fc2ブログ

今年はタヌキ年? 【フランス製菓】

2024.01.19

 たぬきケーキシリーズ。

いまや人気のたぬきケーキだが、このブログではわりと早い段階から取り上げてきており、直近の「ファンフル洋菓子店」の記事に書いているように自転車圏のお店はすべて回っている。

…つもりだったが、その後バイブル的ブログ「たぬきケーキのあるとこめぐり / 全国たぬきケーキ生息マップ」をチェックすると、見落としがある。

早いところ行っておかなければということで、自転車でGo!


20240119 france-seika-11


見落としていたお店とは、下赤塚の「フランス製菓」。


20240119 france-seika-12-2


家から直線距離で15kmあるので“自転車圏”かどうか微妙なところではある。
車を使うにしても大泉学園から土支田通り~光が丘西大通りとシンプルでストレスレスで行けるが、こと食べ物目当ての場合、自転車で可能なところにむやみに車を出さないというのが、(SDGsうんぬんは置いといて)当ブログ的スタンスではある。


20240119 france-seika-13-2


「フランス製菓」は創業50年超の老舗で、建物の老朽化に伴い2017年にリニューアルオープン。
その際にたぬきケーキを復活させたとのこと。


20240119 france-seika-1420240119 france-seika-1520240119 france-seika-16


実際、外観はモダンな感じだが入ってみれば古くさい(失礼)という、不思議な雰囲気のお店である。


20240119 france-seika-21


おさらいだが、たぬきケーキは1965(昭和40)年ころに誕生し、昭和40~50年代に全国的に流行。
バタークリームを使うことから生クリームの普及や洋菓子店の世代交代などに伴い姿を消していったが、近年レトロ感が受け、扱い店の少ない希少性と相まって“昭和遺産ケーキ”などと呼ばれ人気が再燃。


20240119 france-seika-20


これまでこのブログでも近場のたぬきネタをときどき掲載してきた「サン・ローザ」「ファンフル」「ナイトー」「モンテリマール」「シャトー」「ナカタヤ」参照)


20240119 france-seika-1720240119 france-seika-1820240119 france-seika-19


買ったのはタヌキ2個。


20240119 france-seika-26


で、買ったはいいがケーキを自転車で運ぶというのはやっぱり至難の業である。


20240119 france-seika-22


以前は一駅くらいでも避けていたものだが、全体にコートしてあるタヌキなら大丈夫だろうと、それでも段差などはソロッと細心の注意を払いつつ20km近く(笑)慎重に運んできて、おそるおそる箱を開けてみれば…。


20240119 france-seika-23
弾んで箱の天井にぶつかったらしい🙀


耳のアーモンドという繊細な部位まで思いが至らなかった。
反省。

なるべく車を使わないにしても、外食と違ってケーキなど持ち運ぶものの場合、もっと工夫が必要だな…。


20240119 france-seika-24
1個は落下したアーモンドの損傷が小さかったのでなんとか修復💦


こちらのタヌキ、頭部だけでなく台座のコーティングからスポンジのサンドまでオールバタークリームで、懐かしさいっぱい、食べデもいっぱい。

理由あって今年は辰年ならぬタヌキ年… というのがわが家の心構え。
たぬきケーキネタ、増えるかも。


20240119 france-seika-25


[DATA]
フランス製菓
東京都板橋区赤塚2-2-5





[Today's recommendation]


https://youtu.be/HKxALQvzpF0?si=2OsTGwkMKuxsbMXV



wachat240119.jpg



20240119 france-seika-27-2


王道! 大衆食堂 【三喜食堂】

2023.09.23

 陸上自衛隊朝霞駐屯地は余裕で自転車圏だが、今回は車で行った。
相方の自転車がボロく、それくらいの距離(直線距離で12.5km)乗れる仕様になっていないからだ。
「買い替える」と言ってから5年は乗り続けてるんじゃないだろうか😅

で、食事の店を探す段になると、車だとガクッと機動力が落ちるワタシ。
自転車感覚からすると、クルマは小回り利かなすぎ。
彼岸の中日で思いもよらぬ場所(霊園ですね)で渋滞が発生し殺気立った雰囲気も漂っていたりして、おとなしく来た道を地元方面に戻る。


