fc2ブログ

謎多きローカルチェーン 【笠置そば 西荻窪店】

2022.05.26

 ちょうど前記事がそうで都心の店の記事が多くなっているが、記事にならない(ただ行って帰ってくる)自転車行はもっと多く、最近しょっちゅう都心に行っている。
都心(新宿方面)に行く場合、直線距離に近い新青梅街道~青梅街道を通るのが早いが、幹線道路が嫌いなためそれと平行したコース取りとなり、いちばん多いのが田無から柳沢団地通りを上り千川上水~東京女子大~神明通りから西荻窪に抜けるルート。
しょっちゅう西荻の街を通ることになる。


20220526 kasagisoba-1120220526 kasagisoba-12


しょっちゅう通っていると、これまで特に気にしていなかった物件が急に気になりだす。
立ち食いそばの「笠置そば」。
普通に見かけるチェーンのような気がしていたが、お店がどこにあるか思い出そうとしても西荻以外に出てこない。


20220526 kasagisoba-1320220526 kasagisoba-14


調べてみると、惣菜などを扱う食品製造業者を設立幹事会社とする事業主体がオリジナル厨房機器を武器に立ち食いそばチェーンを展開――ということらしい。
ナンノコッチャ… ( ̄ー ̄?)

素人にはさっぱり… なので、設立(1994年7月)当時の専門紙の記事をご覧いただきたいその1その2

25年前の記事では“40店のチェーンスケールになる見通し”とあるが、現時点で食べログで検索すると東京・埼玉で計7店舗。
“普通に見かける存在”から“比較的レアかも…”へ格上げ。


20220526 kasagisoba-1520220526 kasagisoba-16


前振りが長くなったが、そういうわけで「笠置そば 西荻窪店」へ。


20220526 kasagisoba-1720220526 kasagisoba-18


まず品ぞろえの多さに驚かされる。
驚かされるというか、懐かしい。


20220526 kasagisoba-1920220526 kasagisoba-20


立ち食いそば界は3強ともいわれるように寡占化が進んでいる。
そのため差別化戦略が後退するためか、メニューが貧相化する流れにあるように感じられる。
昔さんざん入った「富士そば」でさんざん食べた春菊天を、いま「富士そば」で食べられなかったりと。


20220526 kasagisoba-2120220526 kasagisoba-22


「おそば? あったかいの?」
「あったかいそばで、えーと… 春菊とコロッケ、あと玉子」


20220526 kasagisoba-2320220526 kasagisoba-24


カウンター中央の天ぷらケースがすごい。
わらびやうどに、新茶なんてのも。

あとから入ってきた常連風のおっさんが「何これ?」とか聞いてる。
「セロリ。スープセロリだって」
「それ、もらおうか」


20220526 kasagisoba-2520220526 kasagisoba-26


そばはゆでたて。僕の場合、4分ほどかかった。
しっかりしたコシで、ネットリ感の強いタイプ。
天ぷらは揚げ置きだが、油切れがよく軽い口当たり。


20220526 kasagisoba-2720220526 kasagisoba-28
月見コロッケ春菊天そば(ネギ抜き)620円


そばにはこだわりがあるらしいが、フランチャイズの縛りはユルそうだ。
この天ぷらケース&壁の短冊の自由度こそ、立ちそばワールドそのもの。


20220526 kasagisoba-2920220526 kasagisoba-30


店を出て11時。
まだ街は動きだしていないが、あと2時間もすればやきとり屋の客が店からあふれ出すような路地に、こういうそば屋はよく似合う。


20220526 kasagisoba-3120220526 kasagisoba-32


[DATA]
笠置そば 西荻窪店
東京都杉並区西荻南3-11-7





[Today's recommendation]

wachat220526-11.jpg
wachat220526-22.jpg




https://youtu.be/1SIHofW2P0Y


東京三大〇〇🍡 【新鶯亭】

2022.05.03

 上野公園内の店舗で目下いちばん気になる存在「東照宮第一売店」で昼ごはんを食べたあと、すぐ近くの甘味処「新鶯亭」へ。
こっちのお店はずっと昔から気になったままである。


