fc2ブログ

タンメン究極形 【うな瀧】

2023.11.18

 自転車で軽く38km走って「うな瀧」。

店名的にうなぎ屋を連想すると思うが、ラーメン屋である。
いやいや、うなぎ屋さんでもあるのだな。
そのへんの事情がちょっと込み入っている。


20231118 unataki-33


もともとはすし屋だったが、あるときうなぎ主体に切り替えたところ……

(以下、『たぶんこうだったんじゃないか劇場』風に)

「なあ大将、すし屋だから寄らせてもらってたが、うなぎ屋じゃ毎日ってわけにはいかねーよなぁ」

常連客のそのひと言に突き動かされたご主人。
毎日来てもらうためにはどうすればいいかと思案の末、

「そうだ、みんな大好き、タンメンだ!」と、山西惇。


20231118 unataki-32


当時、近くの八清ロータリーの商店街に「宝来」という中華料理店があり、台湾出身の陳さんという料理人の作るタンメン“陳タンメン“が人気だった。
ご主人は陳さんに直々タンメン作りを教わり、お店で出したところ評判が評判を呼び現在に至る。

「知り合いのラーメン屋がはやってるのを見てうらやましかったけど、まさか自分がやるようになるとは(笑)」


20231118 unataki-43


L字カウンター7席ほどの小さいお店。


20231118 unataki-31


品ぞろえはタンメンとギョーザのみ。
注文はタンメン650円で、5年前と値段変わらず。
タンメンとギョーザをセットで頼む客がほとんど。


20231118 unataki-37


具はハクサイ・モヤシ・豚肉のみの、極々シンプルなタンメン。


20231118 unataki-38


野菜をタップリ使用した鶏ガラスープ仕立て。
ラー油および酢による味変が推奨されている。


20231118 unataki-3620231118 unataki-35
「ふみさん」はすし屋時代の店名


加水の少ない系の麺が好マッチだったり。


20231118 unataki-2220231118 unataki-21


シンプルなだけにごまかしの利かない一杯。
まさに究極のタンメン。


20231118 unataki-34


[DATA]
うな瀧
東京都昭島市玉川町1-19-10





[Today's recommendation]


https://youtu.be/1EwY6efZRPo?si=lNlBRUzn8OinLx3Y



20231118 unataki-40


そば屋のモーニン? 【長寿庵】

2022.11.06

 前記事の続きで、荻窪昼ごはん編。

杉並区あたりでお店を決めるのは容易でない。
三多摩のおのぼりさんじゃないが、せっかく来てるんだからオシャレな店に… と思ってしまう。
できもしないこと考えるから話がまとまらなくなる。

いや、荻窪といえばラーメンだ。
オシャレ路線は困難としてもラーメン路線ならたやすい。
が、荻窪のラーメン屋はどこも行列…。


20221106 chojuan-28
荻窪のラーメン風景


そうやって追い込まれていくのが常である。
まあ、タイトル👆を見て、だいたいのところは想像がつくという方もいらっしゃるとは思うが。


20221106 chojuan-12


追い込まれて「長寿庵」💦
荻窪きってのおしゃれエリア“教会通り”のど真ん中というあたり、苦闘の跡が見て取れよう。


20221106 chojuan-14


が、一歩踏み込めば、ぐっと懐かしさがこみ上げる。
昔の早稲田かいわいのそば屋などが思い出され、こういうお店こそ好きだったのだと、まだまだ先入観やブランドにとらわれている自分を反省。


20221106 chojuan-15


20km以上自転車に乗ったあと街なかをさまよって13時すぎ。
かなり腹が減っている。
セットもの×2かなぁ。


20221106 chojuan-1720221106 chojuan-18

20221106 chojuan-1920221106 chojuan-20


相方はかつ丼セットか牛丼セット(ともに1230円)で迷っていたが、グランドメニュー以外の“おすすめそば・うどん”という品書きに“開花丼とそば・うどんセット1000円”というものを発見。
断然オトクそうなこちらに決定。

