたやつと比べてみるべ」となったらしい。「コーヒー豆販売店だが喫茶スペースもあるらしいから行ってみよう」と。


ichifuku22.jpg


立川若葉町団地の南を走る広い通りの西の端、立川通り側から見たら清掃工場の裏のあたりに位置する。
住宅街の真ん中という感じで、一軒家の前のまさに駐車場だったんだろうなという場所にちょこんと立っている。
引き戸を開け、喫茶利用である旨を伝えて入店。


ichifuku24.jpg


かすかに新建材のにおいの残る真新しい店内。ホームページには8月5日オープンとある。
カウンター2席と壁に据え付けのテーブル3席の小さなお店。ご主人も奥さまもとても優しそう。
ブレンド珈琲は、一福ブレンド(深煎り)410円、けやきブレンド(中深煎り)410円、若葉ブレンド(中煎り)410円の3種類。深煎りと中煎りをオーダー。


ichifuku11.jpg


BGMはジョン・コルトレーン。
お店のこだわりは「品質の高い生豆を使用し、毎日小さな直火式の焙煎機で丁寧に焙煎した煎りたての新鮮な豆」。
豆を挽き、ご主人が淹れ始めると、たちまち店内は心地よい香りで満たされる。コーヒーの香りにはヒーリング効果があるという。
ゆっくりじっくりドリップする。サーブまでに10分以上を要する。


ichifuku21.jpg


中煎りの若葉ブレンドはかなりまろやかで、クリーミーな香りが口の中から鼻腔いっぱいに広がる。
一方、深煎りの一福ブレンドはより苦みが強いが、ナッツのような香ばしさとコクがあって、キャラメルのようなミルク感すら感じられる。優しい口当たりながら深い味わい。
香り高いコーヒーで幸福なひととき。


ichifuku12.jpgichifuku14.jpg


「いや、お父さんのコーヒーもなかなかだと思ったよ」と。
いやいや、天と地ほどの差があるでしょう(笑)。


ichifuku23.jpg


[DATA]
自家焙煎珈琲豆店 一福
東京都立川市若葉町4-18-4
http://ichifukumameten.com/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/6PsiuD5Qnqs



chat171105-2-22.jpg
◆ 猫写真はこちら


最高規格の武蔵野うどん 【こせがわ】

2017.09.13

 東村山市商工会では、東村山が生んだ厳選された品を“里に八国”ブランドとして認定している。
商工会ホームページには「江戸時代から「麦切り」と呼ばれ食されてきた「うどん」を始めとして、33品目を『里に八国』の名で地域ブランドとして認定」とある(更新日:2017/9/7)


kosegawa2-11.jpg


八国とはいわずと知れた、『となりのトトロ』の舞台の一つ“七国山”のモチーフとされる、東村山のシンボル的存在“八国山”のこと。
その八国山のふもとの住宅街の奥まった場所で営業する手打ちうどん「こせがわ」のうどんも、認定品の一つだ。
上のサイトでは「小島屋」「ますや」「きくや」という武蔵野うどんを代表する老舗と堂々肩を並べて掲載されている。そして、おそらくこの中で最もクォリティの高いうどんを提供するのが、こせがわである。


kosegawa2-31.jpg


このあたりのうどん屋の一つのスタイルである農家のはなれ的な形態で、もともと玉売りの販売所だったところを増築して食堂とした。ネット情報によれば、それが2006年。昔、生うどんを買って家でゆでて食べたことを覚えている。
厳選素材が売りで、粉は長野県の地粉、塩は赤穂の天日干し塩を使用とのこと。


kosegawa2-33.jpg


1時半すぎで先客は3人。イートインスペースは広くはなく、6人用テーブル2つとカウンター3席。テーブルはどちらも2人組および単独客が使っているので、僕はカウンターに。
お品書きには、ざるうどん580円、大盛りうどん730円とある。ちょっと開きが大きいように感じて不安になる。つまり、大盛りにするつもりだったが多すぎないだろうか… とビビってるんだが、たしか以前は問題なく食べられたはず、と大盛りを肉汁(60円増)で。