20220503 shin-uguisutei-1120220503 shin-uguisutei-12
「東照宮第一売店」と、右奥の“おでん”の幟が「新鶯亭」入り口


「新鶯亭」は“東京三大団子”の一つ、鶯だんごで知られる。


20220503 shin-uguisutei-1320220503 shin-uguisutei-14


若いころ有名和菓子店巡りが好きで、三大団子の「羽二重団子」「言問団子」も訪れているが、鶯だんごはいまだ食べたことがない。


20220503 shin-uguisutei-1520220503 shin-uguisutei-16


和菓子屋でなく甘味処という敷居の高さと、席は常に順番待ちで、おまけに肝心のだんごが売り切れ御免。
…と、まあ30~40年前の記憶だからあいまいではあるが、そういうレアアイテム的なイメージだった。


20220503 shin-uguisutei-1720220503 shin-uguisutei-18


そんな一度は行きたい憧れのお店「新鶯亭」、順番待ちがないどころか店内ガラガラ状態で、念願の初訪問は拍子抜けするほどあっけないものに。
これも時代の流れかコロナの影響か、おかげで心底くつろげてラッキーと感じる一方、少し寂しくもある。


20220503 shin-uguisutei-1920220503 shin-uguisutei-20


注文は、鶯だんごとあんみつ。


20220503 shin-uguisutei-2120220503 shin-uguisutei-22


飲み物は… と品書きを見直そうとして、すぐに気づいた。
「おー、目の前にはすでにお茶が出てきているじゃないか」

甘味には緑茶のほかに要らないのは言うまでもない。


20220503 shin-uguisutei-2320220503 shin-uguisutei-24


1915(大正4)年創業の老舗。
鶯だんごは、十勝産の小豆あん、大手亡(白いんげん)の白あん、抹茶あんの3種類で1セット。
保存料をいっさい使わない、昔ながらの味。


20220503 shin-uguisutei-25


小豆あんの中に入っている餅が黒っぽい。あとで調べると赤きび餅なのだそう。
たしかにどこか香ばしいというか雑穀の風味が感じられた。


20220503 shin-uguisutei-26


あんみつのあんは抹茶で、蜜は白蜜。
目にも涼やかで、あっさりと上品なあんみつである。


20220503 shin-uguisutei-2720220503 shin-uguisutei-28


名物 鶯だんごは、だんごというにはあまりに品がよい。
これも江戸の文化を伝える一つの形であろう。


20220503 shin-uguisutei-3020220503 shin-uguisutei-31


[DATA]
新鶯亭
東京都台東区上野公園9-86





[Today's recommendation]

wachat220503-22.jpg




https://youtu.be/V6odtpEV9Ns





 the 上野土産!
2022.05.03 花神楽 パンダ焼 上野マルイ店/東京都台東区上野6-15-1 上野マルイ 1F

20220503 pandayaki-14


ところで上野土産といえばパンダ焼きではないか… と探してみたが、公園内には見当たらない。
そんなはずはないとスマホで検索し、やっと突き止めたのがマルイ1階のお店。


20220503 pandayaki-12


ずいぶんと洗練されて、シャレたものになってしまったような気も…。


20220503 pandayaki-13
※許可をいただいて撮影


7種のフレーバーを2個ずつ入れてもらう。
やっぱりこれを買わなきゃ上野に行った気がしないよね♪


20220503 pandayaki-15


幸福感いっぱいな♪ 【ますも庵】

2022.02.12

 2週間前に“肘が痛くて…”と書いている。
これが全然よくならず、観念して病院に行くことにした。

歯医者を除き、たぶん6年半ぶりの病院。
前回は身内の仕事で田舎の業者相手にストレスがたまって胃カメラ送り。
同じ病院だが、診療科が整形外科というのはだいぶ気が楽だ。


