fc2ブログ

若き女性杜氏の蔵 【佐藤酒造店】

2023.05.03

 最近こういう土日祝日に出かけたネタで記事1週間分というパターンが多いが、いつもお出かけ時点ではせいぜい記事2本くらい? という感触だが、書き始めると膨らんでいく。
それだけ毎回楽しかったというのが当方の事情だが、たまたま途中の記事をお読みいただいたという方にはわかりにくくて申し訳ない。

なので今回のお出かけの概要前記事までの流れ)を記すと…

――“ハイキングのまち”越生(おごせ)のおすすめコースの一つ“大高取展望コース”(越生駅―越生梅林―大高取山―桂木観音―オーパークおごせ―越生駅)を逆回りにハイキング中のわしら。なぜ逆回りかというと、上記コースの“オーパークおごせ―越生駅”間より“越生梅林―越生駅”間のほうが飲食店が多いから。歩き終わりに昼ごはんとしたいわけで。――

…が、大高取山を下っている途中、麓から正午のサイレンが聞こえてきて、ハラが減りすぎて以後、計画が大きく狂う。


20230503 satoshuzo-24


「西口総合案内所(道灌おもてなしプラザ)」でもらったお食事マップによれば、越生梅林入り口のあたりにおそば屋がある。
大高取山を下りきって「うめその梅の駅」に立ち寄ったあと、県道61号越生長沢線を1km歩いて向かったおそば屋は定休日。
この先にもおそば屋があるが、越生梅林とは反対方向で、どっちをとるか…?

そういうわけで越生町随一の名勝・越生梅林をパスしたという ( ̄- ̄;) ンー


20230503 satoshuzo-25


田舎で食べ物屋を結ぶ線とはすなわち幹線道路で、県道61号のこの区間は歩道もなく、ハイキングコースはどこへやら。
道々、酒蔵を見つけたのはよかったが。


20230503 satoshuzo-11


「佐藤酒造店」は1844(弘化元)年創業の老舗酒蔵。


20230503 satoshuzo-12


近場旅行をしていると、どこの町にも酒蔵が残っていたりして、自分の無知を恥じることになるが、“うまい酒は旅をしない”(村上春樹)というように近場の酒ほど親しむべきと思う。


20230503 satoshuzo-13


こちらは埼玉県で初めてという女性杜氏の蔵で、杜氏さんが蔵の酒造りを任されたのは24歳のときという(ブログ「酒蔵便り」を参照ください)
それを機に酒蔵の建て替えやスタッフの若返りを進め、老舗ながら新しい感性で挑戦を続ける蔵なのだそうだ。


20230503 satoshuzo-1420230503 satoshuzo-1520230503 satoshuzo-16

20230503 satoshuzo-1720230503 satoshuzo-1820230503 satoshuzo-19


売れ筋No.2「純米生貯蔵酒 越後梅林」と「酒粕かりんとう」を買う。


20230503 satoshuzo-20


気温が25℃を超えてくれば、だんぜん冷たい日本酒がおいしい。
見た目も涼やかな金魚ラベルのボトルで、つい手が伸びてしまう。


20230503 satoshuzo-21


食べ始めたら止まらなくなる酒かすの香りが効いたかりんとう。
少量パックはちょっとしたお土産によさそうだ。


20230503 satoshuzo-22


お支払いのとき、おねえさん(杜氏さん?)に食べ物屋を何軒か教えてもらったが、この先も簡単にはいかないのであった。

(つづく)


20230503 satoshuzo-23


[DATA]
佐藤酒造店
埼玉県入間郡越生町大字津久根141-1
http://www.satoshuzou.co.jp/index.php





[Today's recommendation]


https://youtu.be/WHnSfNRFDqo



wachat230503-55.jpg



20230503 satoshuzo-26
次号予告


リニューアルオープン! さくら茶屋改め… 【森のキッチン】

2022.07.01

 この週末は家の事情で買い弁が続くかもしれないので、組み立てを考えてみた。
といっても、3日全体で料理の傾向や栄養バランスに配慮して… といったオオゴトでなく、いくつか候補が浮かんだ中に“今日しか使えないカード”があり、まず今日はそこに決まり! というだけのことなんだが。

そのカードというのが「さくら茶屋」
久米川町のソースメーカー「ポールスタア」敷地内の直営カフェで、会社の就業規則に従い(たぶん)、土日祝日は休みなのである。


20220701 morino-kitchen-11


開店時間の11時――
お店の外観に、どこか違和感。
スタッフがバタバタしていて近寄り難い雰囲気。
遠巻きに中をうかがうと、サンプルが並べられていたショーケースが空っぽだったり、POP関係がなくなっていたり…。

どうなっているのかと戸惑っていると、気づいた男性スタッフが「いらっしゃいませ」と声をかけてくれた。


20220701 morino-kitchen-1


注文するとき、メニュー変わったな… くらいにしか感じなかったが、待っている間、品書きや置き看板をぼんやり眺めていて、ようやく気づいた。

「名前、変わりました?」
「そうなんです!」と先の男性スタッフ。「今週月曜日から『さくら茶屋』改め『森のキッチン』として営業してます」

最初に感じた違和感の正体はそれだった。
そもそも看板が変わっていたのである (・Θ・;)


20220701 morino-kitchen-1520220701 morino-kitchen-16


あらためて、こちら「さくら茶屋」改め「森のキッチン」。
店名が変わっただけでなくメニューも一新され、たとえば以前から扱っているカレーでもレシピをかなり変えてあるそうだ。


