fc2ブログ

ラーメンも自家製にこだわる… 【甘味喫茶 冨士見野】

2022.02.17

 中野に用事があって、そのまま昼ごはんを食べる計画だったが、駅~ブロードウェイエリアの人の多いこと。
めったに三多摩を出ることのない人間にとって23区の繁華街はキビシイものがある。

中野の行き帰りは新井薬師前駅を使う。
道すがら昼ごはんのお店を探すことに。

早稲田通りを過ぎて“薬師あいロード”という商店街に入ると、中野駅から離れるほど、すなわち新井薬師 梅照院に近づくほど、趣あるお店が増えてくる。
古い門前町の名残ではないかと勝手に想像している。


20220217 fujimino-1320220217 fujimino-14


実は行きに古い煎餅屋さんを見て帰りに寄ろうと思っていたんだが、そちらは創業大正14年だそうだ。
その斜向いに、やはり古そうな和菓子屋さんがある。
この道はけっこう通るのでこれらの店の存在自体はインプットされているが、ちゃんと見たことはなかった。


20220217 fujimino-3020220217 fujimino-31


和菓子屋さんのショーケースにおにぎりのサンプルがある。
1時半近くで空腹の極みであり、こういうところでいいんじゃないの…? と近寄ってじっくり見てみると、なんとラーメンのサンプル。


20220217 fujimino-1520220217 fujimino-16


こちら「冨士見野」はお休み処を備えた和菓子屋さん、すなわち甘味処らしい。
かつ、軽食も提供する。
ラーメンの食べられる甘味処という、僕のいちばん好きなスタイルなのだった(「伊勢屋」「あづま」参照)。


20220217 fujimino-17


あとで調べると、創業昭和9(1934)年、実に3代続く老舗であった。


20220217 fujimino-1820220217 fujimino-19


注文は玉子入ラーメンとお雑煮。

せっかくだから待っている間におだんご食べようと、外に出てショーケースで吟味。
みたらしとあんだんごを頼む。


20220217 fujimino-20


――おにぎり・お団子・おまんじゅう! ラーメンのスープに焼き豚さえも手作りなんです?! ラーメンの麺は、自家製スープにピッタリ合うものを、吟味して取り寄せています。お団子は生地もタレもこだわって作っています。生地の歯ごたえを大事にし、タレは甘すぎず辛すぎず、微妙な加減が自慢です。小豆100%北海道産で、お鍋でコトコト、グツグツ煮ています。薬師あいロード商店街HPより)


20220217 fujimino-21


おだんご1本食べたところでお雑煮が来る。


20220217 fujimino-22-23


ノリの香りがいい。ナルトとカニカマが昭和の味わいを醸す。
そしてお餅。変な言い方だがフレッシュである。
家では個包装の真空パックしか食べられないので、これは違うなぁと思った。


20220217 fujimino-24


玉子入ラーメンは、てっきりゆで卵と思っていたが、こうきたか。


20220217 fujimino-25-26


ポーチドエッグのほかに、チャーシュー、メンマ、ノリ、水菜、そして大量の刻みネギ。
いくらなんでもネギ多すぎないか? ひと口目からがっつりネギ臭が来て、スープの味がわからん (;^_^A


20220217 fujimino-27-28


麺はコシがあって伸びにくいストレート麺。
上の自己PRにあるように、チャーシューもメンマも手づくり感いっぱい。
昔ながらの素朴な味わいのラーメンだ。


20220217 fujimino-29


見ているといろんな人がひっきりなしに訪れておだんごなどを買っていく。
90年変わらずにこうしてあり続けてきたのかもなぁ…。


20220217 fujimino-1120220217 fujimino-12



[DATA]
甘味喫茶 冨士見野
東京都中野区新井1-31-5





[Today's recommendation]

wachat220217-1.jpg




https://youtu.be/TzqRKnMZwP0
1934年のヒット曲?



20220217 fujimino-32
豆大福とかのこも買う


創業大正元年、立川の戦後史を伝える 【福来軒】

2018.11.25

 今日は珍しく昼ごはんのお店が決まっているので、散歩コースもおのずと合理的で動きに無駄がなくなる。

立川駅北口の駐輪場に止め、高島屋の裏を通って曙町二丁目交差点から立川通り、「幸喜寿し」の路地を抜けシネマ通り、そのまま緑川通りを突き当たりまで。この間、興味深いお店を5軒ほど新発見。

中央線のガードをくぐり、錦町1丁目エリアへ。
ウインズ前を通ってたまたま気づいてジャパンカップの馬券買ったりと、行き当たりばったりの動きを交えつつ、立川南通り(江戸街道)から諏訪通りへ。
昼ごはんのお店はこの古い商店街の先。