20220212 masumoan-10


「テニス肘ですね」

上のリンク先に書いているようにスマホが原因の“スマホ肘”という自覚があり、ちょっと後ろめたいような気持ちがあった。
「スマホ? あ、ゲームねー」みたいな反応を覚悟するわけで。
ゲームやらないけど。

同じ症状でも”スマホ“と“テニス”では大違いである。
人格まで高級(セレブ)になった気にさせられる。
「いやー、テニス肘やっちゃいまして。はっはっは」
テニスやらないけど。


20220212 masumoan-34


「テニス肘ですね」とドクター。
「ん…? テニス♪」
「テニスやる人がかかる、とは限りませんけどねー、はっはっは」


20220212 masumoan-10^2


予約なしでいきなり行ったこともあり、会計が終わった時点で12時近くに。
腹が、減った……

東村山駅前の“志村けん像”の前で待ち合わせて、近くの「ますも庵」へ。


20220212 masumoan-1120220212 masumoan-12


しばらく食べておらず、ずっと食べたいと思っていたものがあった。そばではないが。
病院行ったご褒美…(笑)。


20220212 masumoan-1320220212 masumoan-14


そばの名店「ますも庵」は、うどんもおいしい。


20220212 masumoan-1720220212 masumoan-18


おいしいといっても、うどん“も”そこそこおいしいよ… とかいうんでなく、名店ひしめく東村山あるいは多摩六都さらには所沢… と、広域武蔵野うどん圏にあって、知る限りにおいていちばんおいしい。“知る限り”がかなり限られるけど… ( ̄- ̄;)


20220212 masumoan-2120220212 masumoan-22


そのうどんの真価が発揮されるのが、あったかいうどんだと思う。
ずっと食べたいと思っていたのは、それ。


20220212 masumoan-20


気になっていたカレーうどんシリーズから角煮カレーうどん。
もう1品は鉄鍋うどん。


20220212 masumoan-2320220212 masumoan-24


角煮カレーうどんはとろみの強い熱々うどん。
ひとくち食べるとカレーの香りにも負けない地粉の香りとうまみが口の中に広がって。
あー、これこれ。
これが「ますも庵」のうどん! と思わず言葉に出てしまう。


20220212 masumoan-25-26


軟らかく煮込まれた玉ねぎの甘味と厚切りの大きな角煮で、なかなかのボリューム。


20220212 masumoan-27


鉄鍋うどんは、いわゆる鍋焼きうどん。
鉄鍋でチンチンに熱した状態でやって来る。


20220212 masumoan-30-31


だしの効いた濃いめのつゆに、具はえび天ほか、揚げ餅、卵、かまぼこ、ねぎ、…。


20220212 masumoan-38


鉄鍋で煮込んであるのに、うどんにはしっかりした歯応えが残っている。
地粉の香りも強い… というか、温めることによりさらに香りが引き立っている。
このバランス則が絶妙である。


20220212 masumoan-32-33


口福という言葉があるが、まさに幸福感いっぱいな…。


20220212 masumoan-28-29


[DATA]
ますも庵
東京都東村山市本町2-16-30





[Today's recommendation]

wachat220212.jpg




https://youtu.be/aLnZ1NQm2uk


おでんは続くよ 【大清かまぼこ店】

2022.02.05

 前記事の続きで、石神井からの帰路にひばりが丘に立ち寄る。


20220205 daiseikamaboko-11


おでんが食べたくてちくわぶを買ったというか、ちくわぶを買ったからにはおでんにせざるを得ないというか…。


20220205 daiseikamaboko-1220220205 daiseikamaboko-13


メインの具の練り物(揚げ物)を、いつものひばりが丘北口商店街「大清かまぼこ店」で調達。


20220205 daiseikamaboko-14-220220205 daiseikamaboko-15

20220205 daiseikamaboko-1620220205 daiseikamaboko-17


うずら玉子巻き、ウインナ巻き、えび巻き、いんげん揚げ、もやし生姜揚げ、しいたけ揚げ、いか巻き、はす揚げ、ごぼー巻き、紅白だんごを、各2個。


20220205 daiseikamaboko-1820220205 daiseikamaboko-1920220205 daiseikamaboko-20


これで2000円ちょっと。安い!
というか、買いすぎ。2人でこれは多すぎ。
明らかにちくわぶのデカさにつられてる (^▽^;)


