fc2ブログ

昔ながらの優しい味わい 【たちばな家】

2022.01.30

 自分史の中に何をやっても楽しめない時代というのがあった。無理やり出かけてもことごとくトラウマとなっていたり…。
いまはお出かけが楽しくてしょうがないので、当時の足跡をたどり、よき思い出として上書きしてトラウマを解消しようとひそかにもくろんでいる。
嵐山渓谷川越大師 喜多院増上寺などがそのシリーズで、トラウマ破りはおおむね成功といえよう。


20220130 tachibanaya-1120220130 tachibanaya-12
払沢の滝側から見る橘橋交差点。右隅の“標識”のとおり、左が江戸(五日市、立川)、右が甲斐(奥多摩、山梨県丹波山村)


檜原村のラーメン店「たちばな家」にも行っておかなければと思っていたところ、前記事に書いたとおりInstagramで払沢の滝結氷の情報を見つけた。はじめ気づかなかったが、両者はごく近いのである。
いろいろ調べるうちに「檜原とうふ ちとせ屋」などを含め構想が膨らむ。


20220130 tachibanaya-1320220130 tachibanaya-14


檜原街道の橘橋近くにあるので「たちばな家」(だと思う)
街道沿いで駐車場に入れにくく、10年以上前に来たとき「クルマ止められないから帰る」と言いだして相方を怒らせたというトラウマ ( ̄Д ̄ ; ;


20220130 tachibanaya-1520220130 tachibanaya-16


「ちとせ屋」からそのまま歩いてきたので駐車に煩わされることもないし(笑)。
11時5分前に着いて、開店待ち1組。並ばず道の向かいで待っていたらもう1組増えたが、急ぐ用事もないので気にならない。


20220130 tachibanaya-3320220130 tachibanaya-34


お店は秋川(南秋川)の急崖にへばりつくように建てられており、渓谷に面した窓際にカウンター席が設けてある。


20220130 tachibanaya-19


テーブル席や小上がりも空いていたが、特等席っぽいカウンターを選ぶ。たしか前回もそうだった。


20220130 tachibanaya-20
眼下には秋川の渓谷


注文は、わんたんめんと五目中華そば。
知らなかったが、こちらは1947(昭和22)年創業の老舗。それで五目中華というナツカシメニューがあったのね。


20220130 tachibanaya-2120220130 tachibanaya-22


わんたんめんは味のベースが基本のらぁめんと同じだと思うが、鶏ガラなどのだしにショウガの風味の効いた懐かしくも優しい味わい。


20220130 tachibanaya-2320220130 tachibanaya-24


手打ちの麺は不ぞろいで、加水の関係か伸びやすいが、コシうんぬんとは違う基準ではかるべきものだと思う。
2枚のチャーシューは部位が違うかな。どちらもていねいな仕事ぶりで、程よい歯応えが残り、かみしめるとうま味が広がる。


20220130 tachibanaya-2520220130 tachibanaya-26


五目中華そば、なんと華やかで美しいたたずまい!


20220130 tachibanaya-2720220130 tachibanaya-28


五目中華といえば塩味というのも昔ながら。
具はチャーシュー、メンマ、味玉、かまぼこ、カニのほぐし身、キクラゲ、ハクサイ、モヤシ、タマネギ、コマツナ、ニンジン、ネギ…。


20220130 tachibanaya-2920220130 tachibanaya-30


前回もおいしかったという覚えはあるが、漠然たる記憶どおりに、かつレベルが高いというのはすごいと思った。
でも、あとで思ったが、川魚塩焼きの定食も食べてみたかった。シーズンには鮎料理も出るらしい。