僕は温かいそばが食べたかったので、たぬきそばセット。


20221106 chojuan-21


どちらのセットも“そば”と“セット”が別々のお盆で時間差で提供。
👇こういう順番で出てきた。


20221106 chojuan-22
(開花丼セットの)開花丼とサラダ・香の物

20221106 chojuan-24
(たぬきそばセットの)かやくごはん・サラダ・香の物

20221106 chojuan-23
(開花丼セットの)そば・冷

20221106 chojuan-25
(たぬきそばセットの)たぬきそば


品書きには書いてなかったが、開花丼セットはサラダ・香の物付きで、レギュラーセットと同じ内容。ますますオトク感が強い。


20221106 chojuan-26


もりそばは、そばはパツッと、つゆはキリッと。
意外といったらアレだが、江戸の粋を感じさせるおいしいそばだ。


20221106 chojuan-29


ある程度予想していたが、ボリューム満点。
特に開花丼はこれだけで普通の一人前はありそうで、あとで半分ほどワタシに回ってくるのはいつもどおり。


20221106 chojuan-27


隣の席の年配の男女は僕らが入ったときすでに食べ終わっているふうだったが、僕らが食べ終わるころもまだおしゃべりしてる。
広い店じゃないし、なんだかなぁ… と見ていたが、奥の席のグループが帰るとき声をかけた。
「お先にー♪ また来週」
長居の迷惑な客どころか、毎週来ている上客のようなのだ。

「お父さんによろしく」と店の人にあいさつしている人もいる。
2代目か3代目の店主といったところか。

ここは町内会の寄合所機能を担っているらしい。


20221106 chojuan-16


店を出て外観写真を撮ったりしていると、若そうなお店の人が出てきた。
どんぶりの載ったお盆を片手で肩の上に掲げるという、懐かしの出前スタイル。


20221106 chojuan-13


HPにYouTube動画が張ってあり、やはり出前の様子が映っている。
「高齢の方には、食卓まで、運びます」のキャプション。

やっぱり人情タウンな荻窪なのだった。


20221106 chojuan-11


[DATA]
長寿庵
東京都杉並区天沼3-27-7
https://www.kyokai-dori.com/shop/0333916004.html





[Today's recommendation]

wachat221106-33.jpg




https://youtu.be/fsJ3JjpZyoA


五郎さんセット“改”? 【みゆき食堂】

2017.06.24

 西武線沿線で最も有名な食堂「みゆき食堂」。言わずと知れた『孤独のグルメ』登場店である(Season 4 第1話)。
去年、初めてここを訪れたとき、11時30分開店というネット情報をもとにそれに合わせて来たのだが、開いていない。同居する焼き鳥「佐賀屋」を同じ店と勘違いして焼き鳥を焼いているおじさんに「今日やってるんですか?」と尋ねると、「日曜は休みだよ」という返事。「今日、土曜なんですけど…」「あ、そうか。じゃあもうすぐ開くんじゃない?」というやりとりでようやく、違う店なんだ… と気づいた。

本日も情報修正をせずにやって来て11時32分に到着。シャッターが下りている。「定食」のプレートには11:45~10:30と書かれた黄色い張り紙。あとで調べたのだが、グルメサイトなんかの情報では開店時間が11:00、11:30、12:00とまちまちだ。現時点では11:45が正解。


miyuki31.jpg
2017年6月24日撮影… とは思えない絵柄


古めかしい日産サニートラックが横付けされていて、時間軸がグラグラする。
隣の電気屋の配送車のようだ。


miyuki46.jpg


写真を撮ったりしている間に行列ができ始めており、慌てて並ぶ。
前から3番目。開店5分前。


miyuki35.jpg


ほぼ定時に開店。


miyuki33.jpg


10あるテーブル席のうち9つまでがあっという間に埋まる。
ただし、そのうち6つは単独客だ。そういう席はまもなく相席を求められ、店内はどんどんギューギューになっていく。


miyuki36.jpg


今回も土曜日だが、おそらくは休日の特徴である“観光客(わしらも含め)”の多さは前回と同様である。
客層はほかに、常連風酒飲み、常連風年寄り、常連風酒飲みの年寄り、といった感じ。相席が始まった時点で12組中7組が飲んでいる。
テレビ2台はNHK(奥)とフジ(手前)。


miyuki37.jpgmiyuki38.jpgmiyuki39.jpg


こちらの人気メニューが「五郎さんセット」。
五郎さんとは、言わずと知れた井之頭五郎さんである。番組で五郎さんが食べたものをセットにした定食メニューで、内容はもやしと肉のピリ辛炒め(もやしピリ辛)、ジャンボぎょうざハーフ(3ヶ)、味噌にんにく(青唐辛子入り)、ライス(汁付)で900円。