20220205 daiseikamaboko-2120220205 daiseikamaboko-22


娘が来るのに合わせて… というのには、ちくわぶ1本くらい持って帰らせようというもくろみもあったわけだが…。まぁ、思ったより賞味期限が長いので問題ない。


20220205 daiseikamaboko-25


というか、練り物買いすぎて3日くらいおでんが続きそうで、その勢いでちくわぶも食べきっちゃうかも。


20220205 daiseikamaboko-2320220205 daiseikamaboko-24


[DATA]
大清かまぼこ店
東京都西東京市ひばりが丘北4-2-25
http://www.kamaboko83.com/index.html





[Today's recommendation]

wachat220205-22.jpg




https://youtu.be/a5Za8pKGT2E



20220205 daiseikamaboko-27


あのころ、そしていまも街を象徴する… 【サムタイム】

2022.02.03

 このブログの最初の記事の日付(お店に行った日)は2017年1月21日だが、ほぼ毎日ペースで動きだしたのは2月4日の立春の日。
その1年前の節分には茶白の猫がうちに来た。
節分や立春は知らず知らずのうちに節目となっている。

ブログを始めて丸5年、気持ちのうえで多少の変化は表れているかな…。
無理をしないというか、等身大に近づいているのかなと。


20220203 sometime-11


肩の力を抜いて吉祥寺の街を歩けば、自然、こういうお店に引き寄せられる。


20220203 sometime-1220220203 sometime-13


「サムタイム」は吉祥寺に住んでいた学生時代、この街を代表する存在だった。
“吉祥寺を創った”といわれる伝説の人物・野口伊織氏プロデュースで、現存では「ファンキー」の次に古い1975年の開店。


20220203 sometime-1420220203 sometime-15


吉祥寺で飲む店は「西洋乞食」、誰かの誕生日のケーキには「レモンドロップ」と、このグループ(現・株式会社 麦のお店は青春そのものと言っても過言ではない。


20220203 sometime-1620220203 sometime-17


「サムタイム」はもっぱら昼ごはんに入ったお店。
生演奏が行われるジャズクラブという取っ付きにくそうなイメージの反面、ランチメニューは庶民的だった。暗いので1人でも入りやすかった。
山菜ピラフばかり食べていたことを思い出す。


20220203 sometime-20


実に40年近くぶり。
地下空間に一歩足を踏み入れれば、こういうお店だったなぁ… と。


20220203 sometime-2120220203 sometime-22


注文はドライグリーンカレーと煮込みハンバーグ。


20220203 sometime-2320220203 sometime-24


はじめお客がいないように見えたが、暗さに目が慣れてくるとポツポツひと気がある。
地下1階のお店の奥がさらに半地下1・2階のような複雑な構造。


20220203 sometime-4020220203 sometime-41


カレーは色も汁気もないので一瞬戸惑うが、あ、ドライカレーか…。


20220203 sometime-25-26


ココナツミルク仕立てでパクチーの香りが効果的。
センスよいエスニックテイストのおいしいカレー。


20220203 sometime-27


サラダのドレッシングはチーズの香りとうま味が効いていて、野菜の味を引き立てる。


sometime-28-29.jpg


つなぎの多いむっちりしたハンバーグ。
昭和感たっぷり。


20220203 sometime-30-31


若い男性が幼い子どもを連れてきている。
テレワーク中のお父さんと保育園がコロナで閉鎖しちゃった子どもとかかなぁ…。

吉祥寺で育つってこういうこと。
こんな小さいころからサムタイム。


20220203 sometime-32-33


ランチセットのドリンクはエスプレッソとカフェラテ。


20220203 sometime-3420220203 sometime-35


こういうお店があり続けられるのは素晴らしいことだと思う。
自分の中で何か違うスイッチが入った気がした。


20220203 sometime-1820220203 sometime-19


[DATA]
サムタイム
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-31
https://www.sometime.co.jp/sometime/
https://twitter.com/sometime_jazz





