fc2ブログ

足跡をたどる 【節】

2022.11.12

 テレビのスポーツニュースにつられてラグビーモードに入ってしまってるんだが、ワールドカップ? かというとそれはサッカーで、ラグビーWCは来年。ラグビーでいま行われているのはテストマッチなど。

混乱したまま府中に行ってみたのだった。


20221112 bushi-38


府中はラグビータウンである。
どれくらいラグビータウンかというと、以下セルフコピペだが…、社会人の強豪・東芝ブレイブルーパスは以前のチーム名が東芝府中であり、また“右に見える競馬場”は府中(東京)競馬場で左のビール工場はサントリー武蔵野ビール工場、すなわちサントリーサンゴリアスの拠点でもあり… と、日本を代表するラグビーチームが2つも所在する。


20221112 bushi-39


ラグビータウンだけに、府中の街を歩いていると、ホルストやらエルガーやらユーミンやらが頭の中でリフレインする。


20221112 bushi-36


そのようなものが頭の中で鳴っていたとしても、お口が欲するのはラーメンなわけで。

よくラーメンと焼きそばとカレー以外に食べ物を知らんのかーい…! って人、いますよね。
それはワタシです (〃 ̄ω ̄〃ゞ


20221112 bushi-31


府中のラーメンで気になる情報がある。
駅前再開発で2017年に開業した「ル・シーニュ」に出店している「節(ぶし)」というラーメン店、こちらのブログによれば旧店名が「九州男児」と。

その名前のラーメン屋、入ったことある…!


20221112 bushi-34


昔、古本屋めぐりが好きで、北は川越、西は福生、南は府中・調布と。
街々に古本屋があった時代。


20221112 bushi-35


府中駅前の再開発前、駅前通りの西に平行する路地にサブカルに強そうな古本屋があったような気がするが、その隣だか向かいだかに博多ラーメンの店があった。
それが「九州男児」というような名前だった。
いまでいえばル・シーニュの「丸亀製麺」あたりの位置。


20221112 bushi-41


記憶がまだら模様の時代、府中でたどれる数少ない記憶。
違っていたら、すまんすまん。


20221112 bushi-42


一度入っておきたいという、これは自分の足跡たどりの旅。


20221112 bushi-43


券売機で白豚骨をポチッとな。
食券を渡すと「しょうゆと塩と○○(聞き取れず…)がありますが?」と聞かれ、塩に。


20221112 bushi-47


“替え玉無制限無料”と書いてある。
とうに制限付きの身の上なくせに、“無制限”の響きにはいまだロマンを感じるわけで…。


20221112 bushi-45


とりあえず、1回、替え玉。


20221112 bushi-46


それにしても海鮮丼の「やまけい」といい、ル・シーニュは意外にディープです。


20221112 bushi-32


今夜、ラグビーテストマッチの日本代表vsイングランドが行われる。
気になっていたのはこれか… って、そんな時間(0:15キックオフ)まで起きていられるはずないか。


20221112 bushi-37


[DATA]
節(ぶし)
東京都府中市宮町1-100 府中ル・シーニュ1F
https://www.glgroup.jp/bushi.html#store02





[Today's recommendation]

wachat221112.jpg




https://youtu.be/HBNvVRKXRyA


https://youtu.be/gLKSDT_2zPA


https://youtu.be/w4_C-URxT8M



20221112 bushi-48
武蔵野の森公園


無性に食べたくなる 【じゃがいも】

2022.10.20

 自転車で街なかを走っているとどこからともなくカレーの匂いが漂ってきて、無性にカレーが食べたくなった。

カレー食べたい → カツカレー食べたい → 「じゃがいも」のカツカレー食べたい🍛

ということで、久米川町の洋食弁当「じゃがいも」へ。


20221020 jagaimo-11


こういう場合、子ども時代の学校帰りを思い出すのか、不思議と“インドカレー食べたい”とはならない。
昔ながらの家庭の延長のようなのが食べたい。


20221020 jagaimo-12


「じゃがいも」は元お弁当屋さんの洋食店で、いまも弁当と店内飲食半々の営業スタイル。


20221020 jagaimo-1320221020 jagaimo-1420221020 jagaimo-15


元久米川町民としてはうどんの「ますや」と並ぶ心のよりどころで、いまも定期的に利用している。


20221020 jagaimo-16


…と思っていたが、このブログによると前回入ったのは2021年9月。なんと1年以上も空いてしまってる。
元町民とはいえ、いまの動線から外れるこっち方面はどうしても忘れがち。