20230923 mikishokudo-25


東久留米の下里本邑通りを走っていて、ふと思い浮かんだのが「三喜食堂」。
駐車台数の多そうなロードサイド店で、こんなとき使い勝手がよさそう。


20230923 mikishokudo-12


「三喜食堂」は過去に一度、取り上げさせてもらっている。
入ったのがその1回だけなのか思い出せないが、記事から6年以上も空いているのには理由があって、煙かったという印象だけが残ってしまっている。
健康増進法改正によりいまどきそんな店はないだろうから、あらためて訪れてみたくなったと。


20230923 mikishokudo-13


テーブル席が5卓ほど、奥の小上がりに4卓。
小上がりの1卓がかろうじて空いていた。


20230923 mikishokudo-14


こんな王道まっしぐらな大衆食堂では、やはり定食といきたい。
あじ・イカミックスとニラレバ炒め。


20230923 mikishokudo-16-220230923 mikishokudo-17-2

20230923 mikishokudo-18-220230923 mikishokudo-19-2


「ご飯は普通? 少なめ?」と、相方に聞くホール係のおばちゃん。
「多いの?」と聞き返す相方に対し、食べている最中の隣のお客のを指さして「あれくらい」
「普通で大丈夫じゃないかな…」と言う僕に、「大丈夫? ほんと食べられる?(笑)」と念を押す (;^_^A


20230923 mikishokudo-15


ふだん相手しているであろうガテン系のガッツリなツワモノどもに比べ、この者(わし)はいかにもナヨッちく頼りなさげに映ったことであろう。
こちらのおばちゃんはどのお客にもこのように気さくに接し、場を和ませている。

しかし運ばれてきたご飯を見て、忠告に従わず2人とも普通盛りにしたことを後悔したのであった💦


20230923 mikishokudo-20

20230923 mikishokudo-22


あじ・イカミックス定食とニラレバ炒め定食。
写真ではわかりづらいが、ご飯の量はかなりのもの。


20230923 mikishokudo-23

20230923 mikishokudo-21


全体に、手づくり感いっぱいな家庭的なようでいて、毎回決まった人数分作る家庭料理と違って都度都度青天井対応なリミットを外した勢いを感じるというか、なに言ってんだかもはや自分でもよくわからないが、これぞ昭和の大衆食堂! 的な?😅


20230923 mikishokudo-24


おばちゃんの接客といい、タバコの煙のベールが晴れれば、実にいいお店なのであった。


20230923 mikishokudo-11


[DATA]
三喜食堂
東京都東久留米市下里1-7-2





[Today's recommendation]


https://youtu.be/JkjoFpqe6JQ?si=lgoxfuwHCD2zJEbj



wachat230923-22.jpg


手放しには喜べないワケ 【みんみん】

2023.07.02

 定期的にこういうボヤッキーな前フリで恐縮だが、もう忙しくて…。
定期刊行物の仕事なので、定期的に忙しいのは当たり前なんだが ( ̄  ̄;)

ブログ記事は仕事が終わったあと夜に酒飲みながらヘロヘロ状態で作る。
それはそれでけっこう手間なので忙しい時期は自分の首を絞めてる感なきにしもあらずだが、案外欠かせないプロセスだったりもする。

誤解を恐れずに申し上げるならば、仕事は他人事である。
他人事である仕事をやり終えたときに感じるのが解放感であるとすれば、自分事であるブログ作成から得られるのは達成感である。
達成感が得られることで、より強力に脳内物質オキシトシンの分泌が促され、それが仕事のストレスを癒やすと同時に明日への活力をもたらす。

――といったサイクルを回してる仮説。

まあ、他人事にこんな(ブログのような)やっつけ仕事はできないわけだが、ともあれ――

「終わったー!! ヾ(*>∀<)ノ ヒャッホー!!(👈これは解放感のほう)


20230708 minmin-11


こんなときにはなぜかギョーザが食べたくなる。
自分へのご褒美… みたいな?