[Today's recommendation]

wachat220203.jpg




https://youtu.be/u51646faPEo



20220203 sometime-36


間貸し/間借り系最強ランチ! 【Dining Amina × バード軒】

2021.06.26

 久米川駅南口の牛もつ鍋のお店「Dining Amina(ダイニングアミナ)」では昨年末あたりから「バード軒」名義でラーメンを出している。
はやりの間借りらしい。で、はやりの鶏そばらしい。
これは気になる。


20210626 amina-23


2016年オープンの「Dining Amina」は長野県産牛もつが売りで、一時ランチで牛もつカレーというものを出していた。
当時気になりつつもまもなくランチ営業をやめてしまって食べずじまいだったという過去のモヤモヤ。

このランチも再開され、カレー&ラーメンの最強タッグで売り出し中。


20210626 amina-26


場所は久米川駅南口通り(西友通り)から線路側にコの字形に入り込んだ路地。


20210626 amina-2420210626 amina-25


店内はおしゃれなダイニングバーという雰囲気で、5席ほどの小さなL字カウンターとテーブル席1つ。開店直後でまだ準備中だが、奥にもっと広いスペースがあるようだ。
男性1人のオペレーション。

注文は牛もつカレーライスと鶏白湯そば(塩)。


20210626 amina-33


「バード軒」は“定住”しないスタイルで、久米川町の複合スペース「百才 木づつみのえん」や本町の旧朝日商店会の「イベントバー-LiCoD」でも営業していた。
そのへんの事情を聞いてみたが、スタッフさんは「自分は土曜のみで、詳しくなくて…」とのこと。詳細は「Amina」のfacebookや「バード軒」のtwitterをご覧ください <(_ _)>


20210626 amina-28


牛すじカレーは大はやりだが、牛もつカレー、僕は初めてかも。


20210626 amina-29


もつの火の通し加減がポイントだと思うが、とろっとした脂とぷりぷりの歯応えは官能的ともいえる新食感。カレーはよく煮込まれ野菜の甘味が強い。


20210626 amina-27


鶏そばは、具に鶏チャーシューと味玉、極太メンマなど。


20210626 amina-30

20210626 amina-31


とろっとした鶏白湯スープが特徴で、ぱつぱつのストレート麺との相性が抜群。
この感じ、何かに似てるんだが… いや、こっちのほうが全然うまいんだが…。思い出せないなぁ σ( ̄、 ̄=) ンー


20210626 amina-32


バード軒は今月、「ダイニングアミナでの間借りを終了することになりました」とtwitter発信している。終了日は6月30日。
いよいよ“定住”を図るのか、今後の動向が注目される。

なお、「ダイニングアミナでのラーメン提供は継続しますので、ご安心を!」ともあるので、ご安心を。


20210626 amina-2120210626 amina-22


[DATA]
Dining Amina(ダイニングアミナ)
東京都東村山市栄町2-5-3
https://dining-amina.net/
https://www.facebook.com/DiningAmina
https://www.instagram.com/dining._amina/

〈バード軒〉
https://birdken.com/
https://twitter.com/birdken2





[Today's recommendation]

wachat210626.jpg




https://youtu.be/_ZdMxFiUf9Q



20210626 amina-34


巧妙な… 【だんごの美好 滝山団地店】

2021.05.20

 今週はヒマなはずであった。
毎月15日すぎくらいの週、丸々1週間はやることがないことになっている。その分、月前半が濃密なので、脳みそをオーバーホールしておきたい期間でもあるわけだが、実際はなんだかんだ仕事が来る。