181125 fukuraiken-25


時間が前後するが、今日11月25日は立川諏訪神社の酉の日(大鷲祭)三の酉。
食事のあとにのぞいてみた。


181125 fukuraiken-29


酉の市は初めてなので状況がつかめないが、人出がほぼないと言っていい。
時間がまだ早いのかな? でも参道の骨董市は2時で店じまいを始めている。


181125 fukuraiken-30


人のまばらなよく晴れた晩秋の境内で、遅い七五三参りの家族連れに混じってお参りを済ませる。


181125 fukuraiken-26


1時間ほど時計を巻き戻して、昼ごはん。
諏訪神社の酉の市の屋台が並ぶ通路から東門を出てすぐの三差路角地の中華料理店「福来軒」。


181125 fukuraiken-11


創業大正元年。
現存最古ともいわれる老舗中華店である。


181125 fukuraiken-12


実は街を歩いている最中に諏訪神社の酉の市のポスターをあちこちで見かけ、混むことを覚悟したが、そうでもなかった。まあ、前述のように神社の人出自体がないので…。


181125 fukuraiken-13 181125 fukuraiken-14


いわゆる昭和の街中華の年輪を重ねたたたずまいとは違って、店舗物件自体が古いわけではない。モノトーンのどちらかといえばモダンな内装である。BGMはJazz。


181125 fukuraiken-17


入り口横に白黒の店舗写真のパネルが飾ってある以外、老舗を感じさせる要素はないと言っていい。
年配客がほとんどで、若い男性がフロアマネージャー的に各テーブルに目配せをしている様子がホスピタリティの高さを感じさせ印象的。


181125 fukuraiken-18


注文は、ミニ丼セット(半中華そば付)850円のB、チャーハン。
メニュー表に書いてある「100円増しで,中華そば普通盛りにできます」をお願いしようとしたが、相方が却下。
もう1品はチャンポンメン980円。


181125 fukuraiken-15181125 fukuraiken-16


ミニ丼セットのBは、わかりやすくいえば“半チャーハン・半ラーメン”セット。しかし“半”というにはどちらも多く、感覚的には“8割チャーハン・8割ラーメン”。
“100円増し”しなくてよかったと思いました。


181125 fukuraiken-19


チャーハンはオーソドックスなタイプで、具はチャーシュー、卵、ナルト、ネギ、干しエビ。
てっぺんに飾ってあるのがグリーンピースではなく枝豆というあたりが、老舗の粋…??


181125 fukuraiken-20


いわゆる街中華ではなんてことのない普通のラーメンを期待するが、ここのラーメンはそんな平凡なものとはちょっと違う。
特に自家製という麺が個性的。無漂白粉を使っているような灰色がかった、パスタのリングイネを思わせる平打ち麺。
スープは少し酸味のあるあっさり味。丼の底に節粉が沈んでいる。


181125 fukuraiken-21



 チャンポンメン――2018-19秋冬メンコレ⑤ 【福来軒】

あんかけチャンポン。しかも卵とじ。
熱々麺の名品だと思う。


181125 fukuraiken-22


具の野菜は、ハクサイ、キャベツ、タマネギ、ニンジン、キクラゲのほか、枝豆が入るところが、チャーハン同様こちらの特徴。卵とじの上にゆで卵がのるダブル仕様。
ラーメンと同じ自家製麺で、こちらのほうが小麦の風味を強く感じる。


181125 fukuraiken-23


◆ ◆ ◆

古い写真について聞いてみると、北口の旧・第一デパートのあたりで営業していた当時のものと、男性店員さん。
「火事で失われたそうです。列車事故の火事とか…」
「え、それって有名な?」
老舗という情報は知っていたが、まさか現代史的に有名な「立川駅タンク車衝突事故」の被害当事者に行き着くとは思わなかった。ちなみに大正期の創業は屋台であったらしい。
火事の跡地に建った第一デパート5階に入居して、現在地に移ったのは25年ほど前という。

老舗にあぐらをかくことなく味は今風にまじめそのもので、店のつくりもセンスがよい。
何よりもその歴史。
絶大なアピールポイントを含め、伝えるべきところが的確に訴求できていないように感じて、勝手にもどかし思いをしている。


181125 fukuraiken-24


[DATA]
福来軒
東京都立川市柴崎町2-18-7



[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=MmJc-tKohcc



wachat181125-1.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


ラーメン半額! に遭遇 【チャイニーズレストラン 一番】

2017.09.24

 今日は妻が習い事で国立に行く日。いい季節になったのでしばらくは自転車で行くことにして、午前中で上がって一緒に昼ごはんを食べるというのを決まりにしようということになった。国立の駅周辺でも中間地点でもいいし、立川あたりまで足を延ばすこともできるというわけだ。