20220130 tachibanaya-31


いまは冬枯れの渓谷だが、眼下の木は新芽が膨らんでいるように見える。おねえさんに聞くと「モミジだと思います」と。
新緑の季節は格別に眺めがよさそう。


20220130 tachibanaya-1720220130 tachibanaya-18


[DATA]
たちばな家
東京都西多摩郡檜原村5574
https://hinohara-kankou.jp/spot/tachibanaya/





[Today's recommendation]

wachat220130-22.jpg




https://youtu.be/Ulq_jb7MhT0



20220130 tachibanaya-35


素晴らしく昭和な 【キッチンサン】

2021.09.19

 久々に朝から青空の広がる、まさに秋晴れ。自転車日和である。
午後に松が丘に用事があるので、午前中、所沢方面を自転車でブラブラ。
まず松が丘の先の所沢市山口に一昨年オープンしたというショッピングモール「SAVE AREA」へ。

ところで、ここにSAVE AREAの写真がほしい。記事的にはそのほうが絶対よくなるとわかっていても、現場では気づかない。ブログを始めて3年半、その部分のカイゼンがまったく進んでいないので、今後はそういう行動を心がけようと思う。何でもかんでも撮る、と。

SAVE AREAはモールというよりシェアスペース感覚の想定外にサブカル&アートな空感で、なかなか面白い。機会があったら取り上げてみたい。

昼ごはんのお店を探しに新所沢へ。
大型ショッピングモールの斜陽化にはいろいろ考えさせられるものがあるが、もっとお世話になっている「新所沢パルコ」も2024年2月末をもって営業終了という。
かつての若者文化の発信拠点の面影はなく、たとえば「SAVE AREA」との対比も際立つわけで。


20210919 kitchensun-20


昭和は遠くなりにけり… も、たべもの屋さんに関してはあくまでも昭和寄りなワタシ。


20210919 kitchensun-2720210919 kitchensun-28


パルコ2階、昭和感いっぱいな外観のうどん&喫茶のお店には一度入っておきたいと思っているが、緊急事態宣言で臨時休業。

駅構内を通って東口へ。
駅前商店街の洋食レストラン「キッチンサン」も、ずっと気になっているお店。


20210919 kitchensun-2520210919 kitchensun-26


L字カウンターの周囲にテーブル席が配置されているつくりで、僕らが入った時点でテーブル6脚すべて埋まるという感じに賑わっている。家族連れが多い印象。


20210919 kitchensun-30


カウンター席には、スポーツ新聞を手にゆっくり食後のコーヒー… だったりと、昭和の喫茶店文化を懐かしむかの風情の高齢男性の姿もちらほら。

ランチセットのハンバーグと豚天盛り合わせと、週替わりランチのポークソテーミートソースを注文。


20210919 kitchensun-3120210919 kitchensun-32


メニュー表のレイアウトから、ミートソーススパゲティにポークソテーがのってくるものと思い込んでいたが、こうきたかぁ…。


20210919 kitchensun-2120210919 kitchensun-22


それにしても、厚めのポークソテー2枚でボリューム満点。
ランチセットのハンバーグも豚天もずっしりと。
どちらも660円とは思えない内容だ。


20210919 kitchensun-2320210919 kitchensun-24


甘くないミートソースがいい。
野菜の自然な甘みのみで、ひき肉のうま味とコクが引き立つ。シンプルな昔ながらの味わいで、このソースでぜひスパゲティを食べてみたい。


20210919 kitchensun-33


ハンバーグと豚天のドゥミグラスソースも同様に昔なつかしの…。
生タマネギがたくさん入った厚みのあるボリュームハンバーグ。


20210919 kitchensun-3420210919 kitchensun-35


店内は手入れが行き届き、お客の出入りも激しく、現役そのもの。
だからこそ味わえるタイムスリップ感。
パルコというよりこんなお店のある街がうらやましい。


20210919 kitchensun-29


[DATA]
キッチンサン
埼玉県所沢市松葉町2-2





[Today's recommendation]

wachat210919.jpg




https://youtu.be/awtOMzqS9_M



20210919 tsuriganeninjin-22
ツリガネニンジン / 荒幡富士


博多ラーメンも、朝ラーで👍 【博多らーめん ひまわり】

2021.06.18

 朝ラーメンにはまりそうなワタシです ( ̄▽ ̄)δ

浦和所沢バイパスの「博多らーめん ひまわり」では金土日05:00開店という情報を最近インスタに上げていて、気になっていた。

立地としては自転車コースの所沢市日比田~南永井エリアに当たり、“自転車コースのラーメン屋🍜シリーズ ウラトコ~r126編(仮)”の序章的な?