kosegawa2-51.jpgkosegawa2-52.jpg


店員はおばちゃん2人。それもこのあたりのうどん屋の典型。
ただしそれは時間が遅いからで、ピーク時間にはもっと大人数態勢で男の人もいた気がする。
作業場の奥のほう(販売所側)にゆで釜があり、注文ごとにゆで上げる。提供までに13~14分かかった。


kosegawa2-18.jpg


うどんは灰色がかったやや平たい太麺。武蔵野うどんとしてはよじれは少ない。
ゆで上げ太麺は噛み応えがあって、噛むほどに地粉のよい香りが感じられる。
かつおだしの効いた汁は甘味が少なく、豚肉のコクが生きる味付け。デフォルトの糧はコマツナ、薬味にネギ。

完全ゆで上げというところが老舗の名店との違いで、もちろんそれに越したことはないが、むしろ素朴な味わいの辛口の汁がうどんの香り・甘味の引き立て、全体の質を高めているように思う。


kosegawa2-34.jpg


武蔵野うどんを初めて食べるという人に紹介するとき、個人的には、但し書き付きで「ますや」を挙げたうえで、現時点で総合1位として「こせがわ」を推薦したい。


kosegawa2-32.jpg


[DATA]
こせがわ
東京都東村山市諏訪町1-23-5





[Today's recommendation]


https://youtu.be/rqpriUFsMQQ



chat170913-333.jpg


いつものラーメン大盛り 【九州ラーメン いし】

2017.05.25

 前回は4月25日だからちょうど1カ月ぶり。なんか給料日のご褒美みたいになっちゃってるな(笑)。
しかし予定していたわけじゃないし、実際、午前中は違う店を考えていた。それが、腹が減るにつれて無性に「いし」のラーメンが食べたくなっていった。1カ月サイクルが体に染みついているんだろうか?


ishi4-12 (2)


「大盛りかい?」
「大盛り」
「はいよ」
と、いつものとおりラーメン大盛り(600円+100円)。
今日は先客3人と普通の入り。あとから客には見えない大将の知り合いが入ってきて、注文するでもなく、いすに座るでもなく、立ったまま世間話をしてる。テレビはいつもの時代劇専門チャンネル。


ishi4-24.jpg


自分の左隣の年配客はラーメン+餃子セット900円。右側の若者は、ラーメン+半ライス・高菜油いため付き、みたいなメニューにない上手な組み合わせのセットを特注したようだ。
ときどき高菜油いためをラーメンにのせてもらっている客がいたり、餃子がおいしそうだったりするのだが、僕はそういうものを食べたことがない。なにしろ店側が食べるものを指定してくるんだから、違いますとはなかなか言えない。


ishi4-22.jpg


しかし一応常連といえば常連なんだから、ほぼラーメン以外食べたことがないというのもまずいような気がする。もぐりと言われても反論できない。
今年はレパートリーを増やす方向で考えてもいいかもしれない。とりあえず近いうちに餃子は食べておきたい。

それにしても月イチで食べるラーメンがしみじみおいしい。


ishi4-23.jpg


[DATA]
九州ラーメン いし
東京都小平市小川西町3-18-10





[Today's recommendation]

chat170525-22.jpg




https://youtu.be/zH3JpqhpkXg


Latest Articles
老舗和菓子店の一番人気は? 【井筒屋】 Dec 02, 2021
“地元”ソウルフード 【山口屋だんご店】 Dec 01, 2021
己を知る… 【九州ラーメン いし】 Nov 30, 2021
とっくに若くなく… 【ニューバーグ】 Nov 28, 2021
想定外に○○な老舗うどん店 【まるいうどん 星の宮店】 Nov 27, 2021
居酒屋ランチで考えた 【入船】 Nov 26, 2021
青春を懐かしがる 【ビフテキ家 あづま】 Nov 24, 2021
江戸の老舗からの… 【道味】 Nov 23, 2021
リアル昭和な 【鶴家】 Nov 22, 2021
青梅散策その1 【チョコレート工房 ZEN】 Nov 21, 2021
予想をはるかに超える 【多古屋】 Nov 18, 2021
西新宿カレーのノスタルジア 【カレーハウス11イマサ】 Nov 17, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2