国立の街に行くときにいちばんよく通るのが国分寺内藤二丁目アパートの間の坂を下るルート。そのまま、よく使う西友地下自転車置き場の入り口まで真っすぐだ。
坂を下ると、旭通りの手前からお囃子の音が聞こえる。今日は谷保天満宮の例大祭。1時近くで、ちょうど交通規制が始まろうとしている。
西友裏で落ち合って少し街中を見て回る。祭りの雰囲気で落ち着かないというのもあるが、なかなか店が決まらない。そのいちばんの要因は財政問題だ。今月は予定外の出費が多く、給料日前で小遣いは底をついていた。
国立の物価が高いかどうかは知らないが、少なくともリストアップしていたお店3~4軒はすべてランチで1000円超。本日のフトコロ事情ではかなりキビシイ。

国立の街を離れ、崖線の上に出る。
たまには有名ラーメン店もいいかも、と「白河中華そば 孫市」をのぞいてみるが、行列を見て退散。次に向かった恋ヶ窪のラーメン屋「ファミリー軒」はすでに跡形もなく、寂しい気持ちになる。


ichiban32.jpg


こうなると僕はすっかり方向性を見失って五日市街道をあてもなく西に向かおうとしているが、妻は冷静に駅伝いに帰路に近いコースを提案。
そこで、鷹の台の駅をめざし、駅前商店街の角を回り込んだとき、

本日 ラーメン 250円

の文字を視界の端に捉えたのである。
いま置かれた状況にぴったりの条件に行き着いたようだ。


ichiban33.jpg


「チャイニーズレストラン 一番」は、鷹の台の駅前商店街の出口にある創業50年の老舗中華屋。
よく利用する小平商工会のこだいらネットでもこの店は小まめに情報を更新しているようで、あとで調べたところ“9月のラーメン(半額¥250)セールは9月21~24日”とある。僕は非常にラッキーだったと思っていたんだが、今月だけで4日もそんなことをやる太っ腹な店だったのだ。
ちなみに来月は開店50周年記念につき店内全品半額セールが予定されている(10月14日(土)・15日(日))。


ichiban41.jpg


ラーメンセールの影響なのか、2時近くにして店内はかなりの混みよう。
日曜だったからかもしれないが、客層は想像していた学生中心ではなくファミリー層が多い。


ichiban40.jpg


それ以外にも入ってみて意外だったことがいくつか。
まず、けっこう広い、というか1・2階の2フロア構造である。
それから、つくりがきれい、かつモダンで、中央にらせん階段がある。
1階は満席で、らせん階段を上って2階へ。


ichiban34.jpgichiban35.jpg


ラーメンといくつかの組み合わせの方向で考えるが、ここはメニュー表が何種類もあってわかりづらい。もともとあれこれ頼むほうじゃないので、種類豊富なセットメニューもピンとこない。
もうここはシンプルに、横の壁に張ってある“丼ぶり単品ALL 600円”から回鍋肉丼に。


ichiban31 (2)


ちなみに、参考にもらってきたお持ち帰りメニュー(↑↑)というのがいちばん見やすい。
価格は店内も一緒だと思う。


ichiban38.jpg


ラーメン250円は、具が少し寂しいのかもしれないが(メンマのあたり)、ボリューム的に全然問題なし。
香味野菜が強めに出ているスープが特徴的。


ichiban36.jpg


回鍋肉丼600円は、スープ、お新香付き。
テンメンジャンの甘味に鷹の爪がピリッと効いてご飯が進む。


ichiban37.jpg


本当はもっといろいろ頼むべきところだが、2時を過ぎたらそんなに食べないし、量的にもちょうどよかった。
いろいろあったが結果オーライである。


ichiban39.jpg


レジで1000円札を出してお釣りが来た。当たり前だが、150円も来た。
計算上は当たり前だが、常識的には全然当たり前じゃない数字で、わかっていても軽いショックを受けた。


ichiban13.jpg


[DATA]
チャイニーズレストラン 一番
東京都小平市たかの台34-3





[Today's recommendation]


https://youtu.be/xZbKHDPPrrc



chat170924-22.jpg




 秋のお彼岸
2017.09.24 三陽/東京都小平市たかの台38-8

t-sanyo21.jpg


鷹の台駅前商店街の御菓子司「三陽」でお彼岸のおはぎを買う。
つぶあんとこしあん2個ずつ(各130円)。


t-sanyo22.jpgt-sanyo23.jpg


Latest Articles
古民家で釜めし&串焼き 【六左衛門】 Oct 03, 2022
武蔵野うどん究極形 【小平うどん 小平本店】 Oct 02, 2022
答えは変わらない! 【村山ホープ軒 東大和店】 Oct 01, 2022
街道沿いの中華屋さん 【宝来】 Sep 29, 2022
手づくり感いっぱいな埼玉銘菓 【高橋売店】 Sep 28, 2022
国史跡の奇観岩山 【吉見百穴】 Sep 27, 2022
昭和の観光地食堂そのままな 【松音屋】 Sep 26, 2022
そうだ 茶屋、行こう。 【厄除けだんご どびんや】 Sep 26, 2022
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2