前回、妻と2人で、この五郎さんセットととんかつ定食を頼んだ。もやしピリ辛は好きな味付けだが、餃子は惣菜系で好みとはいえず、味噌にんにくはおいしいが2人で食べるにしても量が多すぎるのでこのセットはどうかな…? というのがあって、その後僕はひそかに構想を練っていた。もやしピリ辛と違うものを組み合わせたら五郎さんがグレードアップするんじゃないだろうか?
そして導き出された答えが本日のオーダー、もやしピリ辛300円+ウインナーエッグ250円+ライス(汁付)250円。「五郎さんセット 改」の誕生である。

もう1食は前回と同じとんかつ定食。これは「タイムサービス 750円→600えん」のプレートがいつも店頭に掛けてあるサービスメニューだ。


miyuki40.jpg


まず、ウインナーエッグとライスとみそ汁が出される。
それをぼちぼち食べ始めるが、なんだか小学生の朝ごはんみたいだ。こう来るとは思わなかったなぁ…(笑)。
いきなり「改」の弱点が露呈した形。


miyuki41.jpg


続いてとんかつ定食。
前回も感じたのだが、肉が分厚い、衣もぼってりで、このものはものすごく食べでがある。
面白いのがポテトサラダが別皿なこと。普通、とんかつに添えられたキャベツの横にポテサラやトマトを盛り付けると思うが。そしてこのポテサラもボリューミーだ。


miyuki43.jpg


最後にもやしピリ辛の大皿が、厨房のおばちゃん自らの手で運ばれてきた。ドーンという感じで。
前に食べたとき、こんなに量多かったか…?


miyuki42.jpg


ここに至って、僕はようやく気づかされた。井之頭五郎は並外れた大食漢なのである。そして、人気メニューとネットで紹介されているにもかかわらず、前回も今回もそのセットを頼んでいる客は(前回のわしら以外)1人もいないのである。前回普通に食べられたのは、よっぽど腹が減っていたからに違いない。
焦りました…。


miyuki44.jpg


焦って早食いになる。ゆっくり食べていたらすぐに満腹感に追いつかれそうな気がするからだ。もう誰がどのおかずとかは関係なく、片っ端から(わしが)減らしていくしかない。
自分のご飯を9割がた食べたところで、妻がおもむろにご飯茶わんをチェンジしやがった。そっちは1割くらいしか減っていない。
「こんなに食べられない」
「残せばいいじゃない」
絶望的な気持ちになる。


miyuki34.jpg


味についても少し触れておく。
もやしピリ辛は、もやしをメインにニンジンとニラ、それにかなり多めの豚コマという構成。しょうゆベースのしょっぱめの味付けに、ニンニクとごま油の香りづけがされている。
ちなみに妻が「もやしピリ辛」と称する料理に凝っていて、材料や味付けはそのつど違うが、共通するのがゴマペーストを使うこととものすごく辛いこと。それに比べれば本家もやしピリ辛は全然辛くない。

さて、ものすごくきつかったが、残すのは嫌なのでなんとか完食。僕が食べたのは、とんかつ3切れとご飯デフォの1.8倍! あとはよくわからない。
もしかしたら1年ですっかり食が細くなったということだろうか? いずれにしろ、こんな無理が利くぎりぎりの年齢ではある。っていうか、無理しちゃいけない年齢だってば(笑)。


miyuki45.jpg


[DATA]
みゆき食堂
東京都清瀬市松山1-9-18





[Today's recommendation]

chat170623-33.jpg




https://youtu.be/J1Rd7zrvW7k


https://youtu.be/uKOoxgI_xfQ


Latest Articles
あの時代の残照 【伊勢屋美原町店】 Feb 29, 2024
“ギョはん”宣言!? 【みんみん】 Feb 28, 2024
おばちゃん回帰的な? 【大丸食堂】 Feb 27, 2024
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
観光地感を醸し出す 【観音茶屋】 Feb 15, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2