FC2ブログ

2020 祝開店!!――おしゃれなパスタ屋さん 【パスタ食堂】

2020.03.25

 晴れて、晴れの日、晴れ姿、晴れの門出…
入学や卒業、入社、結婚といった人生の新しいスタートを祝う言葉が“晴れ”。
しかしこの春、新たな門出はどしゃ降りとなった。

今春、市内でも何店もの飲食店が新規オープンしているが、不運にも最悪のタイミングのスタートと言わざるを得ない。新型コロナウイルスの感染拡大は悪化の一途をたどり、東京のロックダウン(都市封鎖)までも現実味を帯びてきている。
すでに多くの飲食店に少なからぬ影響を及ぼしつつあるなか、認知度も固定客もない新規店はいっそう厳しい状況に置かれているものと推察される。


20200325 pasta-shokudo-11


食べ物ブログをやっていてこの状況に手をこまねいていていいものか… との思いから、勝手連的に(1人だけど…)新規店を応援させていただくことにしたという新シリーズ。
今後できるだけ多くのお店を取り上げられればと思う。


20200325 pasta-shokudo-12


ということで、久米川駅南口に2月12日にオープンした「パスタ食堂」。
居酒屋「むらやま」の後ろ(同じビル)、昨年末に閉店した洋風居酒屋「いろはにほ」あとの物件である。


20200325 pasta-shokudo-13


表にはランチとディナーのメニュー看板。
大きい透明ガラスの窓から店内の様子をうかがえるので、入りにくさはそれほど感じない。


20200325 pasta-shokudo-14


客席は26席(カウンター6席、テーブル20席)。
センスの光る内装で、シンプルかつ潔い。


20200325 pasta-shokudo-16


メニュー構成もシンプルで、品数を絞り込むことで仕入れ(&フードロス)対策がとられているという印象。
SNS映え重視からエコやサステイナビリティへ、食の提供側の意識変化を表しているようにも映る。


20200325 pasta-shokudo-15


スタッフは若い男女。
全部のテーブルでフォークとスプーンがカトラリーレストにセットされていて、一見スタイリッシュなように見えて、意外と堅苦しくなくフレンドリーな接客。
BGMはフレンチポップス~ボッサとおしゃれ系。


20200325 pasta-shokudo-17


注文は、ランチメニューのパスタランチからB.ベーコン・ブロッコリーのリガトーニ(クリームソース)と、もう1品は自家製ラザニア。しばらくラザニアを食べていないので、この際だからと。


20200325 pasta-shokudo-18


サラダはシンプルにサニーレタス&フレンチドレッシング。


20200325 pasta-shokudo-19


リガトーニは筒状のショートパスタで、アルデンテではあるがもちもち感がありクリームソースになじんでいる。


20200325 pasta-shokudo-22


仕上げにかけたチーズの香りがよく、良質なものを使っているように思う。
クリームだけに、しっかりお腹にたまる。


20200325 pasta-shokudo-23


ラザニアは熱々、グツグツしたままやって来た。


20200325 pasta-shokudo-20


ひき肉たっぷりのトマトソースを挟み、上からベシャメルソースをかけてオーブンで焼いてある。ダブルソースが濃厚でおいしい。


20200325 pasta-shokudo-30


フォカッチャが付くが、ソースがおいしいと拭うパンが欲しくなるので、このセットはうれしい。


20200325 pasta-shokudo-25


食後のコーヒーでほっとひと息。


20200325 pasta-shokudo-26


変則的な路地に面しているので、ほぼ駅前ロータリーという立地を感じさせない隠れ家感があってくつろげる。
僕らのほかに卒業祝い風のご家族、年配のご婦人と、この時点ですでに客層は幅広いが、さまざまなシーンで利用できるお店だと思う。


20200325 pasta-shokudo-27


[DATA]
パスタ食堂
東京都東村山市栄町2-9-5 東晃ビル1F
https://www.facebook.com/Pasta.Shokudou/
https://www.instagram.com/pasta_shokudou/?hl=ja





[Today's recommendation]

wachat20200325.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/kJbXw0tL7Rk

 にほんブログ村 音楽ブログへ




20200325 pasta-shokudo-35




夢幻のごとき過日の面影 【食堂 蘭】

2019.05.22

 清瀬市北西部の旭が丘団地は入居開始が1967年と、築年数50年超の物件である。
2016年公開の是枝裕和監督作品『海よりもまだ深く』の舞台として知られ、監督自身9歳から28歳までこの団地で暮らしていたという。