20210618 ramenhimawari-21


ふつうラーメンを食べたりしない時間帯なのでまず混むことはないし、夏季では気温が上がる前の時間で汗を気にしなくて済む。
そのような朝ラーの効能を前回書いている。


20210618 ramenhimawari-22


これまではっきり書いていなかったが、“朝ラー”といっても昼ごはんである。僕は朝ごはんを欠かすことはなく、時間も06:30前後と規則正しい。
これは昼ごはんとして“朝ラー”を10時台に食すというシリーズである(と補足)。

そのくらいのインターバルで腹が減るのか? と思われそうだが、ある種の酒飲みの特徴かもしれないが午前中ずっとハラが減っている(笑)。

では、そんな時間に昼ごはんを食べて夕ごはんまでもつのか?
ハラが減ることは減るが、食べるともたれるのも特徴かも…。
なので、重めのものを食べたあとのインターバルとしては逆にそのくらい空くのがいいという発見。

朝ラー、やっぱりいいことずくめかも、自分的には (〃 ̄ω ̄〃ゞ


20210618 ramenhimawari-23


ということで「博多らーめん ひまわり」。


20210618 ramenhimawari-24


10:07入店で、先客ゼロ。
この(ラーメン屋なのに)手足が伸びるようなリラックス感がうれしい。


20210618 ramenhimawari-27


実際、店内レイアウトも、カウンター席はいすを間引いてあるし、テーブルの配置にも余裕がある。若い店員さん(男女2名体制)の接客も感じがよい。


20210618 ramenhimawari-28


注文は博多らーめん白。麺の硬さは普通で。


20210618 ramenhimawari-2520210618 ramenhimawari-26


提供まで3分。


20210618 ramenhimawari-29


ラーメンのスープは白濁というほど濁ってはおらず、熱くもない。多摩地区の名店「大学ラーメン」を思わせるものがある。
臭みは強くないが、しっかり濃厚。すっきりとした塩気がくる好みのスープ。
パツパツの心地よい食感の細麺。


20210618 ramenhimawari-31


具はチャーシューとネギ、ノリとシンプルで、卓上の辛子高菜や紅ショウガ、ゴマを順次足していく。ニンニククラッシャーは、このあと歯医者の予約が入っているので断念 (_ _。)


20210618 ramenhimawari-3020210618 ramenhimawari-32


シンプルにスープがおいしく、定番トッピングでアレンジしていく博多ラーメンの醍醐味も味わえる。
このエリアでは博多ラーメン店が少なく、コロナ禍ではますます貴重な体験に思われた。


20210618 ramenhimawari-3320210618 ramenhimawari-34


[DATA]
博多らーめん ひまわり
埼玉県所沢市大字日比田110-4
https://twitter.com/hr_himawari?lang=ja
https://www.instagram.com/ramen_himawari/





[Today's recommendation]

wacha210618.jpg




https://youtu.be/bJp6ivzibfM



20210618 ramenhimawari-36
ここから近いよ


原色甲殻類図鑑―クリガニ

2020.04.21

 丸1週間仕事をしていないワタクシです ( ̄ω ̄;) ウーム…

だいたいそういうサイクルになっていてそれは毎月変わらないが、いつもなら遠出してラーメン食べるとか街に出て古本屋のぞくとか羽を伸ばす期間となっているはずのところ、ラーメンもない古本もない。仕事がないのがこれほどつらいとは…。

ぼうぜんと自転車をこぎ、所沢市南永井の広大な畑の真ん中で揚げ雲雀を眺めているのであった。
こんなところまでコロナは来ないだろう。


20200421 lark-11-2
揚げ雲雀(笑)