20221020 jagaimo-1720221020 jagaimo-18

20221020 jagaimo-1920221020 jagaimo-20


サラダ、スープorみそ汁付き。
カツカレーを目の前にすると、このものへの渇望をずっと心に秘めていたのだなぁ… と。


20221020 jagaimo-21


誤解のないようにお断りしておくと、こちらのカツカレーが特別においしいというわけではなく、むしろありふれたほか弁屋のB級のそれであり、カレーが業務用っぽかったりカツが揚げ置きだったりで、誰かにおススメしようなどというつもりは毛頭ない。
これはきわめて個人的な事柄である。


20221020 jagaimo-22


でも食べ物ってそういうとこありますよね。

母親の作るカレーを人さまにおススメしようとは思わない。
でもときどき無性に食べたくなる。
そんなカレー。


20221020 jagaimo-23


[DATA]
じゃがいも
東京都東村山市久米川町4-39-26





[Today's recommendation]

waxhat221020.jpg




https://youtu.be/4Uuno9glqj4



20221020 jagaimo-24


科学的に夏バテ対策? 【じゃがいも】

2018.08.10

 異常に暑い今年の夏だが、幸いいまのところ夏バテの症状は表れていない。
しかし気がかりな兆候はある。汗の量が尋常じゃない。
自分は紙をよく使う仕事をしているので、汗は大敵だったりする。
昨日、昼ごはんから帰ってすぐに仕事にかかったとき、まだ上気が収まっていなかったため文書をスキャンする際に原稿台ガラスに汗が滴ったらしく、原稿がにじんでしまった。手首のあたりから汗が滴るとか、普通考えられない。


180810 jagaimo-11


こんなに汗をかいて体に悪影響はないのか? というのが気がかりな点。
ネットの健康サイトで調べてみました。


180810 jagaimo-12-2


その結果、次のようなことがわかった。

汗をかきすぎる→ミネラルやビタミンが失われる→ビタミンB1が不足すると糖質-エネルギー変換に支障を来す→夏バテ状態に

つまりこのままでは夏バテは必至。
こういうときに心掛けなければいけない食事メニューとは?


180810 jagaimo-58


――夏バテ対策であるスタミナ食としてよく知られる豚肉やウナギには、疲労回復に必要なタンパク質やビタミンB群が豊富に含まれています。特に、ビタミンB1は糖質をエネルギーに換える際に必要なので、バテないパワーを得るためにも摂取したい栄養素の一つです。(Nestlé Health Science 「夏バテ対策のスタミナ食だけじゃない! 暑い夏を元気に楽しむための食生活とは?」より)

というわけで、ビタミンB1を補給すべく、さっそく東村山久米川町の洋食・弁当の店「じゃがいも」で焼肉定食を食べることにした。


180810 jagaimo-57


実は昨日、分厚いとんかつののったカツカレーを食べたのも、そのような科学的根拠に基づく奥深い意図が隠されていた。

↑ほんま?
いいえ、ウソです(キッパリ!)
食べたいもの食べておいて、あと付けでリクツ言ってるだけ (; ̄ー ̄)ゞサーセン…


180810 jagaimo-55180810 jagaimo-56


焼肉定食は620円(+税)と、前に食べたときよりちょっと値上げしたかな…。
焼き肉は厚めのロース肉が2枚。
軟らかく処理してあるので食べやすい。


180810 jagaimo-60180810 jagaimo-61


味付けはしょうゆベースの甘辛味。針ショウガが味のアクセントになっている。
付け合わせはコンブ入りきんぴら、定番のポテトサラダ、みそ汁は豆腐と大根。


180810 jagaimo-59


味付けが濃いので、ご飯がもりもり進む。
このご飯モリモリまたはグビグビという感覚があるうちは、夏バテは大丈夫かな…。
と、科学的エビデンスはますます遠のいてしまうのであった(笑)。


180810 jagaimo-18


このお店では最近、唐揚げ定食、味噌ラーメン、カツカレー、そして焼肉定食のローテーションになっているが、そういえば好きな唐揚げをしばらく食べていないな… と調べてみたら、今年初来店だった。


180810 jagaimo-63


こちらはお店で食べる以外にも、弁当、出前とやっているので、もっと利用していてもいいはず。
もちろん単品テイクアウトもできるので、今度ビールのつまみにフライドチキン買いに来よう。


180810 jagaimo-13


[DATA]
じゃがいも
東京都東村山市久米川町4-39-26





[Today's recommendation]


https://youtu.be/a1Gr0gLwmmg



chat180810-22.jpg



180810 jagaimo-24180810 jagaimo-25
あまりの暑さに? 迷い込んだ珍客たち。アオダイショウ(左、出現場所:ウッドデッキ)、ニホンヤモリ(右、リビング天井)