20220701 morino-kitchen-13


簡単にいうと、ポールスタアのソース類を使うことを前提とした以前のレシピから、経験を積んだシェフの考案による本格的な料理への変更。


20220701 morino-kitchen-1720220701 morino-kitchen-18


買ったのはスパイスカレーとルーロー飯。
ライスの量を180g、200g、220gから選べ、どっちも220gに。
パクチーをのせるか聞かれ、どっちも“On”で。


20220701 morino-kitchen-19


スパイスカレーは軟らかく煮込まれたチキンごろごろタイプ。
それほど辛くないが、スパイスの香りが刺激的かつ爽やか。パクチーもよく合う。
深いコクがあり、おいしいカレーだ。


20220701 morino-kitchen-20


ルーロー飯は豚角煮ごろごろ系で、オイスターソースがベースの甘辛味に中華系スパイスを利かせてある。
五香粉というかスターアニスの香りが食欲をそそる。
これまたパクチーがいい仕事♪


20220701 morino-kitchen-21


量を3段階で選べるきめ細かいサービスはうれしい。
…が、大食でもない自分でも“大”で普通においしくいただけたので、ガッツリ対応も必要かも。


20220701 morino-kitchen-22


杏仁豆腐やパンナコッタ、ブルーシールアイスクリームなどデザート系も充実。
Facebookには“東村山にいながら世界の料理を”と。

イートインコーナーも再開に向けて調整中とのことで、今後の展開が楽しみ。


20220701 morino-kitchen-23


[DATA]
森のキッチン
東京都東村山市久米川町3-28-2
https://pole-star.tokyo/
https://www.facebook.com/polestar1977
https://www.youtube.com/channel/UCamgSrTDtuJ8ewsUxfHcdCQ





[Today's recommendation]

wachat220701.jpg




https://youtu.be/5ZDsCJ4rGD4



20220701 morino-kitchen-24


テイクアウトは計画的に! 【きくや】

2020.06.25

 ときどきここに書いているように、行動に計画性がない。
というより、計画的に行動することを好まない。
成り行きで思いもよらぬ結果に至ったりするのがおもしろいと思っている。

この自粛期間中、思いがけず不自由に直面した。テイクアウトの段取りである。
お店側は事前の電話予約を推奨する。受け渡しの簡素化と接触機会の最小化を考えれば当然のこと。
しかしこの“事前”がニガテ。
店内飲食しない以外にこのことも窮屈を感じる原因となっていたように思う。


20200625 kikuya-11


目的もなく瑞穂方面に向けて自転車をこいでいて、ふと「きくや」のうどんが食べたくなった。
その場で営業時間をググる。11時開店。いま引き返せばちょうど開店時間に来店できる計算である。

開店すぐなら人気店「きくや」といえどもお客は少ないだろう。
現在地と時刻から、ふとそのような勘が働いて、きくやが浮上したのかもしれない。


20200625 kikuya-12


11:00来店。
先客はゼロ。おばちゃん約4名。
それはそれでビビるわけで… (・・*)。。 


20200625 kikuya-13


「持ち帰りで。4Lミックス」と申告。
「うどんゆでるからちょっと待ってね」と、首領的おばちゃん。
いちばん出入り口に近いいすに座って待機。


20200625 kikuya-14


この間、若い男性(店内飲食)、若い男性(テイクアウト)、初老男女(店内飲食)と、ものの5分で3組の来客。
“この時間なら大丈夫だろう”作戦、「きくや」では開店と同時くらいでしか通用しないようであった。


20200625 kikuya-15


7分ほどでうどんととのう。
ずっしり重い包みを受け取る。重いだけでなく容器がでかく、自転車のカゴに無理やり押し込んで少しひしゃげてしまった。


20200625 kikuya-17


毎度のおさらいだが「L」とは「きくや」独自の分量で、L=3玉が起点となり、以下、LL(4玉)、3L(5玉)、4L(6玉)… と増えていく。1玉の量は多くない。
“ミックス”は、天付き・のり・肉汁。


20200625 kikuya-18


実は系列店も含め「きくや」系ではいつも3Lで、4Lは未踏の領域である。
トシとって食べる量が増えてるって、だいじょぶか、オレ? ;;;;(;・・)ゞウーム


20200625 kikuya-22


で、わりと余裕で食べられた。
だいじょうぶかなぁ…。
でも、腹が減るからしょうがないのだ。


20200625 kikuya-19

20200625 kikuya-21


持ち帰りに時間がかかるので、せっかくのゆでたてうどんも少しダレ気味になるのは避けられない。
しかしそれでもおいしく食べられるのが武蔵野うどんの特長だと思う。地粉そのものがおいしいのだ。量を食べられる理由かもしれない。


20200625 kikuya-23
ノリの量がすごく、全部のせるとうどんを真っ黒に覆い尽くす


行動規範として褒められたものではないので、この3カ月間でずいぶん“事前”を学ばせてもらったと考えているが、どうだろう。


20200625 kikuya-16


[DATA]
東京都東村山市廻田町2-12-13
http://higashimurayama.mypl.net/shop/00000346114/





[Today's recommendation]

wachat20200625.jpg




https://www.youtube.com/watch?v=qIMGuSZbmFI


20200625 hangesho-11
7月1日は半夏生(詳しくはインスタで)


Latest Articles
木漏れ日の山頂めし ――物見山 Apr 24, 2024
のどかな峠の茶屋 【ふじみや】 Apr 23, 2024
遠足のメッカ ――日和田山 Apr 23, 2024
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2