駅から遠く便利とはいえないが、それゆえに“自前の”立派な商店街を備えている。いや、備えていた、というべきか…。
今回取り上げる「食堂 蘭」は、この衰退商店街の真ん中にひっそりたたずむ食堂遺産である。


190522 ranshokudo-43
左が東京都清瀬市、右が埼玉県新座市


ブログ記事をつくるにあたり基本情報を調べて初めて知ったが、ここには都県境が引かれていて、道を挟んで団地側が清瀬市、商店街側が新座市になる。
人々は、清瀬市から新座市にラーメン食べに行ったり、新座市から清瀬市に寿司を出前したりしている。埼玉県の小児科にかかって東京都の薬局で薬出してもらったり、東京都の郵便局で買ったハガキを埼玉県のポストに投函したりしているわけである。
まあ実際に生活している分にはそんなことはどうでもいいとは思うが。


190522 ranshokudo-11

190522 ranshokudo-12 190522 ranshokudo-13

190522 ranshokudo-14

190522 ranshokudo-15 190522 ranshokudo-16

190522 ranshokudo-18 190522 ranshokudo-19


このあたりをたまに自転車でうろついたりしていたのはもう20年も前のことだろうか。
そのころすでにだいぶくたびれていたように記憶しているが、それでもいまよりずっとお店も人出も多かった。


190522 ranshokudo-17


ショッピングモール(これは清瀬市側)内の去年倒産した「スーパーナカヤ」はシャッターを下ろしたままで後継テナントも決まらず、衰退ぶりを強く印象づけている。
で、このスーパーの場所、以前は「クイーンズ伊勢丹」だったと記憶しているが、本当だろうか σ(・・?) ホエ…?
こんなとこにクイーンズがあったはずないんじゃないの…? と考えだすと、自分の記憶にまったく自信が持てなくなる。
キツネやタヌキに化かされでもしていたかのようで。


190522 ranshokudo-20

190522 ranshokudo-21 190522 ranshokudo-22

190522 ranshokudo-23

190522 ranshokudo-24 190522 ranshokudo-25

190522 ranshokudo-26


最近まで営業していた表通りの中華屋も今回見たらなくなっていた。
飲食店で残っているのは、すし屋2軒と焼き肉屋とうどん屋と、この「食堂 蘭」くらいだろうか。


190522 ranshokudo-27


「食堂 蘭」の店頭メニューで特徴的なのが曜日サービスで、水曜日の今日はチキンカツ、からあげ、アジフライ、コロッケ、もつ煮の各定食が690円。


190522 ranshokudo-29


メニューを確認のうえ、入店。


190522 ranshokudo-30


店内は10席足らずのL字カウンターのみ… と思ったら、壁に備え付けの小さいテーブルというかカウンターというか、そちらも一応2人席として利用可。
スタッフはご夫婦と思われる年配のお二人。


190522 ranshokudo-31


サービスの下げ幅が大きくいちばんオトクなのが770円→690円のアジフライだが、無難な感じのからあげを注文。
おかあさんが揚げ鍋に火を入れる。


190522 ranshokudo-37


一膳飯屋とか一杯飲み屋のようなものをイメージしていたが、壁のていねいなレタリングの品書きを見ると、エビフライ、コロッケ、カレーライス、ナポリタン、ミートソース… と、ベースは洋食屋だろうか。
実際、途中で奥から出てきて調理を交代したご主人は、ビシッと白いシェフスーツをまとっている。


190522 ranshokudo-32


からあげは小ぶりがごろごろ。このタイプにありがちな揚げすぎということもなく、しっとりジューシー。
付け合わせの具なしナポリタンが洋食屋origin説を裏づけるようだ。


190522 ranshokudo-33


でも、何げにご飯がおいしい。
何かの葉っぱのしょうゆ漬けのような小鉢の漬物も自家製じゃないだろうか?