前記事の冒頭でもちょっと触れているが、予定外に入ったのは某医学会の定刊の仕事で、医者が藤沢周平について語ったりしているものを読まされる。なんというか、めんどくさ…。もとい、ありがたいことです m(_ _;)m

昼前に気晴らしに1時間ほど自転車で流す。
最近こういうパターン。
仕事~自転車~仕事~散歩~仕事…


20210520 dangonomiyoshi-11


滝山の商店街を通ると「だんごの美好」にたまたまお客がいなかったので、久々に買ってみようかと。
この系統はどこもそうだが、いつも人がたかっているので。


20210520 dangonomiyoshi-24


午前中ということもあって普段のイメージ以上に品数が多く、壮観。
こちらは和菓子、すし、弁当類のほかに自家製白菜漬けを売っていたりと自由である。


20210520 dangonomiyoshi-1220210520 dangonomiyoshi-13


すしいなり詰め合わせ(細巻き入り)と鶏そぼろ弁当を買う。


20210520 dangonomiyoshi-1620210520 dangonomiyoshi-17


ときに、支払いカウンターの右手におにぎり単品が並べられている。
ひょいひょいと2個ピックアップ。
弁当パッケージがコンパクトで量が足りるだろうかと不安を抱いている消費者心理を突いた巧みな売り場レイアウトといえよう。


20210520 dangonomiyoshi-1420210520 dangonomiyoshi-15


“単品”と“右手”がポイントだね… とは、まんまとはまった人物による冷静な分析で… (〃 ̄ω ̄〃ゞ


20210520 dangonomiyoshi-1920210520 dangonomiyoshi-20


すしいなりはかなり甘く、満腹中枢が早めに反応する系。
鶏そぼろも濃いめの味付けだが、こちらは甘すぎず適度にオイリーで、ごはんがススム系。


20210520 dangonomiyoshi-21

20210520 dangonomiyoshi-22


こういう食事には“汁物”も欲しくなるから、弁当2つだけでも多いくらい。


20210520 dangonomiyoshi-34


実は売り場で弁当を手にとったとき、見た目よりずっと重く感じていた。
コンパクトなパックにギュー詰めなのである。


20210520 dangonomiyoshi-25
エビフライと山菜おこわ


結局おにぎり2個は手つかずのまま晩ごはんに回りましたとさ。


20210520 dangonomiyoshi-18


[DATA]
だんごの美好 滝山団地店
東京都東久留米市滝山5-1-13





[Today's recommendation]

wachat210520.jpg




https://youtu.be/XzV-tVkEj64


心置きなく1人焼きそば 【ぼん天】

2021.04.20

 インスタ映えはもう古いらしいが、メニュー選びに迷い、つい映えそうなほうを選んでしまっていた今日のワタシ。
「ぼん天」の2種類のあんかけ焼きそばで迷い、海老あんかけ焼そばをチョイス。
エビは映える🦐


210420 bonten-28


この1週間で3食目のあんかけ焼きそば。
といっても直近2回は相方のオーダーで、僕はほとんど食べていない。
目の前でうまそうに食べられてたら欲求不満もたまる。
ボリュームの多いことで有名な「ぼん天」は、心置きなく食べるのにもってこい c( ̄▽ ̄)


210420 bonten-30


2種類のあんかけ焼きそばとは、五目と海老。
同じ具でそばがご飯に置き換わったものが、五目中華丼と海老中華丼。汁そばになると、五目タンメンと海老タンメン。


210420 bonten-21210420 bonten-22


「ぼん天」は地域を代表する本格大衆(←ヘンな表現)中華食堂で品ぞろえも豊富だが、率直に申し上げて僕はこの5年、あんかけシリーズしか食べていないと言っても過言ではない。
あんかけ地獄から抜け出せずにもがいている。