20230708 minmin-12


ギョーザといえば吉祥寺の「みんみん」。
この季節、ギョーザにビールは欠かせないが、一人昼飲みはしないので焼餃子(×2)お持ち帰り。


20230708 minmin-13


「みんみん」は長いこと食堂を閉め窓口の餃子販売のみの営業だったが、久々に提灯が掛かり、店内飲食ができる状態に戻っていた。
ちょうど焼餃子がさばけたタイミングで、次に焼き上がるまで10分ほど待つ。


20230708 minmin-14


「ずっと休んでましたよね」と、窓口の店主? のおっちゃんに聞いてみた。
「もう職人さんがいなくて大変なのよ」と、意外な答えが返ってきた。狭い厨房で常時2~3人の職人さんが働いていたと思ったが…。


20230708 minmin-15
味噌・塩・醤油の基本ラーメン3種が消えている!


コロナ禍による人材流出の流れから飲食業界は深刻な人手不足に陥っているといわれるが、大手チェーン系などよそ事のように受け取っていて、まさかこんなところにまで影響が及んでいようとは思ってもみなかった。


20230708 minmin-16
20230708 minmin-1720230708 minmin-18
20230708 minmin-19


ともあれ、このまま閉店しちゃったらどうしよう… と不安に感じなくもなかっただけに、営業再開は客として素直にうれしい。

「でも夕方5時までだからさ」とおっちゃん。「今度は夜のバイトがいないの」

職人さんの定着にも不安がありそうだし…。


20230708 minmin-20


焼餃子は前回(2022年3月)より70円値上げされている。

新型コロナウイルス感染拡大やロシアによるウクライナ侵攻といった世界の混乱が物価を押し上げ、日米金融政策の違いを背景とする円安がそれに拍車をかけ、コロナ禍に伴う人手不足が人件費の高騰を招き物価をさらに押し上げ… といった負のスパイラル。

70円はまさにその縮図である。


20230708 minmin-21

20230708 minmin-23


再開も手放しに喜んでもいられない、ご褒美のギョーザ。


20230708 minmin-22


[DATA]
みんみん
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9





[Today's recommendation]


https://youtu.be/NKvDh6mcI0o



wachat230708.jpg



20230708 minmin-24


スタミナ or ヘルシー? 【木曽路】

2022.11.17

 ちゃちゃっと昼ごはんシリーズ。

ちゃちゃっと食べられるものといって外せないのが立ち食いそば。
ちゃちゃっと日本代表。
King of ChaCha-To.


20221117 kisoji-11


忙しいから昼ごはんをちゃちゃっと済ませようというときに入るのが立ち食いそば。
そこには“うまいもんじゃないけど”“仕方なしに”という侮りのニュアンスを含む。

しかし昔から純粋に立ち食いそばが好きなワタクシ。
人間としての社会的評価が蕎麦界における立ち食いそばクラスであることと無関係ではないかもしれない ( ̄- ̄;)ンー


20221117 kisoji-12


立ち食いそばは絶滅危惧種で、東村山市には現在2店しかない(推定=以下同)
隣接する小平市は最近まで5店ほどあったが、いまは3店。清瀬市に1店、東久留米市・東大和市に至っては1店も残っていない(市役所等施設内を除く)
さらに言うと、残っているお店のほとんどがチェーン店。

こちら「木曽路」は、多摩六都唯一の独立系立ち食いそば屋という希少種である。


20221117 kisoji-13


普段なら「天ぷらに玉子」と安直な注文をする可能性がきわめて高いが、ブログ記事にコメントをいただいたりして気になっていた“秋津スタミナ(そば)”というものを注文してみる。


20221117 kisoji-14


あとで気づいたが、“天ぷら・玉子”と“秋津スタミナ”は430円と同価格である。


20221117 kisoji-15


スタミナの内容を見ると、“天ぷら・玉子・わかめ”。
わかめ分(50円)、こっちがオトクなわけで、いやー、危なかった(笑)。


20221117 kisoji-21


ところでこのスタミナそば、ビジュアル的にどう映るだろう。
スタミナ…? みたいな。


20221117 kisoji-16


“スタミナ”は大衆系メニューによく使われる修飾語だが、それには“ヘルシー”という対義語がある。
ヘルシー部門の代表選手が、ワカメ。

このスタミナそば、どっちかというとヘルシー寄りに見えるのは僕だけ? ( ̄ω ̄;)