190522 ranshokudo-34


食後はコーヒー or 紅茶 or ウコン茶(この日はなし)が付くというサービスのよさ。


190522 ranshokudo-35 190522 ranshokudo-36


食べるスピードがこういう場所では速すぎると自覚せざるを得ず、店を出れば相対論的時間軸のズレがいくばくかは生じているんじゃないかと、あたりを見回してみるのである。


190522 ranshokudo-28


[DATA]
食堂 蘭
埼玉県新座市あたご3-7-3



[Today's recommendation]

wachat190522.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/SZgIk2b68gQ


https://www.youtube.com/watch?v=ZDglQDpqqAM


水辺のフレンチなカフェ 【カフェ・ポテリ】

2019.03.08

 野火止用水のほとりにある小さな喫茶店「カフェ・ポテリ」は、コジャレ系の多い八坂駅周辺のお店の中でもSpecialなものを持っている。


190308 cafe poteri-12


水路の向こうの窓辺には本を読む人の姿。窓の下にはフレンチカントリースタイルのガーデンオーナメントやファニチュア。外壁と同系のレンガの小橋は入り口扉へのアプローチ。


190308 cafe poteri-11


ストラスブールかアヌシー・ル・ヴューかサン・マルタン運河か… といったら大げさか。
でもそんな感じの特別感。きっと橋を渡るというプロセスに何かあるのだ。


190308 cafe poteri-14


内装は白壁に天然木のシックな色調。
家具・調度はフレンチカントリー系? で、基本的に無垢材とアイアンでまとめられている。


190308 cafe poteri-15


アパレル小物のワークショップの案内や販売コーナーがあり、スコーンやキッシュも売られていて手作り感いっぱい、ほんわかムードが漂う。


190308 cafe poteri-18


BGMはセルジュ・ゲンスブール。窓の外にはセーヌ川…。違うか ヾ(- -;) ォィォィ…


190308 cafe poteri-16


てか、曲は『Je t'aime... moi non plus』って、ダイジョブか?? 昼間っから…。
ほんわかムードはどこへ… (; ^_ ^ A アセアセ… 
女性パートが聞こえずどっちヴァージョンかわからなかったので、記事末尾には両方張ってみました(笑)。


190308 cafe poteri-25


かかっていたのはオムニバスのCDで、↓↓基本こんなespritいっぱいの内容なのでご安心。
https://www.dailymotion.com/video/xqh3b8


190308 cafe poteri-28


カレーライス950円とキッシュプレート950円を注文。
ドリンクは珈琲とホットミルク。


190308 cafe poteri-19


どちらも前菜の盛り合わせが付く。


190308 cafe poteri-21


レタスとキャベツの和風ドレッシング、レンズ豆のサラダ、カボチャのサラダの3種盛り合わせで、新鮮野菜がシャクシャクでおいしい。


190308 cafe poteri-20-2


“ちょっと辛いチキンカレー”は、ちょっと辛いがやさしい家庭的ともいえる味わい。
自家製ピクルスがいいアクセントに。


190308 cafe poteri-23


キッシュプレートは、キッシュ+自家製パン2種。
ごろごろ入った新じゃがいもで季節を満喫。


190308 cafe poteri-22


水路には小魚がきらめき、ときおり羽を休めに来る水鳥の姿。
そんな窓辺で午後のコーヒーというのも、いいものです。


190308 cafe poteri-29


[DATA]
カフェ・ポテリ
東京都東村山市栄町3-18-22
http://cafe-poteri.blogspot.com/  https://ameblo.jp/cafepoteri/



[Today's recommendation]

wachat190308.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/rp7mamCpdcc
この曲は純情中年にはディープすぎてまともに聴いていられないが、映像が付くと逆に大丈夫だ。音だけだと違った光景が思い浮かぶわけで…(笑)。
BBヴァージョンはよりハードで、絵が動かないから、やっぱり違った光景が浮かぶ。閲覧(というか、試聴)注意!



隠れ家的居心地よい街中華 【中華 東蓬】

2018.04.28

 前報のつづき――

「得得市場」のあと、八坂の商店街を歩きながら昼ごはんに何を食べたいか尋ねると、「五目焼きそば」と相方。
気候的にそうだという。
このあたりで五目焼きそばのおいしそうなお店は… と考えていると、
「明日の朝のパン買いに清瀬の『あいらんど』行こうか」
と言う。

“五目焼きそば_清瀬”で脳内検索。
清瀬の特に南口の商店街周辺には入ったことのない中華屋がいくつもあるので、新規開拓という意味ではちょうどいい機会かも。


180428 chuka-toho-12


清瀬駅南口、ふれあい通りの南側区画の中ほど。中華料理店としては、左の路地に入ると「さわべ」、右に入ると「龍華」と「東蓬」。
「さわべ」はいつでも入れそうな気がするので、右のどちらかにしようと角を曲がると、真新しいラーメンののぼりが立っている。どうやら「龍華」が閉店して、そのあとに新しいラーメン屋が入ったもよう。