210420 bonten-25


五目の甘辛しょうゆ味に対して、海老あんかけ焼そばはあっさり塩味。


210420 bonten-24


モチモチで表面パリッとの“両面黄金焼き”の麺に、具がたっぷりの餡がよく絡む。


210420 bonten-27


ぷりぷりエビ、ごろごろ。
主役のエビを生かすため、ほかの具材にクセの強い野菜は使われていない。
途中、酢を垂らして味を変化させるのが鉄則。


210420 bonten-26


新しかろうが古かろうが、バエようがバエなかろうが、うまいものはうまいという、当たり前といえば当たり前の結論。
あんかけ地獄は無間に…


210420 bonten-29


[DATA]
ぼん天 久米川店
東京都東村山市久米川町1-37-30





[Today's recommendation]

wachat210420.jpg




https://youtu.be/GyLmcLbt2Cw



210420 tatsunamisou-21
コバノタツナミ / 玉川上水


ウワサにたがわぬおいしさ 【手打ちうどん 漕】

2021.04.11

 前記事の続きで、東伏見から東村山まで歩いて帰るという計画である。

東伏見公園を出発したのが11時15分で、いつ昼食にしてもいいというタイミングだが、結局東村山市まで食べずに来てしまった。地元愛の表れと言いたいところだが、決断力の欠如以外のなにものでもない。

小平のあたりで思い出し、多摩湖自転車歩行者道を萩山へ。
萩山駅南口にユニークなうどん店がオープンしたという情報があちこちで上がっていた。


210411 soh-11


駅構内を通って南口に出ると、殺風景な駅前広場に“手打ちうどん”の幟が一竿。背後には「あまいけ」の看板。
「手打ちうどん 漕(そう)」は食品スーパー「あまいけ」店内にある讃岐うどんのお店である。


210411 soh-12


1月20日オープン。
当初から注目度が高かったのは、オープン直後に続けざまに発せられた「こげら」ご主人のツイートの影響が大きいと思う。
「漕」店主は富士見町の人気うどん店「こげら」で修行した方なのだそうだ。


210411 soh-13


外からのぞくと席数は多くなさそう。
1時半すぎだが3~4人お客があり、それでもう余裕がない感じ。


210411 soh-14


外で待つことにして、ガラス壁に張ってある品書きを眺めながら回り込むと、スーパー店内からも入れるようになっている。


210411 soh-15


そちらから見ると、カウンターの端っこに2席続きの空きがある。
気配を察知したお店のおねえさん(奥さんかな)がアクリルの間仕切りをどかして招き入れてくれた。


210411 soh-16
スーパー店内の入り口


逆J形カウンターのみ5~6席。
いすの配置に余裕があるので密な感じはない。


210411 soh-17210411 soh-18


かけうどん(温)×2。それぞれ、ちくわ天セット(ちくわ+茄子+大葉)、えび天セット(えび+れんこん+大葉)。セットはどちらも“茄子またはれんこん”の選択制。


210411 soh-19


四角い断面の中太のうどんは、強烈なコシはないが、温かいうどんでもしっかりしたかみ応えがある。「こげら」ご主人のツイートによると、粉は日清製粉の特雀と府金製粉のネバリゴシのブレンドとのこと。


210411 soh-20


いりこと節の香る優しいつゆ。
昆布だしの自然なうま味が効いていて、思わず飲み干すおいしさ。


210411 soh-22


天ぷらは軽い揚げ上がりで、ボリュームはあるが胃に負担を感じない。
えびはプリプリで香りもよく。


210411 soh-21


お会計のとき、「もしよかったら…」と、だし昆布をいただいた。
一番だしをとったあとのもののようで、手にずっしり重く、肉厚で等級の高いものであろうことは素人にも想像がつく。

しょうゆと酒とみりんで軽く炊いてみると、これが驚くほどおいしい。思うに、昆布自体のおいしさはもとより、このものはだしをとる過程でいりこのうま味もたっぷり吸収しているのではないだろうか(笑)。


