FC2ブログ

It's alright だいじょうぶだぁ 【餅萬 西口本店】

2021.01.14

 地域情報誌『タウン通信』に興味深い記事が掲載されている。
記事は“なぜ西東京市の感染者数は多く、東村山市の感染者数は少ないのか――”という書き出しで、“あるいは、志村さんを身近に感じる市民だからこそ、より厳重に「コロナ」を警戒しているということなのでしょうか……”と結ばれている。
志村けんさんの存在が、いまも感染抑止に働いていると?


20210114 mochiman-22
志村けんの木


事実、東村山市は周辺地域に比べてコロナ感染者が少ないらしい。
多摩六都(多摩北部都市広域行政圏)5市の感染状況を見ると、1万人あたりの患者数で西東京市35.98人、清瀬市25.03人、小平市22.45人、東久留米市22.25人、東村山市21.16人(1月12日現在)


20210114 mochiman-23


あの日、ふらっと歩いていて駅前にテレビクルーがいて、まさか…!? と思ったのだった。


20210114 mochiman-25


それから、“志村けんの木”の下に献花台が設けられたり、それで人が集まるから撤去しろといわれたりと、対コロナということで市民は志村さん絡みでいろいろ意識させられたのは事実である。


20210114 mochiman-24-2


いま、あのときの恐怖にも似た感覚を思い出すべきときなのだろう。


20210114 mochiman-2920210114 mochiman-28


だいじょぶだァー饅頭って、紅白あるんだ(限定商品)
お年賀にもいいね、ちょっと遅いけど。


20210114 mochiman-21


このおまんじゅう、市民にとって、厄除けのお守りみたいなものかも…。


20210114 mochiman-32


[DATA]
餅萬 西口本店
東京都東村山市野口町1-17-3
http://www.mochiman.net/location
https://www.facebook.com/daijyobudaa





[Today's recommendation]

wachat20210114.jpg




https://youtu.be/WNGcDIvYYTs



20210114 mochiman-30
久米川町2丁目


パワースポットからの花の名所は…

2020.09.20

 4連休があることを5日前まで知らなかったワタシです (^ ^;)ゞ

連休2日目の日曜日は本格的に天気が崩れるというので、自転車は諦めて車で出かけるということに前もって決めてあった。
行き先は、朝起きて考える。

“埼玉_寺社仏閣”で検索。
日帰りの小旅行というと、あるイメージがあった。去年訪れた雷電神社のように、観光地化していないが格と歴史を感じる寺社をめぐるというもの。
しかしネット検索では川越・秩父・さいたま市のメジャーどころしかヒットしない。Googleさんのメジャー誘導戦略はますます深化している様子。

「だいたい雷電神社すらヒットしないんだぜ」
「そりゃそうだ」と相方。「だってあれ、群馬だもん」
「あ、なーるほど」

雷電神社には相方の実家の帰りに立ち寄っており、実家は埼玉だからそう思い込んでいた。実家はほぼ群馬な(ほぼ茨城な)埼玉なのだった。


20200920 komashrine-11


といういきさつがあって、メジャーそうではあるが自分は知らなかった長瀞の寳登山神社を最終目的地に設定し、ルート上にあって聞き覚えのある高麗神社にまず立ち寄ってみることに。


20200920 komashrine-22


9時すぎに出て高麗神社に到着したのが11時。
混みそうな所沢入間バイパスは避けて渋滞はほぼなかったが、それぐらいはかかるのか。


20200920 komashrine-12


高麗神社は716年創設。
参拝後総理大臣になった政治家が多くいることから“出世明神”と呼ばれ、パワースポットとして知られる。


20200920 komashrine-13


拝殿でお参りしたあと、裏手の高麗家住宅に行ってみる。


20200920 komashrine-15


神職を務めた高麗家の住居として慶長年間に建造された国指定重要文化財。
茅葺き・入母屋造りの古い形を残す、東日本の民家としてはきわめて貴重な例だそうだ。


20200920 komashrine-16


運よく屋内解放期間(9月22~29日)で土間まで入ることができた。


20200920 komashrine-18


このブログでは意外に古民家ネタが多く、古民家好きと思われているかもしれないが、偶然です。
たしかに古民家はかなり好きだが、事前にリサーチしてまで訪れることは…。


20200920 komashrine-19


というか、意識したことはないが自分にはセレンディピティを重んじる傾向があるように思う。


20200920 komashrine-17


高麗神社駐車場でナビに長瀞と入力したら3時間と出た。
それだとちょっと大ごとっぽいので、行き先を近くの巾着田に変更。実際、例年この季節は定番コースらしく、神社と巾着田の間でシャトルバスが運行されるとのこと。
巾着田は曼珠沙華(マンジュシャゲ=ヒガンバナ)群生地として有名なスポットだ。


20200920 kinchakuda-12


巾着田曼殊沙華公園の駐車場入り口には“曼殊沙華まつり開催中止”“曼殊沙華は咲いていません”等の張り紙。
車を止めて群生地に入ると衝撃の光景が…。


20200920 kinchakuda-13


あたり一面、刈り倒されたおびただしい数のヒガンバナの花径が散乱している。
開花したものも少し混じるが、多くはつぼみの段階。


20200920 kinchakuda-1520200920 kinchakuda-14


日高市・曼珠沙華の里「巾着田」公式HPをググる。
――適切な感染防止に支障があるとの判断により、「曼珠沙華まつりの開催中止」と同様に大変苦渋の決断ではありますが、曼珠沙華を開花前に刈り込むこととしました。