ちなみに揚げ雲雀という字ヅラからFried Larkなる食べ物を思い浮かべる人が一定数いるようだが、これはヒバリのディスプレイ行動の高く飛び上がりそのままホバリングしながらさえずり続ける様子を表す言葉で、凧揚げ、国旗掲揚と同じ用法。英語ではThe Lark Ascending(というジョージ・メレディスの詩がある)。ヒバリを揚げて食す行為は鳥獣保護管理法違反に当たり、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる。




https://youtu.be/IOWN5fQnzGk


家に帰って近所の「デポー東村山店」におつかい。
牛乳、コーヒー豆、あと好きなもの。
こちらは鮮魚コーナーが充実している。充実しているというか、変なものが入荷する。クロソイ、アカサバ、シロガイ、イタヤガイ、ギバサ、カメノテ…。


20200421 kurigani-11


本日はクリガニが5匹ほど並んでいる。イキがよさそうなのでつついてみるとゾワゾワとうごめく。
550円の30%引き。これは買うしかないでしょう。


20200421 kurigani-13


クリガニ Telmessus cheiragonus;甲殻綱十脚目短尾下目クリガニ科クリガニ属


20200421 kurigani-12


――ケガニに似るが、甲の両側が横に尖り、甲の形が五角形に近い。額角は台形で小さな歯状突起が4個あるが、4個の歯の大きさはほぼ同じなのがトゲクリガニとの区別点の一つともされる。しかし実際には変異もあるため、むしろ産地から判断する方がわかり易い。朝鮮半島東岸、北海道東部からカリフォルニア州沿岸まで分布し、ケガニよりも浅い海域に生息する。外見も大きさもケガニに似て、利用法もケガニに準ずる。(Wikipedia)


20200421 kurigani-14


塩ゆでにして、早めの晩酌に。


20200421 kurigani-15


宴会や旅行の自粛で魚介類が在庫過多、値崩れを起こしているという。
まさにwin-winの反対lose-loseな現状。


20200421 kurigani-16


旅行には行けないが、まだ明るいうちからビールを開けてぜいたくな食材。ちょっとしたハレの気分を味わえる。
1杯のカニを2人でちまちまほじくるくらいでも満足は得られるのだ。
それに、旅館でこれほどおいしいカニは出てこないだろう。


20200421 kurigani-17



[Today's recommendation]

wachat20200421.jpg




https://youtu.be/0sYTOyB1KQ0



20200421 kurigani-18


地蔵通りに、中華屋さんがありました 【宝来軒】

2019.12.17

 若いころ友人に聞いた笑い話――とある年季の入った食堂に訳知り顔の2人組が「こういう店がうまいんだ」と言いながら入ってきた。それを聞いていた店の主人がボソッと、「うちは汚えだけだよ」

こういうブログをやっていると、もしかしたらそう思われているかもしれないので念のため断っておくが、キタネエだけの店に入ることが主目的ではありません ゞ( ̄∇ ̄;)


20191217 horaiken-11


僕もやはり「こういう店がうまいんだ」を期待して入る。
だからといって、結果、うまいのまずいのだけをどうこう言うつもりもない。
矛盾しているようだけれども。


20191217 horaiken-12


古さびれたお店に惹かれる理由が何かといったら、それはごくパーソナルな動機づけであるのでうまく言い表せるものでもなく。
あの日 あの時 あの場所で… と。そういうもの…?
とはいえ――


20191217 horaiken-24


地蔵通りの「宝来軒」。
想像を超えるほど老朽化著しい店内。


20191217 horaiken-14


テーブル2つにいすが全7脚。カウンターはあるがいすはセットされておらず。
営むのは老夫婦。
注文はAセット(ラーメン・半チャーハン)700円。


20191217 horaiken-16


おかみさんが厨房、ご主人は食堂のいすという配置で、おかみさんが調理するのかと思ったら、ややあってご主人が立ち上がり厨房に入る。
野菜を切ったり器具をセットしたりしている様子のご主人。だいぶたってようやく炒めものが始まり、いい匂いが漂ってきて少しホッとした。


20191217 horaiken-15


そのあとラーメンに取りかかってる?
2人がかりで相当の手数がかけられている様子だが、完成に向かっている気配が感じられないし、そもそもラーメン1杯作るのにそんなに工程数が必要か?