180428 chuka-toho-14


調べてみると、新店「中華そば 一魂」は4月15日オープン。もともとここは、長くラーメン「どさん子」が営業していた場所。新しい個人経営のお店にはがんばっていただきたいと思う。
しかし今日はラーメンではなく五目焼きそばの日なので、お店は必然的に「東蓬」に決まる。


180428 chuka-toho-11


東蓬は袋小路の奥。
外観はきわめて殺風景で、のぼりとスタンド看板がなかったら何の店かわからない。
ただでさえ隠れ家的立地にあってなお隠微的営業方針と映らなくもない。


180428 chuka-toho-13


それで店内、意外といったら失礼だが、非常にきれいにしてある。
お店の人も、別に隠微的でもなんでもなく、普通に気さくに接してくれる。


180428 chuka-toho-18


カウンター8席に4人掛けテーブル1つ。
カウンターに2人連れの先客がいるのでテーブル席に座らせてもらう。


180428 chuka-toho-16


注文は、1つは予定どおり五目カタヤキ、もう1つでちょっと迷う。


180428 chuka-toho-17


壁のホワイトボードに、“日替わりランチサービス 朝鮮焼定食”とある。
レギュラーのメニュー表に朝鮮風焼肉定食というものがあるのでそれのことと思われるが、“朝鮮焼”と略すことでより強く訴えかける響きとなるところが不思議だ。サービスだけにレギュラーより100円安いし。
ということで、もう1品も決定。


180428 chuka-toho-20 180428 chuka-toho-19


五目焼きそばとか、あんかけ焼きそばとか、ときには五目あんかけ焼きそばとも呼ばれ、このお店では五目カタヤキと称するたべもの、基本のスタイルはだいたい一緒で、麺にバリエーションがある。
太さの違い、蒸し/ゆでの違い、炒め/揚げの違い。
こちらのカタヤキ、麺は中太の揚げ麺。


180428 chuka-toho-23


具は、キャベツ、ニンジン、ピーマン、タマネギ、キクラゲ、シイタケ、タケノコ、豚肉、ハム、ウズラの卵の10種。


180428 chuka-toho-24


味付けはごま油風味の塩味で甘さ控えめ。汁を吸って揚げ麺がいい感じにモチモチになっていく。
途中、酢を垂らして味の変化を楽しむ。


180428 chuka-toho-21


朝鮮焼は、キムチ風味しょうが焼き的という、まあ予想どおりのたべもの。
豚肉にタマネギ、ニラと、予想より野菜の種類は少なかった。
甘酸っぱ辛いキムチ味の焼き肉に、これでもかと漬物もまたキムチ。ご飯が進む進む(笑)。


180428 chuka-toho-22


昔ながらの街中華という性質に、立地的に隠れ家的要素が加わって、非常に居心地がよろしい。
こういうお店にも、たとえ近所に新しいラーメン屋さんができたとしても、やっぱりがんばっていただきたいと思うのだ。


180428 chuka-toho-25


[DATA]
中華 東蓬(トーホー)
東京都清瀬市松山1-17-2



[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=4PtPIEW3Dhs



chat180428-2.jpg
◆ 猫写真はこちら


居酒屋ランチ、続報 【むらやま 久米川店】

2018.01.25

 ヒマなので電車で都心にでも出ようかな… とか考えながら駅のほうへブラブラ歩いていると、D社のIKH社長から電話が入った。
「あのさ、M4Vファイルって見れる?」
「え? いや、どうだろう…」
普段そういうの、考えたことがない。
「映像入手できたんだけど変換して送ろうと思ってね。いや、Macでは見れるんだけど、Windowsのこと全然わかんないからさぁ」
それが言いたくてわざわざ電話してきたんだろうな… と疑わざるを得ないApple信者の特徴的行動(笑)。


murayama2-11.jpg


仕事の話である。
今週アタマに来ると理解していたものがいつまでも来ないから、こうしてヒマでぶらついてる。


murayama2-13.jpg


「とりあえず送ってみてください。開けなかったら連絡しますから」
と電話を切って、気を引き締める。
突然忙しくなったので、もちろん電車で遊びになんか行っていられない。昼ごはんは近場で手早く。


murayama2-31.jpg


久米川駅前のやきとり「むらやま」は、昼に格安ランチを提供する人気居酒屋。
混んではいるが広い店なので入れないということはまずない。
使いやすいといえば使いやすい。ただし煙モクモクが初期設定的な店なので、ダメな人は絶対ダメ。


murayama2-33.jpg


最近食欲が旺盛。いい年して恥ずかしい話だが、昼の量が標準レベルだと夕方腹が減って仕方ない。
「むらやま」に入ろうと思ったとき、何かが頭をよぎった。
ライス大盛り無料とかじゃなかったっけ?
どこかでそういう情報見たな…? あっ! オレのブログかぁ(笑)。