20221117 kisoji-19


もっとも、ネギ抜きにしてもらっているため、スタミナ要素的に迫力を欠くという点で補正をかけて見ていただければとも思うが。


20221117 kisoji-18


そばはゆるゆるだが、昔の立ちそばと違ってそば粉の風味がちゃんと感じられる… というか、そのへんのそば屋より香る気がするのが不思議だ。


20221117 kisoji-24


[DATA]
木曽路
東京都東村山市秋津町5-13-33





[Today's recommendation]

wachat221117.jpg




https://youtu.be/nPIHlSjtAis



20221117 kisoji-23


○○丼のワンコインは、高いのか安いのか…? ―1CLシリーズ⑱ 【カフェレストラン イルソーレ】

2019.09.18

 以前、このシリーズは丼物が充実しているというような独善的分析をしているが、もちろん完璧なわけじゃないことはわかっている。
たとえば◯◯丼や□□丼や△△丼がラインアップされていないじゃないか、と誰かに言われる前にこっそり挙げておきたい。


20190918 ilsole-11


この2週間は連休も含めてずっと忙しかったが、今日の昼ごろまでには一段落する予定である。
ところが空模様が思わしくなく、朝のうち晴れていたが、午前中にはもう本降りの雨となってしまった。


20190918 ilsole-1220190918 ilsole-13

20190918 ilsole-23


自転車で遠出できない、こんなときには…?
そうだ、あの丼を食べに行こう。


20190918 ilsole-15


東村山駅直結市民ステーション「サンパルネ」内のカフェレストラン「イルソーレ」。
いってみれば市役所食堂みたいなものだが、広々したスペースと絶好の展望は得難い魅力である。


20190918 ilsole-16


“中華丼・豚丼・牛丼 ¥510”の共通食券を係のおばちゃんに渡して「牛丼」と申告。
市役所食堂的なだけに、どのメニューもリーズナブルである。


20190918 ilsole-25


ところで、牛丼というものはそもそも“安い”という位置づけで広まった。
昔は「早い、うまい、安い」の宣伝文句に対して、たしかに早くて安いけれども… とささやかれるたべものだったように記憶しているが、いつしか「うまい、安い、早い」に変わり、世の中的にもうまいたべものとしての合意形成に至っている。


20190918 ilsole-17


昔から変わらないのは“安い”ことであり、はたして510円で安いといえるかどうか、外で牛丼を食べることはまずないので、自分には判断不能である。


20190918 ilsole-1820190918 ilsole-19
勉強する人に昼飲みの人にと、利用シーンがきわめてワイドな「イルソーレ」


ときに、残る牛丼要素“早い”であるが、注文から10分経過。
お、おそい… (・_・?) ホエ…?
牛丼は作り置きの具をご飯にぶっかけるだけのたべものだから、早い。チェーン展開にぴったりであり、最初に考えた人はエライ! という汎用性のある揺るぎないシステムのはずだが、なぜそれに時間がかかっているのか、ナゾ。


20190918 ilsole-20


結局、提供までに13分を要した牛丼。見た目、普通である。大手チェーン系のスタイルそのもので、サプライズはないが安心感がある。
隙間が空いていてアタマが少ないように見えるかもしれないが、これは盛り付けが雑なだけで肉はたっぷりである。


20190918 ilsole-22-2


不満があるとすれば、紅ショウガ。僕は牛丼には紅ショウガたっぷり派なので、これでは少なすぎる。
それと七味も欲しい。配膳はセルフではないので(下げるのはセルフ)、スパイスラック関係がどうなっているのかわからない。


20190918 ilsole-21


それでもサラダとみそ汁(と、ケシキ)が付いてこの値段はお得だと思う。
ちなみに共通食券のほかの2丼も本コーナー未収載ということは、ナイショです (* ̄  ̄)b シー


20190918 ilsole-24


[DATA]
カフェレストラン イルソーレ
東京都東村山市野口町1-46 ワンズプラザ3F





[Today's recommendation]

wachat190918.jpg




https://youtu.be/qRkka4Yv_SM


Latest Articles
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
観光地感を醸し出す 【観音茶屋】 Feb 15, 2024
見どころいっぱい 【狭山不動尊】 Feb 14, 2024
昭和ノスタルジックな風情の 【レストラン蘭】 Feb 13, 2024
世界が認めたCraft GIN 【マツザキ 中福本店】 Feb 12, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2