そうこうするうちにおかみさんがおもむろに炒めものを始めた。これは明らかにチャーハンを作っている動きだ。
さっきのご主人の炒めものは何だったの…?

結局、ラーメン・半チャーハン、提供までに15分を要した。


20191217 horaiken-17


厨房の様子についてもう少し踏み込んで記述すると、ご主人は思うように身体が動かないようで、そのため作業を任せつつきめ細かに介助するおかみさんの手数が自然、多くなっている。
それと、もしかしたら僕はその日最初の客で(1時半すぎだが)、ご主人がはじめに炒めものをしたのは炒め鍋に油をなじませるために作り置きの惣菜でもこしらえたのではないか…? とあとで思った。
それだけの工数で2人がかりで15分は、700円の品にかける手間ひまとしてはまったく合わない。
でもそれはこのご夫婦の選択なのだ。


20191217 horaiken-18


途中、僕は心臓がどきどきしてきて、ようやく配膳台にチャーハンが載ったころにはすっかりかしこまった心持ちにさせられていた。


20191217 horaiken-20


あるいは昔なじみの客からすれば、おやじさん、腕落ちたなぁ… という出来栄えかもしれない。
ご主人もそんな自覚はあって、でも昨日はうまくできなかったが今日は昔のように上手に作れるはず… と思いながら毎日厨房に立っているのかもしれない。


20191217 horaiken-21


通りすがりの僕から見ても、明らかに自家製のやや平打ちで強く縮れた麺のラーメンは、往年はなかなかのものだったんじゃないかと想像がつく。
たかがラーメン、されど…。


20191217 horaiken-22


このお店はライフサイクルの最終段階にあると思う。
そんな厳粛な場面について、このような冷やかし半分みたいな記事を上げてよいものか、大いに悩ましいところではあるのだが…。


20191217 horaiken-23
並びのおそば屋さんは長く休業している


[DATA]
宝来軒
東京都小金井市緑町1-1-17





[Today's recommendation]

wachat191217.jpg




https://youtu.be/j6mNynRbnJ4


物価も盛りも、あの時代のままな…! ―1CLシリーズ⑯ 【ジュノン】

2019.09.13

 ワンコインの食事を続けていれば支出が減るのは当然であるが、もう一つの効果として、摂取カロリーが低く抑えられる点が挙げられる。
1CLは大大サービス品につき、さすがにボリュームまでは… というケースが多いからだ。一部例外を除き。

にもかかわらず、期待されるべき体形的不都合(腹部等における)に対する改善効果がいっこうに上がらないのは、どういうことだ…?
さらにいうと、財政状態のほうも相変わらずさっぱり、さっぱり…。
なんで…?

まあ、ブログ記事には表れにくい夜のビール摂取量という数値が両疑問に深く関わっている疑い濃厚というのは、ちょっと考えればわかることだが ( ̄ω ̄;) エートォ…


20190913 junon-11


さて、上に“一部”例外と書いたが、「中華街」「暁やきとり」「珍来」「パンドラ」… と、量的にも平均より多いんじゃないの? というお店は、一部どころではなかった。今回のラインアップは、そのあたりも一般論のままにはいかないというのがすごいところだと思う。
そして本日の1CLも、それらに負けず劣らずボリューム満点。


20190913 junon-13


鷹の台駅前商店街の中ほどにある「ジュノン」は、昔の学生街の洋食屋がそのまま現在に至っているようなお店である。


20190913 junon-12


開店時そのままの状態を維持するにはふつう細やかなメンテナンスが欠かせないが、この店の場合、そのままといったらそのまま、なすがまま、なるがまま、あるがまま、いまに至っているという意味の、そのまま。
なので、お店は経年のいろんなものが蓄積されていて、入りにくいことこの上ない。


20190913 junon-14


一方、値段のほうもそのままな感じで、たしか日替わりやサンデーやモーニングといったサービスメニューが多かったので、その中に1CLがあるかもしれないと、昔の写真を見直してみた。
すると、サービス品どころかレギュラーメニューにありました、1CL。