――高齢客や女性客が多いからか、デフォルトのライスは少なめ。男なら迷わず大盛りとすべし。
と書いてある(「老舗居酒屋のお得ランチ」)。


murayama2-32.jpg


いやー、こんなブログでも役に立つことあるんだなー。(←自己完結的)
っていうか、書いているから覚えているのであって、読んだくらいでは最近のスカスカ頭じゃ記憶に残らない。

ということで、オーダーは鶏からあげ定食680円(+税)、ライス大盛り(サービス)。


murayama2-34.jpg


どういうわけか提供までに20分もかかったが、やって来たからあげ定食は迫力満点。
でっかい唐揚げが4個。
どれぐらいでっかいかというと、箸の扱いに問題のある人は絶対持ち上げられないだろうな、と思っちゃうぐらい。

ニンニク・ショウガ風味の濃いめの味付けでご飯が進む。
進むけど、なかなかなくならない。
そりゃ、大盛りだからな。


murayama2-35.jpg


結論――
前回の天ぷらに比べ、でっかい唐揚げごろごろは、容量・総重量とも全然大きい。
ご飯、普通盛りでちょうどいいと思います…。
失礼しました。


murayama2-36.jpg


[DATA]
むらやま 久米川店
東京都東村山市栄町2-9-5
http://yakitori-murayama.co.jp/





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=8BRM8vTqFdo



chat180125-22.jpg
◆ 猫写真はこちら


毎週木曜はすしの日 【富寿司】

2017.08.10

 東村山本町のすし店「富寿司」に初めて入ったのは去年の暮のこと。まだ1年もたっていない新米客だが、その初回の印象があまりに強烈で、いまだによく覚えている。
そのときのことを少し書いておこうと思う。

その日は長女が休みだったので外で昼ごはんにしようと、特に店を決めるでもなく自転車で久米川駅方面に向かった。すると久米川の手前、空堀川沿いのすし屋の入り口に暖簾が掛かっている。その店、すなわち「富寿司」は、いまでこそオープンにランチ営業を続けているが、そのころは暖簾を見ることも少なかったので、僕は不意に興味を覚えた。
「ここ、やってるみたいよ」と水を向けると、「私もこの店、ずっと気になってた」と長女。
これはもう入るしかないということに。


tomizushi3-31.jpg


思ったより狭い店内は、右にカウンター5席、左に小上がり2卓。カウンターの向こうには、店構えから想像されるよりもいくぶん若いおかみさん。いきなり不思議なことを言う。
「今日はおすしの日ですけど、よろしいですか?」
すし屋なんだから“すしの日”もなにも… と思ったが、たしかにこの店は暖簾はめったに出ないが表にランチメニューの張り紙がしてあって、それはすしではなく焼き魚やしょうが焼きの定食である。つまりおかみさんの言葉は、本日のランチは定食ではなくすしである、と。すししか出せないがそれでよいか? ということを聞いているのである。
僕はすし屋に入ったらまずすしを食べたいという人間なので、そこは躊躇なく「お願いします」と返答する。


tomizushi3-20.jpgtomizushi3-21.jpg
2017.02.07 日替り定食(お刺身)[左]  2017.04.12 定食の焼き魚(鮭の粕漬け)とのしょうが焼[右]


さっそく小鉢が出てきた。それも2つ。自家製コロッケとリンゴ入りサラダ。
続いておかみさんはカウンター席の僕らの目の前で、バットに並んだ柵からすしだねを切り出し始めた。このときになって初めて、この人がにぎるんだ、と気がついた。そういえばほかに店の人の気配はない。
その素朴な突き出しといい、どこかチャーミングなすし職人といい、何かと予想の上をいく展開に、僕はすっかりうれしくなってしまっていた。


tomizushi3-34.jpg
2017.08.10 にぎりすし


しかし気になることが一つ。
お店に入って「すしの日です」「お願いします」のほかに言葉を交わした覚えがない。つまり、すしとはどういう種類のすしで、どれくらいの量で、いかほどのお値段であるのか、いっさい知らされていないのである。
おかみさんが目の前で、僕らのものと思われる、まあ明らかににぎりずしをこしらえている間、僕は壁やテーブルの上なんかをそれとなく探ってみた。しかし、定食の2枚の張り紙以外に何の情報も得られない。
考えてみればここはすし屋だ。怖いといえば相当怖い状況なんじゃないだろうか…。