洋食屋の札幌みそ 【じゃがいも】

2017.07.26

 「じゃがいも」では以前、味噌ラーメンばかり食べていた。たまにカツカレーのことはあったが、定食はまず食べなかった。
それはじゃがいもに限った話じゃなく、かつて僕は定食というものをまず食べなかった。それがいつしか定食が増えるに従い、この店ではぱったりラーメン類を食べることがなくなった。それから2年近くたつかもしれない。
本日、その味噌ラーメンを久々に食べたくなった。


jagaimo3-12-2.jpg


この店は開店当時から「西山ラーメン」の暖簾を掲げているので、ラーメンは札幌系とみなされる。
そもそも「じゃがいも」という店名や、店内に飾られたじゃがいも畑の写真、木彫りの鮭の壁掛けなど、この店は北海道との強いつながりを感じさせる。おそらく店主の出身地。
なので、いきなり西山製麺というのにも納得がいった。


jagaimo3-21.jpg


あくまでも洋食系弁当がルーツなので、ラーメンがどこまで自家製であるかは問題にしない。こういう場合、プロセスではなく結果だけ見ればいいと思っている。

味噌ラーメン(590円+税)は、炒め野菜がたっぷりのった昔のタイプ。といっても最近のタイプはよく知らないんだが、とにかく若いころ味噌ラーメンといえばどこもこういうスタイルだった。
麺は西山の中太縮れ。具は豚コマと、キャベツ、モヤシ、ニンジン、ニラ。スープにかなりニンニクが効いているのも昔の味噌ラーメン的。

初めて食べたときからこの味噌ラーメンの感想は変わらない。
たれが業務用っぽいが炒め野菜やニンニク風味でよくまとまっている。あと、味がかなり濃いんだが、それは僕には年々きつく感じられる部分ではある。


jagaimo3-13-2.jpg


以下、本日目撃した信じられないできごとを少々。

2017.07.26 13:28
カウンター5席中、両端と中(自分)の3席が埋まっており、このうち右の60すぎ男性の焼肉定食がいちばん早くやって来る。これはカウンターの向こう、私の目の前で店主が焼いていたもので、仕上がりがおいしそうなので、ついちらちら男性の手元をのぞいてしまう。
男性はまずソースを手にとった。ソースとはブルドック的なソースである。手にとったからには、かけるものがあるのである。
ちなみに、この店の定食のパターンから、この皿の構成はしょうが焼き系の焼き肉、フレンチドレッシングのかかった生野菜(トマト、パセリ付き)、ポテトサラダ、煮物、と推定される。このどれにソースが必要だというのか?
その答え、ソースの注ぎ先は、皿全体であった。しかもドボドボ。焼き肉にも、生野菜にも、トマトにも、ポテサラにも、煮物にも… ドボドボ。
とどめとばかりに、全体に大量の七味唐辛子。
ここに至ってようやく、男性は満足げな表情を浮かべ割り箸を手にとるのであった。



jagaimo3-22.jpg


人の好みをどうこう言うつもりはないので実況を伝えるにとどめるが、表現に客観性を欠くとしたら、それは一種の同属嫌悪である。われわれチープなまがいもの食品世代は、そういう子どものころの価値観から抜けきれないところがある。自分もどこかで同じようなふるまいを…? という不安、それを目の当たりにしたときの嫌悪感。

これで次回食べるものが決まった。自分で焼肉の味を確かめたうえで、「なんでそんなことするのさ」とおっさんに説教をしたい。どこの誰かは知るよしもなく、どんな顔をしていたかももはや覚えていないが。


jagaimo3-14-2.jpg


[DATA]
じゃがいも
東京都東村山市久米川町4-39-26





[Today's recommendation]


https://youtu.be/qJGSKbznSAM



chat170726-22.jpg


Latest Articles
26の寺院が軒を連ねる ――烏山寺町 Nov 29, 2022
滝山の土曜の午后1時 【珍来】 Nov 27, 2022
こんなコミュニティ、いいね! 【喫茶庵 うたたね】 Nov 26, 2022
チャチャッと 【IKEA立川 ビストロ&スウェーデンフードマーケット】 Nov 26, 2022
かつおの追憶 ――発酵で旅する東京の森 Nov 24, 2022
洋食の追憶 【ホテルオークラレストラン ゆりの木】 Nov 23, 2022
150年後というか、50年前との邂逅 【東京国立博物館 表慶館】 Nov 21, 2022
一日楽しめる巨大ミュージアム 【東京国立博物館】 Nov 20, 2022
いざ総本山へ! 【永福町大勝軒】 Nov 19, 2022
物見遊山気分で 【永福寺】 Nov 18, 2022
スタミナ or ヘルシー? 【木曽路】 Nov 17, 2022
地元の特権! 【森のキッチン】 Nov 16, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2