20190913 junon-15


入りにくいもう一つの理由が、これも昔そのままという要素で懐かしいといえば懐かしいが、学生のたまり場感が強い点。
奥のほうは学生3グループ。手前の2人掛けテーブルのご婦人2名とカウンターのワタクシを除く十数名の平均年齢は20歳前後と見受けられる。


20190913 junon-17
20190913 junon-16
カツライスとチキンカツライスがワンコイン。“目玉焼き付き”のチキンのほうも気になるぞ…


見ているとほとんどそればっかり出ている、というものが、カツライス。
これが1CL。
僕の注文も、もちろんカツライス。


20190913 junon-19


混んでいるので時間がかかるかと思ったが、意外に速く8分ほどで提供。
メロン形のライス型で抜いたご飯ものったワンプレートランチだが、このプレートがでかい。


20190913 junon-18


続いてやって来たみそ汁と一緒に撮った写真ではそれほどのサイズ感が伝わらないが、それは規格外なおわんに伴う目の錯覚である。このおわんは普通、みそ汁ではなくちらしずしなど丼物に使われるタイプのもの。
なのでこのカツ、実は相当でかい。


20190913 junon-20-3


ややクリスピーな揚がり具合で、豚ロース使用と書いてあるが脂身はほとんどなく、肉々感の強いカツである。
付け合わせのキャベツもまあまあの量で、ほかにレタス、カイワレ、トマト。みそ汁の具は豆腐とワカメ、小口ネギ。ご飯のてっぺんには梅干しとゴマを飾り、見た目にも抜かりない。


20190913 junon-21
ティッシュボックスやしょうゆのボトルをスケール代わりに全体のサイズ感を推量していただきたい


安いんだから削れるところは削って… というフツウの発想が、こちらのお店にはないらしい。


20190913 junon-22


あのころの物価そのままという価格設定と、質素だが手抜きのない盛り付け。
学生時代にタイムスリップしたような学生街の洋食屋さん。


20190913 junon-23


[DATA]
ジュノン
東京都小平市たかの台38-3





[Today's recommendation]

waka190913.jpgchat190913.jpg




https://youtu.be/7ag2Bc9RCoQ


アットホームな街の洋食屋さん 【Kitchenひまわり】

2018.06.23

 西武多摩湖線八坂駅前の洋食店「Kitchenひまわり」。
改札を出て3分ほどと駅チカだが、この方面は駅前というより駅裏、しかも路地裏にあって、立地条件がよいとは言い難い。


180623 himawari-29


しかし、ひまわりの花のマークの入った明るい色合いの看板や店頭のにぎやかなディスプレイ類は、店名のとおり陽性のイメージを放ち、表通りからも目に付きやすい。


180623 himawari-55180623 himawari-56


店内はこぢんまりとまとまり、生木のテーブルセットにピンクのテーブルクロスがかかって、ほんわかした雰囲気。
壁には花や風景の写真、BGMはオルゴール音楽。


180623 himawari-57180623 himawari-58


席数は2人用テーブル2、4人用テーブル3、カウンター3席。お客さんは3組5人。
店員は調理場に男性と女性、ホールに女性の計3人。
ツナとキノコの和風パスタ950円とチキンソテー1000円をオーダー。スープor ドリンクはスープをチョイス。


180623 himawari-23


「Kitchenひまわり」は2014年8月開店。
こんなアットホームな、いわゆる街の洋食屋さんは、東村山市には案外少ない。


180623 himawari-59180623 himawari-60


視点を変えると、食材にこだわり、ハンドメイドにこだわり、内装や調度品、BGMにこだわりという、いまどきのこじゃれたお店が八坂駅界隈に相次いで出店しているが、その中でいちばんコンセプトの縛りが緩く、客層が幅広いのがこちらのお店だと思う。
つまり、そういうのをアットホームというわけだが。