ネタケース越しににぎりずしが提供される。量は多くないが、ネタはどれも新鮮そのもの。
僕はもう、高くても1500円、2人で3000円くらいだろうと腹をくくっていた。このいろいろ面白い体験をさせてもらって3000円なら安いものだと開き直って、穏やかな気持ちですしを堪能した。
食べ終わるころ、「よかったら食べてください」とおかみさんがブリを1貫ずつ追加してくれた。「ブリのおいしい季節になりましたねー」と。見ると皮付きの柵から1枚ずつ切り出している。おいしいはずだ。


tomizushi3-36.jpg


問題のお会計。
「1200円です」とおかみさん。
実は僕はカウンターの向こう端に座っていた常連客がいましがた出ていくのをこっそりのぞいていて、1000円札を1枚置いてそのへんに散らばっている釣り銭を何枚か回収するセルフ式の会計の様子から、1000円しないんだ、と当たりをつけていた。
だから1人600円と自然に受け止めたが(それにしても安い!)、長女は別に高いと感じることもなく当然のように1人1200円だと思った、とあとで言っていた。

「すしの日っていうのは曜日か何かで決まってるんですか?」と帰りしなに聞いてみた。毎週木曜日がすしの日で、それ以外は定食を出しているとのこと。
「ご飯を2種類用意するのってけっこう大変なの」とおかみさん。「だから1週間に1回だけ、ご飯は全部すし飯にするんですよ」


tomizushi3-12.jpgtomizushi3-37.jpg


それから8カ月近くたった本日8月10日、初回以来2度目となるすしの日での来店となった。妻はずっと来たがっていたのだが、木曜に休みをとるのが難しく、お盆休み期間でようやく実現した次第。


tomizushi3-35.jpg


やはりネタはどれも新鮮で、僕の苦手なサーモンもおいしくいただいた。
ブリや中トロまで入って、やっぱり600円。
途中おかみさんは、にぎりのネタのイカをさばいて出たものと言ってエンペラのにぎりをサービスで出してくれた。両面に細かく飾り包丁を入れてあるから食べやすく、鮮度がいいのでエンペラでもとてもおいしい。


tomizushi3-32.jpgtomizushi3-33.jpg


途中おかみさんは、にぎりのネタのイカをさばいて出たものと言ってエンペラのにぎりをサービスで出してくれた。
両面に細かく飾り包丁を入れてあるから食べやすく、鮮度がいいのでエンペラでもとてもおいしい。


tomizushi3-57.jpg


この店はランチタイムの営業時間も不規則だが、夜はもっと謎である。明かりがついているのを見ることはあるが、暖簾が掛かることはない。
この昭和がそのままスライドしてきたようなすし屋で夏の夕方に一杯、なんてこたえられないだろうなと思うのだが。


tomizushi3-38.jpg


[DATA]
富寿司
東京都東村山市本町4-13-94





[Today's recommendation]


https://youtu.be/z61PndCnUIE



chat170807-22.jpg


Latest Articles
ループものな午后1時 【チャイニーズレストラン 一番】 Apr 17, 2021
超絶住宅街に、歴史の詰まった… 【餃子屋さん】 Apr 15, 2021
ウワサにたがわぬおいしさ 【手打ちうどん 漕】 Apr 14, 2021
創意あふれるお団子セット 【ふしみだんご】 Apr 13, 2021
小京都のオープンテラスで 【フクロウの森】 Apr 11, 2021
生涯おいしく食べるために 【焼き鳥野島】 Apr 10, 2021
無性に食べたくなる… 【さんらいず亭】 Apr 08, 2021
お祝いのお寿司🎉 【ダイヤ寿司】 Apr 06, 2021
地元愛を育む 【シャモア洋菓子店 久米川店】 Apr 05, 2021
いつもの弁当 【じゃがいも】 Apr 04, 2021
懐かしい日本家屋で… 【百才 OFF/DO COFFEE】 Apr 03, 2021
十割そばと地粉うどん 【ますも庵】 Apr 02, 2021
Category
Ranking
          
          
Category-2