210411 soh-25210411 soh-26


この昆布の一番だし。
とてもぜいたくだし、なるほどおいしいはず…! と、激しくナットク (≧∇≦)b


210411 soh-23


[DATA]
手打ちうどん 漕
東京都東村山市萩山町2-2-1 スーパーあまいけ萩山店内
https://teuchiudon-sou.amebaownd.com/





[Today's recommendation]

wachat210411-2.jpg




https://youtu.be/xKQhteVqa84



210411 kinran-11
キンラン


フワッフワのシフォンケーキ 【東村山シフォン】

2020.11.02

 コロナ禍に市内で新規オープンしたたべもの屋さんは、立地的に好条件とはいえない出店がなぜか多い。
タイミングも立地も悪く、気の毒に… というふうに見ていると、不思議なことにそういうところほどハヤっている… ように見える。
使う側にも思うところがあるかもしれない。

9月26日にオープンしたシフォンケーキ専門店「東村山シフォン」が、まさにそう。


20201102 higachiffon-26


土日月の限定営業だが、Instagramの投稿はいつも“本日分完売”。
なにしろ僕ら自身、オープンから1カ月で5回も訪れている。


20201102 higachiffon-2220201102 higachiffon-28


場所は「ラーレ東村山」駐車場から鷹の道に出て「理容cut-A」の角を入って突き当りを右。
と、Word原稿1行で簡潔に説明できるくらいわかりやすく行きやすい… かというとそうでもなく、公道というより建設会社の資材置き場の進入路なんじゃないの…? というような道路。
地元の人にもあまり知られていないようなルートだが、めぐり合わせというか、この半年、僕はよくここを通っている。人の少ない道を選んで歩いているからだ。


20201102 higachiffon-25


これ以前に4回も訪れているのにインスタにもブログにも上げていなかったのにはワケがある。


20201102 higachiffon-29


1回目は情報どおり売り切れで、でもお店の方が「試食品ありますから」と。2回目は開店前から並んで買えたんだが、そのあと入った鰻屋のおねえさんに相方が「おいしいから食べてみて」とあげちゃって、その帰りに再び立ち寄った3回目、やはり売り切れ(でも試食品を再びいただいている)。4回目は泊まりに来ていた娘が帰るときに持たせてやり… と。

つまりちゃんとした商品写真が撮れていなかったのだ。


20201102 higachiffon-27
いただいた試食品


20201102 higachiffon-30


定番のバナナシフォンと、ハロウィーン限定のかぼちゃシフォン。
かぼちゃはニホンカボチャの一種、バターナッツカボチャ使用とのこと。
国産小麦を使い膨張剤無添加のお店で、フワッフワの生地に自然な甘みが特徴だが、このかぼちゃシフォンのやさしい味わいが素晴らしい。しっとり感も持ち合わせていて、不思議ととろりとした印象も受ける。
シフォンケーキは卵が命と聞いたことがあるが、きっとこだわったものを使っているのだと思う。


20201102 higachiffon-24


1人で営まれていて、まだまだ慣れていないところにこの人気ぶり。
思わず「お手伝いしましょうか、、、」と言ってしまいたくなるほど、お人柄のよさがにじみ出るお店なのだった。


20201102 higachiffon-21


[DATA]
東村山シフォン
東京都東村山市恩多町4-4-27
https://twitter.com/higa_chiffon
https://www.instagram.com/higashimurayama.chiffon/





[Today's recommendation]

wachat20201102.jpg




https://youtu.be/ZinW4ihnbGk


Latest Articles
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
小京都の酒蔵と衰退商店街と 【晴雲酒造】 Sep 21, 2022
大正ロマンなB級グルメ 【好古壱番館】 Sep 20, 2022
江戸期の商都を体感 ――栃木蔵の街 Sep 19, 2022
地域きっての… 【ますも庵】 Sep 17, 2022
昭和そのままなたこやき屋さん 【たこやき高橋】 Sep 16, 2022
こんな活力のもと 【そばうどん 松本】 Sep 15, 2022
すし折りの幸せ感 【明治屋】 Sep 13, 2022
運気の上がる? 【福元】 Sep 12, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2