180623 himawari-62180623 himawari-61


まずサラダとスープ。
サラダは地場の野菜かな? レタスもキュウリもみずみずしい。
熱々のブイヨンスープがおいしい。


180623 himawari-63


パスタのキノコはブナシメジとエリンギ。パスタは太めのゆで上げスパゲティ。
しょうゆとバターのシンプルな味付けに誠実さを感じる。


180623 himawari-64


チキンソテーはガーリックとデミグラからガーリックを選択。


180623 himawari-67


ボリューミーで、火の通し具合がよくプリっとした仕上がり。


180623 himawari-66


こちらの付け合わせの新ジャガやズッキーニも出所が正しそうだ。
ニンニクの効いたソースがおいしく、ライスじゃなくパンにして拭いたかったと思うほど。


180623 himawari-26


先客はみな僕らより年配で、カウンターで1人で食事をして店員さんと言葉を交わして出ていった常連男性はかなりご高齢。
開店からまもなく丸4年。すでに地域に根付いている感じが頼もしい。
ランチやコーヒータイムにふらっと立ち寄れる貴重な存在だ。


180623 himawari-16


[DATA]
Kitchenひまわり
東京都東村山市栄町3-18-27





[Today's recommendation]


https://youtu.be/bJp6ivzibfM



chat180623-22.jpg


名水が醸す東京最古の酒蔵 【澤乃井園 清流ガーデン】

2018.04.30

 ネッツトヨタからGW前の無料点検(空気圧とか簡易なもの)の案内が来ていて、30日午前に予約してあった。
点検と洗車で1時間と言われ、ショールームでぼんやり待っていると担当のSさんがやって来て、「いまサポカーの体験イベントやってるんですけど、どうですか?」と。自動ブレーキの体験試乗というやつだ。1時間ヒマなので、やらせてもらうことにした。


180430 toyota-17


「写真撮らせてもらっていいですか?」と軽い気持ちで尋ねれば、こちらが望む以上にあれこれ親切に対応してくれるあたり、さすが世界のTOYOTA。実際に運転する若手クンは“絵づくり”の提案までしてくれる。
「証拠といいますか、奥さんが同乗して僕がブレーキを踏んでいないところをしっかり見ていただきつつ、それでちゃんと車が止まる様子を横からご主人に撮っていただく、というのはどうですか?」
そのようにさせてもらったが、こっちはそんな大げさに考えていないから、よくわからないままに動画でなく連写してるし(笑)。


180430 toyota-11180430 toyota-12180430 toyota-13
180430 toyota-14180430 toyota-15180430 toyota-16


そのあと僕も乗せてもらったが、「ぶつかる!」と思っても止まる。シートベルトしていないと吹っ飛びそうになるくらい、止まる。
前進、縁石乗り上げ、バック… とひと通りやり終え、
「何百回とやってますけど、失敗したこと1回もないっす」と若手クン、どや顔。


180430 toyota-19180430 toyota-20


延ばし延ばしにしている買い替えも考えないとな… と。テキの思うツボにはまった気がしないでもないけど…。

ここ数年はめっきり車に乗らなくなったので、せっかく車を出したのだからこのままお昼ごはんにやや遠出をすることにした。
ちなみに、どれほど車に乗らないかということの具体的データが3日後に明らかとなる。


180430 sawanoien-60


目的地は多摩川上流、青梅市沢井の小澤酒造。「澤乃井」で知られる東京最古の酒蔵である。
ここを選んだきっかけは前日の昼ごはん、喫茶店「ABAN」の奥さんとの会話にある。
僕らが自転車で立川まで来たと話すと、
「自転車、いいですねー」と奥さん。「うちの主人も昔チームをつくって奥多摩とか青梅のほうを攻めてたんです。まあ、澤乃井が好きってだけなんですけどね。ってか、飲んじゃダメだろ(笑)」


180430 sawanoien-36


小澤酒造の見学者用施設「澤乃井園」には何度も行っている。
隣駅の軍畑で電車を降り多摩川河川敷を上流に歩いていったら突如観光施設が出現して驚いた、というのがいちばんはじめ。中野に住んでいたころだから30年以上前の話。