それはコロナ禍の今年を象徴する悲しい光景。


20200920 kinchakuda-16


巾着田は大きく蛇行する高麗川に囲まれた巾着のような地形の平地。ヒガンバナの群生地は河原沿いの林下に広がっている。
高麗神社参拝のころまで降っていた雨も上がり、散策するのに非常に気持ちいいスポットだ。


20200920 kinchakuda-19


例年どおりだったとしたらどうだろう。人混みの苦手な僕らには、いい印象は残らなかったかもしれない。
花こそなかったが、巾着田の本当のよさに触れられる、偶然の、またとない機会だったかもしれない。


20200920 kinchakuda-11


ところで、巾着田の前に食事をしているが、偶然といえばそのお店では思いもよらぬ偶然の出会いが…。

(つづく)



20200920 kinchakuda-18
“一面の”とはいかないが、ときどき出会う刈り込みを免れた“一輪の”花の美しさ


[DATA]
〈高麗神社〉
 埼玉県日高市大字新堀833
 https://komajinja.or.jp/
〈巾着田管理事務所〉
 埼玉県日高市高麗本郷125-2
 http://kinchakuda.com/





[Today's recommendation]

wachat20200920-1.jpg




https://youtu.be/ZgXNVA9ngx8


タンメンのホスピタリティ 【寳来屋】

2017.08.15 寳来屋

 終戦の日の今日、お盆休みをとっている店が多く、小川から東大和市駅にかけて、どこもかしこもというくらいに振られまくる。時計は2時を回って、いったん上がっていた雨もまた降りだし、途方に暮れて久米川方面に戻る途中、休みでさえなければこの時間でもまだやってるはず、と思い出したのが八坂の「寳来屋」。


horaiya2-32.jpg


ここは昼の営業時間が3時まで(LO 2:45)とほかよりだいたい1時間長いので、昼食の時間がずれ込んだときにはけっこうな頻度でお世話になっている。
中央公園を突っ切って富士見公民館の前を過ぎ、まもなく前方に暖簾が… おお、はためいている。2時31分、ぎりぎりセーフ。


horaiya2-16.jpghoraiya2-20.jpg


こちらの店主のサービス精神について以前触れたが(「ドカ盛りどんぶりに挑む」参照)、店主は普段出前に出ていることが多く、奥さん(たぶん)が1人で切り盛りしている時間が長い。僕も奥さんの作る料理を食べることが圧倒的に多い。


horaiya2-31.jpg


以前、こんなことがあった。
冷やし中華の季節だからちょうどいま時分、今日のように2時すぎに、やはり客は僕1人で、同じくタンメンを食べていた(なんて代わり映えのしない…)。すると1人のおばあさんが入ってきて冷やし中華を注文した。「あとチャーハン、お土産でね」とおばあさん。
まず冷やし中華が提供され、そのまま厨房に戻ってチャーハンに取りかかる。やがて炒める音がやみ、奥さんはまたホールに出てきておばあさんと僕にお冷のつぎ足しをしていると、おばあさんがおもむろに「あ… チャーハンは大盛りね」


horaiya2-21.jpg


それはダメだろう、と思いました。いや、もう作っちゃったからなー、と。
ところがこの奥さん、嫌な顔一つせず「うん、大盛りね」とうなずき、速やかに厨房に入り再び中華鍋を振るのであった。
すごいなー、と思いました。だってこれじゃチャーハン大盛りではなくチャーハン2杯である。価格的にもだいぶ違うはずだ。
了見の狭い僕なんかは、その心の広さにただ感心するしかなかった。そのときの同情に満ちた表情が強く印象に残っている。


horaiya2-11-2.jpg


僕は本日もタンメン450円。
野菜はハクサイ、キャベツ、青菜、モヤシ、ニンジン。豚肉もけっこう入って450円。

この店はいつもなにかしらほっこりした気持ちにさせられる。それこそがホスピタリティというものなのかなと思ったりする。
だから、とりわけサービス価格のタンメンを、こちらも感謝の気持ちを忘れずにいただくようにしている。


horaiya2-33.jpg


[DATA]
寳来屋
東京都東村山市美住町1-6-31





[Today's recommendation]


https://youtu.be/IVEATF7VNTk



chat170815-22.jpg


Latest Articles
安い=ウマい! の法則 【ミートショップいのうえ】 Aug 01, 2021
暑気払いの和菓子 【福栄堂】 Jul 30, 2021
日本の夏、カレーの夏 【大丸食堂】 Jul 29, 2021
焦がれてやまない… 【松ちゃん】 Jul 27, 2021
東京唯一の… 【やさいの食卓 八農菜】 Jul 25, 2021
いまも変わらぬ素朴な味 【内田酒まんじゅう】 Jul 24, 2021
夏の土用です 【うなぎ源八】 Jul 23, 2021
夏の休日 【ますも庵】 Jul 22, 2021
朝ラーふたたび 【十七代目哲麺】 Jul 20, 2021
あつがなついぜ! 【彩雅】 Jul 19, 2021
人と人が出会う… 【つむじ】 Jul 17, 2021
ゲリラ豪雨からの… 【鮮魚とゝや】 Jul 15, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2