180430 sawanoi-21180430 sawanoi-22


澤乃井園にはたしか豆腐料理屋のような飲食施設が併設されていたはずだが、なぜかこれまで一度も入ったことがない。久々の“観光”の昼食にはちょうどよさそうだ。


180430 sawanoi-23180430 sawanoi-24


青梅・御岳・奥多摩方面に行くときはたいてい吉野街道を通る。
青梅街道よりのんびりしているし、自転車が少なそうだから。
なので、やはり小澤酒造が運営する対岸の「櫛かんざし美術館」の駐車場に止めてつり橋を渡って澤乃井園へ。


180430 sawanoien-13


前回来たのはもう10年ほども前のこと。
秋の台風通過直後、小雨が残るなか、大増水している多摩川に面したオープンな茶屋でそばを食べた。


180430 sawanoi-25180430 sawanoi-26


まずは名水の仕込み水で身・口を清め、その前回入った学食・駅そばクオリティの茶屋「清流ガーデン」を尻目に、豆腐・ゆば懐石「ままごと屋」へ。


180430 sawanoien-17


入り口のお品書きを見ると、こちらは4000~7500円のコース主体、予約不要の「季節の御膳」でも2800円~。
これまでここに入ったことがなかった理由を思い出した。なんのことはない、お高いのである。


180430 sawanoien-51


学食・駅そばクオリティへ逆戻り(笑)。


180430 sawanoien-55


券売機でゆば入りうどん650円、ざるそば600円(ともにままごと屋のゆば入り)、味噌こんにゃく300円を購入。


180430 sawanoien-56


通路を挟んだ配膳口へ食券を提出して品を受け取り、川を望むあずまやおよびオープンガーデンで食事をするというシステム。


180430 sawanoi-39180430 sawanoi-39-2


実はこの手のそば・うどん、けっこう好き。


180430 sawanoien-58


山系の観光地に多く、非日常的記憶中枢が刺激される。


180430 sawanoien-59


街で食べる路麺・駅そばと基本、変わらないはずだが、食事の満足度がTPOにいかに左右されるかという好例だと思う。


180430 sawanoi-29


ここは眼下に多摩川の渓谷を見下ろす絶好のロケーションであるから、何を食べてもおいしいのだ。


180430 sawanoi-30180430 sawanoi-31


ただ、酒蔵だけに、周りはほとんど飲んでいる。


180430 sawanoi-20180430 sawanoi-20-2


駅が近いから、実は電車で来るのが正解なんだろうな…。


180430 sawanoien-53
180430 sawanoi-34180430 sawanoi-35


お土産に、夏季限定純米生酒「さわ音」1080円と、ままごと屋のもめん豆腐230円を購入。
「さわ音」は生酒にしては軽い13~14度。澤乃井特有のクリア感が際立つ。


180430 sawanoi-36180430 sawanoi-37180430 sawanoi-38


飲んだのは、もちろん帰宅してから。


180430 sawanoien-14


[DATA]
澤乃井園 清流ガーデン
東京都青梅市沢井2-770
http://www.sawanoi-sake.com/





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=0sYTOyB1KQ0



chat180430-22.jpg


Latest Articles
スイスイいきたいね♪ 【博多らーめん長風 新秋津店】 May 17, 2022
こんなつけ麺がいい! 【大王ラーメン】 May 15, 2022
食べ続けていたいから 【ラーメン 味六】 May 13, 2022
めぐるめぐるよ… 【名代にぼしラーメン 時代屋 保谷駅前店】 May 12, 2022
朝曇りは晴れ…? 【大勝軒 吉祥寺店】 May 10, 2022
思いがけぬ地誌探訪 【福生加美上水公園ビジターセンター】 May 08, 2022
満足度100%超え! 【ますや】 May 07, 2022
東京三大〇〇🍡 【新鶯亭】 May 06, 2022
鳥居前のレトロ茶屋 【東照宮第一売店】 May 05, 2022
昭和時代の“東京の”博多ラーメン 【九州ラーメン 博多っ子 新宿店】 May 04, 2022
いわゆる聖地巡礼? 【大酉茶屋 田々】 May 04, 2022
熱々ふわふわの奥多摩名物 【へそまんじゅう総本舗】 May 03, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2